« 朝まで生テレビ。(1) | トップページ | どこまで伸びる?7連勝 »

2004.07.31

朝まで生テレビ。(2)

続きです。
まずは古田選手会長が提示した2枚のフリップ。

球界活性化私案
・交流試合の効果的導入
=希少カードの実現
=シーズンの新しい節目の設定
・2リーグ前提での新球団設立(3年以内)の公募
=最初はパ・リーグにおける8球団化
=これをセ・リーグへ波及させ全国16球団化
        加盟料撤廃+参入基準の緩和・明確化
        地域密着型球団へ
・東アジアのチームのリーグ加入(5年以内)の促進
=韓国・中国・台湾のチームを交えた全20球団化
・日本シリーズ後の東アジア選手権
(さらに拡大してMLB型東アジアプレーオフ)の実施

合理的戦力均衡策への私案
  • ドラフト完全ウェーバー制導入
  • 放映権料の一括管理分配の実現
  • 中堅選手へのFA資格の大幅拡大
  • FAの補償金の撤廃
  • ぜいたく税(ラグジュアリータックス)導入
  • レンタル移籍制度の導入
  • 新規参入球団の際のエクスパンションドラフトの制度化

☆なぜ、パに「巨人(のような役割をする球団)」ができなかったのか?
・その昔、毎日が阪神や社会人の星野組から有力選手を引き抜き、いきなり優勝した。毎日が巨人の役割をするはずだったが、関西で「やり方が汚い!」等の批判が相次ぎ人気は出ず、毎日は撤退を余儀なくされる。(三宅・田原氏解説) ここに当時の経緯が詳しく記されている。ヨネスケが「阪神はパに行く予定だった」という発言をしていたが、これと関連があるのか?

二宮さん。Jリーグの100年構想を説明するために、新潟に講演に行ったことがあるが、当時、入場者は数えるほどで、「あなたは理想論ばかり言いすぎだ。新潟にプロのサッカーチームなど無理だ」とも言われた。それが、いまや毎試合4万人ものサポーターが訪れる。野球がタネをまかなかった地域では、全部Jリーグが種をまいて育てた。

広瀬さん。いろんな人がいろんな立場で努力をするのはわかるが、問題なのはやり方。近鉄がバブルヘッド人形を配った際も、来場者のデータを取っていないので、マーケティングにならない。
(二宮さん曰く、努力の質の問題。セリエA・アヤックスのスタジアムでは、観客がプリペイドカードで買い物をする。MLBでは、顧客が球場に来なくなると、すぐにDMが来る。これからは、そういう細かな企業努力をしなくては。)

広瀬さん。Jリーグ諮問委員会の出来たきっかけは、横浜Fの消滅問題。当時の川淵チェアマンが、内部だけでは決められないので外部の人に集まってもらい意見を言ってもらおう…と考え、法務・財務・経営などの専門家が集められた。

川淵さんの話題に。Jリーグ創設の際、内部から反対の声が上がったが「時期尚早だ」とか「前例がない」とか言っていると、100年たっても200年たっても同じだ…とリーダーシップを取って推し進めた。

ジュビロ磐田優勝時や横浜ベイスターズ優勝時の盛り上がりは、企業名を外したことによるメリット。これが、ヤマハや大洋のままだったら、アレだけの盛り上がりはなかった。

広瀬さん。ナベツネの主張は、1リーグにしてパ球団を救う…と言うのなら、放映権料の一元化もセットにならないと、論理の一貫性がない。だから信用できない。

栗山さん。ストは、選手会・経営側、どちらにもマイナス。メジャーには分厚い労使協約があって「2002年から2006年までは球団削減できない」と話し合いで決まっている。日本の選手にはそういう権利が全くないのでかわいそう。せめて、そういう本音で話せる場所を作ってあげたい。

古田選手会長。経営側には、球団数縮小のメリットを選手やファンに示す義務がある。それをせずに経営に行き詰ったところがどんどん辞めていく…では、ファンが離れる。

坂井さん。南海→ダイエー、阪急→オリックス、西鉄→西武、東映→日本ハム…など、30億の加盟料の制度がなかった頃は、次から次にその時々の元気な企業が資本参入できたから、パ・リーグは2リーグ制を堅持できた。当時、タチの悪い資本が入りそうになったため、参入条件を高くしようと1991年に加盟料の制度をこさえた。

江本さん。(自分が潰れかけの東映に拾われた例を挙げて)古田くんにもっと言ってほしいのは、球団数が減り、枠が小さくなると、底辺にいるプロ野球を志す選手の夢を奪い、結果的にプロ野球が衰退していく…ということ。
遥さん。野球界の低迷と日本経済の低迷が重なり合ってる感じが…。

三宅氏。何、言ってんだ、あんた!
日本経済は低迷してないですよ。今は空前の好況で…。(一同苦笑いの中、CMへ)
ざっと、こんな感じですかね。まだ3時間のうちの半分までしか行ってないんですが。
(1)の段階で何件かトラバいただいたので、引くに引けなくなってしまった。(笑)

|

« 朝まで生テレビ。(1) | トップページ | どこまで伸びる?7連勝 »

プロ野球」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

まとめていただいてありがとうございます。
あの議論をまとめるのはなかなかたいへんだと思います。
僕は挫折しました(笑)
番組は、話がそれまくっていたのは残念ですが、議論をしたということがよかったんじゃないかなと思いました。
私のブログでこのエントリーにリンクを貼らせていただきました。
事後報告で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

投稿: ずたたん | 2004.08.01 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/1091620

この記事へのトラックバック一覧です: 朝まで生テレビ。(2):

» プロ野球つまんない?かも [彰の介の証言]
 最近、巨人戦でも客入らなかったり、視聴率がたいしたことなかったりするらしいです [続きを読む]

受信: 2004.07.31 19:18

» 朝まで生テレビ [がんばれライブドア! 抵抗勢力をぶっつぶせ!]
昨夜、朝まで生テレビで、 プロ野球の合併問題が話し合われていました。 一部ですが、私もみていました。 1リーグ化などの急速な流れに反対する側として、 ... [続きを読む]

受信: 2004.07.31 20:44

» NPB再編『朝生』の有意義/間違った意見 [関西アレ野球コラム]
 この番組、大半のライトな野球ファン層に、いくつかの問題点を提示できた意味では意義があったのではないでしょうか。ただし間違った意見、間違ったヨネスケ [続きを読む]

受信: 2004.08.01 16:05

« 朝まで生テレビ。(1) | トップページ | どこまで伸びる?7連勝 »