« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月

2004.07.31

どこまで伸びる?7連勝

えーっ、朝まで生テレビ(1),(2)のエントリに、たくさんのトラバを頂いてます。ありがとうございます。私のは、議論を見てて気になった発言をずらずらと並べているだけですが、トラバ頂いた方のブログを読ませていただくと、いろいろな考え方があり、すごくためになります。この際なので、この調子で最後までやってみようと思っていますよ。飽きずに付き合っていただければ幸いです。

そんな最中に、ヤクルト7連勝ですよ。
次の巨人戦が本当に怖いですよ。これで、巨人にだけ負けちゃうと、いよいよ他球団のファンに顔向けできなくなってしまいます。そこんとこ、本当にお願いよ!

 ◇中日×ヤクルト16回戦(ヤクルト9勝7敗、ナゴヤD・37000)

ヤクルト000002200491
中 日010001000290
(ヤ)石川―河端―田中―○石井(1勝1敗5S)―S五十嵐亮(2勝1敗20S)=古田
(中)野口―岡本―●落合(2勝3敗10S)―高橋聡―久本=柳沢・谷繁

きのう書いたスカパーのチューナーですが、
どうやら、基盤が壊れてしまったらしく、修理には買うのと同じくらいかかるかも…と言われたため、新しいのを買っちゃいました。

ポイント割引やら商品券やらを利用して、16800円。痛い出費でしたが、チューナーの性能自体は格段に良くなっているようです。ビデオマウスがHDDレコーダー対応になっているのが非常に大きい。これで録画予約も大分楽になります。

ただ、店頭には「アンテナとチューナーのセット」しか置いてないので、
アンテナが1個余ってしまうんですよね。(^^;;; いつか壊れたときの為の予備?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝まで生テレビ。(2)

続きです。
まずは古田選手会長が提示した2枚のフリップ。

球界活性化私案
・交流試合の効果的導入
=希少カードの実現
=シーズンの新しい節目の設定
・2リーグ前提での新球団設立(3年以内)の公募
=最初はパ・リーグにおける8球団化
=これをセ・リーグへ波及させ全国16球団化
        加盟料撤廃+参入基準の緩和・明確化
        地域密着型球団へ
・東アジアのチームのリーグ加入(5年以内)の促進
=韓国・中国・台湾のチームを交えた全20球団化
・日本シリーズ後の東アジア選手権
(さらに拡大してMLB型東アジアプレーオフ)の実施

合理的戦力均衡策への私案
  • ドラフト完全ウェーバー制導入
  • 放映権料の一括管理分配の実現
  • 中堅選手へのFA資格の大幅拡大
  • FAの補償金の撤廃
  • ぜいたく税(ラグジュアリータックス)導入
  • レンタル移籍制度の導入
  • 新規参入球団の際のエクスパンションドラフトの制度化

☆なぜ、パに「巨人(のような役割をする球団)」ができなかったのか?
・その昔、毎日が阪神や社会人の星野組から有力選手を引き抜き、いきなり優勝した。毎日が巨人の役割をするはずだったが、関西で「やり方が汚い!」等の批判が相次ぎ人気は出ず、毎日は撤退を余儀なくされる。(三宅・田原氏解説) ここに当時の経緯が詳しく記されている。ヨネスケが「阪神はパに行く予定だった」という発言をしていたが、これと関連があるのか?

二宮さん。Jリーグの100年構想を説明するために、新潟に講演に行ったことがあるが、当時、入場者は数えるほどで、「あなたは理想論ばかり言いすぎだ。新潟にプロのサッカーチームなど無理だ」とも言われた。それが、いまや毎試合4万人ものサポーターが訪れる。野球がタネをまかなかった地域では、全部Jリーグが種をまいて育てた。

広瀬さん。いろんな人がいろんな立場で努力をするのはわかるが、問題なのはやり方。近鉄がバブルヘッド人形を配った際も、来場者のデータを取っていないので、マーケティングにならない。
(二宮さん曰く、努力の質の問題。セリエA・アヤックスのスタジアムでは、観客がプリペイドカードで買い物をする。MLBでは、顧客が球場に来なくなると、すぐにDMが来る。これからは、そういう細かな企業努力をしなくては。)

広瀬さん。Jリーグ諮問委員会の出来たきっかけは、横浜Fの消滅問題。当時の川淵チェアマンが、内部だけでは決められないので外部の人に集まってもらい意見を言ってもらおう…と考え、法務・財務・経営などの専門家が集められた。

川淵さんの話題に。Jリーグ創設の際、内部から反対の声が上がったが「時期尚早だ」とか「前例がない」とか言っていると、100年たっても200年たっても同じだ…とリーダーシップを取って推し進めた。

ジュビロ磐田優勝時や横浜ベイスターズ優勝時の盛り上がりは、企業名を外したことによるメリット。これが、ヤマハや大洋のままだったら、アレだけの盛り上がりはなかった。

広瀬さん。ナベツネの主張は、1リーグにしてパ球団を救う…と言うのなら、放映権料の一元化もセットにならないと、論理の一貫性がない。だから信用できない。

栗山さん。ストは、選手会・経営側、どちらにもマイナス。メジャーには分厚い労使協約があって「2002年から2006年までは球団削減できない」と話し合いで決まっている。日本の選手にはそういう権利が全くないのでかわいそう。せめて、そういう本音で話せる場所を作ってあげたい。

古田選手会長。経営側には、球団数縮小のメリットを選手やファンに示す義務がある。それをせずに経営に行き詰ったところがどんどん辞めていく…では、ファンが離れる。

坂井さん。南海→ダイエー、阪急→オリックス、西鉄→西武、東映→日本ハム…など、30億の加盟料の制度がなかった頃は、次から次にその時々の元気な企業が資本参入できたから、パ・リーグは2リーグ制を堅持できた。当時、タチの悪い資本が入りそうになったため、参入条件を高くしようと1991年に加盟料の制度をこさえた。

江本さん。(自分が潰れかけの東映に拾われた例を挙げて)古田くんにもっと言ってほしいのは、球団数が減り、枠が小さくなると、底辺にいるプロ野球を志す選手の夢を奪い、結果的にプロ野球が衰退していく…ということ。
遥さん。野球界の低迷と日本経済の低迷が重なり合ってる感じが…。

三宅氏。何、言ってんだ、あんた!
日本経済は低迷してないですよ。今は空前の好況で…。(一同苦笑いの中、CMへ)
ざっと、こんな感じですかね。まだ3時間のうちの半分までしか行ってないんですが。
(1)の段階で何件かトラバいただいたので、引くに引けなくなってしまった。(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (3)

朝まで生テレビ。(1)

今回、「激論!日本のプロ野球が滅亡する?!」がテーマということで、
珍しく録画しておきました。さすがに3時間分一気に見ると疲れるので、
少しずつ見ています。

オープニング。シーズン中にも拘らず、古田選手会長出演。
ライブドアの堀江社長と隣同士という、すごい並び。そのへんを紹介する司会者。

ナベツネのおともだち・三宅久之氏が
「そんな大してビックリすることじゃない。あの司会者はどうかしている!」と、
いきなり噛み付く。マイクはまだオフでしたけど。(^^;;;

議論の取っ掛りは、7/28(水)の各局視聴率。
巨人戦(日テレ)の視聴率、9.5%!
同時間帯(午後8時台)の番組の中で最低だったそうです。
テレビ東京の旅番組にすら負けている…という。

フォローするとすれば、裏でテレ朝がサッカー・アジアカップを放送していたこと。
巨人戦自体も序盤3回までで8-0と巨人大量リードだったことも影響したかと。

とはいえ、巨人戦視聴率が1桁…というのは今回が初めてというわけでもないんで
それほど、驚くようなデータじゃないことも確か。
巨人戦の放映権料に固執する経営側の考えが、いかに浅はかかがわかる。

ヨネスケが報道ステーション出演時と同様、巨人中心論をぶち、
三宅氏がまたしてもTシャツ姿で登場の堀江社長に文句をたれる。

こういうところに出てくるのに、そんな下着姿でいて違和感は感じないのかと。

そんな瑣末なことで貴重な時間を使わないでほしいものですが…。


坂井さん。野球協約の第3条に「わが国の野球を不朽の国技にし、野球が社会の文化的公共財となるよう努めることによって、野球の権威および技術にたいする国民の信頼を確保する。」という条文がある。それを守ろうと誓い合って12球団がはせ参じているのだから、赤字だから首切り…というのは馴染まない。

広瀬さん。そもそも、この話は近鉄が経営破たんしたために出てきたもの。破たんした経営者に当事者能力があって、色々言えることが全く理解できない。

二宮さん。コミッショナーにも権限はある。野球協約にも「コミッショナーが下す指令、裁定、裁決ならびに制裁は、最終決定であって、この組織に属するすべての団体と個人を拘束する。(第8条・2)」と書いてある。にもかかわらず、姿かたちが見えない、どこにいるのかわからない…では無責任。
二宮さん。共存共栄と競争の2本の柱がある。ヤンキースは60億くらい他球団に払っている(弱い球団にお金を回している)が、それでも300億の儲けがある。「税金」と考えるか「投資」と考えるかの問題。

ナベツネの手紙を受けて古田選手会長。1リーグにすることが球界の発展につながるとは全然思えない。2A・3Aのような下部組織を…との話だが、それは今の球団数の下に作ればいい話で、わざわざ球団を減らす必要はない。

坂井さん。1リーグになるならなるでいいが手法が非常に危険。選手・ファンの声を聞かずに経営論理だけで話が進むことに、皆が馴染まないものを感じてる。今回、「究極の選択肢」として合併を選択したと言うが、ひとつも「究極の選択肢」ではない。始めから「路線」があるがごときに話が進んでるから、最初からボタンを掛け違えている。

二宮さん。1リーグのデメリット。(1)日本シリーズ・球宴がなくなる。(2)消化試合が増える。5月くらいに独走球団が出ると消化試合が山ほど出来てしまう。(3)野球人口が減る→最初からアメリカへ!となり、野球の空洞化を招く。メリットがあるとすればカードの多彩化だが、これは2リーグでも出来ること。デメリットの方がかなり大きい。
長すぎてごめんなさい。(^^;;; ここでやっと1回目のCMなんだ。なるべく正確に書き起こすのに2回見直しました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2004.07.30

ろ、ろくれんしょー!

あんまり強すぎて気絶しそうになりますね。(^^;;;
川島が中日打線を3安打、福留のHRの1点だけに抑え7勝目。
いやはや、首位の中日にも勝っちゃうなんて。ビックリくりくりですわ。

 ◇中日×ヤクルト15回戦(ヤクルト8勝7敗、ナゴヤD・31000)

ヤクルト0010130005140
中 日000010000131
(ヤ)○川島(7勝4敗)―ゴンザレス―石井=古田
(中)●平井(5勝5敗)―遠藤―久本=柳沢・谷繁
HR:福留21号(1・川島)

なんでも、4月7日以来の貯金「1」だそうであります。
序盤、なかなか送りバントが出来ずチャンスを逸した場面もあったが、
3回二死一塁から、古田のヒットと立浪のタイムリーエラーという意外な形で1点をもぎ取ると、川島の好投もあって、あとはヤクルトペースに。
6回、中日外野陣の前進守備をはるかに越える稲葉のタイムリー三塁打が出た時点で
きょうは「勝負あり!」といった感じ。

そんな試合を見終え、テレビ周りの配線をいじっていたら、
なぜか、スカパーのチューナーが壊れました。受信できなくなっちゃってる。

ああああっ!どうしよう…。 とりあえず、知ってる電器屋に持って行こうかとは思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おふくろの味(こうさぎ)

きょうkimasukeは復帰したかったの♪
SNA04329は、

今週のふれあいホールは「おふくろの味」ということで、一般の若者が登場し、その母

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「kimasuke」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨人の署名活動のその後

時間がたち、実際に署名活動の現場に足を運ばれた方の「生の声」がブログにエントリーされている。「巨人選手会の署名活動」の記事にトラバいただいた「よもよもダイアリィ」さんに出ていた高海さんの「Shibaspo@South3rd-Side_B」によりますと、

12時45分に(東京Dに)ついたときには、「署名の受付は終わりました」という警備の人の拡声器音声が響いておりました。

…とのことです。他球団の署名活動の様子がわからないので、何とも言えないけれど、事前に受付しなきゃいけない署名活動ってのも違和感あり。これもいわゆる球団側からの「圧力」の一環だったりするんでしょうか。

ま、それでも今回の場合は、そんな難しい環境下において
「巨人も署名活動をした」という事実自体に意味がある。


一部報道で、ロッテ・ダイエーの合併話がまことしやかに言われているが、
現状では、ロッテもダイエーも合併の噂については否定的…という印象。
今季から北海道に移転した日本ハムには他球団と合併する理由はないはずですから、
この状況では、いつまでたっても「もう1つの合併話」など具体化するはずもなく。

それでも、1リーグを推し進めようとする動きには現実性も何もないと思うんだけど。
ここ最近、どこかのブログに書いてあった
普段は100人が見に来るブログでも、100個のブログにトラバを貼れば、10000人の人が見る「メディア」になる

…という考え方にすっかり影響を受けまして
大衆迎合…のあたりから、あちこちにトラバさせていただいてます。
「合併反対!」という意見を、色々な形でつないでいくことで、
「私たちファンは本気なんだ!」ということを、少しでもアピールできれば…と思います。

どれだけ効果があるかはわからないけれど、やらずに後悔するよりやって後悔する方がまだいいんですよ。諦めちゃいけません。

| | コメント (1) | トラックバック (6)

2004.07.29

小堺さん

巨人の署名活動のニュースを漁っていた所、気になる記事が。

 小堺一機、体調不良で番組一時降板(スポニチ)

さっき見た「ザ・ワイド」によると、あす所属事務所(浅井企画)が会見する…とのこと。
小堺さん夏恒例の舞台「おすましでSHOW」は中止らしいです。

さて、小堺さんといえば、気になるのがコサキンDEワァオ!ですが。(^^;;;
きのうの放送は、関根さん率いる「カンコンキン」SPということで、
HPにアップされた放送音声(一部)を聞いても、小堺さんは登場しなかった模様。

現在は自宅で静養中との事ですが、
「ごきげんよう」を降板しなくてはいけない…となると、
余程のことなのかも知れず。心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨人選手会の署名活動

各スポーツ紙サイトに速報。どうやら、無事に行うことが出来た模様。
写真でわかるところでは、高橋由・上原が参加。
奥のほうにも、何人かいるようですが、写真が小さくて誰かまでは不明。

 巨人選手会、25分で672人署名集める(日刊スポ)

他球団と違って、上から色々と圧力がかかったため、
午後1時から…という中途半端な時間での活動だったにもかかわらず、
写真を見る限りでは、かなりの人が集まっていたようです。


追記。わずか25分の間に集まった署名672人分。ドーム開門の2時間以上も前だったことを考えると、かなりの数だ。オーナーの「脅し」に負けず、堂々と「大衆迎合」路線を敢行した彼らに心からの拍手を。
さて、ナベツネはどう出るか? 日テレはこの話題に触れるのか? 見た方、教えてね。

一軍27選手(ローズら外国人も含め)参加ですよ。全員クビにするなど出来るまい。
きょうのヤクルト×横浜は、台風接近のため中止とのこと。
ここ最近、五十嵐亮をはじめとする中継ぎの連投が多かっただけに、恵みの雨かと。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2004.07.28

今季初5連勝で5割復帰!

5連勝ですってよ。5割復帰ですってよ。(^^;;;
ラミレスが故障したとかで、古田が4番に座ったそうですね。
いろいろと大変な時期なのに、本業でもちゃんと結果を出すあたり、さすがです。

 ◇ヤクルト×横浜17回戦(ヤクルト13勝3敗1分け、神宮・20000)

横 浜000100001250
ヤクルト00000041X570
(横)●土肥(1勝1敗)―門倉―牛田―若田部=相川
(ヤ)○ベバリン(9勝7敗)―石井―杉本―S五十嵐亮(2勝1敗19S)=古田
HR:多村25号(1・ベバリン) 宮出2号(2・土肥) ウッズ27号(1・杉本)

で、5割復帰した!という証拠に、きょう時点の順位表を。

  勝率勝差
1中 日8348341.585
2巨 人8947420.5284.5
3ヤクルト8140401.5007.0
4阪 神8541440.4828.5
5広 島8438460.45211.0
6横 浜8437452.45111.0

いやはや、上手く行き過ぎて怖いですよ。ほんと、反動は出来るだけ小さく願いたい。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

バニラムードの「バ」!

Emileeさんが「バ」ならば、
Yuiさんが「ニラ」で、Marikoさんが「ムー」なんでしょうかね。(笑)

さて。最近は野球の話が過熱気味で、
バニラムードのネタがお留守になってますね。(^^;;;
日記には書いてないけど、見てはいるんですよね。先日、HDDレコーダーを買ったりしたもので、見られないときは録画しておいたりなんかしてる。とりあえず、火・水曜と見ました。夏祭り、少年時代と「夏」をテーマにした選曲、なかなかいいですね。夏祭りは軽快なリズム、うってかわって少年時代はしっとりと聴かせる。すごいよなぁ。

「私のお勧めお化け」ってのは、ちょっとよくわかりませんが。(^^;;; お化け屋敷のプロデュース論は聞いてて「なるほど!」と思わせるものがありましたね。あと、お化けさんがバニラムードの4人をキャーキャー言わせてたのも高ポイントでしょうか。

それはさておき。火曜日の「スライム」作りは、最近の小中学校の理科の実験にも取り入れられてたりしますよ。前職が学校教材関連の仕事だったこともあり、原料となるPVAのりはよく取り扱う商品でした。商品は知っていても、作り方は知らなかったんで少し勉強になりました。
水曜日の「重心」の実験を見てて、マギー司郎のやっていた「1人では立てません」っていうネタが頭をかすめましたよ。あちらは、被験者と一緒に立ち上がり「2人で立ったでしょ?」というオチなんですが。

失敗なんだか成功なんだかよく分からない微妙なぐずぐず加減がたまらん!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大衆迎合の何が悪い!

まずお知らせ。日本プロ野球選手会公式HPで、球団合併反対の署名活動が始まりました。名前などを一通り入力したあとに、コメント欄に意見を書き込めるようになってますよ。私も、この手の署名には珍しく、長い意見を書いてきました。

署名つながり。各球団で選手が署名活動をする動きが活発になってきてるようです。当該球団である近鉄だけでなく、中日や横浜やヤクルト…とセ球団にも波及している動き。そんな動きが巨人にも出てきた。

巨人選手会が署名活動へ、オーナーけん制(日刊スポ)

今段取りを考えているところ。12球団の選手会で話し合って決めた方向性だから

高橋由伸選手会長の言葉です。巨人は嫌いだけど、こういうことなら私は応援します。

で、それに対するナベツネの発言。

高橋君は若いし、まだものを知らないのも無理はない。俺が話をする時間があれば、そんなバカなことはせんだろうが。そういう大衆迎合的なまねはやめた方がいい

もうね。あまりに馬鹿げた発言なので、一言だけ。
大衆迎合の何が悪いというのかっ!

この場合、ナベツネの話…は、単なる「話」に終わらない可能性大。
それこそ「署名活動するヤツは、来季、巨人のユニフォームを着れなくしてやる」くらいのことは平気で言いそう。現に近鉄の社長は記者会見で「プロテクトされない」発言してたし。
これは選手会に対する「脅し」とも「圧力」とも取れる発言だと考える。
そんな「脅し」に屈することなく、頑張ってください。

そして「大衆迎合」。70年もの長きの間、プロ野球を支えてきたのは誰?
数ある親会社やその経営者たちもそうかもしれないけれど、
まず、何より先にあげられるべきは、
プロ野球ファン=大衆ではないでしょうか。

その大衆の意見を聞こうとすることすら、彼はお気に召さないようです。
彼にとって、ファン=大衆はただの金づる。「俺たちに意見するなど100年早いわ!」ぐらいにしか思ってないのだろう。前からわかってはいたが。

最後に、選手会HPの署名に付した私の意見を、ここにも書きます。
たぶん、これが私の今の思いを表すのに、一番いい方法だと思うので。


昨日の実行委員会での議論の内容を報道などで見聞きした限り、経営側の考えている構想は「絵に描いたもち」に過ぎないものばかりのように思います。日本球界で起きている(球団合併などの)問題をロクに議論もしないで、アジアシリーズだのMLBプレーオフに参加するだのと。ファンや選手を馬鹿にするにも程があると思います。

日本国内の問題すら解決できていないのに、こちらの都合だけで各国の球界が、そんな取ってつけたような構想をOKするはずがない…と思います。

もう1つ。巨人の選手会が署名活動する…という話に、渡辺オーナーが「大衆迎合的なことはするな」と発言した…という報道を見ました。ここまで70年間、客から金をもらってプロ野球を見せてきたわけです。そのプロ野球を支えてきたのは、まずファン=大衆です。それを「大衆迎合」などと言う言葉で片付けてしまうなど、愚の骨頂もいいところです。その大衆の支えがなければ、70年間も組織を維持することなど出来なかったはずなのに。

来季も12球団で、プロ野球が開催されることを切に祈ってやみません。

| | コメント (3) | トラックバック (7)

2004.07.27

4連勝で3位浮上…本当にいいんですか!?

ふむふむ。ヤクルトが勝って、阪神が中日に負け…ということは?
え、え、Aクラスですか? 本当にいいんですか!?

 ◇ヤクルト×横浜16回戦(ヤクルト12勝3敗1分け、神宮・20000)

横 浜0100100002110
ヤクルト11100000X370
(横)●三浦(5勝5敗)―山田=相川
(ヤ)○マウンス(3勝5敗)―河端―杉本―山部―石井
                             ―S五十嵐亮(2勝1敗18S)=古田
HR:岩村27号(1・三浦) 多村24号(1・マウンス)

マウンスが残したピンチを河端がしのぎ、山部が作ったピンチを石井が断ち切る。
なんだか怖いくらいに継投がビシバシっとはまっている。
そして、五十嵐亮が4試合連続セーブ。5割復帰まであと1勝ですよ。

すげぇなぁ。阪神3タテで虎の尻尾をつかんだ…と思ったら、あっさりと抜き去った。

あとで強烈なしっぺ返しとか来たりしない? 大丈夫?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.07.25

3タテしちゃいましたよ(^^;;;

終盤、阪神ファンにサービスしすぎた感はありますが。(笑)
まさかまさかの3タテしちゃいましたよ。信じられんけど。

sippotukanda.BMPきのうのテドさんのイラストのように、
完全に虎の尻尾をつかんだようです。

テドさんから、コメントで了解もらったので
使わせて頂きました。感謝です。
大きいサイズはテドさんのサイトで!

 ◇阪神×ヤクルト18回戦(9勝9敗、甲子園・53000)

ヤクルト0051021009141
阪 神0000004206160
(ヤ)○藤井(3勝5敗)―杉本―山本―河端―石井―S五十嵐亮(2勝1敗17S)=古田
(神)●福原(8勝7敗)―牧野―桟原―三東―マイヤーズ=矢野
HR:宮本6号(1・牧野) 岩村26号(2・桟原)

27時間テレビを見終えて、BSにチャンネルを合わせた途端に
阪神のラッキーヒットが連発したので、さすがに「ヤバっ!」と思いました。(^^;;;
これで負けたら、あとで何言われるかわかったもんじゃありません。

さすがに、昨年の覇者。簡単には勝たせてくれませんねぇ…というベタなコメントでまとめます。
 ―きょうのトラバ―
しけたろうさん…終盤の緊迫も含め、まさかまさかの試合展開。
およよさん…92年の屈辱。私も忘れちゃいないぜよ。(笑)
ずたたんさん…セ、3試合とも大乱打戦。ハマスタでは11発の花火が!

火曜日からは横浜戦。やばっ。5割復帰しちゃうよ。本当にいいのか!?
巨人戦になったらボロボロでした…なんてのは、もう勘弁してくれよ。(余計なお世話?)

| | コメント (3) | トラックバック (3)

27時間テレビ感想あれこれ

楽しくなければテレビじゃないべさぁー!
道産テレビっ子・つげさんです。(笑) 大好きな野球もほとんど見ずに27時間テレビに没頭でした。(^-^ 私もみのもんたの涙では感動できなかったくちです。

27時間テレビ、最高でしたね。やっぱりフジ系はこうでなくちゃ。

夜勤から帰って一眠りしてからは、
数取団~SMAPライブ~期末テスト~ボクシング…と、ほぼ通しで視聴。
…っていうか、当直中も暇を見計らっては
マジオネア~笑わず嫌い~かま騒ぎ~ココイチ~鶴瓶~めざまし…と、
見てたので。(笑) ほとんど全部見てたことになるね。(^^;;;

夜勤中はチラ見しかしてないので、
ちゃんと見たところの感想のみ書きますよ。

まず、やっぱりボクシング。
元世界チャンプ相手にどこまでやれるか…と思ったら、
規定の3分3Rを堂々と戦い抜き、志願の第4R。
途中、何度かダウンを奪われるが、そのたびに立ち上がる岡村さん。
第3Rあたりからは立ってるのもやっと…のようにも見えたが。
何が彼をそこまで奮い立たせたのか。
とにかく、スゴいものを見た…という感じが今でも残る。

期末テスト。
「サマージャンボバカ」は、サガテレビ・藤井さん。
佐賀だからなのか、はなわ登場で「佐賀県」の替え歌。
ある意味、彼のような明るいキャラの人がバカでよかった。
鹿児島テレビ・堀之内さんとか、めんこいテレビ・さきっぽちゃんとか
ましてやテレビ熊本・松井さんがジャンボバカになってたら、
ちょっと、シャレにならない展開になったかもしれないし…ねぇ。

とはいえ、テスト自体は事前に実施済みだったから、
演出面で色々と練られていたんだろうなぁ…というのが随所に。
「牛列(もうれつ)」や「柵からぼたもち」の資料映像とかね。

「順位は決めない」はずだった4人のプロの順位も大発表。
予想通り、濱口優が「バカV4」を達成!
はなわの「伝説の男」の替え歌で、面白解答をチェック。
…だが、生放送ゆえ時間があまりなかったのが残念。
英語13点の答案を、もう少しじっくり鑑賞したかった。

めちゃイケで後日談とかやってくれないですかねぇ…。

あと、個人的に高「べぇ」(笑)を獲得したのは、
めざましテレビSPでの「広人苑・火の竜編」。
関取団のリーダー。元力士…ってのは想像がつくけど、
普段は、亡き先輩が経営していたちゃんこ屋を切り盛りしてる…とか、
隠れたエピソード満載で面白かった。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004.07.24

ロケットボーイズ復活!

また阪神に勝ってしまいました。
一時期、甲子園での連敗が続いていたのが嘘のようです。
久々に、石井―五十嵐という「ロケットボーイズ」継投も威力を発揮。
7・8・9回の阪神打線の反撃を八木の四球のみに抑え込んだ。

 ◇阪神×ヤクルト17回戦(阪神9勝8敗、甲子園・53000)

ヤクルト011000100370
阪 神000100000161
(ヤ)○石川(6勝6敗)―河端―石井―S五十嵐亮(2勝1敗16S)=古田
(神)●ホッジス(1勝1敗)―安藤―桟原=矢野
HR:古田14号(1・ホッジス) 岩村25号(1・ホッジス)

ホッジスは、7回6安打2失点とまずまずだったようだが、2暴投1ボーク。(^^;;;
石川の交代が少し早かったようだが…何かあったとかじゃないよね? ちょっと心配。

さすがに3タテは難しいと思うけど…つかんだ尻尾を手離すな!
 ―きょうのトラバ―
テド★えにっきさん…かわいいイラストがお勧め。ついにトラの尻尾をつかんだか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日刊つげちゃん

朝から更新、つげさんです。(笑)

何気に見つけた面白いサイトをご紹介。

日刊あなた
もけさんのブログ(★うむむ。★)にて発見。自分だけの新聞が作れるツール。名前を入れて[→→→]ボタンをクリックするだけ。試しに作ってみた「日刊つげちゃん」(7/24)をご覧ください。

交通安全キャンペーン

つげちゃんは昨日、交通安全キャンペーンの一環として一日警察署長を体験した。ドライブが好きで自分でもよく運転するというつげちゃんは、安全運転しないと撃っちゃうぞと言いながら拳銃を器用に指で回し、記者の一人に向かって引き金を引いた。もちろん弾は入っていなかったのだが、銃を向けられた記者はつげちゃんお得意のきついジョークに馴れていなかったらしく、真っ青になっていた。つげちゃんは「ごめんなさい。弾を入れるの忘れてた」と冗談を続けた。その後、つげちゃんは安全運転の重要さについて説き、自分の免許はもちろんゴールドカードですと言って免許証を記者団に見せた。しかし、免許証の生年月日欄にはマジックで「死ぬまで18」と書かれていた。このようなお茶目過ぎるつげちゃんも車は安全運転だという。

つげちゃん氏、ネット詐欺に遭う

マルチメディア評論家として有名なつげちゃん氏が、なんとネット詐欺に遭っていたことが発覚した。今回詐欺に遭ったのは某有名オークションでの事。「★私の恥ずかしい写真買いませんか。即決1000円★」を落札したところ、商品が送られてこないことに腹を立て、オークション管理者にクレームをつけたことで、今回の事実が発覚した。つげちゃん氏は以前「ネット上で詐欺に遭うなんて愚の骨頂もいいとこ。騙される方が悪い。」と発言しており、各方面から「これは一体どういうことなのか」との意見が殺到している。落札した商品内容とともにつげちゃん氏の今後の弁解が気になるところだ。

つげちゃん、CDデビュー

本日、緊急記者会見により、つげちゃんがシングル「つげちゃんの愛」でCDデビューする事が明らかになった。人気アイドルであるつげちゃんは現在レギュラー番組15本、CMも8社を抱えており、まさに人気に後押しされてのCDデビューとなった。ついに最後の大物が動き出した。ミリオンヒットは確実と見られており、デビューアルバム売上記録を更新する見込みだ。ある音楽業界関係者は、「私はつげちゃんの歌声を一度だけ聞いたことがある。あれは確か電車の中だった。すぐに涙が溢れ、震えが止まらなくなった。乗客はみな聞き惚れて、終点まで電車を降りる者はいなかった。」と、半ば失神しながら当時を思い出した。同乗していた外国人も、さかんに「ジーザス!マチガイナイ!」と叫んでいたという。発売日はまだ未定だが、日本の音楽シーンにおいて、その日はなんらかの金字塔になるだろう

ご感想、その他お待ちしております。(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.07.23

川島、井川に投げ勝つ!

私のお気に入り…に限らず、ブログ界では阪神ファンが多数派のようです。
…なので、たまにヤクルトが阪神に勝ったときくらい、ヤクルト系の記事をアップしておかねば!

川島、素晴らしいピッチングだったようだね…日本ハム戦を見てたので、ライブでは見てないけど。(^^;;; コレで、新人王にまた一歩前進だな。(^^) 目指せ2ケタ勝利!
…にしても、あの井川に投げ勝つんだからお見事。私からあっぱれ!をあげる。

 ◇阪神×ヤクルト16回戦(阪神9勝7敗、甲子園・53000)

ヤクルト0000000112141
阪 神000000001170
(ヤ)○川島(6勝4敗)―S五十嵐亮(2勝1敗15S)=古田
(神)●井川(7勝8敗)―マイヤーズ=矢野
HR:アリアス21号(1・五十嵐亮)

川島、今季6勝のうち甲子園で2勝。
甲子園では5月1日の6回から19イニング連続無失点、防御率0.75!
阪神ファンの大声援の中で、コレだけのピッチングが出来るなんて大した新人です。

あしたは、ホッジス先発が予想されてますね。
どこかで聞いたことのある名前のような気もしますが…。(笑)
あのホッジスと兄弟なんだから、侮っちゃいけません。あしたも勝てるといいな…。
恐れ多くも、阪神ファンのブログにトラバ送ってみることにします。
マンガウルフさん(野球と漫画☆夢日記)…井川の絵描き歌入り。なんと動いてる!
スーパーサウスポーあさちゃん。さん(阪神優勝、巨人最下位)
miyabiさん(三日坊主の雑記帳)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

おふくろの味

今週のふれあいホールは「おふくろの味」ということで、
一般の若者が登場し、その母・プロの料理人・デパ地下惣菜の中から
自分の母の作った料理を当てましょう!…という企画。

きのうのハンバーグ編ときょうのきんぴら編を視聴。
おふくろの味…という以前に、
見た目だけで誰が作ったかわかってしまうのねん。(^^;;;

ハンバーグはソースの色が違うし、
きょうのきんぴらは、母のだけ人参が入ってないし、色が薄い。
食べなくても、全部わかっちゃうもんねぇ…という。(笑)

バニラムード演奏。
木曜日はテネシーワルツ、きょうは我が心のジョージア。
どっちもまったく知らんのですが。
きょうは、Yuiさんのワンショットから演奏が始まったので、
ちょっと嬉しかったりもしました。


余談ですが。母と料理人(肉じゃが編では道場六三郎が出てたね)が、生で料理してるのに、デバ地下惣菜だけレンジでチン!のみ…というのは、
いかがなものか…と思ったり。
チンだけなら、YuiさんとかMarikoさんでもいいじゃんよぉ。(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.22

旭川北高、44年ぶり甲子園へ

高校野球・北北海道大会決勝は、旭川北が9-5で雄武(おうむ)を下し、44年ぶり2度目の甲子園出場を決めた。

 ◇第86回全国高校野球選手権・北北海道大会決勝

雄 武0302000005
旭川北20001330X9

途中から、テレビで見てました。雄武は5回、8回と2度の満塁のチャンスを逃したのが響いた。
旭川北・岡久投手、2回に3連続押し出し四球を与えるなど15与四死球と大乱調だったが、打線の援護や相手の守備ミスにも助けられ、9回186球完投。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンスポの世論誘導―ナベツネの苛立ちについての考察

あちこちの野球ブログサイトで言われている
「サンスポの1リーグ制への世論誘導とも取れる報道」について。

私も事例を1つ発見したので報告。

きのうのナベツネの「何がファンだ!」発言についてのくだり。
さすがのナベツネも苛立ちを隠せない様子だったのは確からしいが、
問題なのは、その苛立っている理由
個人の内心の問題なので、これが「正解」ということはないが。
スポニチとサンスポの2紙に記述があった「理由」を比較。

[スポニチ]
世論調査を実施したのが読売新聞のライバル紙だったことに加え、セが阪神を中心に5球団が2リーグ制存続で足並みをそろえている。タイムリミットの臨時オーナー会議(9月8日)が迫る中、近鉄とオリックスの合併そのものに異論が出るなどリーグ、各球団の利害、思惑が交錯。堂々巡りの様相を呈していることにいら立ちを隠せないのだろう。

ふむふむ、なるほどなぁ。そりゃ、苛立ちもするわな…と思います。
オーナー会議を経て、一気に実現か?と思われていた
自らの思惑(8球団1リーグ)に抵抗する動きが明らかなわけだし。
彼の苛立ちの理由を、具体的事実と客観的な状況を元に
明確に推測していらっしゃる。

ところが。片や、サンスポではナベツネの苛立ちの理由を、

[サンスポ]
「11球団なら2リーグ、10球団になれば(1リーグを)考える」という主張が、1リーグ推進と受け取られることにイラ立ちを隠せない様子。

などと書いておる。

私の日本語の解釈に間違いがなければ、この記事を書いた記者は「ナベツネは1リーグ推進なんて考えてないのに間違った受け止め方をされて大変だなぁ」と思ってることになる。

バカか、お前は。

「1リーグを考える」と主張してる時点で「1リーグ推進」なんじゃねぇ? これまでの報道や彼の発言を振り返るまでもなく、彼こそ1リーグ制推進の首謀者の1人であることは明白。「受け取られる」どころの騒ぎじゃない。

なぜ、サンスポがナベツネ寄りの報道を繰り返すのか。
そのへんも、よーく考察してみる必要がありそうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (5)

交流試合「いまさら」?(こうさぎ)

kimasukeは、コレしたかもー。
SNA04329は、

ここでは、しばらく合併問題に触れてなかったんだけど、なんだか一気に事態が混沌と

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「kimasuke」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何がファンの声だ!(ナベツネ談)

うんうん、予想はしてたが、コレがナベツネの本音なんだね。

渡辺オーナー、他紙世論調査「関係ない」(日刊スポ)

何がファンの声だ。君らが勝手に扇動しといて、そんな事は関係ない。
世論は関係あるが、君らの予想が間違っているだけだ

ま、当たり前のことですが、
私も含め、ネット上で合併反対運動を展開する人たちは
別にマスコミに扇動されて運動してるわけではありませんよ。
大手マスコミの長たるナベツネともあろう方なら、
当然おわかりのこととは思いますが。

まず第一声に「何がファンの声だ」と言っちゃうあたりに「ファン軽視」という姿勢が如実に出てますね。で、慌ててマスコミに責任転嫁しようとしてる。笑っちゃいます。君らの予想が間違ってる…って、あれですか。読売新聞に載ってる世論調査の数字は、あなたの予想なんですか?(笑) どこに、世論調査と称して「マスコミの予想」を掲載する新聞があるんですかね? あったら、ぜひ読んでみたいです。
当該世論調査はたぶんコレのことだね。6月調査から比べたら、2リーグ派の数字が7割増。

悔しかったら、読売でも世論調査やったらいかが?
あ、1リーグ反対の世論が出るとわかってるから、やりたくても出来ないんじゃ?(笑)
だからと言って、捏造調査結果を出すのは止めてくださいね。(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

交流試合「いまさら」?

ここでは、しばらく合併問題に触れてなかったんだけど、
なんだか一気に事態が混沌としてきている模様。
※ 合併問題に触れなかったのは、外野の雑音は忘れて、試合に集中したかった…というのも大きいが。

とりあえず、ここ2・3日の経緯をまとめてみる。

いまさら交流試合!?パ6球団がセに対抗へ(スポニチ)

何年も強硬に否定してきておいていまさら、というのはパの全球団が思っていると思う(近鉄・小林球団社長)

いまさら? いまさら!? いまさらぁ!?
元はといえば、お前らのせいなんじゃねぇの!?
過去の経緯が色々あるのは知ってる。知ってるけど、やっと「交流試合」についてセ球団の方から真剣に考えてくれる動きが出てきた…というのに「いまさら」とか言っちゃうんだ。なんというかさ、近鉄の経営首脳には場の雰囲気を読めないバカが多いね。あと、軽々しく発言しすぎだね。自分たちの立場をわかってなさすぎ。

だから、当然激怒する人も出てくる。

横浜峰岸社長 近オの合併白紙を示唆(スポニチ)
横浜峰岸社長、近鉄社長発言に憤慨(日刊スポ)

・そもそも近鉄がまいた種。そんなことを言い出すのなら合併なんか認めない、とセントラルがまとまって言い出すこともあるだろう
・近鉄を何とかしようという動きの中で、何であんなことを言うのか。
・合併の準備を許しただけであり、そのものを認めたわけではない

1リーグを既定路線として考えるのはおかしい。今までの議事録を見たって1リーグなんて言葉は一度も出ていない。最後に(西武オーナーの)堤さんが言っただけでしょ

上はスポニチ、下は日刊スポより。セにしてもパにしても、結局は、自分たちの利益だけは確保したいという姿勢が見え見えで、引いてしまう。確かに、あの7/7オーナー会議で合併の方向は承認されたが、1リーグ云々についてはほとんど語られなかったと記憶している。突然、堤が「もう1組の合併」を示唆しただけなはず。あれから、もう2週間経つが、堤はすっかり姿を見せないし、「もう1組の合併」とやらも全く具体的な動きはなし。そんな話を根拠に「1リーグがいい」とか言うパ球団の首脳ってなんだ?

仮にも、ここまでセ・パ2リーグ性で50年以上も続けてきたのに、その自分たちのリーグに対する誇りというか愛着というか、そういうの何もないんだね。改めて幻滅だわ。

とにかくね。この問題を議論する際に「いまさら」とか「もう遅すぎる」とかいうことはない。時間をかけていろんな可能性を議論すべきもの。

性急な改悪だけは断固反対、断固阻止!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100キロマラソンに杉田かおる

杉田かおる 24時間テレビのマラソンに挑戦(日刊スポ)
杉田かおる 男断ち100キロ完走宣言!(スポニチ)

酒と男を断って、全国の負け犬の女性の代表として走る

杉田かおるが負け犬かどうか…という点について、ツッコミを入れたい気もしますが。
基本的に、今年は100キロマラソンには付き合っていられません。

たぶん、五輪中継に夢中で、それどころじゃないと思うんで。(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.21

はむすぽ、seesaaへ。

なかなか復旧しないJUGEM。
その対応のあまりのまずさに業を煮やし(笑)、
ついに「はむすぽ」の「seesaa」さんへの再移行を決意。

実は、試しに少し記事をアップしてるんです。
何気に用意されていたテンプレートを使ったら、
思いのほか、いわゆる「Fsカラー」に近い感じになった。

とりあえず、きのうまでの「緊急はむすぽ」カテゴリの記事は
早速「seesaa」さんに移しておくことにします。

新「はむすぽ」 → http://hamuspo.seesaa.net/

はぁ。また一からやり直しかぁ…。


JUGEMは一応、残してはおこうかと思いますけどね。
なんかもう、いい加減にしてくれや…ってな感じだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

右側が真っ白(^^;;;

あれっ?って感じですよね。(^^;;;
どういうわけか、右サイドバーの内容がメインの下に行ってしまってる。

@niftyに問い合わせを出したところ、
割と早く返答を頂いたんですが…。

返答のメールにあったとおりのことを試してみたが、
この状況に変化なし。きのうからおかしいんですよねぇ…。

…とアップしたとたんに、元に戻りました。(笑)
一体、何だったんでしょう…。(^^;;;

…あ、ちなみに「きますけ」は左下にいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.20

FNS期末テスト事前スペシャル

7/19 19:00~放送されたものをビデオでチェックした。

さすがに28局もあると、濃いキャラ勢ぞろい。
番組内容と登場キャラの紹介だけで2時間番組が作れるなんて。(笑)

今年の27時間テレビは、すごく楽しみ。

注目は、沖縄の「あだにぃ」と九州バレエ兄妹(笑)。
あと、マリオさんと握手で人を好きになる不思議ちゃん。
道産子なので、新庄つよ選手の追っかけレポートアナもチェック。

ナイナイが送り込んだ4人の「期末テストプロ」の面白回答にも期待大!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースタン観戦・写真展

先日、イースタン観戦に行ったときに撮影した
デジカメ写真から何枚かピックアップ。解説は下に。

kawanaka.JPG katsunori.JPG

murata.JPG udaka.JPG

sichino.JPG searexwin.JPG

(左上、右上、左中)巨人二軍の豪華代打陣。順に川中、野村、村田。
村田は前打者が凡退でチェンジとなり、この場面では打席に入らず守備から出場。

(右中)湘南・宇高投手。あまりにアンダーだったので、元の写真には画面の下半分にしか宇高選手が写ってなかったので…そこだけピックアップした。

(左下)この日2本目のHRを放ち、ホームに戻る湘南・七野選手。

(右下)試合は6-3で湘南勝利。マウンド付近で喜ぶ選手たち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.18

イースタンリーグ観戦

本日はお日柄もよく、すごく暑い一日。
地元・帯広で行われたイースタンリーグ・湘南×巨人を観戦。
買ったばかりのデジカメを携えて、自転車こぎこぎ。
炎天下、試合開始前から4時間出ずっぱり。腕がひりひり

球場に到着すると両チーム守備練習中。湘南のマスコット・レックがお出迎え。
reck-san1.JPG reck-san2.JPG
(左)スケッチブックに書かれたメッセージでご挨拶。
(右)あややの曲に乗って踊るレックさん。

試合の方は、両チーム合わせてHR4本。両先発、制球定まらず。
G西村が危険球(押し出し死球=結果的にコレが決勝点)。警告試合。
4-3と追いすがられた直後に飛び出した七野の2本目のHRが貴重なだめ押し点。

 ◇イースタン・湘南×巨人11回戦(湘南6勝5敗・帯広の森)

巨 人001001100390
湘 南01120020X690
(巨)●西村(5勝2敗)―酒井―佐藤宏―木村=原・村田
(湘)○秦(3勝4敗)―稲嶺―宇高―牛田=小田嶋
HR:七野10号(1・西村) 11号(2・佐藤宏) 三浦9号(1・秦) 岩舘2号(1・稲嶺)

やはり、巨人の継投、代打陣。メンツは豪華だね。
だって、代打に川中やカツノリ(苦笑)、村田が控えているんだもの。
川中はヒットも打ち、守備も華麗。二軍に入るとやはりレベルが違う。
フレッシュに続き、岩舘・矢野が活躍。このまま巨人にいてももったいないから、日本ハムとか来ませんか?(^^;;;

湘南・秦は悪いながらも6回1失点で勝ち投手。秦、前も帯広で投げてなかったか?
デジカメ撮影してて、宇高が強烈な下手投げであることを発見。
七野の1本目のHRはファインダー越しにシャッターチャンスをうかがううちに、ベース1周して出迎えも終わってしまい、タイミングを失う。なんだか、巨人の選手ばかり撮ってて申し訳ないなぁ…と思っていたところに2本目が! 今度はちゃんとベースラン・出迎えを撮影。これでなんとか許してください。(^^;;;

…などと、試合観戦と撮影に夢中になってるうちに、
デジカメのカメラケースを普通に紛失。(涙) 後日、球場に行って聞いてみないと…。

あすは同じカードが釧路で。試合終了後、両チームともバスで移動。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

創作童謡・♪うさぎのカモ

巨人5x-2ヤクルト。またしても阿部にHRを…しかもサヨナラ3ランを打たれているの。もう、いい加減にしてもらいたい!(怒)
今の私の気持ちを、童謡「うさぎとカメ」の替え歌で。題して「うさぎのカモ」(涙)。


もしもしそこの ツバメさん~

セ界のうちでお前ほど うさぎに勝てぬものはない~

どうしてそんなに弱いのかぁ~

なんかねぇ。弱すぎですよ。
きょうのサンスポで、ノムさん(前監督)がGに勝てないのは「準備不足」と「恐怖心」のせいだ…と書かれてましたが。
それにしても弱すぎ。ほんの1年前までGと互角に張り合ってたとは思えぬ弱さ。
対巨人4勝12敗だなんて。恥ずかしくてセ他球団のファンに顔向けできません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.07.17

お習字しませんか?

テド★えにっきさんより。

ちょっとお疲れ気味のあなた…蒸し暑い夏はお習字です。

…ということで、お習字です。
自由な発想で書きましょう。
黒・赤の墨があり、半紙からはみ出しても全然OK!

テドさんの作品以外にも面白い作品が多々ありそうです。
私はそろそろ仕事に行かなきゃ…なのですが、
「書」に自信のある方もない方も
「遊び心でお習字」してみませんか?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

氷が欲しいよぉ!

関東で地震があったみたいですね。慌てず落ち着いて行動ですよ。

さて。水曜日分の「ふれあいホール」の録画放送。
きょうは「かき氷」編…というか、「甘酒」編。(^^;;;

甘酒は冬のもの…というイメージがあるけど、
本来は「夏の飲み物」なんだそうで。
「甘酒」は俳句でも夏の季語。
成分的には「点滴」と同じ。(アミノ酸とブドウ糖)

飲み続けると、肌がきれいになるらしい。

そんな甘酒の匂いに誘われて(^^;;;
由紀さおり・安田祥子姉妹が登場し、夏の童謡メドレー。

 蛍・たなばたさま・花火・風鈴・夏の思い出
 今週、バニラムードがやった曲が多いみたい。

ホールで線香花火はありなんだろうか?…という疑問をはらみつつ、
バニラムードの演奏は一転して洋楽の「サマータイム」。
Marikoさんの首に巻かれた黒のスカーフがインパクトあり。

私は4人の中ではYuiさんがかわいいなぁ…と思ってますけど、
最近、なんだかMarikoさんにも惹かれます。

何気に初告白。なんだかなぁ…という感じですが。

後半、やっとかき氷作り。
作るといっても、市販のかき氷機をしゃかしゃかするだけだが。
どうやら、こぶ平氏の機械だけ氷が入ってなかったようで、
冒頭の「氷が欲しいよぉ!」という台詞に。

かき氷と甘酒、意外と合うらしいです。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

どんな仕事?

@niftyニュースより。

病気欠勤のはずがスキー大会で優勝…神戸市職員を処分

腰痛などを理由に病欠していた神戸市環境局の技術職員が、仕事もせずにスキー大会に出場し、あろうことか優勝していたとか。

体の痛みで、丸1日の作業は無理だったが、スキーなら差し支えなかった

…そんなに神戸市環境局の仕事は激務なんでしょうか?(苦笑)
っていうか、仕事サボってスキーなんぞしてる時点で公務員としては失格だと思いますが。腰痛なら、おとなしく休んでてくださいよ。

業務上の作業は出来ないけど、スキーなら出来るってか? 随分、都合のいい腰痛だわな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

近鉄選手が署名活動

近鉄ナインが署名活動(スポニチ)

近鉄の選手29人が、きのうの試合前に大阪D前で署名活動。

礒部選手会長「いつも複雑な思いで試合している。ファンと一緒に、大阪府で300万、全国で1000万から2000万人の署名を目指す」

頑張って下さい。私もこないだ、札幌Dで署名はさせてもらいました。
来月の日本ハム×近鉄戦も見に行きたいと考えてます。
私みたいな一野球ファンには、署名とかこうやってブログで反対の思いを綴るとかしか出来ないけど、選手の皆さんには、ほんと頑張ってほしい。シーズン中の選手が街頭に立って署名活動するなんて、一野球ファンからすれば、たまらなく辛い。けど、そうでもしないと今回の問題は解決しないところまで来ちゃってるんだよね。出来る限り応援したい。

さて。今回、近鉄の主力選手たちが街頭で署名活動を行ったことにより、
彼らは新球団にプロテクトされないことになりました。

…そうでしたよね、山口社長さま?

公企業の経営者が、公の場(記者会見)で口にしたことを
おいそれと撤回したりしませんよね?(爆)
あんたの暴言の数々、忘れてなんかいませんよ。

「合併なんか止めるから許して!」
全国の近鉄ファン・オリックスファン・すべてのプロ野球ファンの前で
土下座でもしてくれれば許してやってもいいが。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.07.16

朝顔の上手な育て方

きょうのテーマは「朝顔」。

朝顔の上手な育て方
 ・つるは反時計回りに巻く。
 ・水は1日2回
 ・肥料は月に1度、化成肥料を10粒ほど。

たくさん花を咲かせるコツ
 ・花が咲いたらすぐに摘んで、他に栄養を行き渡らせる。
うまくすれば、9月までに300~450輪咲くとか。スゴいね。

俳人の黛まどかさんがゲストということで、朝顔をテーマにプチ句会。

 ベキ「朝庭に 打ち上げ花火 朝顔だ」

 黛さん「朝顔の 明日は白きが 咲く予感」

バニラムード演奏は「蛍」。正直なところ、この曲は知らない。(^^;;;
4人それぞれにソロパートあり。

後半は、朝顔の汁を使ってお絵かき。
赤の朝顔の汁に
酢・クエン酸を入れると赤みが増し、重曹を入れると鮮やかな紫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.15

1リーグ制にほえる

…と、新聞タイトルに書いてあったもんだから、
報道ステーションを久々にじっくりチェック。

「1リーグ制にほえる・大賛成VS大反対」。
スタジオでの討論ではなく、事前にインタビューしたVTRを流す形。
「1リーグ反対派」として、やくみつる・豊田泰光・黒鉄ヒロシの3氏。
「賛成派」として、ヨネスケ・財部誠一(経済ジャーナリスト)の2氏。
この時点で3-2で1リーグ反対派の勝ちだったりもする。(苦笑)

各氏の発言の要旨をまとめておく。テレビ見ながらのメモなんで、
一字一句同じじゃないです。あくまでも参考程度にしてください。
このサイトの性格上、1リーグ反対派から。

やくみつる氏

  • プロ野球の体力が弱っている。弱っている時に大手術(1リーグ制導入)をすると死にます
  • (今回の騒動は)しょぼさを感じさせる。これはすごくまずい。
  • スト支持。ストで経営者側を痛い目にあわせる。間違いなく槍玉に上がる。
  • ナベツネの「たかが選手が」発言は、きっとファンにも向けられている。「たかが無礼なファンごときが」と思っているのだろう。

豊田泰光氏

  • チーム数をもっと増やすべき。北海道に日本ハムが行ってあれだけ熱気があるんだから、鹿児島にも仙台にも四国にも。
  • チーム数を減らすのは簡単だが、必ず傷が残る
  • 現状のプロ野球の課題→球場のトイレ、弁当高い、ビールもバカ高…ファンサービスがなってない
  • ナベツネに一言→もう引退して笑顔で生きてほしい。彼の笑顔は結構かわいいと思うよ。

黒鉄ヒロシ氏

  • 「なぜ(1リーグにしないといけないのか)?」を総点検しないと(1・2年は人気が戻っても)また同じ失敗を繰り返すことになる。
  • 日本球界は「その日暮らし」でやってきた。何があっても「ファンは必ず見に来る」という思い込みがあったのでは?
  • 話し合いのためのストならいい。ストをやって初めてオーナー達は驚く。
  • パに1つ「外国人球団」を作るなど、アイデアを一般公募すればいい。いいアイデアはたくさんあるはずだ。
ここまでが1リーグ反対派。線以下は賛成派2氏の発言
ヨネスケ氏
  • いろいろ言っても日本のプロ野球は巨人中心だ。パ・リーグにも小笠原や岩隈といったスゴい選手がいるが、巨人と戦わないから皆知らない。1リーグになって、巨人と戦うようになれば「小笠原スゴい」「岩隈スゴい」と皆がわかる。
  • スト? やれるもんならやってみたら。MLBも頑張っているが、ストの影響で以前よりはファン離れしてるんだ。
  • 「選手が口出しするな」というナベツネの発言にも一理ある。

財部誠一氏

  • プロ野球=ショービジネスである。今回、近鉄がどうのこのと言われているが、今、大阪Dに客は来ているのか? 今でも閑散としている。ならば、マーケットに合わせて規模を縮小していくのは絶対条件だ。
  • 日本の球界は、平成になっても平成10年を過ぎても昭和30~40年代の感覚でやってるからダメになる
  • 例えば、西武とダイエーが合併したらものすごいチームになる。そうなると巨人戦だけじゃなく、プロ野球に巨人以外のもう一極の人気球団が出来る可能性も。
  • ナベツネの言っている事は絶対正しいが、いかんせん説明不足。言葉の端々で選手を愚弄したり品性下劣なところが出すぎているので、自分自身で議論を出来なくしてしまっている。

とりあえず早めにアップだけしてしまいたいので、
個々の発言に対する意見は保留しときます。

…が、ヨネスケは一体何なんでしょう。
一皮はいだらナベツネが出てくるんじゃないかと思った。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (4)

セ5球団がナベツネに反旗!?

2リーグ制維持へ 阪神が交流戦案を提唱(スポニチ)
阪神は交流戦を提案へ、G戦減っても(日刊スポ)
セ5球団が「来季は2リーグで」(日刊スポ)

阪神が「来季1リーグは時期尚早」という意見を表明したのに続き、
ヤクルト、横浜、中日、広島も相次いで「2リーグ維持」の意向を表明。
阪神は「交流戦導入案」を、26日の代表者会議に提案する意向。

おおーっ、なんだか風雲急を告げてきた感じだ。
ナベツネや堤が「球団合併→1リーグ」を強引に押し通そうとしても、
オーナー会議で3/4以上の賛成がなければ、合併も1リーグも成立しない。
このまま、巨人以外のセ5球団が「1リーグ反対」の立場を貫けば、
来季からの1リーグ制導入は不可能なのだ。ふふふ。

ただ、やはりオリ・近の合併を回避しなければ、交流戦を導入しても
リーグ運営が難しいのは明らか。奇数球団での日程の問題だってある。
だが、今回のセ5球団の発言を見ても、そこまで踏み込んだモノはない。

「1リーグ」が時期尚早なら、「球団合併」だってあまりに話が急すぎる。
どちらも、じっくり時間をかけて検討すべき課題であるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2004.07.14

ふれあいホールお休み

MLBオールスターの中継が長引いてたため、
きょうの「お昼ですよ!ふれあいホール」はお休みでした。
※ MLBオールスターは9-4でアメリカンリーグ勝利。1回表の6点でほぼ勝負あり。
1番センターで先発のイチローは4打数1安打。松井は9回代打でガニエの前に三振。

きょう放送予定だった「夏の風物詩・かき氷編」は
7月17日(土)午後3:05から放送されるそうです。

…と、これだけでは申し訳ないので、
こないだ産まれた妹のお子ちゃまの写真を気まぐれに載っけてみる。
mayu005.JPG mayu005.JPG
(左)病院の新生児ベッドで寝てる。(右)退院前のお着替えをしたところ。
写真撮りまくるのにデジカメ買ったさ。展示処分品だけど。(^^;;;
「親ばか」ならぬ「伯父ばか」。説明書とにらめっこしてますよ。

…話は戻りますが、総合テレビは相変わらずぶつ切り中継ですな。
去年、さるさるでそのことで散々怒りをぶちまけた記憶が。(^^;;;
「天花」に切り替わって1分も経たないうちに試合終了ですからね。(苦笑)
もうちょっと柔軟な編成が出来ないものかなぁ…と思いますが。

ま、昨年末にBSデジタルチューナーを格安で買ったので、
今年は最初からBSハイビジョンで見とりました。
家のテレビがワイドじゃないので、迫力はいまいちですけど。(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.12

ライブドアの球団運営提案書

きょうは、ちょっとココログ重めかなぁ。(^^;;;

さて。ライブドアが「新しい球団運営に関する提案書」を発表した由。
 ・近鉄買収に向け提案書(スポニチ)
 ・ライブドア「2年で黒字」近鉄買収具体案(日刊スポ)

スポニチの記事などから、提案書の要旨をリストアップ。

  • 地域密着型の市民球団運営→球団株式発行によるファン層拡大
  • 情報技術(IT)の導入→ネットを活用した試合中継・情報配信
  • ストックオプション(自社株購入権)の付与
  • 近鉄球団の過半数の株式取得→ファン・大阪経済界などから出資を募る
  • 買収後は2年以内の黒字化を目標とし、3年後の球団株式の公開を目指す
私、経済分野はまるで詳しくないので、どなたかに解説願えるとありがたいのですが。
まず、そもそもストックオプションって何?ってところから。

でもって、この「提案書」に対する近鉄側の反応。
 ・近鉄、改めて売却の意思なし(ヤフスポ・時事)

近鉄の小林球団社長いわく。

いろいろ書いてあったけど、誰もが考えること。それで経営改善できるかが難しい
その誰でも考えることすらやらなかったから、こんなことになってんじゃねぇの?

きょうは「連合会長が古田選手会長らと会談を持つ…」という記事もありました。労使問題のプロが味方についた。ありがたい。
まだまだ、諦めちゃいけない。新庄の叫びを無にしちゃいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Keiko先生といっしょ

今週の「ふれあいホール」のテーマは「日本・夏の風物詩」。
ちょっとレポートを書きにくいテーマですね。(^^;;;

特筆事項としては、出演者全員が浴衣で登場!
ゲストのMEGUMIはもちろん、バニラムードの4人も浴衣。
なので、オープニングからいきなり度肝を抜かれました。(笑)

Emileeさんは白、Yuiさんは赤を基調にした浴衣です。
Marikoさんの青の浴衣も捨てがたいです。(^^;;;

最初は「江戸売り声」の第一人者・宮田章司さんが登場。
懐かしい「スイカ売り」の売り声を披露した。
その筋ではかなり有名な方のようで、売り声のCD書籍まで出している。
ここにCD書籍の紹介と試聴用MP3が置いてあるよ。
落語家さんや漫才師に混じって、池袋や浅草の演芸場で
普通に「江戸売り声」の芸人として、高座に上がっている模様。

さて。ここからが特筆事項(2)!
きょうのテーマは「風鈴」だったわけだが、
なんと、風鈴で音楽を奏でようコーナー!があった。
この番組で「音楽」といえば、バニラムードですからね。
Keiko先生(小学校の音楽の時間っぽい雰囲気だったので、あえてこう呼ぶ)
風鈴(文部省唱歌)」のキーボード伴奏に合わせて、
団扇で風鈴を扇ぎ、涼しげな音を奏でましょう…というコーナー。

Emilee、Yui、Marikoの3人を手本に涼しい音色を…
涼しい音色を…あれ、なんだか熱くなってますね。(^^;;;
最後の方は仰ぐというより、思い切り団扇を風鈴に叩きつけていた3人。
きゃっきゃきゃっきゃ言いながら、とても楽しそうでした。(^^;;;

普段どおりの演奏ももちろんあって、きょうは「たなばたさま」。
バニラムードの手にかかれば、童謡もそれなりに素敵な曲に仕上がる。
オープニング、幕間に加えて企画で音楽コーナーがあって、
バニラムードファンにとっては、かなり嬉しい1日だったんではないかと。
…もちろん、私もですけど。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みそじ記念日(^^;;;

…というわけで、私つげさんは本日7月12日をもって、
晴れてみそじの仲間入りをいたしました。(笑)

ここ最近、合併反対関連の書き込みなどのおかげで、
新たにここに来てくださってる方も多いと思われるので、
みそじ記念日を機に改めて自己紹介をさせていただきます。

ハンドルネーム・つげちゃん
北海道在住・30歳(笑) かに座・B型
現在は医療事務関連の派遣会社に所属。救急病院の夜間受付業務をこなす。
ここにも書いたとおり、7月8日に妹に女児誕生。晴れて「伯父さん」の仲間入りも果たしました。

大のプロ野球好き。
セはヤクルトスワローズ、パは北海道日本ハムファイターズを応援。
今年は既に札幌Dの日ハム戦を4試合も観戦。
同じ北海道でも、札幌からJRで2時間半ほどかかる豚丼の本場・帯広市在住なので、4試合「も」と言わせてね。(^^;;; 8月3・4日の対大阪近鉄戦を観戦に行くかも。

ブログはここともう一つ。
ここ「NEW気ま日記」は、野球・ニュース・スポーツ・テレビ番組のことなど、ありとあらゆる内容がある。日本ハム関連は後述する「はむすぽ」に集約しているので、ここでの野球ネタはそれ以外のものが多い。テレビ番組ネタでは、北海道発の人気深夜番組「水曜どうでしょう」、バニラムードが出演する「お昼ですよ!ふれあいホール」などが中心。ハーボットの「ちゃたろー」やこうさぎ「きますけ」も、ブログを訪れてくださる方のお相手をさせていただいております。

もう一つのブログは、北海道日本ハムファイターズの記録を淡々と綴ろうと、
先日リニューアルオープンしたばかりの
はむすぽ
今季開幕からの日本ハムの戦いぶりを綴ってます。過去の記録が一部未完成ながら、だいぶ様になってきました。こちらも少しずつコメントやトラバを頂けるようになりました。ありがたいことです。

どちらがメインでどちらがサブ…というのもないので、暇な時にゆっくり読んで下さい。

それにしても、みそじですよ。みそじ。結局、20代の10年間も何も浮いた噂もないままに過ぎ去ったし。(笑) 30代の私は一体どうなるの? 年金はもらえるの?(^^;;;
私のブログを詠んでくださる方は、どんな年齢層が多いんですかねぇ。気になるところ。

…今後ともブログを通して遊んでやって下さい。よろしくお願いいたします。


三日坊主の雑記帳さんより。
はい こちらサポセン。さんで「お誕生日トラバ」なる企画が行われていることを知りました。見たところ、私の誕生日=きょう7月12日の方がいないようなので、トラバしてみる。

誕生日のエピソード…そうですねぇ。野球ブログなんで、野球のエピソードを。
大学時代、まだ札幌でのプロ野球公式戦が円山球場で行われてた頃、巨人×ヤクルト戦がやってきた(1995年)。
ちょうど、その日に大学の授業と関連して、球場近くの福祉施設での見学実習の予定があったことから「実習終了後にちょっと様子を見に行こう」と思って、朝から古田のイラスト入りTシャツを着込んで(笑)実習に参加。
終了後、球場を見渡せる高台から何気に様子を眺めていたら、誰かがHRを打ったらしく、歓声が響いてきた。その歓声が、まるで地鳴りのように響いてきたことに、すごく感動を覚えた。ほんと、ものすごかった。
確かそのHRの主は元木だったと記憶しています。私はヤクルトファンなので、ヤクルト選手が打ったものだったら、もっとうれしかったんですが。(^^;;;

その後、球場まで行きましたが、当日フラッと行ってもチケットなど取れるはずもなく、
球場の壁の隙間から、わずかに見える選手たちの姿に一喜一憂してた。(^^;;;
結果的に、その試合はオマリーの活躍でヤクルトが勝ったはずです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

参院選結果まとめ

結局、北海道選挙区は現職2人が当選…という無難な結果に。


参院選北海道選挙区・結果
中川 義雄自民現741831
峰崎 直樹民主現618277
西川 将人民主新552993
鈴木 宗男無所新485382
岡  千陽 共産新254338
山内 恵子社民新106631
千代 信人諸派新19020
政党の色分けは、選挙ステーションを参照しました。

全部の開票が終わっての最終結果は以下の表の通り。


参院選・党派別議席数(参議院定数242・改選121)
自民党公明党民主党共産党社民党無諸他
選挙区34331005
比例代表15819420
改選議席計491150425
非改選661332 532
総議席1152482957
選挙前議席116237020511
増減-1+1+12-11±0-4
※ 改選前の定数は247。表のほかに選挙前の改選議員に欠員2あり

もちろん、表はきのうの出口調査結果の表の使い回しです。(笑)

確定した数字を見ると、出口調査の結果ほど自民は負けなかったという印象。
とはいえ、改選議席では民主が自民を上回り、
「小泉政権NO!」という有権者の声が、はっきりと数字に表れた。
キーポイントとなった1人区。前回は自民党の25勝2敗だったのに対し、
今回は14勝13敗とほぼ互角の戦い。この差が自民・民主逆転の原動力。

数字の移動だけで見れば「自民党が負けた」というよりは、
「共産党が大惨敗」という感じが色濃い。
共産党の減らした議席がほとんど民主党に流れている。
去年の衆院選で見られた「二大政党制への胎動」が、ここでもくっきり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.11

オールスター2試合を振り返ろう

はむすぽにも書いたので、手短に2試合まとめて振り返り。

 ◇2004サンヨーオールスターゲーム第1戦(全パ1勝、ナゴヤD・34971)

ALL Pacific0101003016100
ALL Central100000200370
(パ)岩隈―○松坂―渡辺俊―金村―三瀬―S森=城島
(セ)山本昌―●三浦―川上―上原―河内―岡本=矢野・阿部・古田
HR:松中(1・山本昌) 城島(1・三浦) ズレータ(1・上原) 中村(1・岡本)

 ◇2004サンヨーオールスターゲーム第2戦(全パ2勝、長野・26963)
ALL Central000001000130
ALL Pacific00101000X270
(セ)●福原―工藤―ベバリン―五十嵐亮―佐々木=矢野・古田・阿部
(パ)和田―○張誌家―小林宏―新垣―S横山=高橋信
HR:高橋由(1・小林宏)


全パ2連勝でしたね。
勝敗はともかくとして、2試合とも素晴らしい試合でした。

けど、やっぱり新庄ですね。
札幌Dのファンの前で高らかにMVP獲得を宣言して、
それを本当に実現しちゃうんだから、さすがです。

ホームスチールを決め、手をじたばたさせて喜びを表現する新庄。
最高です。(笑) 北海道に来てくれてありがとう。心からそう思います。

ブログを通じて「球団合併反対」「1リーグ反対」を声高に主張してきた。
きのう、きょうの2試合を見て、その思いはますます強くなりました。
選手たちが手首につけていた12色のミサンガ。
新庄がヒーローインタビューで発した
「これからはパ・リーグです!」のコメント。
ファンも選手も思いは一つ。改めてそう感じた2日間でした。

やっぱり、セ・リーグとパ・リーグが競い合うオールスターが見たい。
来年も再来年もずっとずっと…。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

参院選開票始まる

各局出口調査の結果を見ると、軒並み「自民敗北、民主躍進」の結果。
自民は目標の51議席を下回り、民主は改選議席で自民を上回る勢い。

テレビ各局出口調査の結果
定員121 自民党 公明党 民主党 共産党 社民党 諸・他
NHK 43-52 9-12 48-55 2-4 2-3 4-7
日本テレビ 47 11 53 3 2 5
TBS 48 10 52 4 2 5
フジテレビ 48 10 53 4 2 4
テレビ朝日 46 11 52 4 2 6

与党幹部は出口調査の結果を受けて「火消し」に必死。

「51議席下回っても総理辞職は必要なし」
「与党で(非改選も含め)過半数なので政局にはならない」
今回の選挙の評価は、あくまで今回の結果のみで判断すべき。
非改選議席は、3年前の「小泉バブル」の恩恵で獲得したに過ぎない。
当時と今とでは状況が全く違うのだから。

北海道選挙区は、上位3~4人が拮抗し予断許さない情勢。

午後10時過ぎ、道選挙区・中川義雄氏(自・現)当確。
午後10:35、選挙ステーションが峰崎直樹氏(民・現)に当確を打つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水曜どうでしょう…東京上陸!

たまには、野球以外のことも書かないと息苦しくて。(^^;;;

東京地区での「水曜どうでしょう」の放送がまもなくです。
深夜3:05~。皆様、ビデオのセットはお済みですか?
生で見るんだ!と張り切っておられる方、起きてますか?

これまでもtvkさんや千葉テレビさんなんかで放送されてますが、
やはり、東京の名だたるキー局・テレビ朝日さんで放送されるとなると、
製造元たる北海道の人間の気持ちもちょっと違うかもしれません。
現に、私なんかはちょっと緊張気味。自分が出てるわけでもないのに。
ミスターやにょうさんが、どんな風に受け止められるのか
興味もありつつ少し不安もありつつ…みたいな。

もし、ご覧になった方がいましたら、こそっとでいいので、
感想など教えていただけるとうれしいなぁ…と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.10

気持ちはわかるけど…。

きのう行われたフレッシュオールスターでは、
ヤクルトの青木がMVP、北海道日本ハムの小谷野・須永が優秀選手と、
私個人的には非常にうれしい結果となりました。

が。きょうのスポニチにこんな記事が出てました。
「地獄へ落ちろ!」岩舘にブーイング(スポニチ)

「地獄へ落ちろ、ジャイアンツ!」
「地獄へ落ちろ、ナベツネ!」
そういえば、スカイAさんの中継を見ていて、
表彰式のあたりからスタンドが騒がしいなぁ…と感じてはいましたが。
まさか、こんな罵声が浴びせられていたとは…。寂しい限りです。

きのうのフレッシュは大阪Dでの開催。近鉄ファンも多数詰め掛けた。
近鉄ファンの気持ちは痛いほどわかるし、私も出来る限り協力はしたい。
けど、目の前でプレーしている選手に向かって
「地獄に落ちろ!」はかわいそうです。

ちょっと考えればわかると思うんだけど、
岩舘にしてもHRを打った矢野にしても内海にしても、
彼らだってナベツネ独裁の被害者なんです。
フレッシュであれだけの活躍をしてアピールしても、
今の状況で、彼らが早期に一軍に上がる可能性はほぼゼロに近い。
ペタジーニやら江藤やら小久保やらローズやら。
次から次に他チームの主砲を引っ張ってくるチーム事情。
そんな選手たちに割って入るには、
よほど誰かが故障するとかないと難しい。
まして、ナベツネの主張する1リーグ性が導入されれば
「選手救済」の名目で、新球団からあぶれた選手がたくさん入ってくる。
考えたくないことだが、もしかしたら、
このまま一軍デビューも出来ないまま終わってしまうかもしれない。

「実力がないからだ」と言う人もいるでしょうが、
他球団ファンから言わせれば、巨人の若手の中で
「ウチにいれば、すぐに一軍に入れるのになぁ」という選手は
今までも多くいました。
実力があるのに、それを発揮する場すら与えられないとしたら、
これほど悲しいことはありません。

オリックスの指名を拒否して巨人入りした内海は除くとしても、
ドラフトで指名されて、たまたま巨人に入った選手に罪はないはず。

直接的に選手個人への罵声ではなかった(?)のが、せめてもの救い。

近鉄ファンの気持ちはわかります。
けど、怒りをぶつける相手を間違えちゃいけません。

※ ちなみに、冒頭1行目の「フレッシュオールスター」のリンクは、私が持ってるもう一つのブログ「はむすぽ」のフレッシュオールスターの結果を書いた記事に飛びます。道産子野球ファンとして、北海道日本ハムファイターズの記録を綴っています。おひまでしたら、そちらもぜひご覧くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.09

たかが選手…されど

選手がいないと試合が出来ないってこと、わかってないんでしょうね。
あのバカオーナーどもは。

巨人渡辺オーナー暴言「たかが選手が」(日刊スポ)
zutaspospecial.jpg
↑上の画像はずたたん TIMELY REPORTさんからお借りしました。

分をわきまえなきゃいかんよ。たかが選手が。
たかがといっても、立派な選手もいるけどね。
彼の言う「立派な選手」ってのは、どういう選手なの?
どんなに理不尽な合併案を提示されても「はい、そうですか」と黙って従う選手ってことなのか。だとしたら、そんな「立派な選手」は多くはいないと思いますよ。残念ながら。選手に対してですらこうなんだから、ファンの反対運動なんて屁でもないのかもしれませんがね。このまま、ナベツネや堤のやりたい放題を許せば、本当にプロ野球は滅びるんだって。

近鉄本社社長の「アホ発言」にノリ寂しい(日刊スポ)

なんで中村みたいなアホに5億も払らわなアカンの?(中略)社会的犯罪ですよ。泥棒や
あー、もうお願いだからお前消えてくれ。
なんで、そんな偉そうなこといえるの? あんたがたのやってることの方がよっぽど「社会的犯罪」なんだ。言うに事欠いて、自チームの選手を「アホ」呼ばわりするような輩にこれ以上四の五の言われたくない!

しかも、こいつは古田や清原に対しても暴言三昧らしい。

「古田はそんなに偉いのか」「清原? あんな男に何億も払っているということこそ、糾弾せな」
ほんと、お願いだから何も喋るな。お前の存在自体が腹が立つ。

| | コメント (3) | トラックバック (4)

対決列島タイピングゲーム(こうさぎ)

きのうはSNA04329が時計みたいなコメントされた。
SNA04329は、

水曜どうでしょう公式HPより。
今週金曜日より、丸井今井さんはじめ道内HTBグッ

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「kimasuke」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.08

明大前の小林さん(笑)

本当なら、「陳さんの冷やし中華」とかにしなきゃいけないんだろうが、
きょうはね。これしかないって。(笑) 明大前の小林さん。
なかなかいい味出してました。

阿部アナ「畑山(隆則)さんの冷やし中華どうですか?」

明大前の小林さん(小声でボソッと)
ウニがうまいです(笑)

番組史上、最も味のあるキャラの素人さん。このブログに書いたことで、
私は一生忘れないでしょう。明大前の小林さん。(笑)
それにしても、明大前ってのは
そんなに失笑の漏れるような地名なんですかね?
東京の地理に詳しくないので、よく分からないんですが。

バニラムードの演奏は「イパネマの娘」。
ネット検索によると、ボサノバ系の曲らしいです。
ここをクリックすると、midiが聞こえます。
各種midiを聞くと、本当は割とゆったり目の曲らしいんですが、
番組では、Keikoさんのピアノの力強い演奏ぶりが強く印象に残りました。

ちなみに、オープニングできょうのバニラムードを見て
なんだか天使みたいだ」と感じました。
ちょっと透けたYuiさんとかの衣装が「天使の羽衣」のように見えたのね。

そういえば、ゲストのめん作りの途中で、
バニラムードの音合わせ?と思しき音が少し聞こえてました。
これも生ならではのハプニングと言えるでしょう。

クイズのおさらい
 ・中国にも涼麺(りゃんめん)と呼ばれる冷やしめん料理がある。
 ・陳さんの冷やしめん料理法
  (1) めんを冷やす際には扇風機を使う。(昔は団扇で扇いでた)
  (2) 扇風機で冷たい風を当てながら、ごま油を少量たらし、
    皿に叩きつけるようにして冷やすと、
    めんがのびずに半日ほど持つ。これが四川風。

※ これはあくまで四川風。普通のめんの場合は、ゆでた後で普通に冷水でしめるのが良い。四川風のめんは冷やす時に水にはつけないのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

妹がママになった

ついさっき(午前4:30ころ)、妹が出産した。
病院で付き添っていた母から連絡があった。

夜中の1時ころに病院に連れて行ったときには、
「まだしばらくは産まれない」とか言ってたんで、
かなりキツネにつままれた感がありますが。

ちょっと落ち着いたら、赤ちゃんの顔でも見てこようかと思います。

======
付き添いに行ってた母から話を聞くと、
私が病院からとりあえず戻った後、
なんだかあれよあれよという間に出産まで行ってしまったそうだ。
産前は「もしかしたら切る(帝王切開)かも」とか
言ってたんだが、いとも簡単に産まれちゃったと。
切ることもなかったらしい。逆に産後に「腹が痛い」と騒いでいると。

ふーん、そういうもんなんだね。

思えば、めぐり合わせってあるもんなんだなぁ。
普段の私なら、仕事のない日は
家で野球でも見ながら時間をかけてブログを書いて
夜12時とかになって寝るというスタイルなのに。
きのうは、夕方から食事もせずに爆睡で
ふと目覚めると既に午後11:30。
危うく「どうでしょう」最終回を見逃しそうになるくらいの爆睡ぶり。

妹が陣痛を訴えて病院に連れて行ったのが午前1:00ころ。
普通なら寝静まってる時間なのに、寝起きで起きてたから
すぐに行動を起こすことが出来た。

妹のダンナも普段は朝早い仕事で、
午前4:30は既に仕事しているはずの時間なんだが、
きょうに限って朝6:00ころの出勤でよかった(それでも十分早いが)そうで、
無事に出産の立会いを済ませて仕事に向かったそうだ。

何はともあれ、無事に産まれてホッとした。
自分はどうすることも出来ないんだけどね。
なんだかんだ言っても、心配してたんだから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.07.07

終わりの始まりか?

オーナー会議があったですね。

下にも書いたとおり、ついさっきまで寝てましたんでね。
ニュース10に出たナベツネとか堤の記者会見とか
まったく見てないんですけどね。

「球団合併反対!」と声を上げ、
ネットワークへのリンクバナーを貼るサイトの主として
何らかの感想を書かねばならんのでしょうが。

あまりの展開の速さに、唖然とするやら悲しいやらで
長々とコメントする気になれません。

日ハム、ダイエー、ロッテ…どこと一緒になるか模索しています…だ?

ふざけた事言うなって!

球団のオーナーが公の会見でそんなこと言っちゃったら、
もう後戻りできなくなっちゃうじゃん。
勝手によその球団の名前まで上げちゃってさ。
失礼にも程があるぞ。

あー、もうストだ。ストライキだ。それしかないって。
馬鹿オーナーどもに鉄槌を食らわせねばなるまいて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衝撃の!次回予告?

んーーっ、晩飯も食わずに寝てたぁ。
はっと目覚めて時計を見ると23:30。

「やばっ!どうでしょう最終回じゃん!」

慌ててテレビをつけると、
ミスターとにょうさん(とヒゲ)が、
「次回はこんな事やりたいねぇ」という面白トーク中。

その中身は書かないほうがいいですか?
どうしましょうか?

けどね。にょうさんが闘牛士になる!なんて、
口を滑らせちゃったもんだから、
ヒゲとうれしーのどうでしょう敏腕D陣(笑)は
今! まさに今!
スペインで開催中の牛追い祭りに視察に行っているという。(笑)

「詳しくは公式HPで」なんてスーパーが出たので、
さっき、ちょっと見に行こうと思ったら、
何気にすごく重くてね。まだ見れてません。(8日午前0:00現在)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バニラムード風冷めん

北海道と盛岡は割と近い(海を隔ててはいるが)けど、
本場の冷麺を食べたことは、たぶんまったくないです。

きょうは途中からしか見れなかったんですが、
番組のパターンは週を通して同じなようで一安心。

バニラムードの演奏は「チャコの海岸物語」。
夏・夏・夏…!って感じですね。
きょうもバニラムードの4人は、オリジナル冷麺を調理するゲストの後で、あれやこれやとヒソヒソ話。(^^;;; 何を話してるんですかねぇ。きょうの講師の先生が「バニラムード風冷麺」とか言って喜ばせてましたが。

クイズのおさらい
・スープの脂は、冷やしてから表面の脂を取る→ヘルシーであっさり!
・盛岡冷麺のキムチにキャベツを使うのは甘みを出すため
・本場・韓国での「もっともおいしい食べ方」は、
  冬の寒い日に暖かい部屋で食べる→本来は保存食で冬に食べる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清原が吠える?

きょう、いよいよ注目のオーナー会議が開かれるが、
ここに来て、選手側のコメントが出てくるようになった。

パの灯を消すな 清原が近オ合併に待った!(スポニチ)
清原、合併「賛成できるはずない」(日刊スポ)

(合併に)賛成か反対かは簡単には言えないけど、選手の気持ちを考えたら賛成なんかできるはずもない
パ・リーグの選手の意見はなかなか取り上げてもらえないかもしれないでしょうから、僕の方から言ってほしいことがあれば、何らかの形で力になりたいと思います
あの清原が、球団合併の流れに真っ向から反対のコメント。ナベツネ巨人の選手の発言だけに、これは非常に大きい。普段は、清原にあまりいい印象を持たない私だが、この一連のコメントには激しく同意。自分が言うことでマスコミが大きく取り上げてくれるなら力になりたい…という趣旨のことまで言っている。

日刊スポーツには、ローズの「僕も合併には反対」というコメントも掲載されている。

======
ヤクルト球団社長が合併延期案に理解(日刊スポ)

選手会の案? 議論する必要があるだろうな。まだ何も決まってないわけだし
これが正常な意見だ。突如出てきた球団合併案が、まるで「既成事実」であるかのように一人歩きする状況は絶対におかしい。誰も望んでないのに「8球団だ」「10球団だ」と球団をつぶすことしか考えないオーナー連中。かといって、自分のところがつぶれるのは嫌だから、(来季の体制などの)具体的な話は全く出ず、まことしやかな噂ばかりが飛び交う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.06

そうめんイタリアン!?

今週の「ふれあいホール」は、題して「めん類新書」。

きょうは2日目。「そうめん」だ。(1日目は、当直明けで疲れて寝てたのよ)
テレ朝系「おかずのクッキング」でもおなじみで、
水曜どうでしょうファンならば「にょうさんが物真似していた料理人」といえばピンと来るはずの土井善晴氏が登場し、ゲストともどもオリジナルそうめん作りに挑戦。

後半の一般参加3人によるクイズコーナーで勝利した方から順に好きなそうめんを選んで試食できる…という、これまでとは少し違ったパターン。

土井善晴さんが作ったのは「そうめんイタリアン」。
火にかけた鍋に、いきなりにんにくとオリーブオイル投入。
そうめんといえば「和風」のイメージがあるので、この時点でかなり意外な展開。バニラムード・Yuiさんが「いいにおい~♥」と思わずうっとり。
そこに乾麺のままのそうめん2束に2カップのお湯を投入。
 ※ そうめん1束につきお湯1カップの割合ですな。
煮立ってきたら、ぶつ切りトマトとバジルを加え、
最後に溶き卵(1個分)を入れたら出来上がり。

普通は、お湯でじっくり茹でで冷水でぬめりを取るのだが、
これは、いきなり乾麺から投入してひと煮立ちさせただけ。
そうめんを製造する際に塩で味付けされているとかで、
特に目立った味付けもなし。料理中も一般の方が試食する際も、しきりに「味付けも何もしてないの!」と自慢げに語っていたところが印象的。

バニラムードの演奏は「渚のシンドバッド」。ピンクレディーの名曲。
最初、サザンの「勝手にシンドバッド」と勘違いしてて「あれ、こんな曲だったっけ?」と怪訝に思っていたのは、ここだけの話ですからね。(笑)
Marikoさんの髪型が少し変わったような気がしました。Yuiさんの真っ赤なミニスカが寝ぼけ眼にまぶしかったです。

観客参加そうめん争奪クイズのおさらい
 ・そうめんを漢字で書くと素麺。(索麺とも書く)
 ・束の端を糸で縛って茹でると、きれいな波型に盛り付け出来る。
 ・そうめん製造時に、細長く伸ばすために植物油を使う。
 ・冷麦との違いは太さだが、冷麦は製造時に植物油を使わない。
 ・問題とは関係ないが、出題の際に参加者の後ろで「これかなぁ? あれかなぁ?」と、コソコソ話してるバニラムードの4人もかわいいな。

つけつゆとかけつゆ(土井善晴氏指導)
 つけつゆは しょうゆ1:みりん1:水4
 かけつゆは しょうゆ1:みりん1:水9

| | コメント (1) | トラックバック (1)

対決列島タイピングゲーム

水曜どうでしょう公式HPより。

今週金曜日より、丸井今井さんはじめ道内HTBグッズ取扱店とHTBインターネットショップにて、パソコン用ソフト「対決列島タイピングゲーム」が発売となります。
まぢですか!? これはかなり欲しいです。
個人的に一番のお気に入りが「対決列島」なもので。

さて。あす、北海道ではいよいよ「最新作・最終夜」。
あすは全国的には七夕(北海道は月遅れなので8月ですが…)
「どうでしょう次回作」の早期開始を天の川に願いながら見るのも一興。

そういえば、先週の「第6夜」。ビデオ予約するのを忘れてた…。(^^;;;
せっかく「第5夜」まではちゃんと予約してたのになぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

合併問題まとめ

 きのう1日でいろいろな動きがあったので整理。

(1)協議交渉委員会―選手会と機構側の話し合い
近オ合併阻止へ 選手会が徹底抗戦(スポニチ)
合併了承なら古田がコミッショナー提訴も(日刊スポ)
選手会はスト辞さず…合併1年先送り案を主張(サンスポ)

    選手会の主張
  • たかだか2~3週間前に表面化した合併話を「(止めさせるには)遅すぎる」では納得がいかない。命名権の売却を認めてでも、合併を1年延期し、その間に本質的な議論をするべき。
  • このまま、7日のオーナー会議で合併承認されるような事があれば、コミッショナーに提訴する。受け入れられなければストも辞さず

(2)12球団代表者会議
Wフランチャイズ制 期限付きで承認(スポニチ)
プロテクト25人…合併案12球団合意(日刊スポ)
W本拠地3年間、プロテクト25人…12球団代表者会議(サンスポ)

    代表者会議での合意事項
  • 合併後の新球団の保護地域は3年限定で兵庫・大阪の2ケ所とすることを認める。直接影響を受ける阪神にも同じ期間ダブルフランチャイズを認める
  • 新球団のプロテクト人数は25人(外国人・FA選手は除く)。2年目までの選手(両球団計28人)の身分は全面的に保証する。
プロテクト(25人)→ウェーバー式ドラフト→漏れた選手は新球団へ

いずれにしても、なし崩し的に承認される合併には断固反対。
近鉄の選手達からも「反対」の声が上がり始めた今、あまり強硬な手段に出ることは許されないはずだ。
近鉄の経営側からは(合併反対の)署名運動に加わったら、プロテクトされないよという汚い脅しの言葉まで出た。この発言一つとっても、近鉄球団や合併を推進するオーナー側が本気で選手やファンのことを考えて結論を下したとは到底思えない。この際、ストになっても仕方ないよ。

プロ野球存亡の危機。徹底抗戦するべきだ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.07.05

EURO2004―ギリシャ優勝

 ◇EURO2004決勝
ギリシャ1-0ポルトガル(後半12分、ハリステアス)

当直で起きてたんで、生中継を見ましたよ。
唯一の得点シーンは寝てたので見逃しましたが。(^^;;;

いやはや、まさかギリシャとは。驚いちゃいました。

次から次へと強豪国が姿を消す波乱の大会。
史上初めて開幕戦と同じカードとなった決勝を制した。
終了後に、スタジアムに青い紙ふぶきが多量に舞ってたけど、
あれはやっぱりギリシャ優勝だから青だったんですよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.04

東京地方の皆様へ。

水曜どうでしょうDVD第4弾はご覧になりましたか?
謎の黒い袋、開けましたか? くれぐれも特典映像を見てから開けてくださいよ。
たかだかおまけのために、ここまで作りこむとはね。お見事!

さて。テレビ朝日さんのHPの番組表によりますと、
水曜どうでしょう最新作「ジャングル・リベンジ」第一夜の放送は

7月10日深夜3時05分(11日午前3時05分)ですよ。

[ご注意]テレ朝さんHPの詳細な番組表には、
最新作のタイトルもバッチリ記載されてるので、白紙のまま見たい方は
くれぐれもお気をつけくださいませ。↑の表記も一応隠しで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.07.03

阪神6-3ヤクルト

途中までしか見てなかったんで、なんとも言えないんだが。

せっかく、ラミ・鈴木健・古田の3連打で先制し、
ベバリンも頑張って虎の子の1点を守っていたはずだが。

7回表二死満塁から城石の悪送球で勝ち越しを許し、
よりにもよってアリアスに3ランですか。
悪送球の時点でスカパーの電源を切っちまったんで、
ショックはそんなにないけれど。

あとで調べると、ベバリン148球!?
球宴前最後だからって無理させすぎなんでは?
阪神は前半最後の試合に中4日で井川を投げさせるという話を
Jスポーツ実況の島村アナが言ってました。
なんで、ヤクルトはこういう長期的な戦略を考えられないか。
中継ぎがいないわけじゃないんだからさ。
ゴンザレスだって、そこそこいい投球してたようだし。(2回無失点)
試合は負け、ベバリンはもう前半戦では使えない。最悪じゃん。

しけたろうさんも書いていたが、
この試合の敗因は、ズバリ「継投ミス」の一言に尽きるのかな…と。

道産子のヤクルトファンとして、
今までなら、ヤクルトが北海道に来るときは喜び勇んで
飛んでいったものでしたけどねぇ。
北海道日本ハムファイターズがやって来て、
私の野球の見方もだいぶ変わりました。

正直、今年は日本ハムの試合を見る回数の方が格段に多いし、
そっちの方が面白いんです。負けるにしても、見せ場は色々ありますし。
4月に2試合、こないだ2試合。今年はもう4試合も札幌Dに行きました。
正直、ドームでの観戦成績は1勝3敗とよくないんだけど、
それでも「また見に来ようかな」と思わせる何かがある。

…なんだか、長々と書いてしまったが、とにかく勝てる試合を
ミスミス落とすような真似はするんじゃねぇ!ってことだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

楽しくなければテレビじゃないじゃーん!!

きょうのめちゃイケで「27時間テレビへの道」放送。

今回の27時間テレビはナイナイが岡村GP&矢部APに扮して、27時間の全てを取り仕切る…という、これまでにないパターン。少なくとも、昨年までの「日テレのパクリ風えせ感動路線」よりは面白くなることは確実。今から放送がすごく楽しみだ…けど、さすがに27時間ずっとテレビの前にいるわけにもいかないので、やっぱりHDレコーダーが欲しいよ。(^^;;;

どこまで本気かわからないが、
F1ドイツGPに出場するシューマッハにメールしてみたり、
第40回函館記念に向けて、馬にも出演交渉してみたり。(^^;;;
岡村GPは、春にオファーを受けて以降、東奔西走。

総合司会のオファーを渋っていた中居を
なかば力づくで説得して、いざ記者会見。

感動の3大企画も大発表。
 (1)FNS全国一斉期末テスト
 全国一バカなテレビ局=サマージャンボバカを決める。
 FNS社員(素人)だけでは「お笑い」として不安なため、
 岡村GPが4人の「プロ」を「お笑いの保険」として投入。
 その4人とは、めちゃイケからはもちろん圭ちゃんとhamagucheさん。
 そして岡女のツートップ。バカ女とクソ女である。

 テストは既に実施済みで、感動の答え合わせ(笑)を生放送の中で。

 (2)加藤浩次、27時間100キロマラソン
 これは、もろに日テレのパクリ。(^^;;;
 喘息持ちの加藤が、5月から極秘にトレーニングを行い
 「日テレみたいな感じで」(苦笑)本番に臨む。

 とはいえ、めちゃイケ&岡村GPの仕掛け。
 ただ走るだけで終わるはずはないと思うのだが。

 めちゃイケ放送中から気になってるんだが、
 土曜の夜って、加藤は「スーパーサッカー」(TBS)もやってるよね。
 どうするんだろう?

 (3)岡村隆史×具志堅用高ボクシング対決
 27時間仮眠をとらず全企画に出演する岡村GPが
 自ら、感動のフィナーレに挑む。
 現役引退後かなりの時間が経過したとはいえ、
 相手はプロボクサー。岡村の無謀な挑戦はどこまで通用するか?

これは絶対に見ます。久々に面白い27時間テレビが見られそうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

玉木正之氏のコラム(こうさぎ)

kimasukeは、ここで旅行したよ♪
SNA04329は、

玉木正之氏のHP「cameratadiTamaki」に、こんなコラムがあり

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「kimasuke」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.02

わんわん大サーカス

ここのところ、野球関連の堅苦しい話が続いたので、
すこし息抜きしましょう。(笑)

今週の「ふれあいホール」では、
うちのわんこは世界一!ということで、
いろんな種類のわんこが登場して芸を披露した。

私は、どちらかといえば「犬」よりも「猫」派だし、
週初めは札幌に出かけていたこともあり、
ほとんど見れませんでしたけどね。

後半のコーナーでは1週間通しで
わんわん大サーカス」の皆様が登場。
華麗な芸を披露した。

きょう見たのは、
わんこが狭い足場の続く台を歩いていくものと、
最後の大技・スーパーシーソー(だったっけ?)。

シーソーは結果的に失敗に終わったようだが、
生放送だし、それも愛敬のうち…ということか。

バニラムードの演奏は「子象の行進」。
1960年代の映画「ハタリ!」の挿入歌としても使われている。
曲は聴いたことがあるけど、きょうのきょうまで題名を知らなかった。

どうやら、今週のバニラムードの演奏は「犬」というよりも
広く「動物」がタイトルにつく曲がテーマだった模様。
詳しくは他のサイトを参照してね。midiなんかを探すのもいいでしょう。

======
今週のバニラムード演奏曲まとめ
 6/28(月)ピンクパンサーのテーマ
 6/29(火)草競馬
 6/30(水)コンドルは飛んで行く
 7/ 1(木)闘牛士の歌
 7/ 2(金)子象の行進
※ どれも曲を聴けば「あ、これこれ!」と言うものばかりなはず。
(参考:やみ~ゴちゃんの掲示板)

来週は「麺類」ですよ。食べ物の話は大好きなので、楽しみだわ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

12人のオーナー村

たけ@ぶろぐさんに「世界がもし12人のオーナーだったら」という話があります。現実にこうなって欲しくはないですけどね。現状をうまく言い表していると思います。そんなわけで、私もお話を作ってみる。

======
そんなむらにふらりと1人の若者がやってきました。

若者は倒れた1人の貧乏の話を聞き、こういいました。
私がこの人のかわりに仕事をします。
だから今までどおり6人でいっしょにやっていきましょう。

このむらを牛耳ってきた1人のお金持ち。
せっかく、このきかいに村をのっとってやろうと思っていたのに
ふらりとやってきた若者に好き放題やられては面白くありません。

1人のお金持ちは村人たちにこういいました。
あんな若者なんかになにがわかる。
このむらのことはこのむらのものだけで解決するんだ。
あんなやつはあいてにするな。

若者は、お金持ちとはなしがしたいとたのみましたが、
お金持ちはもちろん、倒れた貧乏もまったくとりあってくれません。
残った5人の貧乏たちも、1人のお金持ちには逆らえませんでした。

結局、若者はそのむらをさっていきました。

…ハッピーエンドにしたいんですけどね。
なかなかイメージがわきません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

玉木正之氏のコラム

玉木正之氏のHP「camerata di Tamaki」に、
こんなコラムがあります。

あの男にも「Xデー」は訪れる・・・

あの男がいなくなれば、日本の野球界も少しはマシな方向に歩み出せるでしょうから、『日本の社会にとっても素晴らしいことだ』といいたいところですよ。(中略)
とにかく日本の野球界と日本の社会のためには、消えていただくことが最高の幸福であって、ホンのわずかでも評価できることなんか、ないですね
…コラムより一部引用。

もちろん、あの男というのはナベツネ。仮にナベツネに万が一のことがあり、マスコミからコメントを求められたら、どんなコメントを出せばいいんだろう…という玉木氏の尊敬する方との会話。かなり大胆な表現になってます。けど、多くのプロ野球ファンが心の底で思っているであろうことには間違いないわけで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤクルトとロッテが?

スポニチに変な記事。

1リーグ制移行に向け ヤクルト、ロッテが合併へ

なんかねぇ。ファンの気持ちを踏みにじるような報道は止めてほしいよ。
今はそれしか言えないって。

ヤクルトの公式HPには「合併しません」ってコメントが出てたけど、

本日、一部のスポーツ紙に「ロッテとヤクルト両球団の合併が水面下で進んでいる」との記事が掲載されましたが、ヤクルト球団としてはこのようなことは一切ございません。
「火のないところに煙は立たない」っていう言葉もあるでしょ?

なんだかなぁ。

======
ロッテ重光オーナーいわく
 ・他球団から合併の話があったら「検討する」
 ・話を持ちかけられているか?―「そういうことは言わない」

「言わない」ってことは「話がある」ってことなの? よくわからんが。

なんか、スポニチの記者が聞きかじった話を勝手に解釈して
記事を作り上げてる感じだね。「捏造」とまでは言わないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.01

1野球ファンのささやかな主張

1リーグ制阻止のために!と息巻いてみたはいいが、
何をしたらいいのかよく分からない。(^^;;;

けれど。
「俺の知らないやつは入れない!」と時代錯誤もはなはだしい発言をしてはばからないバカオーナーと、その尻馬に乗って自らの既得権益を守らんとする連中に、このまま球界を牛耳らせておけば、確実に日本プロ野球は滅び行く。極端な話、そんな考え方で生き残れるのは巨人と阪神だけだ。

単純に考えて、1つの組織を長く維持していくためには、
伝統や歴史も大事だろうが、新しい力というか若い感性というか、
うまく表現できないけど、そういうことも絶対に必要だと思うわけで。
そこを無下に封じることは、自らの首を絞めることになりはしないか。

それでなくても、実際に影響を受けるのは現場の選手やスタッフたち。
現に、選手たちはライブドアが買収に名乗りをあげたことをおおむね歓迎してるわけでしょ。そんな意向を無視して進められる合併に、どれだけの効果があるんだろう…ねぇ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »