« [五輪]ハンマー投げ・室伏、惜しくも「銀」 | トップページ | [夏の甲子園]その時、北海道は―。 »

2004.08.23

[五輪]第10日まとめ―野球もバレーもレスリングも―

次から次へ書きたい事が出てくるので大変です。(笑)
けど、こんなうれしい忙しさなら大歓迎ではありますが。

既に予選通過を決めていた長嶋ジャパン。予選リーグ最終戦はギリシャとの対戦。福留・高橋由のHRなどで日本が6-1と快勝。通算6勝1敗で予選リーグを終え、予選1位通過が決定。24日に行われる準決勝の相手は予選4位のオーストラリア。予選で唯一の黒星を喫した相手だけに、ここでぜひともリベンジを。

 ◇野球・予選リーグ/日本×ギリシャ

Japan0100014006130
Greece000000100141
(日)○清水直―岩瀬―三浦―小林雅=城島・相川
(ギ)●メレヘス―クレミダス―スペンサー―ロビンソン―マルカキス=パパス
HR:福留3号(2・クレミダス) 高橋由3号(2・スペンサー) パパス(1・清水直)
バレーボールも予選リーグ最終戦。ケニア相手に格の違いを見せつけセットカウント3-0で圧勝。予選全日程を終え、日本は予選A組4位で決勝トーナメント進出が決定。準々決勝ではB組1位の中国との対戦となる。

 ◇バレーボール女子予選・日本×ケニア
Japan3252525  
Kenya081714  

今大会から正式種目となった女子レスリングがスタート。日本から出場の4選手は揃って準決勝進出。他の競技を見るのに忙しくて、あまりじっくり見れていないんだけど、レスリングのポイントの入り方がイマイチよく分かりません。(^^;;; なんだかバックを取ったり相手をひっくり返したりしたらポイントになるらしいんですが、何を基準に「これは1ポイント」とか「うーん、2ポイントかな」とか決めてるんですかね。
陸上の華。男子100m。2次予選、上位の選手はかなり余裕を持って走っているにもかかわらず9秒台がビシバシ出るという非常にハイレベルな展開。アメリカの選手だったかな。ゴール間際に隣のレーンの選手に向かって、何かしら話しながらゴールする…という余裕ぶり。解説の方が「これは随分と屈辱的な流し方をされましたねぇ」と思わずうなってしまうほどの。そんな世界の中で日本の選手が力を発揮しようというのは、かなり難しいんじゃないかなぁ…と感じました。(末続・朝原は2次予選で敗退)
そして決勝。5位までが9秒台。金・銀・銅を分けたのは、それぞれたった1/100秒。それでも、彼らの中ではしっかり「勝ったのは誰か」が把握できているのがすごい。こちとら、スローを何度見せられても「誰が勝ったか」なんてわかりゃしない。(笑)

 ◇陸上・男子100m決勝
ジャスティン・ガトリン(USA)9秒85
フランシス・オビクウェル(POL)9秒86
モーリス・グリーン(USA)9秒87
4ショーン・クロフォード(USA)9秒89
5アサファ・パウエル(JAM)9秒94
6キム・コリンズ(SKN)10秒00
7オバデレ・トンプソン(BAR)10秒10
 アブドル・アジズ・ザカリ(GHA)DNF

|

« [五輪]ハンマー投げ・室伏、惜しくも「銀」 | トップページ | [夏の甲子園]その時、北海道は―。 »

アテネ五輪」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/1257033

この記事へのトラックバック一覧です: [五輪]第10日まとめ―野球もバレーもレスリングも―:

« [五輪]ハンマー投げ・室伏、惜しくも「銀」 | トップページ | [夏の甲子園]その時、北海道は―。 »