« 楽しくなければテレビじゃないじゃーん!! | トップページ | 東京地方の皆様へ。 »

2004.07.03

阪神6-3ヤクルト

途中までしか見てなかったんで、なんとも言えないんだが。

せっかく、ラミ・鈴木健・古田の3連打で先制し、
ベバリンも頑張って虎の子の1点を守っていたはずだが。

7回表二死満塁から城石の悪送球で勝ち越しを許し、
よりにもよってアリアスに3ランですか。
悪送球の時点でスカパーの電源を切っちまったんで、
ショックはそんなにないけれど。

あとで調べると、ベバリン148球!?
球宴前最後だからって無理させすぎなんでは?
阪神は前半最後の試合に中4日で井川を投げさせるという話を
Jスポーツ実況の島村アナが言ってました。
なんで、ヤクルトはこういう長期的な戦略を考えられないか。
中継ぎがいないわけじゃないんだからさ。
ゴンザレスだって、そこそこいい投球してたようだし。(2回無失点)
試合は負け、ベバリンはもう前半戦では使えない。最悪じゃん。

しけたろうさんも書いていたが、
この試合の敗因は、ズバリ「継投ミス」の一言に尽きるのかな…と。

道産子のヤクルトファンとして、
今までなら、ヤクルトが北海道に来るときは喜び勇んで
飛んでいったものでしたけどねぇ。
北海道日本ハムファイターズがやって来て、
私の野球の見方もだいぶ変わりました。

正直、今年は日本ハムの試合を見る回数の方が格段に多いし、
そっちの方が面白いんです。負けるにしても、見せ場は色々ありますし。
4月に2試合、こないだ2試合。今年はもう4試合も札幌Dに行きました。
正直、ドームでの観戦成績は1勝3敗とよくないんだけど、
それでも「また見に来ようかな」と思わせる何かがある。

…なんだか、長々と書いてしまったが、とにかく勝てる試合を
ミスミス落とすような真似はするんじゃねぇ!ってことだ。

|

« 楽しくなければテレビじゃないじゃーん!! | トップページ | 東京地方の皆様へ。 »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
トラバありがとうございます。
ほんとにね。
田中を信頼しとらんのか!とか
首脳陣が阪神にびびってんじゃねーよ!とか
いろいろ感じる試合でした。

日ハム。
若手もポツポツいて、「成長中」を感じるチームですね。
いい時に移転したかも。
個人的にはケンスケ(田中)が故障したのが残念です。

投稿: しけたろう | 2004.07.04 13:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/897379

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神6-3ヤクルト:

« 楽しくなければテレビじゃないじゃーん!! | トップページ | 東京地方の皆様へ。 »