« [夏の甲子園]第3日 | トップページ | ここ数日の球界の動き »

2004.08.10

[夏の甲子園]第4日

第3試合。激しい打ち合いとなったが、東海大甲府が4回裏に5安打集中で3点を奪い、勝負あった。5回から登板した岩倉がヒットは許すものの、相手に得点を与えなかった。日本ハム・新庄からのマイクロバス差し入れも効果なく、西日本短大付初戦敗退。

 ◇第4日第3試合 東海大甲府×西日本短大付(2時間18分、観衆15000)

西日本短大付2202000006132
東海大甲府20431001X11173
HR:坂井(大会10号・2)
 ◇第4日第1試合 千葉経大付×鳴門一(1時間59分、観衆13000)
鳴門一000000100190
千葉経大付00130000X460


 ◇第4日第2試合 富山商×佐賀学園(2時間15分、観衆13000)
佐賀学園0001020205100
富山商40300300X10121


 ◇第4日第4試合 塚原青雲×佐土原(2時間35分、観衆12000)
佐土原200000010392
塚原青雲000000010180

富山商のスコアを見て驚く。先発・滝と二瀬の継投だが、相手の4番(佐賀学園・堤)のところで、ことごとく左の二瀬を投入している。二瀬×堤の対決が1打数1安打2四球ということで、この継投の効果のほどは「??」だが、2回戦・千葉経大付戦でも、このような小刻みな継投が見られるかもしれないので、覚えておきたい。

|

« [夏の甲子園]第3日 | トップページ | ここ数日の球界の動き »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/1171466

この記事へのトラックバック一覧です: [夏の甲子園]第4日:

« [夏の甲子園]第3日 | トップページ | ここ数日の球界の動き »