« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月

2004.08.31

真夜中ですよ!ふれあいホール(苦笑)

バニラファンがたいそう気にしていた「ふれあいホール」の月曜休止分の振替はいつになるのか?についてですが、NHKの番組表で確認したところ、な、なんと。

8月4日(土) 深夜3:25~(5日午前3:25~)という、とんでもない時間に放送されるようです。…ってか、真夜中じゃん。(苦笑)

さすがに、5日(日)午後5:25~にも放送があるようですが。
こちらは、直前のプロ野球中継(日本ハム×西武~札幌D)が延長になると、放送されない可能性もありますので、土曜深夜(というか日曜の明け方?)の放送を眠い目をこすりつつ見るか、最初から諦めて何かに録画しておくしか手はなさそうですね。(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風16号、北海道に上陸

…したそうなんですけど、西の空は既に明るく青空すら見えていたりする。依然、道内の広い地域を暴風圏に巻き込んでいるそうだが、昼過ぎに強い雨風があったっきりだ。
nisinosora.JPG
我が家のリビングから、西の空を望む。(15:45ころ撮影)―青空じゃん。(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とりあえずお知らせ

台風16号、いよいよ北海道に接近! このまま行くと上陸確実。
既に、こちら(帯広)でも、雨脚が強くなってきております。風はまださほど吹いていないですが、あの予報図のまま行くと、もろに十勝を暴風域が包んでしまいそうな気配。ここ数時間、台風の動きに細心の注意が必要です。

そんなわけで、きょうの「ふれあいホール」は5分遅れの午後0:25~0:45となります。
追記。NHK昼のニュース開始時に「北海道地方は午後0:45まで台風情報をお伝えします」とのテロップが。これで2日連続でバニラムードが見れない私。ガッカリ。


下の写真は、我が家の玄関先。こんな感じで強い雨です。
ちなみに。きょうも夕方から夜勤です。台風がらみの事故とかおきなきゃいいけど。
taihu.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.30

台風16号情報のため…

台風16号接近中! 暴風域に入りそうな地域の方はぜひご注意を。

さて。そんな台風16号の情報を放送するため、きょうの「お昼ですよ!ふれあいホール」はお休みです。いつものように振替の放送日があるものと思われますので、情報が入り次第、ここでも紹介しますよ。

きょうは、先週のサンダルシュートのダイジェストを写真も混ぜながら紹介しましょうか。

[月曜日・Yui&Mariko]初挑戦のためか息が合わず0点。
monday_yuimariko.JPG monday.JPG

[火曜日・Mariko&Emilee]ヒールを脱がなくなった。鋭い蹴りで50点。
tuesday_emileemariko.JPG tuesday50.JPG

[木曜日・Yui&Mariko]大きなサンダルの描く放物線は100点への架け橋だ!(笑)
thursday_1.JPG thursday_2.JPG

[金曜日・Emilee&Keiko]Keikoさん、金曜日にして初登場も0点。
friday.JPG friday2.JPG

水曜日分は、当ブログ内「違う世界に飛んでいった!」に、
番組内容とともに詳細をアップしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.29

3大コンテンツ五輪中の動き

アテネ五輪もきょうで最終日。いろんなことがありました。
五輪の総括は(野球も含めて)おいおいすることにして、ここでは五輪期間中はほとんど置き去りにされてしまっていた従来からの3大コンテンツの五輪中の動きをまとめます。

ここで言う3大コンテンツとは。
 (1) プロ野球
 (2) 水曜どうでしょう
 (3) バニラムード
…のことです。

では早速。(1)プロ野球から。なんだか既にプロ野球から身を引いたはずの爺さんが、何やらわめいてるようですが。(^^;;; 今さら「俺は2リーグ派」だなんて、誰が信じるんでしょうか。(笑) いい加減、黙っててほしいものです。

9月8日のオーナー会議を間近に控えて、近鉄・オリックスの合併がついに正式調印。
同日、選手会が地裁に提訴。泥仕合の様相です。ストも本当に行われるかもしれない。ここからが正念場か。正直、この問題を追いかけていくのは本当に疲れる。ここしばらく五輪にかかりっきりだったので、なおさら事の推移がわからんね。

ちなみに。五輪期間中にG戦中継の視聴率がなんと4.2%にまで下落。もちろん史上最低。テレ東の「人情商店街ぶらり旅」なんて番組にも惨敗している(8.1%)あたりに事態の深刻さが伺える。

ごひいき筋では、燕さんが5連勝で2位に浮上。信じられないほどの快進撃。
まさか、もしかして…? 実はミ○○ルを起こすのがウチだなんて…。
一方のごひいき筋・ハムさんはといえば。いつの間にかロッテに2ゲーム差もつけられての4位。ちょっと見ない間にとんでもないことになっていた。駒大苫小牧の優勝もあって、今年は北海道の年なんですから。最後のひと踏ん張り、頑張ってくださいよ!


(2)どうでしょう班の動きも活発。「どうでしょうの本」が出る!ってのは、もう周知の通りです。1890円っていう価格に少したじろいでしまいますが…。それにしても、DVDだけでなく本まで出してしまうとは。どうでしょうさんも罪深いですねぇ。(^^;;; 9月1日のローソンに再び討ち入りの陣太鼓が響き渡ります。あ、あと北海道で放送された安田さん…もといonちゃんのアニメのDVDも発売されます。
(3)バニラムード。8月9日から2週間、レギュラー出演する「ふれあいホール」をお休みしレコーディングの日々。年内発売の予定。そして、ついに民放初出演。8月24日深夜に関東ローカルで放送された「恋のFortune Telling Showスペシャル」。 BSフジでも再放送があるそうなので、興味のある方はぜひ。恋占いに基づくバニラオリジナル曲が演奏されたらしいので。演奏された曲は着メロとしてダウンロードも出来る。

週刊文春の「原色美女図鑑」に続き、週刊ポストの取材を受けた際の記事が今週(関東では30日)発売の号に掲載予定。早く読みたいんだけどなぁ…。
…と思ったら、つれづれにvanilla moodさんに記事のことがアップされてました。
公式HPでは、かなり前から告知してたんだけど、モノクロ1Pのみですか。(涙)
CD発売に向けて、露出が多くなるのはこれからだと思うので、そちらに期待しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.28

神宮の杜の中心で「2位浮上」を叫ぶ。

タイトルは、テドさんの「たこやきドームの中心で…」とかけてみました。
苦節107試合目にして、ようやく巨人の上に立つことが出来ました!(^^;;;
これもひとえに皆様のおかげと厚く御礼申し上げる次第です。

既に巨人戦の負け越しは決まってしまっておりますが、ここにきて奇跡のカード4連勝。投げてはアテネ帰りの石井がいきなり4奪三振という力投。打つ方でもラミレス・岩村に一発、鈴木健猛打賞…と好調を維持。

事がうまく運びすぎて、逆に怖い感じもしますがっ!
まずは、首位・中日様への挑戦権を確実なものにすべく、巨人戦3タテを狙いたいです。


…と思ったら、日曜日の試合は雨天中止。先発不足に悩まされるヤクルトにとっては、まさに恵みの雨か。
次節(31日~)は前回の対戦で3タテした広島と、今季のお得意様・横浜との対戦。
ここを無難に乗り越えられれば、もしかしてもしかすると…。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2004.08.27

[五輪]第14日まとめなど

五輪も終わりに近づいてきましたねぇ。
いろいろ書きたいことはありますが、まず触れなきゃいけないのはバレーボールです! 今朝ほど、ブラジル×ロシアの準決勝の録画を途中から見たんですがね。ものすごい試合でしたよ。ブラジルがセットカウント2-1とリードして迎えた第4セット。24-19と5ポイントの差をつけて、ブラジルがマッチポイントを握りました。五輪では3位が最高だったブラジルが初の決勝進出か!

しかしっ! ロシアはここからが強かった。なんとなんと、この追い詰められた状況から、5連続ポイントでジュースに持ち込んでしまった。ブラジルも2度のタイムアウトをはさみながら必死に抵抗したが、ロシアが28-26で第4セットを奪い返してフルセットに持ち込んでしまった。さて、その結末は…!?
きょう午後5:30頃からNHK総合でVTR放送されるので、見れる方はぜひ。

この試合を見て思ったこと。日本のマスコミは、日本がこんなすごい相手に勝てると本気で思ってたのか? 少なくとも、私は無理だと思った。4年後はわからないが、今回の五輪では絶対に無理だと。けど、準々決勝の中国戦。敗れはしたが日本選手の動きは明らかに予選段階とは見違えるほどよかった。だからこそ、課題はここ一番での集中力とジャニーズや満場のファンがいないアウェイでも力を出せるだけの実力と自信。もっともっと世界に目を向けた戦略を。


トライアスロン・男子。特にメダルの期待とかはせずにぼけーっと眺めていたら、ななんと!(こればっかだな)日本の田山がすごくいいポジショニング。スイムを終えて4位だか5位につけた彼は、バイクで一時先頭に立つほどの積極的なレース運び。バイクでは集団(パックと呼ばれる)ごとに、風除けになることを避けるために交代で先頭にたってレースを進めていくそうだが、そういうこと抜きにしても一瞬だけでも日本の選手が先頭にいたってのは、すごくうれしいことでした。結局、入賞はならなかった(13位)けれど、見事でした。
だんだん、競技自体よりも周辺ネタに目が行くようになってきました。

ここでも少し触れた柔道会場の美人通訳さんについて。
よもよもダイアリィさんによりますと、大阪で放送されている夕方の情報番組「ちちんぷいぷい」(毎日放送)で、彼女の単独インタビューが放送されたそうです。ネタ元のOrchard Cafe~美女数珠つなぎさんには、お子さんを抱いた彼女のお姿も。やっぱり、お美しいですね。(^^;;;
ワイドショー斜め読みのコーナー。(笑)

ザ・ワイド。アーチェリーの山本先生が学校から生出演。焼酎大好きだそうです。
宿舎では、福原愛ちゃんに30分ほど講義。「愛ちゃんも私の教え子の一員です」と。

ザ・ワイド、ジャスト。浜口父娘の奮闘ぶりを取材。銅メダル後のホテルでの家族のシーン。感動的。食事の席で「中国に負けたって事は、次の北京の為に譲ったってことなんだよ、ガハハハ」。気持ちの切り替えの早さもさすがです。
観客席で「今から北京へ行くぞ!」と大声で叫ぶアニマル氏。あの準決勝の試合後こそ騒然とした雰囲気だったが、変なわだかまりを残すこともなかったようで何より。

初戦、モンゴメリに勝利後のヘッドロックされたカメラマンの持っていたカメラの映像も。面白かったです。ぶれぶれでした。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

[五輪]女子マラソン、野口が「金」(こうさぎ)

kimasukeはマラソンが中継した?
またきょうは松坂へ北海道新聞と3した。
SNA04329は、

日本女子マラソン、2大会連続「金」 ヌデレバの追撃振り切り野口優勝―土佐5位、坂

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「kimasuke」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[五輪]マディソン調査報告(^^;;;

きのうの日記で書いた自転車競技の一つ「マディソン」をBS-1の録画中継で見たので、報告したいと思います。ちなみに「橋」は出てきません。(笑)

まずは基本ルール。各国2人1組です。チームスプリントやケイリンでも使用したあのバンク(1周250m)をなんと200周もしますよ。総走行距離なんと50km! 軽~くフルマラソンよりも長いです。その距離を2人で交代しながら走っていくわけですが。メイン走者が走っている間も、交代走者はバンクの上の方を一緒になって回りながら交代のタイミングをうかがっています。交代する際は、メインで走っていたほうが、交代する走者の腕をつかみ前方に押し出すというか、そんな感じです。交代する走者には、まだスピードがついていないので、メイン走者のスピードを利用してレースのスピードに乗っていく…と言葉で書こうとすると難しいですね。(^^;;;

で、ですね。20周ごとにポイントがありまして。そこで上位に入ると得点が入る。
(1位・5点、2位・3点…)
200周で得点チャンスは計10回。ゴールした段階で得点の多い国から金・銀・銅です。
ただし。いくら得点が多くてもレースで周回遅れになると、順位が後になってしまう。
今回のレース終盤・残り30周を切った位から、得点では2位ながら周回遅れだったイギリスが、周回遅れを取り戻すべく猛然とスパートをかけるシーンが見られました。残り23周くらいのところで周回遅れを解消(実況ではラップに成功という表現をしていた)して、名実ともに2位に躍り出た。ここ、すごく迫力がありましたよ。周回遅れを取り戻すには、とにかく早くペダルを踏んでいくしかないので、もう必死なんですよね。

イギリスと得点で並んでいたスイスが最後の得点ポイント(ゴールの200周目)を1位で通過し銀メダル。イギリスはゴールを3位通過で銅。終始、得点でリードしたオーストラリアがゴールは2位ながら金。

つまり、見た目上は、金のオーストラリアより銀のスイスのほうが先にゴールしてガッツポーズしてる…という、いささか変な状況になってたわけですね。(^^;;;

これ、意外に面白いかもしれません。参加18カ国×2の36人の走者がバンク上を入れ替わり立ち代わりしてたので、途中ちょっとわけわかんなくなりますが。(^^;;;
ちなみに50km走破タイムは55分43秒。平均時速は軽く50km/hを越えているのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2004.08.26

[五輪]第13日いろいろ

シンクロデュエット、また「銀」 ―ロシアに大差つけられ―

また「銀」だったようですねぇ。今回の演技はまだ見てないので、あとで録画ででも見れればなぁ…と思いますが、この「1位・ロシア、2位・日本」という図式が崩れる日は来るんだろうか…という、ある種あきらめにも似た感情を抱いているのが正直なところ。

テクニカル・フリーの予選ともに、日本の得点がきれいに「49.000」だったですよね。
なんだか「どんなにうまかろうと、お前らにこれ以上の点はやらんもんねぇ」的な意図というか、そういうものが見え隠れしてる気がしたんですよ。選手の技術以前にそういう部分で、勝敗が見えてしまうってのもなぁ。体操も含めたこういう芸術種目の難しさなんでしょうね。日本チームも、そのへんの「見えない壁」をも崩そうと、4年間の努力を積み重ねてきてるんですけどね。


女子トライアスロンを見ました。夕方の出勤直前だったので、スイムと自転車を少し。

スイムのところでは、どれが誰なんだかさっぱりわからない中、
日本の選手は赤い水着を着てるはずですとか言いながら実況してるの。

けど、赤い水着を着てたのは日本の選手だけでもなさそうで、結局はよくわからず。
「これが中西選手です」とか言ってるけど、「本当にそうなの?」って感じ。(^^;;;

1つわかった事。スイムから自転車に移行する時、一刻一秒を争うこともあり、ペダルにすえつけられたバイクシューズに足を入れる間もなく、シューズの上に足を乗っけたまま出発しちゃう。国際映像で、そんな場面をとらえてました。シューズの表面は、ひもとかあって凹凸もあるから、もしかしたらゴツゴツして痛かったりして。きょう(第14日)は男子の中継があるようなので見れたら見てみよう。
レスリング。グレコローマン。上半身だけしか使えないらしいです。
足技を使ったり、足で防御したりすると、反則で減点(相手にポイント)です。日本選手の対戦相手でも足を使ってポイントを取られた人が。その分、持ち上げて俵返し!だとか、そういう大技が多いみたい。60kg級で準々決勝進出を決めた笹本さんも、豪快にひっくり返してました。これは、ちょっと期待できそうですよ。
自転車・ケイリン。プロ競輪選手の伏見さんが出場するも、1回戦・敗者復活戦とも通過基準である上位2人に入れず敗退。日本生まれのケイリンで、日本選手が実力を発揮できない…というのも、不思議な感じではあります。日本の競輪と五輪の「ケイリン」は別物だったりするんですかね?
あと、自転車では「マディソン」とかいう種目があるらしい。
中野浩一氏いわく「わかれば面白い」そうだが。私はマディソンといえば「橋」しか思い浮かばない。(^^;;;

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2004.08.25

[五輪]長嶋ジャパン、銅メダルは確保

長嶋ジャパンが3位決定戦でカナダと対戦。
仕事中なのでチラチラとしか見なかったが、きのうとは選手の表情が全然違った。
そりゃ、こんだけリードしてれば当たり前なんでしょうけど…。
11-2でカナダに大勝。なんとかメダルは確保。それだけでも「よし」とせねば。

あー、こんなに点が入るチームなのに…なんできのうは…とか思ったりもしますが。
それだけ、オーストラリアの投手陣が素晴らしかったってことでしょう。
オーストラリアのスタッフが松坂を見に西武Dまで来てた…なんていう記事も読んだし。

ちなみに。谷はやはりきのうの走塁時に足を痛めてスタメン落ち。
5番・和田一、6番・小笠原、7番・中村、8番・木村…でした。
とりあえず、このエントリは速報だけにとどめて、感想などはまた改めて。

 ◇野球・3位決定戦/日本×カナダ

Japan20410004011130
Canada000011000250
(日)○和田毅―黒田―小林雅=城島・相川
(カ)●ジョンソン―シア―ベッグ―クシービッチ―オギルトリー―マイエット=ラフォーレ
HR:城島2号(2・ジョンソン) ウェア(1・和田毅)

| | コメント (0) | トラックバック (6)

違う世界に飛んでいった!

さて。2週間の夏休みを終えて戻ってきたバニラムード。
今週はかなり露出度高めですよ。(^^)
「うちの親子は世界一!」というテーマの下、
さまざま得意技を持つ親子を紹介する今週の「ふれあいホール」。
きょうは投扇興親子と、似顔絵お母さんが登場。
投扇興は、扇を投げて前方に置かれた的を落とす江戸時代から伝わる遊び。詳しくは「投扇興研究室」をご覧あれ。コツをつかめば誰にでも出来そうな感じがします。

今週のバニラムードの演奏は、「家族」がテーマということで、家族で楽しめるディズニー映画のテーマ曲。きょうは、「ホール・ニュー・ワールド」。こんな感じの曲ですよ。

でもって。バニラムード大活躍は、後半の「なかよしサンダルシュート」のコーナー。その日登場した2組の親子+ゲスト&バニラムードの3チームで争う。大きなサンダルに2人で片足ずつ突っ込んで蹴り上げ、落ちたところの点数で勝敗を競います。一番上の網に乗っかれば100点。網に乗らなくても2点~100点までのチャンスあり。

きょうのバニラムード代表は、Emilee&Yuiのバイオリンコンビ。

Keiko:「Emilee~」  Mariko:「Yui~!」
ganbare_vanilla.JPG
2人:「がんばれバニラ! おお~~っ!!」

2人の声援に小さくガッツポーズを見せるEmileeちゃん。気合十分です。
emilee_guts.JPG

そして! 2人が蹴り上げたサンダルは…!

なんと、場外ホームランでした。(笑) これには、Emilee&Yuiの2人も大うけです。
jogai_homerun.JPG oouke1.JPG

応援の2人も大笑い!
oouke2.JPG oouke3.JPG

ルール上、これはもちろん0点だが、坂本冬美さんの「ホームランじゃないんですか?」のフォローに免じて、個人的に300点くらいあげたいと思います。(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.08.24

[五輪]オーストラリアに雪辱ならず

松坂好投13奪三振も…。 ―ウィリアムスの前に好機生かせず―

うーむ、ウィリアムス。憎きオーストラリアの守護神…。
1-0の7回裏にウィリアムス登場。いきなり藤本との「阪神対決」。予選リーグに続いて2度目の対決はサードフライ。その後も、ウィリアムスのスライダーに苦しめられる日本打線。宮本があんな不恰好な三振をするのは本当に珍しいですよ。結局、予選・準決勝を通じて、ウィリアムスの前にわずか1安打(予選での谷のライト前安打)しか打てなかった。

決勝進出を逃した長嶋ジャパンは、もう1試合の準決勝・キューバ×カナダの敗者と3位決定戦を戦うことに。こうなったら、せめて銅メダルは獲りましょう。でなきゃ、オールプロで臨んだ意味がなくなっちゃう。がんばれニッポン! がんばれ長嶋ジャパン!!

 ◇野球・準決勝/日本×オーストラリア

Australia000001000152
Japan000000000050
(日)●松坂―岩瀬=城島
(オ)○オクスプリング―J・ウィリアムス=ニルソン

最後の打者となった谷が一塁に走りこむ際に足を痛めたらしくて、スタッフに抱えられてグランドを後にした。心配です。中継もすぐ終わっちゃったんで情報がない。
試合後のベンチ。和田一さんが柵の前でガックリとうなだれていた姿に胸が痛む。
個人的に「きょうこそ小笠原が何とかしてくれる!」という直感めいたものがあり、9回裏は「せめて1人でいいから出塁してくれぇ」と祈ってましたが…。本当に残念です。
そりゃ、阪神はあんなすごい守護神を抱えてるんだもん。強いはずです。
今、成績がイマイチなのは、きっと彼がいないせいなんだよ…ね?>阪神ファンの皆様

松坂はよくやったと思います。これまでは「ここぞという時に弱い」というイメージだったのが、今回の五輪ですっかりイメージが変わりました。シドニー後の4年間で、いろんなことがあったけどねぇ。キューバ戦で腕に打球を受けながらも9回途中まで投げぬいた姿には感銘を受けました。

きょうの試合に関しては、打線に「つないでつないで…」という感じがあまりなかったような気もします。予選から通して、HRはかなり出てたけどねぇ。いつだったか解説の星野SDが言っていたような「つなぎの野球」があまり出なかったのが残念といえば残念か。

あしたの3位決定戦(おそらくカナダ戦)、絶対勝ちましょう。私は仕事の日なので、じっくり見れるかどうか微妙なところですけど…。

| | コメント (2) | トラックバック (9)

[五輪]レスリング感想続き

個人的なことを言わせていただくならば。女子レスリングの中継で、決勝とか3位決定戦の前に、日本選手は出てこない5・6位決定戦っていうのをやってましたよね。それを見ながら、すっかり寝ちゃってたらしいんです。で、ふと気づくと伊調千春の決勝が既に終わっちゃってたんです。

で、惜しくも敗れたけど立派な銀!とか言ってるので、
「あれ、負けちゃったの? 準決はあんなに強かったのに…」としばし呆気に取られた。
他の階級の試合もあるので、伊調千春の試合のVTRがなかなか流れなかったしね。
なので、しばし事態を飲み込めずにいました。


朝になって、ズームイン!SUPERで、中京テレビさん取材による「伊調姉妹の軌跡」を見ました。
試合直後の伊調千春の「また銀か」というコメントが、2年前の世界選手権の決勝で敗れて銀で終わったことにかかっていることを知った。その際、落ち込んだ千春を妹・馨が励まし、再び五輪を目指して歩み始めた…ということも。このドキュメントを見た上で、伊調馨の金メダル獲得時の満面の笑み、インタビュー、そして涙を思い起こすと、その意味するところが一段とよく分かりました。姉妹がお互いに協力し励ましあいながらつかんだメダル。姉妹で「金」は獲れなかったけど、素晴らしいと思います。
で、目が覚めた後は吉田、伊調馨、浜口の3決と立て続けに勝利!
伊調千春の決勝の試合のこと(2-1のまま終了し延長に突入)を後になって知り、彼女の決勝の時だけ寝ちゃってた自分を、かなり責めました。
自分がちゃんと応援してたら、あと1ポイントくらいは取れたかもしれない…とか思って。

浜口や吉田が、試合後のインタビューで「日本からの応援もしっかり伝わっていた」って言ってたし。
そんなことを思わせるほど、伊調千春の試合後のインタビューの表情は険しかった。

それにしても、女子レスリング4人のコメントやパフォーマンスは面白いものが随所に。

伊調馨(準決勝にて):(アナ:相手に1ポイントも与えませんでしたね?)
「ポイントを与えると、外人は調子に乗るので…

吉田(金メダル後のインタビュー)「オリンピックの金メダルだけが家になかったので、これで全部揃いました。」

[写真]女子レスリング55キロ、吉田が金メダル(ロイター=Yahoo!スポーツ)
 写真は、勝利を決めた後、栄監督を肩車する吉田。選手が監督を肩車するなんて前代未聞です。(笑)
[写真]女子レスリング63キロ、妹の伊調馨が金メダル(ロイター=Yahoo!スポーツ)
[写真]うれし泣きの伊調馨(時事通信=Yahoo!スポーツ)
 写真は試合終了直後のガッツポーズと、メダル授与式後の涙の伊調馨。
yosidabakuten.jpg hamaguti.jpg

(左)金メダル決定後、マット上で歓喜のバック転を見せる吉田。
(右)3位決定戦で勝ち、喜びを表す浜口。(共同=スポニチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[五輪]女子レスリング2階級制覇!

吉田は笑顔、伊調馨は涙涙…。
―伊調千春「銀」、浜口「銅」…日本、全4階級でメダル獲得!

感想。とにかく「強い」です。金メダルを獲ったからとかではなくて。
2・3ポイントリードを許しても、決して動じることなく攻め続けていく精神的な強さ。吉田の準決勝も伊調の決勝も、負けはしたが浜口の準決勝も、ポイントの先行を許しても何事もなかったかのように淡々とバックを取ってポイントを取り返していくんです。純粋に「すごいなぁ」と思います。

その他、いろいろと気づいたこと。
(1) レスリングでは判定に疑問があると、マット横に陣取る審判(?)がビデオを見る。徹底的に見まくる。多少時間がかかっても。けど、ポイント入力する人がちょっとパニくったシーンもあったよ。伊調千春の準決勝、明らかに伊調のポイントのシーンだったのに、相手のフランス選手のポイントがどんどん上がり、一気に9-13になっちゃった。(笑) これはさすがにおかしい!ということで、これもビデオを見直して(?)元に戻ったが…、レスリングの審判のレベルにいささか疑問を感じる場面でした。

(2) アニマル浜口、アテネでもやっぱりハイテンション。
準決勝、2階席の一番前に陣取って観戦の浜口お父さん。ただでさえ、ものすごいテンションなのに、ちょっと疑問の残るポイントの入り方で娘が敗れると、スタンドで猛抗議。目前の柵を乗り越えていかんばかりの勢い。さすがに要注意人物としてマークされていたのか、きょうは最初から会場係員がつきっきり。下から、アニマルが飛び出さないように手を出して止めている係員さん。ご苦労様でした。(^^;;;


このエントリを書いていて、「こういう人、どこかで見たなぁ…」と思ったら、長嶋巨人の優勝パレードを銀座の見晴らしのいい喫茶店かどこかで見届けて、それこそ窓から身を投げようか…という勢いで身を乗り出し、番組スタッフ数人がかりで止められていたジャイアンツおやじ・徳光和夫氏でした。(笑)

個人的には、大学時代に学祭に来たアニマル浜口の講演を聞いたことがありますよ。その時は意外に紳士的な振る舞いでしたけども。

時間が経って決勝。最初、浜口氏はちょっと後ろの席にいたんですよ。さすがに係員に注意されたのでおとなしくしてるのかな…と思ったけど、娘の試合になったら、しっかり最前列に陣取ってましたね。(^^;;;

それにしても、アニマル取材の日本のカメラマンたちも大変でしたねぇ。
どこかで、その取材の成果を見る機会があるんですかねぇ。予選では、思いっきりヘッドロックかけられてた方もいましたね。お気の毒です。(笑)

ところで。外国の方が、国際映像であのアニマル浜口を見たら、いったいどんな感想を持つんですかね。非常に興味があります。

(3) そうそう。国際映像といえば、金メダル獲得直後のスタンドに、あの小倉智昭氏が自前(?)のカメラを持って座ってるのをお見かけしました。「とくダネ!」の取材でアテネ入りして以降、日本の金メダルの瞬間にはすべて立ち会っている…と、おっしゃってたんですよね。今回もバッチリ2個とも「金」ゲット…ですね。(^^;;;
さぁ、急いで体操会場に行かないと、種目別の「金」を見逃すかもしれんぞ。(笑)
試合の感想を書こうと思ったが、ほとんどアニマル浜口論に。(^^;;;

| | コメント (5) | トラックバック (7)

2004.08.23

[夏の甲子園]その時、北海道は―。

まずは、きょうの北海道新聞をご覧ください。
komatomavictory.JPG
これ、わかりますかねぇ。「北海道新聞」のタイトルロゴがある左側が1面です。右側(佐々木くんのガッツポーズが載ってる方)は、本来テレビ欄が載ってるはずの最終面(38面)です。つまり、記事の大きさが決勝進出時の2倍になってしまったわけです。
もちろん、中面も関連記事が盛りだくさんです。

…っていうか、こんなダイナミックな紙面構成って出来るもんなんですね。
朝、郵便受けから新聞を取り出した各家庭の驚きの表情が目に浮かびます。
さらに。道新スポーツには、北海道日本ハムファイターズからのお祝い広告も。
oiwainichiham.JPG

ローカルニュースで見たんですが、その瞬間は駒大苫小牧高校の留守部隊、JR苫小牧駅前はもちろん、札幌駅地下街、札幌・三越前のスクランブル交差点のモニターにも、ものすごい人垣が。札幌のスーパーでは、優勝記念セールや振舞い酒などのサービスも行われたそうです。もちろん、号外(PDFファイル)も出た。しかも見開き4ページ。


そして。驚くべきは中継の視聴率。

ビデオリサーチ調べによる札幌地区での高校野球中継視聴率。NHK総合が38.2%、HTBが11.3%。瞬間最高視聴率はNHKが46.2%、HTBが16.1%。
占拠率にいたっては、両局合わせて70%を越えた。(北海道新聞より)
これ以外に、NHK-BS2やBS朝日で見た人や上記のように街頭のモニターなどで見てた人も含めると、道民の半分以上が、テレビの前でこの試合に声援を送っていたことになります。もちろん、私もその1人。駒苫ナイン、今夕に凱旋です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[五輪]第10日まとめ―野球もバレーもレスリングも―

次から次へ書きたい事が出てくるので大変です。(笑)
けど、こんなうれしい忙しさなら大歓迎ではありますが。

既に予選通過を決めていた長嶋ジャパン。予選リーグ最終戦はギリシャとの対戦。福留・高橋由のHRなどで日本が6-1と快勝。通算6勝1敗で予選リーグを終え、予選1位通過が決定。24日に行われる準決勝の相手は予選4位のオーストラリア。予選で唯一の黒星を喫した相手だけに、ここでぜひともリベンジを。

 ◇野球・予選リーグ/日本×ギリシャ

Japan0100014006130
Greece000000100141
(日)○清水直―岩瀬―三浦―小林雅=城島・相川
(ギ)●メレヘス―クレミダス―スペンサー―ロビンソン―マルカキス=パパス
HR:福留3号(2・クレミダス) 高橋由3号(2・スペンサー) パパス(1・清水直)
バレーボールも予選リーグ最終戦。ケニア相手に格の違いを見せつけセットカウント3-0で圧勝。予選全日程を終え、日本は予選A組4位で決勝トーナメント進出が決定。準々決勝ではB組1位の中国との対戦となる。

 ◇バレーボール女子予選・日本×ケニア
Japan3252525  
Kenya081714  

今大会から正式種目となった女子レスリングがスタート。日本から出場の4選手は揃って準決勝進出。他の競技を見るのに忙しくて、あまりじっくり見れていないんだけど、レスリングのポイントの入り方がイマイチよく分かりません。(^^;;; なんだかバックを取ったり相手をひっくり返したりしたらポイントになるらしいんですが、何を基準に「これは1ポイント」とか「うーん、2ポイントかな」とか決めてるんですかね。
陸上の華。男子100m。2次予選、上位の選手はかなり余裕を持って走っているにもかかわらず9秒台がビシバシ出るという非常にハイレベルな展開。アメリカの選手だったかな。ゴール間際に隣のレーンの選手に向かって、何かしら話しながらゴールする…という余裕ぶり。解説の方が「これは随分と屈辱的な流し方をされましたねぇ」と思わずうなってしまうほどの。そんな世界の中で日本の選手が力を発揮しようというのは、かなり難しいんじゃないかなぁ…と感じました。(末続・朝原は2次予選で敗退)
そして決勝。5位までが9秒台。金・銀・銅を分けたのは、それぞれたった1/100秒。それでも、彼らの中ではしっかり「勝ったのは誰か」が把握できているのがすごい。こちとら、スローを何度見せられても「誰が勝ったか」なんてわかりゃしない。(笑)

 ◇陸上・男子100m決勝
ジャスティン・ガトリン(USA)9秒85
フランシス・オビクウェル(POL)9秒86
モーリス・グリーン(USA)9秒87
4ショーン・クロフォード(USA)9秒89
5アサファ・パウエル(JAM)9秒94
6キム・コリンズ(SKN)10秒00
7オバデレ・トンプソン(BAR)10秒10
 アブドル・アジズ・ザカリ(GHA)DNF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[五輪]ハンマー投げ・室伏、惜しくも「銀」

アナ:金メダルを求めて、室伏の投てきが放物線を描いて飛んでいく!(だったっけ?)

アナ・解説:来たー! 来たー! 行ったぁぁぁ!

アナ:82m91…。

解説:よし、来たぁぁぁ!

アナ:わずかに及ばず…。

解説:…残念ですねぇ。

室伏の6投目のあたりのやりとりは、大体こんな感じでしたっけね。(笑)
日記の書き出しに使おうと、午後のNHKのハイライトを見てチェックしようと思ったが、
実況と解説が生中継で見たのと違う人です! なぜなんですか?
私も、あれは(金メダルに)届いたか!と思ったんですけどねぇ。いやはや惜しかった。
あとで冷静になって、金メダルのアヌシュの投てきと室伏の着地点を見比べましたが、確かにちょっと届いてないみたいでしたね。残念だけど仕方ない。28cm差か…。

けど、見た目ほど記録の数字がついてきてないような気がするんですよねぇ。室伏のもアヌシュのも80mと85mのラインの位置関係から見て、84m台の記録が出てもおかしくないように思うんですが…。

[結果] ◇陸上・男子ハンマー投げ


余談。2、3日前。ハンマー投げの予選直前に、なぜか室伏が五輪中継番組に登場。
「えっ!?」と思ったけど、これはCGですよね。なんか、ちょっと気味悪い感じでしたよ。
cgmurohushi.JPG
テレ朝系五輪中継より。徳永アナと会話するCG室伏。そこまでしなくても。(^^;;;

| | コメント (1) | トラックバック (1)

[五輪]女子マラソン、野口が「金」

日本女子マラソン、2大会連続「金」 ヌデレバの追撃振り切り野口優勝
―土佐5位、坂本7位…女子マラソン史上初!3人全員入賞だ―

野口がスパートをかけた27kmあたりから、テレビに釘付けでした。
2位・ヌデレバとの差が30秒あると、しきりに実況が言ってくれるんだが、先頭の前から捉えたカメラの映像では、野口の後ろにかなりはっきりとヌデレバの姿。30、35km…と、距離が進むにつれ、その姿が段々近づいてくるように見える。かなりドキドキだった。

36km過ぎ、世界最高記録保持者・ラドクリフ(GBR)が涙のリタイア。
私が釘付けになり始めたころから、彼女の走りのフォームはかなり変な感じに見えた。
普段、そんなに注目してみているわけではないし、最初は「この人はこういう走り方?」と思っていたが、やっぱりおかしかった。もうあごは上がり、気力だけで走っている…という感じがありありだった。

CM明け、いきなりラドクリフが歩いてしまっている映像が。
かなりの衝撃でした。ずっと苦しかったんだろうなぁ。本当はもう限界に来てたんだろう。それでもゴールを目指して走り続けた姿には胸を打たれました。

そんな過酷な気象条件の中、日本勢は土佐礼子が5位、坂本直子が7位で、3人全員入賞という快挙。
女子マラソンは、代表選考の際にいろいろとあっただけに、
「ここで結果を出さないと、あとあと何を言われるかわからないから頑張れぇ!」と、祈るような気持ちで見てましたよ。本当によかったです。

どうですか。これで文句はないでしょう?>Qちゃんファンの皆様。

 ◇陸上・女子マラソン

野口 みずき(JPN)2時間26分20秒
キャサリン・ヌデレバ(KEN)2時間26分32秒
ディーナ・カスター(USA)2時間27分20秒
5土佐 礼子(JPN)2時間28分44秒
7坂本 直子(JPN)2時間31分43秒


[写真]野口、逃げ切って金(時事通信=Yahoo!スポーツ)
[写真]靴にキスする野口(時事通信=Yahoo!スポーツ)
[写真]最後のランナー(時事通信=Yahoo!スポーツ)
 最後にゴールし、観客の拍手に手を上げてこたえるモンゴルのオトゴンバヤル選手(中央)。3時間48分42秒で完走、66位
 世界最高記録保持者ですら棄権に追い込まれる過酷な条件の中での完走。それだけで十分すごいことです。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

[五輪]ソフトボール、銅メダル確定。

日本1-0中国。
延長8回タイブレーカーの末、中国を振り切った。

8回裏一死三塁からのセンターフライ。
中国の三塁走者がタッチアップから本塁を狙ったが、
センターからの素晴らしい返球でタッチアウト。
しびれる場面でした。

 ◇ソフトボール・準決勝1/日本×中国

Japan00000001160
China00000000033

アメリカとの準決勝に敗れたオーストラリアとの3位決定戦。
結局、0-3で敗れ、決勝進出ならず。宇津木ジャパン、4年越しの「金」を狙ってアテネに乗り込んだが、最終的に「銅」メダルが確定。

ソフトボールは競技日程がまだ終わっていないけど、
日本のメダルの色が確定したので、右のリストに加えておきます。

 ◇ソフトボール・3位決定戦/日本×オーストラリア
Australia0000300340
Japan0000000031

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.08.22

[夏の甲子園]決勝戦


 ◇第16日・決勝 済美×駒大苫小牧

済 美23001301010191
駒大苫小牧10230331X13200

13:01試合開始。先発は済美・福井。駒苫・岩田。

1回表・済美。制球の定まらない岩田をとらえ、西田がタイムリー二塁打。2点を先制。
1回裏・駒苫。林が右中間を破るタイムリー三塁打で1点を返す。
2回表。一死満塁から小松の犠飛、鵜久森、西田の連続押し出しで3点追加。
駒苫は2回表二死、水本に四球を与えたところで岩田から鈴木へ継投。
3回裏。二死二塁から糸屋、佐々木の連続タイムリーで2点差に詰め寄る。
4回表。駒苫・鈴木が済美クリンナップを三者凡退に打ち取る。遊撃・佐々木の好守も。
4回裏。3者連続初球攻撃。沢井のタイムリー二塁打で1点差。続く一死満塁での糸屋の打球は二塁走者の足に当たり守備妨害。二死から佐々木が逆転タイムリー。
5回表。二死二塁から福井のタイムリー二塁打で同点に。甘井のヒットで福井が本塁を突くが、間一髪タッチアウト。
5回裏。二死から内野安打2本でチャンスを作るが、後続倒れ無得点。

5回終了インターバル。それにしても、すごい試合だ。北海道の代表が出てるからとか、そういうことは抜きにして、これは歴史に残る決勝戦になるだろう。北海道の代表校が、甲子園の…しかも決勝という大舞台で、こんなすごい試合を繰り広げるなんて、ちょっと前までは想像も出来なかった。

6回表。小松の大会第32号HRに、西田タイムリー、田坂タイムリー。駒苫のお株を奪う集中打で一気に3点勝ち越し。
6回裏。HRにはHRでお返し! 糸屋の大会第33号2ランが出た!
済美は、ここまで全試合を1人で投げた福井を右翼に下げ、2番手・藤村に交代。
五十嵐、ファールで粘って12球目をレフト前同点タイムリー。
7回裏。二死から佐々木・桑島の連続タイムリー二塁打。鈴木のタイムリー。
ここで済美は、ライトに下がっていた福井が再びマウンドへ。
8回表。鵜久森、西田の連打。野間のバントヒットで無死満塁。田坂、レフトへの犠飛。
新立の打席、糸屋から二塁への送球がセンターへそれ、それを見た二塁走者が三塁へスタートを起こすが、センター・桑原の好返球で三塁タッチアウト。新立もショートフライに倒れ、1点どまり。
8回裏。一死から四球で出た林を4番・原田が送りバントで二塁へ。
二死二塁から糸屋がセンターへ打ち返し、貴重な追加点。これがチーム20安打目。
9回表。済美、無死一・三塁のチャンスも小松併殺。坂本四球で鵜久森に打席が回る。

しかし、鵜久森は初球を打ってショートフライ。

駒大苫小牧が13-10で済美を下し、春夏通じて史上初の全国制覇!

| | コメント (2) | トラックバック (5)

[夏の甲子園]間もなく決勝戦

おはようございます。ご存知、道産子つげさんです。

いよいよ。いよいよ決勝ですよ。あと3時間少し。
ただただ、テレビの前で見ているだけなのに、こちらの方がどきどきはらはらです。

まずは、こちらを見てください。
komatomadouspo.JPG

北海道新聞社が出している道新スポーツの一面です。そして。

komatomadoshin.JPG
一般紙であるはずの北海道新聞ですら、一面のしかもトップで駒苫の快挙を取り上げています。これで、もし優勝でもしようものなら…。
一体、どうなってしまうんでしょうか。今から緊張しちゃってる私はちょっと変ですかね?
私は別に苫小牧市民でもないし、駒大OBでもないけど。北海道というだけでもう…。

きのうは松橋―鈴木―岩田の必死の継投で勝利をモノにした駒大苫小牧。終盤、相手の猛烈な追い上げにあっただけに、かなり心配だが、ここまで来たら勝ってほしいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[五輪]第9日まとめ

さすがに、きのうは力尽きて早い時間に寝てしまったんで、五輪中継はほとんど見れませんでした。

そのおかげかどうかは知りませんが(笑)、日本はこの日もメダルラッシュ。金メダルこそなかったものの、「銀」1・「銅」2。これで競技開始の2日目から8日連続でメダル獲得。もうね。ブログを書くペースが追いつかないんですよ。(笑)

自転車競技史上最高「銀」 ―男子・チームスプリント―

一応、順番的に「銀」から。プロ競輪選手が世界を相手に1/1000秒を争う戦い。決勝でドイツに敗れたが、堂々の「銀」。

(Yahoo!スポーツより)
チームスプリント:1チーム3人で編成され、トラック3周のタイムトライアルで競われる。それぞれの選手が1周ずつ先頭を走った後にレースから離れ、最後の1選手がゴールしたときのタイムがチームの完走タイムとなる。予選のタイム上位8チームが1回戦に進出。1回戦からは2チーム1組で争われ、勝った4チームのうちタイム上位の2チームが決勝、下位2チームが3位決定戦に進む。

日本の成績
予選ラウンド44秒355予選全体の3位で1回戦へ
1 回 戦44秒081全体の2位で決勝進出
決 勝44秒246ドイツに敗れ銀。金:ドイツ=43秒980
3位決定戦でオーストラリアに勝ったフランスが銅。

[写真]力走する日本チーム(時事通信=Yahoo!スポーツ)

最強メンバーでリレー「銅」 ―北島「この銅は金の価値ある」―

五輪メダリスト3人を擁して臨んだ男子4×100mメドレーリレー。中盤まで2位をうかがう勢いも見せたが、最終的には3位。アメリカが世界記録更新で金。銀はドイツ。

 ◇競泳・男子4×100mメドレーリレー決勝
アメリカ3分30秒68WR
ドイツ3分33秒62
日本3分35秒22NR

[写真]記念撮影する選手ら(時事通信=Yahoo!スポーツ)
 競泳の全日程を終え、プールサイドで記念撮影する選手とコーチら。
 日本競泳陣は今大会8個(金3、銀1、銅4)のメダルを獲得


ヨット男子初の「銅」

ヨット競技のメダルは、1996年・アトランタ五輪での女子470級の重・木下組が獲得した銀メダル以来で、男子では初のメダル。
(Yahoo!スポーツより)
(1) 49er級を除くクラスは1日2レース、最終日は1レースのみで計11レースを行う。49er級は1日2レースで8日間で16レースを行う。
(2) 出発合図から4分以内にスタートしなければ「DNS」(did not start)。出発合図前にスタートラインを越えた場合、戻って再度スタートラインを越えないと「OCS」(on course side)となり、失格「DSQ」(disqualified)扱い。
(3) 順位がポイント制で争われ、各レースの1位が1点、2位が2点というようにポイントが与えられ、合計ポイントのより低い艇が上位となる。各レースでゴールしなかった「DNF」、「DSQ」はエントリーした艇数に1点加えた点となる。
(4) 合計ポイントは各艇とも最も悪い成績のレースのポイントを除く。49erは12レース以上消化した場合は最も成績の悪い2レース分のポイントを除く。その上で、最もポイントの低い艇が優勝。

パッと見、なんだか優雅な感じに見えるヨットですが、風を読む力とか駆け引きとかいろいろと大変なんですよね。

 ◇セーリング・男子470級 最終成績
アメリカ71.0
イギリス74.0
日本90.0

[写真]銅メダルを喜ぶ関、轟組(時事通信=Yahoo!スポーツ)
競泳、メドレーリレー。女子は5位。オーストラリアが3分57秒32の世界新記録で金。
テニス・女子ダブルス。杉山・浅越組は3位決定戦でも敗れる。日本テニス、84年ぶりのメダルはならず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.21

[五輪]長嶋ジャパン、決勝トーナメント進出!

結局。きのう(というかきょう)は朝5時頃まで起きてました。(^^;;;

福留の華麗なダイビングキャッチが。宮本の果敢なヘッドスライディングが。
沈滞ムードだった日本に流れを呼び込んだ。
宮本のバンドの間に1点を返すと、高橋由がレフトへ2ランHR! あんなに派手に喜びを表現する高橋由を見たのは、ひょっとしたら初めてだったかもしれない。
yosinobu_guts.jpg sayonaraogawasara.JPG
これがそのガッツポーズ。(左=共同) 普段のプロ野球じゃ、まず見られません。
サヨナラ犠飛を放ち、ナインと喜ぶ小笠原(右=共同)

延長10回裏。一死満塁から小笠原のサヨナラ犠飛で日本がサヨナラ勝ち。通算成績を5勝1敗として、決勝トーナメント進出が決定した。

 ◇野球・予選リーグ/日本×台湾

10
Chinese Taipei00300000003101
Japan0000003001x4100
(台)王建民―曹錦輝―●陽建福=葉君璋
(日)上原―石井―○黒田=城島
HR:陳金鋒(3・上原) 高橋由2号(2・王建民)

| | コメント (1) | トラックバック (3)

[夏の甲子園]駒苫、道勢史上初の決勝進出なる!

駒大苫小牧10-8東海大甲府。

中盤までに打線爆発で大量リードを奪った。
そこから以降は、東海大甲府に流れが傾き、2点差まで追い上げられた。

だが、最後の打者を空振り三振に仕留め試合終了。

ついに。ついに。北海道勢、史上初の夏の甲子園・決勝進出。

あすの相手は、春・センバツの覇者・済美。
きょうの終盤の苦しさを教訓にして、王者に向かっていってもらいたい。

 ◇第15日(準決勝)第2試合 駒大苫小牧×東海大甲府(2時間32分、観衆30000)

東海大甲府0030022018121
駒大苫小牧02233000X10140

 ◇第15日(準決勝)第1試合 千葉経大付×済美
済 美000001211580
千葉経大付010010000280
HR:鵜久森

| | コメント (2) | トラックバック (1)

バニラムード、ついに民放初出演(こうさぎ)

きのう、苫小牧へ決勝とか活躍したかもー。
きょうkimasukeが!すればよかった?
SNA04329は、

柔道、鈴木・塚田がともに決勝進出!ダブル金メダルで有終の美…期待しています。
さて

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「kimasuke」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[五輪]日本は北島だけじゃない!

柴田亜衣、女子自由形史上初の「金」! ―中村礼子、同タイムで「銅」―

なんとなんと。女子800m自由形で柴田亜衣が優勝。タイムは8分24秒54。
女子自由形史上初のメダルが、なんと「金」。本当にすごいことになった。

この種目で世間的に期待されていたのは、むしろ今季世界ランク1位の山田沙知子の方。その山田が予選落ちで、2番手扱いだった柴田がこの活躍をするのだから、今回の日本競泳陣はやはりすごい。最後の最後でその層の厚さを見た。

レースの方は、ロール・マナドゥ(FRA)が序盤から積極的な飛び出しでリードを奪った。一時は2番手につけた柴田を体二つ分ほどリードしていた。
しかし、600mあたりからマナドゥがペースダウン。残り75mで2人はほぼ並び、750mのターンから浮かび上がったところで逆転。最後はそのまま柴田が押し切った。

 ◇競泳・女子800m自由形決勝

柴田 亜衣(JPN)8分24秒54
ロール・マナドゥ(FRA)8分24秒96
ダイアナ・マンズ(USA)8分26秒61


日本女子競泳の金メダルは1992年・バルセロナの岩崎恭子以来。

[写真]表彰式の柴田(時事通信=Yahoo!スポーツ)
[写真]猛練習で「金」つかむ 競泳女子柴田が快挙(共同通信=Yahoo!スポーツ)
 柴田亜衣選手が五輪に向けて本格的なスタートを切った時に、
 阿部英則コーチが書き込んだ文章が記された練習帳
 「バカタレ」の文字も見えます。金メダルの影には、コーチと二人三脚での猛練習の日々。詳細は下のコラムを。
[コラム]世界を極めた2ビート=猛練習に耐え抜き金メダル-競泳・柴田(時事通信=Yahoo!スポーツ)

女子200m背泳ぎでは、中村礼子が2分09秒88で3位。アンテ・ブシュシュルテ(GER)と同タイムでの銅メダル獲得となった。

 ◇競泳・女子200m背泳ぎ決勝
クリスティー・コベントリー(ZIM)2分09秒19
スタニスラワ・コマロワ(RUS)2分09秒72
中村 礼子(JPN)2分09秒98
アンテ・ブシュシュルテ(GER)2分09秒98

女子サッカー・準々決勝。日本1-2アメリカ。残念ながら、ベスト4進出ならず。
ソフトボール・予選リーグ最終戦。日本2-0中国。「負けると予選敗退」となる大事な試合で、上野が完全試合。4試合を終えた段階で1勝3敗と追い込まれた宇津木ジャパンがギリギリのところで踏みとどまって予選通過。

 ◇ソフトボール・予選リーグ/日本×中国
China0000000000
Japan000011X280

4勝3敗の日本は予選3位。1位・アメリカ、2位・オーストラリアはメダル確定。
3位・日本は、22日に行われる中国との準決勝に勝てばメダル確定。負ければ4位。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.08.20

[五輪]柔道最終日、ダブル金で有終の美!

アナ:日本で応援してくれた皆さんに一言お願いします。

鈴木桂治:いぇーい!(右手でVサイン) 勝ちましたよぉ。

1988年・ソウル五輪の斎藤仁以来4大会ぶりに男子の最重量級の金メダルを奪回した柔道家のインタビューがこんなに軽やかな一言で締めくくられるとは思わず。(笑)

鈴木が決勝で決めた小外刈り、お見事でした。
国際映像のカメラが追いきれないほどの早技でした。
思えば4年前、シドニー五輪。同じ100kg超級決勝で、篠原信一の内股すかしが相手の「一本」にされてしまった「世紀の大誤審」。銀メダルを提げた篠原の無念の表情が、忘れられない。
そして、アテネ。今度は誰からも文句のつけられようのない完璧な足技での一本勝ち。
実況でも再三あったように、この金メダルで4年前の悔しさが晴らされるわけもないが、私も含めてスポーツファンの心の中に残っていたわだかまりは、これでようやく取り払われたんじゃないかな。

塚田、大逆転で金 ―女子最重量級初―

一方、準決勝ではドングザシビリを合わせ技一本勝ちで下し、決勝に進んだ塚田。その相手は金メダル最有力と言われた孫福明(CHN)ではなく、昨年の世界選手権で倒したことのあるベルトラン(CUB)。
ここまでの3試合すべて一本勝ちで勝ち進んだ塚田、ここも積極的に技を仕掛けるが、背負い技で技ありを取られ、そのまま押さえ込みに入られてしまう。さすがに、このクラスになると、いったん押さえに入られると、なかなか逃れるのは難しいけど、塚田は腹ばいになって押さえ込みを逃れると、逆に相手を後ろけさ固めで押さえ込みに入った。
鮮やかなまでの逆転劇。押さえ込まれたベルトランも必死の抵抗を試みたが及ばず。
なんと、塚田が逆転で金メダルを獲ってしまった。

こんなこともあるんだなぁ。横澤のサボン戦での残り1秒からの一本勝ちもそうだけど、何事も最後の最後まで諦めちゃいけないなぁ。

これで、柔道は全日程を終了。男女計14階級のうち8階級で金メダル。なんと過半数を制したことになる。
まさに「柔道ニッポン」復活!を鮮烈にアピールした大会だった。
さらに話を女子に絞れば、7階級のうち5階級を制覇。ここでも「女子の五輪」が裏付けられた形だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

バニラムード、ついに民放初出演

柔道、鈴木・塚田がともに決勝進出!
ダブル金メダルで有終の美…期待しています。

さて。バニラムードの公式HPにこんな情報が載ってましたよ。

8月24日(火)深夜26時13分(予定)~
フジテレビ「恋のFortune Telling Show」に出演します。
番組内にてバニラムードのオリジナル曲を演奏します。
お聴き逃しなく!!
「私たちの演奏で、皆さんの恋を応援します。絶対見てくださいね!!」

時間が時間なだけに、おそらく関東ローカルです。

「恋のFortune Telling Show」自体はBSフジで月に1度放送されている占い番組。高島彩が司会で、月ごとに恋愛運のいい星座を紹介する番組(だったはずですが…)。今回の番組は、その地上波スペシャル版ということらしいです。
あー、バニラムードのオリジナル曲、聴きたいよぉ。
「水曜どうでしょう」人気のおかげで、全国の皆様にうらやましがられているであろう道産子の私ですが、こういう番組の話を聞くと「やっぱり東京はいいなぁ」と思ってしまうよ。

北海道でも、もしかしたら何週か遅れで放送があるかもしれませんけどね。
いいなぁ。オリジナル曲。(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[五輪]バレーボール、韓国にストレート負け

女子バレーボール・韓国戦。なんとストレート負け。
第2セットは、大山などの活躍で途中までポイントリードしたが、土壇場で日本の攻撃を完璧に読まれ、止められた。第3セット、立ち上がりに3点先制したものの流れを変えるまでには至らず。
実況でも話があったが、韓国側は完全に日本戦に的を絞って練習に取り組んでいたらしい。実力的には劣る相手ではなかったが、気持ちの部分で相手側が完全に勝った。

 ◇バレーボール女子予選・日本×韓国

Japan0212421  
Korea3252625  

これだけは書きたくなかったんだが、やっぱり日本のバレーボール選手は甘やかされすぎなんじゃないかな。主要な国際大会は、ほとんどが自国開催。そのたびに満員のファンが詰めかけ、大きな声援を送られる。テレビ局(&ジャニーズ事務所)の過剰なまでの演出で、世界的な実力は大したことないのにアイドル扱いされてちやほやされる。野球における星野仙一氏とかサッカーにおけるセルジオ越後氏のような辛口なことを言ってくれる人って、バレーボールにはいないでしょ? そういう部分が積み重なって、肝心な場面での精神力を培う場所がないんじゃないか。だから、結局「内弁慶」になっちゃう。本気でバレーボールを強くしようと思うなら、そういうところから見直しをかけないとダメなような気がするよ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

[五輪]全勝カナダに圧勝!

きょうは柔道、野球、バレーボールに女子サッカー…と、見ておきたい種目が多くてね。かなり忙しくあちこちのチャンネルを渡り歩いております。

まずは野球。ここまで4戦全勝のカナダと対戦した長嶋ジャパンは、序盤の一発攻勢で流れをつかむ。先発・和田毅はカナダ打線を7回3安打無失点と完全に封じこめる。9回にアテネ五輪初登板の小林雅が連打で1点を許したものの、終始、日本ペースで試合を進めて圧勝。通算成績を4勝1敗とした。

 ◇野球・予選リーグ/日本×カナダ

Canada000000001151
Japan21131001X9110
(カ)●ジョンソン―シア―オギルトリー―クシービッチ―ミアーズ=ラフォーレ
(日)○和田毅―岩瀬―小林雅=城島
HR:高橋由1号(2・ジョンソン) 谷1号(1・ジョンソン) 和田一2号(2・ジョンソン)
陸上が本格的にスタート。男子ハンマー投げ予選、室伏が1投目に79m55を記録して予選通過。メダル獲得へ向け、まずは余裕の滑り出し。
競泳。男女の4×100mメドレーリレー予選。
男子は3分37秒04、全体の4位で予選通過。3位・イギリスとの差は0.1秒。
そして、この種目。オーストラリアが予選9位で決勝進出できず! これはチャンスだ!
女子は4分5秒99、全体の6位で予選通過。
柔道。男子100kg超級・鈴木桂治、女子78kg超級・塚田真希がともに準決勝進出。
野村・谷のダブル金メダルで始まった柔道。最終日もダブル金で有終の美となるか?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

[五輪]アーチェリーで山本が「銀」

その昔、日本がたくさん金メダルを獲っていた頃は、毎回1つは射撃などの誰も注目していなかった種目での、いわゆる「びっくり金メダル」があったものでした。今回は「銀」でしたが、そういうサプライズが出だしたあたりからも、今回の日本選手団全体の好調ぶりが見て取れます。

アーチェリー男子個人・山本博の戦績
2回戦○162-154ミケレ・フランジリ(ITA)
3回戦○168-160オレクサンドル・セルジュク(UKR)
準々決勝○111-110林東賢(KOR)
準決勝○115-115ティム・カディヒー(AUS)
決 勝●110-111マルコ・ガリアッツォ(ITA)
※ 2・3回戦は18射(180点満点)、準々決勝以降は12射(120点満点)
※ 準決勝はシュートオフによる。(山本10-カディヒー9)

日テレを見ていて、いきなり柔道が中断されたときは「何すんねん!」と思いましたが、シュートオフの末に決勝進出が決まって、金か銀が確定。まさかの事態に、いささかの戸惑い。そして歓喜。しかも、「決勝の様子も映像が届き次第…」とか言ってる。
「あした決勝」とかじゃないのかよ。(^^;;; 阿武の結果も気になるが、アーチェリーの結果もにわかに気になりだす。こうなると、もう気が気でない。

そして、BSで阿武の金メダルを見届けた後、映像はアーチェリーの決勝会場へ。

「早速ご覧ください」と言われて映像が切り替わった直後。
「ピロピロリン」の速報音とともに画面上にテロップ。

「アーチェリー男子個人決勝で山本博選手が銀メダル

あー、もう。バカNHK!!
これからその試合のVTRを見ようとしてるときに、先に結果をバラしてどないすんねん!

もっとこう、場の雰囲気とか状況を読めよ。
「銀メダル」ってことは、この試合は負けました…ってことじゃんか。結果がわからないで見るのとわかってて見るのとでは、興奮の度合いも違うんですから。結果をいち早く伝えたいのはわかりますよ。けどね。けどね…。高い受信料払ってんだから。もう少し何とかならんかったのかよ…と小一時間ほど問い詰めたいです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.08.19

[五輪]阿武教子、3度目の正直!

念願叶い初の金メダル! ―井上康生、まさかの敗戦でメダルなし―

きのうの柔道のところに「井上康生がどんな強い勝ち方をするか今からドキドキ」みたいなことを書いたような気がするんですが…。さっき、テレビで見たあの光景は現実なんでしょうか? 信じられないことですが、井上康生が負けました。準々決勝で負けました。敗者復活戦も敗れ、メダル無しに終わった井上。まさか…。

康生、屈辱なぜだオーバートレーニング症候群(夕刊フジ=Yahoo!スポーツ)
[コラム]「井上康生はなぜ負けたのか?」“ヒョードルに勝った男”小齋武志の目(スポナビ)
「信じられない」柔道界に衝撃=井上敗退、異常な重圧が影響か(時事通信=Yahoo!スポーツ)
色々な分析によると、もっぱら「敗因は極度の重圧が原因」という説が有力だ。井上康生に限ってそんなことあるはずがない…というか、そんなこと考えもしなかった人が大多数だったんじゃないかと思います。やっぱり、五輪というのは何が起こるか分からない。そんな当たり前のことを改めて思い知らされたのだった。
[写真]井上一本負け(時事通信=Yahoo!スポーツ)

確かに1回戦から「おや?」と思わせるシーンがあったのは事実でした。
明らかに格下の相手に「あわや一本」という場外際だとか。
攻めてはいるんだけど、どうも技に精彩を欠いているのか、どこか体調が思わしくなかったのか、いまいち動きがぎこちない感じはしてましたけども。解説の方も話してたけど、まさかこんな早い段階で負ける…なんて想像はしてませんでした。


女子78kg級・阿武教子は、過去2回の五輪でいずれも敗退し「鬼門」と言われていた初戦を一本勝ち。幸先の良いスタートを切った。
準決勝で、延長戦も含め10分近くに及ぶ死闘を制した阿武は、決勝でも残り時間ギリギリのところで、本人も久々だと語っていた袖釣り込み腰で一本勝ち。五輪出場3度目にして初の金メダルを獲得。
[写真]阿武が悲願の金(ロイター=Yahoo!スポーツ)

柔道の金メダルはこれで6個目。1992年以降では最多。
余談。決勝終了後、ミックスゾーンでのインタビューにて。
この日の阿武は日本のインタビューの前に、どこか他の国のインタビューに捕まってた。その際、阿武の横にいた通訳と思しき運営スタッフの女性がすごくきれいな方で、私はちょっとタイプでした。(笑) 外国のインタビューではどんな話をしてるのか…という興味とともに、彼女はどんな人なんだろう…というのが、すごく気になってしまった。
主将の井上康生がああいう形になってしまったのは残念だが、まだ旗手の浜口京子がいます。がんばれ!

| | コメント (3) | トラックバック (2)

[夏の甲子園]北海道勢、76年ぶりベスト4

すげぇ。すげぇよ。駒大苫小牧。ついに横浜にも勝ってしまった。
北海道勢のベスト4進出は、昭和3年の北海中学以来76年ぶり。
しかも、2年生内野手・林のサイクル安打達成というおまけつき。

これ、強いよ。横浜相手に名前負けするどころか完全に圧倒してたもの。
あの涌井に14安打浴びせて7回KOだもの。最終的に、あの横浜高校相手に18安打も放ちました。

これねぇ。ひょっとしてひょっとすると、白河の関とかより先に…津軽海峡をね。越えるかもしれないよ。…何がって? それはもう…ねぇ。こういうところに書くと願いが叶わないような気がするので書きませんが。

 ◇第13日(準々決勝)第2試合 横浜×駒大苫小牧

駒大苫小牧0110202006180
横 浜000001000181
HR:林(大会29号・1)

いよいよベスト4。東海大甲府×天理の勝者と対戦。(第15日第2試合)
ちなみに。夏の甲子園でのサイクル安打は史上5人目らしいですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

[五輪]第6日まとめ

→見てください。今回、右サイドバーにメダリスト一覧(逐一更新)を載せてますが、いよいよ一画面に収まりきらなくなってきそうです。まだまだ柔道もあるし、女子レスリングもあるし、野球もソフト(かなり苦戦だが)もシンクロもあるし…。本当に嬉しい悩みです。

さて、久々登場! まとめのコーナー。(笑)

個別にフォローできなかった第6日その他の競技結果をひとまとめ。

 ◇バレーボール女子予選・日本×ギリシャ

Japan325202525 
Greece110252122 

3戦目にしてようやく初勝利。まずはホッと一息。ここでは触れなかったけど、イタリアに敗戦後、「チーム内に亀裂」なんていう記事まで出たりして、かなり心配しておりました。あと2戦(韓国・ケニア)を勝てば決勝トーナメント進出の目も出てきます。周囲の雑音にめげることなく頑張っていただきたい。吉原、成田、佐々木と道産子選手も多いし、注目してます。

ま、これは余談なんですけど、この日の試合はNHK総合が「ニュース10」の中で生中継したんです。前の試合(キューバ3-2中国)が長引いたために開始が遅れていて、その間に五輪関連のニュースを色々とやってたんです。その際、画面の左上に「まもなくギリシャ戦」だの「このあと生中継」だのというCGが絶えずうるさくチカチカ回転してまして。非常に目障りでした。(怒) はっきり言ってウザかったですよ。ニュースソースの競技の映像に集中できませんでした。
 ◇アテネ五輪・サッカー男子/予選B組
日 本11-00ガーナ
1勝2敗・勝ち点30-01勝1敗1分・勝ち点4
得点:【日本】大久保(前半37分)

サッカー、やっと勝ちました。既に予選敗退が決まっていたこともあり、私は競泳を見ていましたが、とりあえず全敗せずに済んでよかったです。
最終結果。B組からパラグアイ(勝ち点6)とイタリア(勝ち点4)が決勝Tへ。結果的に、仮にパラグアイ戦が負けでなく引き分けだったら、全チームが1勝1敗1分け・勝ち点4となって「もしかしたら」の目もあったわけで。あの最初のミスからの失点が日本の命運を分けたのかもしれませんねぇ。
 ◇体操・男子個人総合決勝
金:ポール・ハム(USA) 57.823点
銀:金大恩(KOR) 57.811点
銅:梁泰栄(KOR) 57.774点
冨田は6位(57.485点)、米田は11位(56.899点)で個人総合でのメダル獲得ならず。
金と銀の差はわずか0.012点。そんな世界の勝負の中では細かなミスも許されない。着地の際のわずかなぶれ1つでメダルの色が変わってしまう。団体では完璧な演技を見せた日本勢でしたが、個人総合ではそういった細かなミスが少しあったみたいです。
卓球。福原愛はシングルス4回戦で敗退。ベスト8進出ならず。
女子ホッケー。2-0でニュージーランドを下し五輪初勝利。
ソフトボール、ギリシャを下し2勝目。アメリカは5連勝でメダル確定。

 ◇ソフトボール・予選リーグ/日本×ギリシャ
Japan03100026121
Greece0000000023

各チーム5試合ずつを終え、アメリカが5連勝。オーストラリア4勝1敗。
以下、カナダ・中国・日本・ギリシャ・台湾の5チームが2勝3敗で並ぶ大混戦。

(Yahoo!スポーツ)1次リーグで勝敗が並んだ場合は以下の順で順位を決定する。
(1)当該チーム同士の対戦における負け数
(2)当該チーム同士の対戦結果
(3)当該チーム同士の対戦による総失点
(4)1次リーグ全試合の総失点
(5)抽選

もう一戦も負けられないのはもちろんだが、少しでも上位での通過を目指すならば、なるべく失点を少なく抑えたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

[五輪]北島2冠!/中西、涙の銅メダル

ライバルを全く寄せ付けない泳ぎでした。もう完勝ですね。
北島康介、200mも制し、日本競泳史上初の2冠達成。

ハンセンも15歳の伏兵・ギュルタもついていくのがやっと…というか、終始、北島が体半分くらいのリードを奪って余裕を持った泳ぎ。150mを過ぎて、さらにその差は広がった。ゴール直後、100mのような派手なパフォーマンスはなく、静かにガッツポーズ1つ。

「勝って当然」―そんな風格すら感じさせるたたずまいでした。

 ◇競泳・男子200m平泳ぎ決勝

北島 康介(JPN)2分09秒44OR
ダニエル・ジュルタ(HUN)2分10秒80
ブレンダン・ハンセン(USA)2分10秒87

この日の競泳人の活躍は北島だけにとどまらない。
女子200mバタフライで中西悠子が銅メダル獲得。
日本競泳陣のメダルは北島の金2つを含め、これで5つ目。

 ◇競泳・女子200mバタフライ決勝
オティリア・イェジェイチャク(POL)2分06秒05
ペトリア・トーマス(AUS)2分06秒36
中西 悠子(JPN)2分08秒04

インタビューでの涙が印象的。ようやく手が届いた五輪のメダルに嬉しさもひとしおだったのだろう。
[写真]北島が2冠、男子200m平で金(ロイター=Yahoo!スポーツ)
[写真]太田コーチと中西(時事通信=Yahoo!スポーツ)
[コラム]進化の証明。北島、横綱相撲で二冠達成(スポナビ)
「帰国後、生活は激変するだろう。甘い話はわんさとくる。今後のポイントはいまの勝利への執着、記録へのこだわりなど、スイマーとしてのピュアな気持ちを持ち続けられるかどうか、である。」
―彼ならきっと大丈夫。100m・200mのレースを見届けた今、確信をもって言える。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2004.08.18

[五輪]上野雅恵、金メダル!

決勝は鮮やか袖釣り込み腰! ―泉浩、大技狙うも返され銀―

それにしても、男子の金メダルを決めたあの技は一体何なんですか。(^^;;; あんな返しをされてしまったら、もう「ごめんなさい」するしかないでしょ。そりゃ、負けた泉だって茫然自失な感じになりますよね。

ともあれ、女子柔道3つ目の金メダルを上野雅恵が獲得。決勝は、先にポイントを奪われながらも鮮やかな袖釣り込み腰(なんとなく技の名前と形が一致するようになった)で逆転一本勝ち。

これで柔道で獲得した金メダルは合計5つ。強い! 強いぞニッポン!!

あしたは、いよいよ男子100kg級に井上康生が登場ですよ。どんだけ強い勝ちっぷりを見せてくれるか今からわくわく。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

[五輪]負けちゃいましたよ。

オーストラリアに負けちゃいましたよ。なんででしょう?

本当はきょうは家で五輪中継を見る予定だったんだけど、急きょシフトの穴埋めに入る形で夜勤中。なので、事細かな更新が出来ないかもしれません。ごめんね。

オーストラリア9-4日本。きのう、キューバにいい形で勝利した日本としては、まさかの敗戦だ。阪神のウィリアムスに抑えられ、元中日のディンゴ(今はニルソン)にHRを打たれて…ですからねぇ。悔しさもひとしおですよ。
とりあえず、今の段階では、日本全国の野球ファンが疑問に思っているであろう点を2,3あげておきます。

(1) 7回表、同点に追いつかれてなお無死満塁。ここで一塁を小笠原から金子に交代したんですが、この意図は? 守備固めにしては早すぎるし、リードしてるならまだしも同点の場面でしょ。1点も取られたくない…という気持ちはわかるが、小笠原の打順がまだ回ってくる段階での交代は、いささかあせりすぎたんではないか?

(2) その裏、無死一・二塁でバッター・高橋由。送りバントがフライになって走者を進められず。城島の打球が三塁の正面をつき、併殺となりチャンスをつぶしてしまう。本気でバントを成功させよう!と思っていたなら、高橋ではなく誰か代打を使うべきでないか。例えば、村松とか。巨人の4番にバントさせるよりは、はるかに成功率が高いと思うが。ここでバントさえ決めてれば、城島の打球だって併殺打にはならなかった。

 ◇野球・予選リーグ/日本×オーストラリア

Australia0003003309151
Japan000130000491
(オ)ストックマン―ロイド―○ローランドスミス―J・ウィリアムス=ニルソン
(日)清水直―岩瀬―●三浦―石井―安藤=城島
HR:福留2号(3・ロイド) ニルソン(1・安藤)

ところで、高橋由のバントの場面でマウンドにいたのはウィリアムスだったわけですが。この場面、阪神ファンはどんな気持ちで見ていたんだろう…というのが、すごく気になっています。

あと、国際映像が水着で観戦してる外国人のお姉さんを何度かとらえてましたよね。
いきなりのことにビックリしましたが。日本ではまず考えられない光景だけに非常に衝撃を受けました。(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (3)

[五輪]野球、キューバに初勝利だっ!

最大のライバル・キューバ戦、先発は松坂。2回表、和田一の2ランで先制。
4回、城島にもソロHRで追加点。中村も続いた! 2者連続HR!!
谷がレフト前ヒットで続く。金メダリストの奥様も応援に駆けつけている。小笠原の犠打、和田一内野ゴロで二死三塁とするが、藤本三振でこの回2点どまり。けれど、小笠原の犠打に長嶋ジャパンの1点に賭ける執念を見た。
先発・オデリンを4回途中で早くもKO。キューバは2番手・ゴンザレスにスイッチ。
4回裏、打球が松坂の右ひじの上を直撃。それでも続投。かなり強い打球だったが。
一死一・二塁とピンチを招くも後続を2者連続三振に打ち取る。松坂の気持ちが勝った。

7回表、福留の犠牲フライで貴重な追加点。
9回表、一死三塁から藤本がタイムリー。五輪でのキューバ戦初勝利が目前だ。
9回裏、キューバは疲れの見えた松坂から3点を奪ったが、時既に遅し。
松坂の後を受けた石井が後続を断ち切り日本勝利。五輪での対決6回目にして初めてキューバに勝った!
これで予選3連勝。最大の敵を撃破し決勝トーナメント進出へ大きな弾みとなる1勝だ。

 ◇野球・予選リーグ/日本×キューバ

Japan0202001016122
Cuba000000003372
(日)○松坂―石井=城島
(キ)●オデリン―ゴンザレス―ベガ=ペスタノ
HR:和田一1号(2・オデリン) 城島1号(1・オデリン) 中村2号(1・オデリン)

| | コメント (1) | トラックバック (7)

[五輪]競泳陣も絶好調! 山本貴司が銀

康ちゃん、康ちゃんとばかり言われて、日本は康ちゃんだけじゃないと思っていた

男子100m背泳ぎで銅メダルの森田のコメントなんですが。
今回の日本競泳陣は、その言葉を裏付ける活躍ぶり。

男子200mバタフライで山本貴司が銀メダル。私は、野球・キューバ戦を見ていたので「生」で見ることは出来なかったけど、あとでVTRを見たところ、優勝のフェルプスに体半分差まで迫ろうか…という勢いがあった。

 ◇競泳・男子200mバタフライ決勝

マイケル・フェルプス(USA)1分54秒04OR
山本 貴司(JPN)1分54秒56
ステファン・パリー(GBR)1分55秒52
自らの日本記録を1秒近くも更新する好タイム。すごいなぁ。
[写真]競泳男子200mバタ、山本が日本新で銀・フェルプス金(ロイター=Yahoo!スポーツ)
女子サッカー。SWE 2-1 NGR。
この結果、日本は予選リーグ3位。準々決勝の相手は世界ランク2位のアメリカに決定。

日本女子に幸運?〔五輪・サッカー〕(Yahoo!スポーツ)
ベスト4進出をかけて対戦する米国(G組1位)も強豪に変わりはないが、一時ほどの力はなく、日本も6月のアウエーの親善試合で1-1で引き分けた相手だ。しかも、中2日で20日の準々決勝に臨む米国に対し、日本は中5日と休養十分で挑む。

アメリカも強いけど、ドイツよりはまし…ってことらしいんですが。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.08.17

[五輪]柔道、またまた金メダル

やった! 柔道でまたまた金メダル!!

柔道・女子63kg級。谷本歩実が決勝までの5試合オール一本勝ちで金メダルを獲得。
五輪女子柔道で複数の階級を制したのはこれが初めて。

「天才肌で技が切れる反面あっけなく負ける気分屋」―私の手元にあるアテネ五輪完全予想本に書いてある谷本歩実の評価です。ところがどっこい。谷本は積極的に前に出る攻めの柔道で次から次に一本を奪う。準決勝では、クルコウェルを背負い投げ。相手を負傷棄権に追い込んだ。クルコウェルは3位決定戦にも出場できず棄権。
そして決勝。古賀コーチ直伝の一本背負いで技ありを奪い、そのまま押さえ込みに入り合わせ技一本勝ち。完璧な柔道で、五輪初出場にして金メダルを獲得だ。

谷本は身長158cmだったかな。欧米勢を相手にすると頭1つ以上の差がある相手にも臆することなく堂々と立ち向かっていくその姿は、すごく頼もしかった。

これで競技開始から4日間、日本勢が毎日メダルを…しかも金メダルを獲っている。
金メダル数「6」は既に前回・シドニーの「5」を上回る。大会序盤から感動しっぱなしだ。

[写真]初出場・谷本が金(時事通信=Yahoo!スポーツ)
[写真]谷本と古賀コーチ(時事通信=Yahoo!スポーツ)
[写真]金メダルを胸に笑顔の谷本(時事通信=Yahoo!スポーツ)
 写真を見てもわかるとおり、こんなに体格差のある相手をバタバタとなぎ倒していきました。
 笑顔も素敵だし。柔道界にニューヒロイン誕生でしょうか。


[コラム]一本背負いで「恩返し」=完ぺきな柔道、涙の金-谷本(時事通信)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

天下の大読売巨人軍様にコケにされる日々

工藤投手、200勝達成! ―自らのプロ入り初HRで祝う―

ま、200勝は偉大な記録ですから、とりあえずは素直に祝福いたします。

が、しかし。プロ入り初HRが自らの200勝達成を決定づける決勝HRなんてね。
一体、どんな球投げたんだよ>ベバリン。工藤に打たれるなんて、よほどの失投だぞ。
しかも。この大事な試合で中継ぎに平本ってどういうことだ。他にいねぇのか。
折り悪く、川島の戦線離脱も明らかになった。

一体、どこまで巨人にコケにされれば気がすむんですかっ!
それとも、あれですか。一場みたいに巨人関係者からチームぐるみで裏金でもつかまされてるんでしょうか。そうまでして天下の大読売巨人軍さまに媚を売りたいんですか?

 ◇巨人×ヤクルト20回戦(巨人15勝4敗1分け、東京D・55000)

ヤクルト100000100281
巨 人00010030X490
(ヤ)●ベバリン(9勝10敗)―佐藤賢―平本―田中=古田
(巨)○工藤(9勝5敗)=阿部
HR:岩村34号(1・工藤) 志田2号(1・工藤) ペタジーニ23号(1・ベバリン) 工藤1号(2・ベバリン)

あー、またこれで他球団のファンに白い目で見られるじゃないかよぉ。
ただ負けるならまだしも工藤の200勝にプロ入り初HRまで献上しちゃうんだもん。
「やらせ」でも、こんなこと起きないよ!ってくらいのおあつらえ向きのシナリオだもんね。

ソフトボールの連敗で少なからずショックを受けているというのに。
更に追い討ちをかけられてしまった。

ごめんなさい、本当にごめんなさい>アンチ巨人な皆様。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

[五輪]宇津木ジャパン、大ピンチ!

さすがの松岡修造も言葉を失うほどの衝撃。
日本、また負けた。これで3敗目。上位4チームが進出の決勝トーナメントに進むには、もうマジマジで1敗も出来ない状況だ。

前回のシドニーで見たときは、もっと強かった気がするんだけどなぁ。
とにかく打てません。肝心なところで打てません。満塁のチャンスを作っても点が入りません。こんなチーム、どこかで見たことがあるような気がします。(^^;;;

 ◇ソフトボール・予選リーグ/日本×カナダ

Canada00000001112
Japan00000000031


その他の競技。
柔道、女子63kg級の谷本が3試合オール一本勝ちで準決勝進出だ。2・3回戦は開始わずか15秒、17秒での一本勝ち。この「瞬殺」ぶりは、メダルの匂いがプンプンする。
男子81kg級の塘内は初戦敗退。敗者復活戦も敗れ、メダルならず。初戦を見る限り、塘内はまったく自分の柔道が出来ず、相手のロシア選手の方が格上のような印象。

競泳。北島が200m平泳ぎ予選に登場。全体2位のタイムで準決勝進出。全体1位はハンガリーの伏兵、ダニエル・ジュルタ。予選ではあるが、あのハンセンに1秒以上もの差をつけている。要注意か?

卓球。女子シングルス3回戦。福原愛がガオ・ジュンをストレートで下し4回戦へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[夏の甲子園]準々決勝組み合わせ

今、NHK総合で体操団体のVTR放映中。
朝早くて見られなかった方もぜひ見ましょう。

さて。こちらも気になる高校野球準々決勝の組み合わせ決定。

第13日(1) 10:00中京大中京済   美
第13日(2) 12:30横   浜駒大苫小牧
第14日(1) 10:00東海大甲府天   理
聖光学院
第14日(2) 12:30修   徳千葉経大付

第13日(あさって)の第2試合で、横浜×明徳義塾の勝者と対戦。
個人的に「ここだけは当たってほしくないなぁ」というところと当たってしまった。(^^;;;

速報。きょうの第2試合で横浜が7-5で明徳義塾を下し、駒苫の相手は横浜に決定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[五輪]体操ニッポン、金メダル!

体操をラジオで聴くってのは、かなり心臓に悪いです。(^^;;;

「さあ、離れ業はコバチ。鉄棒を…(たっぷり間)…しっかりつかんだぁ!」
会場での大歓声が聞こえるたび、ドキドキします。
映像がないがゆえの緊迫と緊張感。たまらないものがありましたよ。(笑)

そんなわけで、体操男子団体、堂々の金メダルです。
家に帰ってから、金メダルの演技をじっくり鑑賞したいと思います。

[写真]冨田の鉄棒(時事通信=Yahoo!スポーツ)
 難易度の高い「コールマン」。この合成写真は、なかなかすごいかも。
[写真]体操ニッポン、復活の金(時事通信=Yahoo!スポーツ)
 アテネのメインポールに上がる日の丸はこれで5枚目。早くもシドニーに並んだ。

 ◇体操・男子団体決勝

日本173.821
アメリカ172.933
ルーマニア172.384

体操・男子団体の個人別得点などの詳細はこちらでご確認を。

| | コメント (2) | トラックバック (11)

[五輪]野球、オランダに逆転勝ち!

黒田、気迫のロングリリーフ ―藤本・貴重なダメ押し2ラン―

序盤から中盤にかけて、まさかの苦戦を強いられた。
岩隈は早々にKOされ、打線もあと1点がなかなか取れなかった。
5回裏、中村のタイムリーで同点に追いついたあと、二死満塁から小笠原の押し出し四球で勝ち越し。この試合で初めてリードを奪うと、4回から登板の黒田がオランダ打線を1安打に封じ、流れを日本に引き寄せる。

そして、8回裏。藤本の貴重なダメ押し2ランなどで4点を追加。オランダベンチの凡ミス(詳細は下に)による猛抗議などで長時間にわたった試合を見事にモノにした。長嶋ジャパン、これで2連勝。あすは強敵・キューバ戦。

 ◇野球・予選リーグ/日本×オランダ

オランダ120000000351
日 本11002004X8110
(オ)●マークウェル―ヤンセン―ファンドルスペーク=イセニア
(日)岩隈―石井―○黒田―岩瀬=城島
HR:藤本1号(2・ファンドルスペーク)

オランダ、前代未聞のミス

5回裏、小笠原に押し出し四球を与え逆転を許したところで、オランダは先発・マルクウェルから2番手・ヤンセンに交代しようとしたが、日本・中畑監督代行が猛抗議。きょうの為に購入したポケットラジオから聞こえてきた情報では、なんと「試合前のメンバー交換の際に、オランダは先発野手9人+先発投手・マルクウェルしか記載していなかった」という。つまり、メンバー表にベンチ入りの控え選手の名前を1人も記載していなかったらしいのだ。

「登録されていない控え投手が登板するのはおかしい!」…ということで、かなり長時間にわたる抗議となった。結局、抗議が認められたのかどうかいまいち定かではないまま、試合は再開されたんだが。

そういえば、この件について正式な抗議をするために日本が100ドルを支払う…とかなんとか、ラジオでは言ってた気がするんだが。もしそうなら、このお金は一体どこへ行くんですかね?
中畑コーチ抗議で25分中断(野球)(スポニチ)
 国際大会で控え選手の名前を記入していないメンバー表を見たのは初めて―小学生レベルの大会であろうと、メンバー表に控え選手の名前を記入するのは当たり前だと思うけど。国際大会は何が起こるか分からない。

投手交代めぐり、2度の中断〔五輪・野球〕(時事通信=Yahoo!)
 中畑さん「本来は没収試合」と試合後もおかんむり。

[コラム]オランダ戦で見えた勝利への執念(スポナビ)
 元日ハム・今関氏のコラム。「ミスに気づいたら徹底的に抗議すべき」―あの抗議は日本人の価値を上げた。

[写真]審判と中畑コーチ(時事通信=Yahoo!スポーツ)
[写真]日本、オランダに逆転勝ち(時事通信=Yahoo!スポーツ)
 8回に貴重な2ランを放った藤本の写真。しっかし、まさか藤本が打つなんて。(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (7)

[五輪]競泳、森田が「銅」

現在、野球・オランダ戦をラジオで聴いてます。
現地はかなりの強風。ラジオ越しでも風の音が聞こえてくるほど。

試合は4回を終えて2-3と、オランダ1点リード。再三ピンチを招きながら、何とかしのいでいる…という感じ。先発・岩隈は2回途中で降板、石井―黒田とつないでいます。

そんな中、競泳からうれしいニュース。

男子100m背泳ぎで森田智己が銅メダル獲得!
タイムは54秒36。自らの持つ日本記録を更新してのメダル獲得。この種目のメダルは1988年ソウルでの鈴木大地以来。

女子100m背泳ぎの中村礼子も1分01秒05で4位入賞。日本競泳陣、今回はすごい。

 ◇競泳・男子100m背泳ぎ決勝

アーロン・ピアソル(USA)  54秒06
マルクス・ローガン  54秒35
森田 智己(JPN)  54秒36
4レニー・クレーゼルバーグ(USA)  54秒38
2位との差1/100秒。4位との差2/100秒。超接戦銅メダルだ。

 ◇競泳・女子100m背泳ぎ決勝
ナタリー・コーグリン(USA)1分00秒37
コベントリー(ZIM)1分00秒50
ロール・マナドゥ(FRA)1分00秒88
4中村 礼子(JPN)1分01秒05
あと17/100秒で銅メダル。惜しい! 中村は200mの方が得意らしいので、そちらに期待しよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.16

[五輪]ソフト、宿敵アメリカに敗れる

奇跡的に仕事が暇だったので、事務当直室のテレビでソフト観戦。
タイブレーク方式による延長戦に突入した8回表、アメリカがそれまで無安打に抑えられていた高山に3安打を浴びせてリードを奪い、そのまま逃げ切る。
8回表一死三塁での高山と打者の攻防は非常に見ごたえがあった。8球だか9球だか連続で打っても打っても三塁側へのファールボールになる。そういうところにコントロールできる高山もすごいが、最終的に粘って四球を選んだその打者もさすがだと思う。
一つだけ「たら」「れば」を言うなら、サードの宇津木のところに飛んだイージーフライを捕球できずにファールにしてしまったところ。あそこできちんとアウトを取れていたら、もしかしたら「0点」で切り抜ける目もあったんじゃないかなぁ。うーーん、非常に悔しい。
日本はこれで1勝2敗。予選突破のためには、もう無駄な黒星は許されないところだ。

 ◇ソフトボール・予選リーグ/日本×アメリカ

United States00000003330
Japan00000000012

8回裏、BS-1の映像が少し乱れる。そりゃ、ショックで画像も乱れますって。(^^;;;
BS-1では、ソフト終了後、バレーボールの会場に映像が切り替わったが、既に1セット失っている模様。イタリアも強豪だけに、なんとか頑張ってほしいが。
柔道、きょうは男女とも早々に敗退。
女子の日下部は敗者復活戦に進んだが、男子の高松は復活戦にも進めず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[五輪]間違えないでください

第4日競技開始。ホッケー2戦目、健闘したがアルゼンチンに1-3で敗戦。
予選突破は、かなり厳しい状況に。

きのうの野球のところで書いた国際映像のミスについて。
NHKで試合のVTRを流していたので、画面を撮影してみた。

ogasawarazyanai.JPG
宮本第1打席。これは小笠原じゃありません。

koregaogasawara.JPG
これが小笠原。1番打者の福留が背番号「1」なので、次は「2」だ!と思った?

miurademonai.JPG
宮本第2打席。同じ間違うにしても、なぜ打席に立たない三浦だったのかいまだに謎。

miurahakore.JPG
言わずもがな、これが三浦。国際映像のスタッフの皆様、頑張ってください。(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[五輪]第3日まとめ

第3日もメダルラッシュ! 金2・銀1を追加した。
金メダルは早くも前回・シドニーの「5」に迫る「4」。
夢の「金メダル2ケタ」にも手が届くのかしら? 非常に楽しみになってきた。

 ◇サッカー男子/予選B組

日 本21-33イタリア
0勝2敗・勝ち点01-01勝1分・勝ち点4
得点:【イタリア】デロッシ(前半3分) ジラルディノ(前半9分) ピンツィ(前半36分)
【日本】阿部(前半21分) 高松(後半47分)


サッカー、もう少しやってくれるか…と思ったんですけどね。残念。
イタリア戦の負けは仕方ないにしても、やはり初戦の負け方が悪すぎた。1試合を残して予選敗退が決定。
追記。イタリア戦に関する様々な怒りにトラバ。
 てぇあてr_ぴnハムスターさん…面白くない試合(試合の流れを悪くした審判への怒り)
 たつし's くま・シネマ倶楽部さん(この期に及んで選手たちを「テスト」する山本監督への怒り)
 ◇競泳・女子100mバタフライ決勝
ペトリア・トーマス(AUS)  57秒72
オティリア・イェジェイチャク(POL)  57秒84
インヘ・デブルーイン(NED)  57秒99
8大西 順子(JPN)  59秒83
デブルーイン敗れる。イェジェイチャクにもかわされ銅メダルに終わる。大西は8位。

 ◇競泳・女子400m自由形決勝
ロール・マナドゥ(FRA)4分05秒34
オティリア・イェジェイチャク(POL)4分05秒84
ケートリン・サンデノ(USA)4分06秒19
5柴田 亜衣(JPN)4分07秒51
6山田沙知子(JPN)4分10秒91
日本から2人が決勝へ。柴田、200mまでメダル争いに絡んでいたが後半失速で5位。山田は伸びず6位。イェジェイチャクは100mバタに続くこの日2個目の銀メダル。

男子4×100mリレー決勝は、南アフリカが3分13秒17の世界新記録で金メダル。
銀・オランダ、銅・アメリカ。
バスケ男子・1次リーグB組。アメリカがプエルトリコに73-92で敗れる波乱。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

[夏の甲子園]駒大苫小牧ベスト8!

きのうは、北島の金メダルを生で見届けて、寝たのが3時を過ぎていたもので、きょうの起床が昼前になってしまった。
ローカルニュースで「駒大苫小牧、ベスト8進出!」を知る。強豪相手だったこともあり、正直なところ、あまり期待していなかったけど…。すごい。強い勝ち方だよ。準々決勝の相手はあすの抽選で決定。

 ◇第10日(3回戦)第1試合 日大三×駒大苫小牧(2時間15分、観衆10000)

日大三0020000226114
駒大苫小牧12100003X7111


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[五輪]北島、歓喜のガッツポーズ!

開口一番、超気持ちいいー!! ―北島、ハンセンとの一騎打ちを制す!―

銀メダル・ハンセンとの差は、100分の何秒という世界だが、明らかに北島の手が先にゴールにタッチしていた。電光掲示板で自らの勝利を確認した瞬間、歓喜の雄たけび、両手でガッツポーズ。思い切り水面を叩きつけ喜びを体全体で表した。1分00秒08というタイムは満足いかないかもしれないが、最大のライバル・ハンセンに勝利した高揚感が「超気持ちいい!」というコメントにつながっているのだろう。

「200でも最高のパフォーマンスを見せます!」―北島はインタビューでそう断言した。
彼は、昔から「有言実行」の男。大いに期待していいだろう。

 ◇競泳・男子100m平泳ぎ決勝

北島 康介(JPN)1分00秒08
ブレンダン・ハンセン(USA)1分00秒25
ユーグ・デュボス(FRA)1分00秒88


[写真]北島が金メダル(時事通信=Yahoo!スポーツ)
[写真]北島・100平で金メダル(時事通信=Yahoo!スポーツ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.15

[五輪]柔道、きょうもメダルラッシュ!

内柴、オール一本勝ちで

男子66kg級。60kg級から階級を上げて挑戦した内柴正人が5試合すべて一本勝ちで金メダルを獲得。決勝ではクランツが仕掛けたところを逆に隅落としで一本。
[写真]内柴、オール一本勝ちで金(時事通信=Yahoo!スポーツ)

横澤大健闘のメダル―準決勝、サボンに奇跡の逆転勝ち!!

女子52kg級。横澤由貴は決勝で洗東妹に敗れ、銀メダルに終わった。しかし、準決勝では強豪・サボンに終盤で有効を奪われながら、残り1秒で袖釣り込み腰を決め、大逆転勝利を飾った。
[写真]決勝進出の横澤(時事通信=Yahoo!ニュース)


柔道は男女それぞれ2階級を終え、金3・銀1とメダルラッシュ。さすが日本のお家芸。今後の活躍にも期待大。
卓球・女子シングルス2回戦、福原愛が登場。フルセットの末、ミャオミャオを下し初戦突破。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[五輪]長嶋ジャパン、コールド発進!

ノリだ福留だ城島だ! イタリアに圧勝!! ―上原、6回無失点―

野球・予選リーグ初戦。イタリア相手に危なげない試合運びで7回コールド勝ち。先発・上原は6回を投げ被安打4、無失点。中村、福留にHRが飛び出した。6回裏の守備で、打球が城島の下腹部に当たり大事をとって相川と途中交代。だが、試合後の挨拶にも出てこなかったことから、その状況が少し心配される。

 ◇野球・予選リーグ/日本×イタリア

Japan203114112130
Italy0000000043
(日)○上原―三浦=城島・相川
(イ)●マッシミーノ―ルチェナ―オレンバーガー=パリジ
HR:中村1号(2・マッシミーノ) 福留1号(1・マッシミーノ)

金子が発熱のため、宿舎待機とのこと。控え野手が少ないメンバー構成だけに状態が気になるところ。早い復帰を祈りたい。

2回の和田の打球、風に戻されレフトフライ。レフトがフェンスによじ登ってキャッチ。球場外にあるのぼり等を見ても、打者にとってレフト方向は相当な逆風だった模様。その分、ライト方向は打球が伸びた。中村、福留のHRはいずれもセンターから右方向。

ギリシャはそれほど野球が盛んではないとかで、国際映像も不慣れな点が多々露呈。中村のHRの打球の行方が追えていなかったのは致命的。あと、宮本の打席での紹介テロップが、第1打席では「Michihiro Ogasawara」だったし、第2打席ではどういうわけか「Daisuke Miura」だった。画面の写真でも撮っておけばよかったんだろうが、あまりに信じられないイージーミスに呆気に取られ、その時は全く気づかず。(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[五輪]ソフト、台湾に完勝。

打順組み換えズバリ!猛打爆発13安打 ―坂井、台湾を2安打完封―

ソフトボール2戦目。初戦でオーストラリアの前にまさかの無安打負けを喫した日本は、打順を大幅に組み替えた。効果はてきめん。1回、斉藤のチーム初安打で先制すると、2回には山田、内藤、伊藤の3連続タイムリーで決定的な4得点。きのうの鬱憤を晴らす形となった。先発・坂井は台湾打線を2安打完封。

 ◇ソフトボール・予選リーグ/日本×台湾

Chinese Taipei0000000024
Japan140001X6130


[きょうの一言]ソフトボールといえば「ライズボール」だが、きょう先発した坂井は「私は不器用なので、ライズを覚えるのに5年かかったが、シュートは自分に合っていたのか30分で覚えられた」(試合中継より)―30分って。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[五輪]第2日まとめ&第3日放送予定

ソフト、バレー、女子サッカーと団体球技が軒並み星を落とした中で、
柔道で野村・谷が下馬評どおりの強さを発揮し、アベック金メダル。

全体的に見れば、まずは好スタートと言えるのだろうか。個別にフォローできなかった主な結果をまとめ。

 ◇競泳・男子400m個人メドレー決勝

マイケル・フェルプス(USA)4分08秒26WR
エリク・ベント(USA)4分11秒81
ラースロ・チェー(HUN)4分12秒15
7三木 二郎(JPN)4分19秒97

 ◇競泳・男子400m自由形決勝
イアン・ソープ(AUS)3分43秒10
グラント・ハケット(AUS)3分43秒36
クリート・ケラー(USA)3分44秒11
8松田 丈志(JPN)3分48秒96
男子400m自由形、40年ぶりに五輪決勝進出の快挙。

 ◇競泳・女子400m個人メドレー決勝
ヤナ・クロチコワ(UKR)4分34秒83
ケートリン・サンデノ(USA)4分34秒95
ヘオルヒナ・バルダチ(ARG)4分37秒51

 ◇競泳・女子4×100mリレー決勝
オーストラリア3分35秒94WR
アメリカ3分36秒39
オランダ3分37秒59
オーストラリアが56年メルボルン大会以来48年ぶりの金メダル。アメリカ4連覇ならず
 ◇体操・男子団体予選
1日本232.134
2アメリカ230.419
3ルーマニア230.019
日本が予選を1位で通過。3大会ぶりの団体メダル獲得へ大きな一歩。
4位以下は、中国・ウクライナ・ロシア・韓国・ドイツ
個人総合で冨田(3位)、米田(10位)が決勝進出。
種目別ではあん馬=鹿島・冨田、床=米田・中野、つり輪=冨田、平行棒=中野・冨田、鉄棒=米田・中野がそれぞれ決勝へ。
第3日、私の注目競技
 野球・日本×イタリア(フジ系・17:25~19:58)最大21:58
 競泳・男子100m平泳ぎ決勝(TBS系・22:00~27:10)
 サッカー男子・日本×イタリア(NHK総合・26:20~28:30)

長嶋ジャパン、いよいよ出陣。初戦はイタリア。セリエA選抜との練習試合も2試合とも圧勝しているので、「勝てるかどうか」ではなく「どんな形で勝つか」に注目。
北島×ハンセン。ガチンコ勝負の行方は? サッカー、男子はもう後がない。イタリアを相手にどんな試合を見せるか。勝てれば最高だが…最低でも引き分けで。

あー、今夜も眠れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[五輪]女子サッカー、ナイジェリアに敗れる。

初戦、スウェーデンに快勝の「なでしこジャパン」だが、2戦目はナイジェリア戦に0-1と、まさかの敗戦。日本は予選リーグの日程を終えて1勝1敗・勝ち点3。
F組で全日程を終えた中国が勝ち点「1」に終わったため、仮に日本がリーグ3位になってもF組3位との比較で上回る事が確定し、日本は決勝トーナメント進出決定。

 ◇アテネ五輪・サッカー女子/予選E組

日 本00-01ナイジェリア
1勝1敗・勝ち点30-11勝0敗・勝ち点3
得点:【ナイジェリア】オコロ(後半10分)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.08.14

[五輪]柔道、ダブル金メダル!

優勝インタビューの際にチラッと見えた手にも巻かれたテーピング。
足の怪我は知っていたが、谷亮子は本当に満身創痍の中で戦っていたんだろう。試合中はそんなことを微塵も感じさせないのが、彼女のすごいところだ。
[写真]五輪連覇の谷亮子(時事通信=Yahoo!スポーツ)

シドニーの時の何倍もうれしい自身2個目の五輪金メダル。あんなに泣きじゃくる彼女を見たのは、ひょっとしたら初めてかもしれない。

そして野村は五輪柔道初の種目3連覇達成。
1つ金メダルを取るだけでも大変なことなのに。
ものすごいことだ。しかも、今回の野村は本当に強かった。
準決勝までオール一本勝ち、ほぼ「瞬殺」に近い早業。
準決勝で相手がかなり体力を消耗していたせいもあるが、
決勝では、相手にほとんど何もさせなかった。
[写真]攻める野村(時事通信=Yahoo!スポーツ)

そして、野村の金メダルは日本夏季五輪史上、記念すべき100個目の「金」。
今が仕事中でなかったら、ビールの一杯も飲みたい気分だ。


その他、北島康介が100m平泳ぎで、いきなり五輪記録を塗り替える1分00秒03のタイムで予選を1位通過。念願の金メダル獲得へ向け、幸先の良いスタートを切った。
準決勝では、北島最大のライバル・ハンセン(アメリカ)が北島の記録を更に塗り替えて(1分00秒01)、1位で決勝へ。北島は全体の2位。決勝はハンセンが4レーン、北島が5レーン。直接対決で雌雄を決する。決勝で「夢の59秒台」は出るか!?

| | コメント (1) | トラックバック (2)

[五輪]バレーボールも初戦黒星

バレーボール女子初戦、対ブラジル。
結果から言えば、0-3のストレート負け。
セットごとにつけられた3~4点の差がなんとも憎らしい。

これが現状での両国の実力の差ということなのだろう。

 ◇バレーボール女子予選・日本×ブラジル

Japan0212221  
Brazil3252525  

点差を広げられても、1点差までは迫れるのだが、どうにも追いつけない。1度もリードを奪えない。要所でサーブミスや反則もあった。見ていて、非常に歯がゆかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[五輪]ソフト初戦、まさかのノーヒット負け

いよいよ各競技が開幕。とりあえず、ソフトボール見てますよ。
アンパイアのマスクに装着されたカメラがすごい臨場感。プロ野球なんかも取り入れたらいいかも。

2大会連続銅メダルのオーストラリア相手ですが、相手の先発・ウィルキンズが大乱調。
1回裏二死から2者連続押し出しで2点先制したものの、4回に逆転2ランHRを浴びて、そのまま敗戦。しかも、まさかのノーヒット負け。

2番手投手に代わってからはフライアウトばかりで、チャンスメイクが出来なかった印象。宇津木ジャパン、いきなりつまづいてしまった。

 ◇ソフトボール予選・日本×オーストラリア

Australia0102100470
Japan2000000202
HR:ティトキューム(2・上野)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

[五輪]開会式の感想など

開会式、見ましたか?
日本選手が入場したあたりで一度力尽きましたが、
聖火リレーの直前で復活しました。つげさんです。

聖火をつけるところで「もう一ひねり」あるかな…とも思ったけど。
 ※ 階段を上がっていったところに「真の最終走者」が待ち構えてるとか。
今回の聖火台は、かなり大仕掛けでしたね。
あんなに「ぐわーーん」と下がってくるもんなんだ。
長野五輪のときは、伊藤みどりがせり上がっていきましたけど。

式全体の印象としては「Simple is Best」ってな感じかな。
正直、「あれ、もう選手入場なの?」という印象でした。
花火がすごくきれいだったですね。

日本選手団、揃いの団扇を持ってにこやかに入場
メグカナ、やっぱり可愛い。アップが女子選手ばかりだったので
野球日本代表がいたかどうか確認できず。


さて。きょうからは注目競技が続々開始。
個人的メモとして、きょうの放送予定を。

NHK総合(15:10~18:45)
 ソフトボール「日本×オーストラリア」
 競泳・予選「女子400個メ」「男子100平」
NHK総合(19:30~20:45) 開会式・ソフト・ホッケーなどハイライト
NHK総合(22:00~29:00…26:00~27:00は冬のソナタ)
 柔道決勝「女子48kg級」「男子60kg級」
 サッカー女子「日本×ナイジェリア」

 競泳決勝・重量挙げ


TBS系(HBC)(16:30~21:54)
 柔道・予選「女子48kg級」「男子60kg級」
 バレーボール「日本×ブラジル」

フジ系(UHB)(23:00~28:25)
 バスケ女子「日本×ブラジル」
 体操・競泳ほか

NHK衛星第一(14:05~) ぜんぶやる(笑)

一応、赤字のところは生中継でなおかつ、つげさんがぜひチェックしたい競技…という解釈にしといてください。けど、TBS系はメインキャスターが中居正広なので、たぶん見ません。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.08.13

ナベツネ辞任!の波紋

トラバいただいたブログを中心に、いろんな意見を読んでみました。
ナベツネ辞任自体は喜ばしいことなのかもしれないが、
なんだか、いまいちスッキリしない…そんな感じでしょうか。

さて。裏金を渡した相手として名指しされた一場側の反応。

食事の際に計5、6回お金を渡された。学生野球の規定で禁止されているので断っていたが、強引に渡された。 断り切れない自分も悪い。 野球界全体に迷惑をかけて、申し訳ない気持ちでいっぱい(スポニチより)

Yahoo!ニュースに載っていた一問一答を見ても「強引に握らされた」感じだったよう。

※ 学生野球憲章には、以下の条文があります。

学生野球憲章・第十三条―2 選手又は部員は、いかなる名義によるものであつても、職業野球団その他のものから、これらとの入団、雇傭その他の契約により、又はその締結を条件として契約金、若しくはこれに準ずるものの前渡し、その他の金品の支給、若しくは貸与を受け、又はその他の利益を受けることができない。
雇傭=雇用。平たく言えば、大学野球選手はプロ球団への入団を条件とする金銭その他の利益を、誰からであっても受け取ってはいけない…ということです。これに違反した場合、退部を余儀なくされます。

明大・別府総監督は巨人に対する不信感をあらわに。

ナベツネ(渡辺オーナー)さんが辞めるのは勝手だが、一番心配なのは、一場の選手生命が絶たれてしまうこと。(一場選手をさらし者にして公表する)巨人のやり方はひきょうだ(Yahoo!スポーツより)

今回の一件で、巨人は一場獲得を断念。かと言って「裏金」のイメージが着いた選手を他球団が獲得しに行くとも思えず。もし、ナベツネの辞任に「違反行為うんぬん」とは別の何らかの意図があるのだとすれば、その巻き添えを食った形の一場側にも同情の余地はありそう。けど、学生野球憲章で禁止されているとわかって「裏金」を受け取った(しかも一部は使ってしまった)のだから、まったく無罪…というわけにはいかないでしょうが。

周辺の事情が見えてくると、ますますわからないナベツネの突然の辞任。
純粋に道義的責任だけなのか、それとも「院政」の始まりなのか。
五輪が開幕しようか…というこの時期の公表にも、何か意図があるのか。

事が複雑すぎて、私にはわかりません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

真の天王山と言われたい

首位・中日との3連戦の初戦に快勝。貯金「2」に。
2位は巨人だけど、その巨人よりも9試合も多く試合を残しているヤクルト。
いささか強引な論法だが、実際、巨人よりも負け数は少ないので「隠れ2位」と言えなくもない。よって、ここにこの3連戦を真の天王山と名づけることに勝手に決定。(笑)

 ◇ヤクルト×中日18回戦(ヤクルト10勝8敗、神宮・30000)

中 日010001001370
ヤクルト00014001X6120
(中)●紀藤(0勝1敗)―川岸―久本―バルデス=谷繁
(ヤ)○藤井(4勝5敗)―河端―五十嵐亮=古田
HR:大西4号(1・藤井) 岩村31号(3・紀藤) 古田17号(1・紀藤) 森野2号(1・五十嵐亮)

最後の五十嵐亮が打たれたHRは余計ですけどね。
MAX156km/hの速球はやっぱりすごいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

[夏の甲子園]第7日

色々ありすぎて疲れたので結果のみ。

 ◇第7日第2試合 鈴鹿×浜田(1時間57分、観衆29000)

浜 田003010130890
鈴 鹿000000010131
HR:巻田(大会20号・2)

 ◇第7日第3試合 福井×天理(2時間25分、観衆35000)
福 井120000000373
天 理20103012X9115


 ◇第7日第4試合 浦和学院×中京大中京(2時間23分、観衆25000)
中京大中京0000000246111
浦和学院0020000024130
HR:中村(大会21号・2)

天理の5失策・5暴投ってのは、ちょっとらしからぬ感じか。
ま、それでも勝っちゃうんだから強いには違いないんだろうけど。

中京大中京、9回表に一気に勝ち越し。
浦和学院は8回裏一死満塁から得点できなかったのが悔やまれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナベツネ辞任!

今、なにげに夕方の刑事ドラマの再放送を見てたら。

 「巨人の渡辺恒雄オーナーが辞任」

という、ニュース速報のテロップが。(HTB)

もし本当なら、この時期に辞任する真意は?
続報を待つ。

現段階で、他紙が味も素っ気もない一行ニュースの扱いの中、
スポニチが後任人事も含めた詳細な記事を掲載しているのでリンク。

 渡辺巨人オーナー辞任(スポニチ)

大詰めを迎えた10球団1リーグ制移行問題は同オーナーの突然の辞任で先行きが不透明となり、混迷の度を深めることは確実だ。なお、後任には滝鼻卓雄・読売新聞東京本社社長(64)が就任する。

本当に「混迷を深めて」くれれば、非常にありがたいのですが。(^^;;;

はたして、この人事が1リーグ性へ暴走するオーナー達の歯止めになるのかどうか。今後の動きや関連するコメントなどにも要注目。
追記。サンスポの記事ではナベツネ辞任の理由について
…渡辺オーナーの辞任理由はスカウト活動に違反行為があったこと
と、書いています。これって、いわゆる「ドラフトの裏金」ってこと?

さらに。スポニチの記事より。「違反行為」の詳細がわかってきた。
明大・一場靖弘投手の獲得交渉において交通費などを含め計200万円の金銭を渡す違反行為があった
テレビでは「一場側から既に全額返金されている」と言ってましたけどね。一旦は受け取っちゃってるわけだから、一場側も下手な言い逃れは出来ないでしょう。

ナベツネもなんだかもっともらしいコメントを出したようですが、
こんなことは今に始まったことではないだろうことは容易に想像がつきます。

「何を今さら!」って感じではあります。

| | コメント (1) | トラックバック (9)

[夏の甲子園]旭川北、初戦突破ならず

旭川北は1、6回にいずれも被安打0での失点。
1回は犠飛と失策。6回は二死から4連続四球での押し出し。
これではちょっと勝てませんねぇ。思えば、岡久くんは北北海道の決勝でも15四死球も相手に与えてた。道内ではそれで通用しても、さすがに全国レベルでは…ねぇ。

 ◇第7日第1試合 岩国×旭川北(2時間16分、観衆18000)

岩 国200001201691
旭川北000000030352

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[夏の甲子園]第2日(こうさぎ)

17の、高校に対戦した?
きのうkimasukeが、熊本工と3しなかった?
17で、スーパーは(しなかった。
kimasukeは)するはずだった。
きのうは強豪みたいな(された!
kimasukeは北に17とスウェーデしたかったみたい。
kimasukeがアテネに開幕された。
きょう、熊本工と東京で6した。
きのう岡山理大付の、強豪みたいなHRするつもりだった。
SNA04329は、

第2試合。
7??9。
岡山理大付が乱打戦を制する。
第4試合

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「kimasuke」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男子は黒星発進…。

この後、男子サッカーは強豪・イタリアとの対戦も控えているし、ここで最低でも勝ち点1は欲しかったところだったんですが…。とにかく、最初の点の取られ方がよくなかったですねぇ。ゴール前でボールをキープして、どことなく「気が抜けた」感じになって、相手に隙をつかれた。

にしても、日本のシュートは枠をとらえないな…。いい位置からミドルを打っても、ほとんどゴールのはるか上。どれか1本でも決まってればなぁ。

 ◇アテネ五輪・サッカー男子/予選B組

日 本31-34パラグアイ
0勝1敗・勝ち点02-11勝0敗・勝ち点3
得点:【パラグアイ】ヒメネス(前半5分) カルドソ2(前半25分・前半37分) トレス(後半17分) 【日本】小野2(前半22分・後半8分=いずれもPK) 大久保(後半36分)

あすは、いよいよ五輪開会式。見れたら、感想でも書きますかね。
私はサッカーにはあまり詳しくないので、きょうも何個かトラバさせてもらいました。とりあえず、私が一番知りたいのは、日本の最初の失点の原因。今は仕事中なので、あまりじっくり分析したり出来ないので、帰宅後に少し仮眠を取ってから、いろんな方の分析を読んでみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2004.08.12

[夏の甲子園]第6日

第2試合。駒大苫小牧の試合の直後だったので、すっかり仮眠中だったんだが、修徳・斉藤と鹿実・村中の見ごたえある投手戦。熱闘甲子園で試合の様子を垣間見た。鹿実のレフト、一生後悔するんだろうなぁ。ちょっとかわいそう。
第4試合。開始直後、秋田商がポンポンと2点先制したので「波乱が起きるか?」と思ったが、最終的には済美が打ち合いを制し初戦突破。

 ◇第6日第2試合 修徳×鹿児島実(1時間39分、観衆20000)

鹿児島実000000000070
修 徳000010000151


 ◇第6日第4試合 秋田商×済美(2時間32分、観衆23000)
秋田商1101003208150
済 美00520220X11142
HR:鵜久森(大会19号・2)
 ◇第6日第3試合 中部商×酒田南(2時間13分、観衆26000)
中部商000004020692
酒田南00116003X11141
HR:金本(大会17号・2) 仲里(大会18号・4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[夏の甲子園]雨さえ降らなければ。

昨年の夏、8-0と大量リードを奪いながら雨に泣いた駒大苫小牧。
今年、リベンジの夏。甲子園は快晴。素晴らしいコンディションで試合が出来る。
先発・岩田は8回まで毎回の11奪三振。1点先制を許した直後、沢井の2ランで逆転!
7本の長打を含む15安打を放ち、佐世保実を圧倒。9回表、勝ち急いだか3連続四球でピンチを招いたが代わった鈴木が後続を3者連続三振に打ち取った。
駒大苫小牧は夏初勝利。北海道勢にとって夏50勝目となる節目の勝利だった。

3回戦の相手は、なんと日大三高。PLに打ち勝った強豪。どこまで食い下がれるか…。

 ◇第6日第1試合 佐世保実×駒大苫小牧(2時間00分、観衆8000)

佐世保実001100010362
駒大苫小牧00211021X7150
HR:村田(大会15号・1) 沢井(大会16号・2)
きのう、なでしこジャパンを見て寝たのが午前3時前。きょう起きたのが7時45分。
随分、ハードスケジュールだこと。(笑) そして、懲りずに夜勤中にサッカーを見るんだ。患者がいなければ…だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なでしこジャパン、強豪相手に大きな1勝!

アテネ五輪、開会式を前にサッカー開幕。

日本女子サッカー、初戦は強豪・スウェーデン戦。

序盤、いささか苦戦していたが、
前半25分に荒川のゴールで先制!
ゴール前のこぼれ球を落ち着いて決めました。

前半42分、澤の絶妙な飛び出しから
決定的チャンスを作るが、シュートはわずかにポストの左。

前半終了。日本1-0スウェーデン
予想外に大健闘。決定的なチャンスも何度か作っている。
あと45分、守り切れ!

後半11分、[OUT]小林←→[IN]安藤

後半15分、左サイドからのパスに荒川が走りこみシュート。
勢いがつきすぎたか、ゴールマウスの左上へ外れる…。

後半21分、[OUT]荒川←→[IN]丸山
先制点の荒川に代えてのスーパーサブ(らしい)丸山投入。大胆な采配だ。

後半40分、[OUT]安藤←→[IN]柳田

ロスタイム3分、ちょっと長すぎねぇか。
最後、厳しいシュートもあったが…。

勝ちました! 勝ちましたよ!
日本女子サッカー、五輪初勝利!!

 ◇アテネ五輪・サッカー女子/予選E組

日 本11-00スウェーデン
1勝0敗・勝ち点30-00勝1敗・勝ち点0
得点:【日本】荒川(前半25分)

3チームで争う予選リーグ。2位までに入れば無条件で予選通過。
強豪・スウェーデンに勝利したことで、予選突破はほぼ確実。
まだ五輪開幕前なのにすごいことです。

あしたは男子サッカー・パラグアイ戦。女子に続け!
追記。私のブログは、生で試合を見ながら書いたので、試合の分析とかは一切出来てません。より詳細な分析が書かれた以下のブログにトラバ。
よもよもダイアリィ「なでしこジャパン、強豪スウェーデンに勝利!日本好発進!
どこか遠くでフッチボル「“なでしこジャパン”好発進なのだっ。
Let's Spinmove!!「[サッカー女子]スウェーデン0-1日本

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2004.08.11

なんまら驚いたっ!

トリビアの泉を見終えて、女子サッカーが始まるまでに済ませよう…と、
はむすぽ」の更新にいそしんでおりました。

はむすぽでは、日本ハムの試合結果を中心にブログを展開してまして。
きょうは負けだったが、記事にするためにスコアを調べようと思い、
詳細なスコアが載っている日刊スポーツのHPにアクセス。

「スコア速報」の一番上に載っていた札幌Dの横浜×阪神のスコア。
私が最初に見たときにはこうでした。

10
阪 神30000010037
横 浜0004000004

今季、横浜に相性のよくない阪神だが、延長10回表に3点を勝ち越した。
「さすがに、これは阪神の勝ちだなぁ」と。
何の疑いも持たずに、そのままブログの更新作業。

何だかんだで2~30分たったですかねぇ。
ひとまず更新を終えて、そういえば…と思って、
もう一度、日刊スポーツのスコア速報を見たら、なんと!
10
阪 神30000010037
横 浜0004000004x8

えっ。 ええっ!? ぎょえぇぇ!!

なんまら驚いたよ。
「なまら」は北海道弁で「すごく」とか「とても」とかの意味。ご存知な方も多いでしょう。私の場合、「なんまら」と表現すると、「超すげぇ」とか、そういう意味になります。

いやはや、なんとも。ウッズのサヨナラ満塁弾ですか。
札幌のファンはスゴイ試合を見ましたね。

ここのところの救援失敗で札幌に来ていない佐々木の代役として登板した門倉が延長10回表に3失点。普通に考えれば、阪神が勝ちそうなものだが。阪神の抑えとして登板したマイヤーズが石井、金城、佐伯に連打を浴びて無死満塁。そして、ウッズの打球が高々と舞い上がり…。

野球はゲームセットの声を聞くまで、何が起こるか分からない。
たまたま、父がきょうの夕食時にそんな趣旨のことを言ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[夏の甲子園]第5日

第3試合。初戦からイキナリの東京・大阪強豪対決。
日大三、毎回の18安打で小刻みに加点し、PLの追撃を振り切る。1番・松島が6打数6安打(大会タイ記録)。
PL学園の夏の甲子園初戦敗退は、なんと30年ぶり。

 ◇第5日第3試合 PL学園×日大三(2時間46分、観衆41000)

日大三0003002128180
PL学園010001021581
HR:佐々木(大会12号・1) 神戸(大会13号・2) 藤井(大会14号・1)
 ◇第5日第1試合 市和歌山商×宇都宮南(2時間33分、観衆16000)
宇都宮南001100400692
市和歌山商20501102X11122


 ◇第5日第2試合 聖光学院×鳥取商(1時間55分、観衆24000)
鳥取商000000000044
聖光学院10100220X672
HR:舟田(大会11号・2)

第6日は第1試合に駒大苫小牧登場! 寝坊厳禁!!>私
駒大苫小牧応援のため、日本ハム・ヒルマン監督が観戦に訪れるという。
シーズン中にプロの監督が高校野球の応援なんて記憶にありません。

本当に北海道のことを思ってくれてるんだなぁ。嬉しくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここ数日の球界の動き

最近、高校野球に逃げている(気がする)つげさんです。
実際、仕事のない昼間は高校野球ばかり見ております。

かと言って、プロ野球や合併問題から目をそむけているわけでもなくて、
9日から一般販売が始まった選手会ミサンガも早速注文しました。
私は@ぴあショップで注文しましたが、
確認メールには2~3週間くらいかかるかも…と書いてあった。
届いたら、ブログ上でも報告したいと思います。

…というわけで、少し時間が出来たので、
ここ数日の球界の動きをまとめますよ。

[9日]選手会主催「プロ野球の明日を考える会」
選手会長の古田はもちろん、近鉄からも礒部・北川をはじめ多くの選手が参加。広島からも西山が参加。日本ハムファンの伊集院光、フジ系「とくダネ!」でおなじみの小倉智昭(西武ファン)も参加。

どんな雰囲気だったのか、ファン代表として参加された方のブログもあるので読んでみてください。
 ・へりくつブログさん…「プロ野球の明日を考える会」に参加して
 ・さるの野球さん…明日を考える会に参加!

[10日]オリックス・近鉄、基本合意書に調印
新聞記事などを一通り見た感想。やっぱ、おかしいですよ。
合併に関して文書を交わしたのに、肝心なことはほとんど書かれてない。
球団名はどうするのか。どこの球場を使うのか。

専用球場にいたっては、スポーツ紙によって書かれる内容が180度違う。
そんなことすら公に発表できなくで、来季から球団の運営が出来るの?
大体、使用球場が決まらなきゃ、試合日程の決めようもないじゃんか。
老婆心ながら心配になってしまいますよ。(笑)

古田さん曰く

「会見を映像で見たけど、ニコニコ楽しそうだった。たくさんのファンや選手を犠牲にして、声も聞かず何が楽しいのか。こういう人たちが経営していいのかと思う。強い憤りを感じた」(スポニチより)

私は映像を見てないんだが、本当にニコニコやってんだったら、ファンの神経逆撫でもいいとこですね。

しっかし、呆れるのはコミッショナーの発言。
コミッショナーへの提訴…という動きを受けての発言なのだが。

しっかり勉強してもらいたい。紛争は起こっていないし、
選手がクビになったわけじゃない。提訴があれば研究して対処するが…。

1つ1つ冷静に突っ込みますよ。

 1.しっかり勉強してもらいたい
単なるお飾りのあんたなんかより、古田会長のほうがよっぽど色々と勉強しています。シーズン中なのに、精力的に各種会合にも参加しているし。実行委員会の最中に海外に雲隠れしちゃうあんたに言われたくない。

 2.紛争は起こっていないし
まず、「紛争」の意味を辞書で引こう。面倒な方はここクリック。(^^;;;
はい、わかりましたかぁ?
「事がもつれて争うこと。もめごと。」
―そうなんです。今回の問題は、紛れもなく「紛争」です。
紛争というのは、軍隊が出てきてドンパチやることばかりじゃない。

 3.選手がクビになったわけじゃない
今は、まだなってないかもしれません。が、このまま行けば、球団合併に伴って大量の解雇者が出ることは日の目を見るより明らかです。他球団が救済するからいいとか、そういう問題じゃないでしょうよ。そんなこともわからんでやってるんだったら、今すぐ辞めれ!

…って、かなり熱くなってますな。(^^;;;


そんな根来コミッショナーについて、
at most countableさん内「根来コミッショナー問題について」が興味深い。

「根来辞めろ!」やコミッショナー発言に対しての強い批判を書いた記事がたくさん紹介されてます。お時間のある方は、こちらも読まれると参考になると思います。

| | コメント (4) | トラックバック (7)

2004.08.10

[夏の甲子園]第4日

第3試合。激しい打ち合いとなったが、東海大甲府が4回裏に5安打集中で3点を奪い、勝負あった。5回から登板した岩倉がヒットは許すものの、相手に得点を与えなかった。日本ハム・新庄からのマイクロバス差し入れも効果なく、西日本短大付初戦敗退。

 ◇第4日第3試合 東海大甲府×西日本短大付(2時間18分、観衆15000)

西日本短大付2202000006132
東海大甲府20431001X11173
HR:坂井(大会10号・2)
 ◇第4日第1試合 千葉経大付×鳴門一(1時間59分、観衆13000)
鳴門一000000100190
千葉経大付00130000X460


 ◇第4日第2試合 富山商×佐賀学園(2時間15分、観衆13000)
佐賀学園0001020205100
富山商40300300X10121


 ◇第4日第4試合 塚原青雲×佐土原(2時間35分、観衆12000)
佐土原200000010392
塚原青雲000000010180

富山商のスコアを見て驚く。先発・滝と二瀬の継投だが、相手の4番(佐賀学園・堤)のところで、ことごとく左の二瀬を投入している。二瀬×堤の対決が1打数1安打2四球ということで、この継投の効果のほどは「??」だが、2回戦・千葉経大付戦でも、このような小刻みな継投が見られるかもしれないので、覚えておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.09

[夏の甲子園]第3日

第4試合。ダルビッシュの初戦。北大津打線を完封(10奪三振)。
第1試合。熊本工、わずか2安打で勝利。下妻二、9安打放つもチャンスに打てず。

 ◇第3日第4試合 東北×北大津(2時間07分、観衆38000)

北大津000000000087
東 北10610050X13110


 ◇第3日第1試合 熊本工×下妻二(1時間46分、観衆15000)
下妻二000010000192
熊本工00020100X322

 ◇第3日第2試合 明徳義塾×盛岡大付(1時間54分、観衆16000)
盛岡大付000001010291
明徳義塾25200303X15171


 ◇第3日第3試合 県岐阜商×遊学館(2時間12分、観衆30000)
遊学館2000210106141
県岐阜商010110000391

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バニラムードがいないと

お昼12時台のアクセスがほとんど伸びませんよ。(笑)

つげさんです。Jスポーツで放送中の「野球日本代表×セリエA選抜」の試合を見ています。野球にも「セリエA」ってあるんですねぇ。
スポーツ紙のサイトの記事なんかで結果はわかってるんですけど、詳細な結果が載ってるところがないんですよねぇ…。

バニラムードがいないと、どんな感じになるのか「ふれあいホール」を、一応見てみましたよ。

今週は「夏休み自由研究」で、きょうは国語編。

阿部アナの代打・松本アナと漢字検定1級の小学生・たろうくんとの掛け合いから始まりました。その後、オープニングテーマが流れますが、これはもちろん録音で、そのテーマとともに、ゲスト入場。

最初は、漢字コーナー。全国で200万人が受験する漢字検定だが、
1級を取得できるのは、その約0.02%という狭き門。
以下は、実際に漢字検定で出された問題です。読めますか?

 1.巨擘

 2.籌策

 3.諂諛

 4.噬臍

 5.欷歔

答えは最後に。

案の定、大人のゲスト達は誰も読めず。
このままではいかん!ということで、たろうくんと読み書き対決。

 6.溝壑

 7.かんぬき(書き取り)

 8.邀撃

後半は「特別授業」として、黛まどか先生を迎えての俳句講座。
最近は、携帯なんかでメールのやり取りをしながら俳句をする人が増えているとかいないとか。

先生の例題
 ・交換日記 少し余して 卒業す
 ・七夕の 夜の到着 ロビーかな

2つともスイートな句だそうです。(^^;;;

俳句は「あいさつ」―出合ったものに対してあいさつ。心が動いたときに詠む。
俳句を詠むには、日常の目にプラスして「俳句を詠む目」が必要。
朝顔を見て「きれいだな…」というのが日常の目。「俳句を詠む目」は、上下左右、普段は見ないようなところから見る。「きれい」を他の言葉に置き換える。

[季語]サーフィン・サングラス…これらは既に夏の季語。
[新季語]シャーベット・サンオイル・ミュール

1分間で俳句を作ろうのコーナー。本来なら、バニラムードからも誰かチャレンジするところだろうが…。

ここでも、たろうくんが「金メダル」獲得。素人小学生にしては、感情表現豊か。将来は「科学者」を目指したい。…えっ、国語じゃねぇのかよ。黛先生「俳句やろうよ」と必死のスカウト。


漢字読み書きの解答

1.きょはく

2.ちゅうさく

3.てんゆ

4.ぜいせい

5.ききょ

6.こうがく

7.

8.ようげき

言葉の意味は各自で調べよう!(笑)


あ、そうそう。普段、バニラムードが演奏してる時間は「ゲストの芸人のネタコーナー」になるかもよ…なんて予想をしてましたが、そんな事はなく、漢字から俳句へと流れるように展開していきましたとさ。(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.08.08

どうした、佐々木!

これは何かの間違いではないのか!?
あの佐々木を二夜連続で粉砕したなんて。きょうは佐々木から3者連続HRだなんて。
しかも、8回までは横浜の継投の前にたった1安打に抑えられていたというのに。結果を知ってもいまだに信じられずにいる。

 ◇横浜×ヤクルト20回戦(ヤクルト15勝4敗1分け、横浜・22000)

ヤクルト000000003340
横 浜000010010260
(ヤ)鎌田―杉本―○山本(2勝2敗)―S五十嵐亮(3勝1敗21S)=古田
(横)加藤―川村―門倉―●佐々木(1勝2敗19S)=中村
HR:多村27号(1・鎌田) 土橋8号(1・佐々木) 岩村28号(1・佐々木) 古田16号(1・佐々木)

 ◇横浜×ヤクルト19回戦(ヤクルト14勝4敗1分け、横浜・25000)
10
ヤクルト0100000011380
横 浜0000000200270
(ヤ)藤井―河端―○五十嵐亮(3勝1敗20S)=古田
(横)マレン―山田―佐々木―●門倉(2勝5敗)=中村・鶴岡
HR:古田15号(1・門倉)

いったい、どうしちゃったんでしょうか。再び5割復帰で3位浮上。
ほんとにさ。こんなこと出来るんだったらさぁ。
頼むから、巨人にも勝ってくれって!

わざとやってるとか思われてるんじゃないか…と思うと、心配でさ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

[夏の甲子園]第2日

第2試合。7-0→7-7→7-9→15-9。岡山理大付が乱打戦を制する。
第4試合。京都外大西が7回に逆転。日本文理も粘りを見せたが、8回裏二死一・二塁のチャンスも、中堅・田中の超ファインプレーに阻まれる。9回裏も二死一・三塁まで攻めたが、あと一歩及ばず。

 ◇第2日第2試合 桐生一×岡山理大付(3時間06分、観衆33000)

桐生一0007020009144
岡山理大付21400800X15134
HR:山田(大会6号・2) 篠崎(大会7号・2)

 ◇第2日第4試合 京都外大西×日本文理(2時間06分、観衆15000)
京都外大西000000200290
日本文理000100000180
HR:桑原(大会9号・1)
 ◇第2日第1試合 尽誠学園×東海大翔洋(2時間06分、観衆21000)
尽誠学園020000010371
東海大翔洋02222200X10120
HR:坂下(大会3号・2) 川口(大会4号・1) 斉藤(大会5号・1)

 ◇第2日第3試合 報徳学園×横浜(2時間01分、観衆43000)
横 浜0200131018160
報徳学園001000001280
HR:涌井(大会8号・2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.07

[夏の甲子園]第1日

第2試合。浦和学院が岸の大会1号HRなどで加点し、広島商の反撃を振り切る。
第3試合。6回裏、中京大中京が相手のミスにもつけ込み3点追加。8回表、明豊・菅の2ランで追いすがったが、反撃及ばず。

 ◇第1日第2試合 浦和学院×広島商(2時間09分、観衆24000)

浦和学院100200000380
広島商000000100160
HR:岸(大会1号・1)

 ◇第1日第3試合 明豊×中京大中京(2時間06分、観衆16000)
明 豊000010020371
中京大中京02010300X6150
HR:菅(大会2号・2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の甲子園、開幕!

86回目の夏、いよいよ開幕。開幕戦から延長にもつれこむ熱戦。
両チームとも無失策できていたが、最後の最後で青森山田にもったいないプレー。
延長12回裏二死二塁からの栗田の打球、レフトがグラブを差し出すもわずかに届かず。ボールを見失う間に二塁走者・岸田がサヨナラのホームを踏んだ。
延長12回の末、天理サヨナラ勝ち。青森山田も強豪相手に互角の戦いはお見事です。

 ◇第1日第1試合 天理×青森山田(2時間51分、観衆30000)

101112
青森山田2001000000003100
天 理000003000001x4130

日刊スポーツより。
 平成生まれの球児甲子園初出場/高校野球
今年の1年生は、1988年~1989年に生まれた世代。なので、89年になってから生まれた選手は、ほとんど「平成生まれ」ということに。いやはや、ついにそんな時代になりましたか。(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.06

どこまで伸びる?7連勝(こうさぎ)

きのうkimasukeが、社長みたいな激論しなかったー。


*このエントリは、こうさぎの「kimasuke」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.05

ホッとしましたよ。

札幌から無事に帰ってまいりました。つげさんです。
近所のスーパーで軽くお昼ご飯を買って帰ってきて
午後0:20、テレビをつけると…MLB中継!?

…全然、新聞読んでなかったので知りませんでした。(笑)

普段より5分遅れでの開始に
「バニラムードの演奏がカットされちゃうんじゃ?」と
心配しましたが、ギリギリのところでカットされずに済んだようです。
盆栽のところで、Emileeさんがバイオリンを構えてるのが映ったんで「お、やるのかな?」とは思ったんだけど、時間的に大丈夫かなぁ…?と思ってハラハラしてました。(^^;;;

その分、最後のスーパーダッチのところが、
かなり大急ぎになった感があったですけどね。

ところで。きょうのメロディ・フェアという曲、
聴いた事があるような気はするんだけど、
「これだ!」というのが、いまいち思い出せません…。

あと、きのうは、
野球が始まるまでは暇だったので、札幌の街中をぶらぶら。
「ふれあいホール」を、なんと札幌放送局のロビーのテレビで見た。(笑) おじいちゃんが何人かいて、展示されているハイビジョンテレビを見たりしてました。「ふれあいホール」を見てる方もいました。その後は、NHKの映像ライブラリーで、「連想ゲーム」と「NHKスペシャル―阪神を変えた男・星野仙一」を鑑賞。

…そしたら、けさのスポーツ紙で「渡辺文雄さん死去」のニュースが。
正直、ビックリしました。偶然ってあるもんなんだなぁ…と。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.08.03

また、やっちまったぜ。

札幌Dのスコアボード横に、他球場の経過が出るんですが。

   「ヤクルト3-9巨人(4回)」…はぁ、またかよ。(涙)

ただでさえ、岩隈相手に中盤まで手も足も出ず…でガックリ来てたのに、
これでガックリ度倍増。試合観戦しながら気持ちはかなーり落ち込んだ。
こないだまでの7連勝は、この「オチ」につながる壮大なる前フリだったのか。

巨12-3ヤ(巨人13勝4敗)。アホくさくて、スコアボードをつける気すら起きん。(怒)
ここで言うスコアボードは、他のエントリについてる勝ちチームをピンクで表示するアレ。

およよさんのRookie's BARより。

先発:マウンス 対讀賣戦0勝1敗 防御率47.25
対する讀賣上原 対燕戦4勝0敗  防御率3.19

なんか試合前からいやーな予感が的中(怒)
日刊スポーツのスコア速報によると、試合終了時点で、マウンスのG戦対戦防御率は46.29。これでも1点近く下がっているんだぜ…って、このバカチンがぁ!(^^;;;

| | コメント (1) | トラックバック (1)

札幌に行ってきます。

はむすぽにも書きましたが、
また札幌Dに野球観戦に行くよ。3・4日の北海道日本ハム×大阪近鉄戦。野球ファンとして、今年の近鉄戦は一度は見ておかないといけないような気がしたので。

偶然にも、3日にはファイターズ選手会主催の署名活動が予定されてるし、そちらにも協力したいと思います。時間とかが不明なので、ちゃんと署名できるかどうかわかりませんが、頑張ってきます。

その他、野球以外でやりたいこと・行きたいところ。
 ・先日、リニューアルオープンしたばかりの札幌ロフト見学。
 大学時代、札幌近郊に住んでいた頃は、ちょこちょこ行ってました。

 ・どさんこワイド212で紹介していた駅前通にある安いイタリアン。
 札幌に行かないと食べられないものを求めて。

 ・スピカで開催中の恐竜王国
 これは、時間が余れば行きたいな…程度ですが。

前回の観戦旅行で羊ヶ丘展望台の「日ハム選手の手形」は見たし、
クラーク博士の紙芝居も見てしまったので、そろそろネタ切れか。(^^;;;

なんだか、STV関連の行き先が多いですが、決して回し者ではない。(笑)
スピカだって、本当は「カレー博」とかやってる時に行きたかったんだ。
けど、カレー食べる為だけに札幌に行くのもバカみたいだし、
カレー博は去年も今年も2月開催だから、野球とは全く縁遠い季節だし。

とりあえず、今回の旅行が終わったら、
来季の開幕までは、ひたすら貯金モードに入ります。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.02

スーパーキッズ大集合

今週は「スーパーキッズ大集合!」。
夏休みということで、すごい技を持つ子供達が続々登場です。

☆スケボー少年
 中山秀征とチックタック(小刻みに左右に揺らしながら前に進む)勝負。中山が前にも進めず苦悶する中、涼しい顔でゴール。「慣れれば大丈夫」

☆なにわのジャグラー姉妹
 技も笑顔も手馴れたもの。丸筒上に台を乗せ、その上でジャグリング。見事なバランス感覚。大一輪車に乗ってのジャグリングもなんとか成功。

 挑戦状「一緒にりんごを食べてください」―お手玉3つのうち、1つがりんごでジャグリングしながら一口、二口…とかじっていく。山田花子には「落としたら大変だから」と作り物のりんご(?)が渡されたが、うまく行かずにお手玉にかぶりつく。(笑) 「できるか!」と逆切れキャラ炸裂。

バニラムード、きょうの曲は「学園天国」。
 この曲を聴いて、真っ先にキョンキョンが浮かぶ私は、三十路に到達しましたが、まだまだ若いつもりです。(笑) きょうの衣装は、4人ともお揃いの鯨の絵が入ったTシャツ。色はEmilee=黄緑、Yui、Keiko=黒、Mariko=赤…と、それぞれ色違いだ。今日はなにか「鯨」関連の記念日だったか?(^^;;; 曲調はさながらオーケストラ風。

☆山上兄弟
 後半は山上兄弟ショー。HPを見ると、「日本のハリーポッター」というキャッチコピーがついている。彼らは既にプロのマジシャンだし、前半のスーパーキッズと並列するのはちょっと違うような気もしないではない。マジックのテクニックはさすが。驚いたのは、膨らませたばかりの風船の中から鳩が出たやつ。一体、鳩はどこに潜んでいたんだろう。

ゲスト、客席から選ばれた親子と一緒に「催眠術」の実演。
 「大人にだけかかる」というその催眠術は、「てじなーにゃ!」というかわいい掛け声とともにかけられた。山上兄弟や客席の子供には簡単に持ち上げられる小道具のかばんが、大人にやらせると「重い、重い」というばかりで全く持ち上がらない。こんなことってあるのかね? さすがに、どこかにタネがあるんだろうが、全く思い浮かばない。ゲストの2人はともかく、客席のお母さんが演技をしているわけもなく、改めてすごい。

最後に。簡単に出来るマジックを1つ紹介。
 結び目を作ったロープを筒に入れ、おまじないをかけ、ひもを引っ張り出すと、結び目が解けて元に戻っている…というものだ。タネはごくごく簡単で、何の仕掛けもないように見えた筒の後ろに小さな穴が開いてて、そこに人差し指を入れて、ひもを引っ張り出す際に指にひもを引っ掛けておくことで、自然と結び目が解ける…という仕組み。
 プレゼント人形を持つMarikoさん以外の3人が挑戦。しっかり出来た。

ところで。活動弁士の山崎バニラという人が登場していたが、あの異様な声の高さは非常にインパクトがある。Yahoo!で調べると、どうやら声優さんとしても活躍されている模様。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

朝まで生テレビ。(3)

今回は、ライブドア・堀江社長の主張について。
日拓(1973年に東映を買収したが、わずか1年で売却)とウチを比べないでほしい。ウチは上場企業で何年もちゃんとやっていける財務状況であると、東証からお墨付きをもらっている。そう簡単には潰れない。

球団経営の3つの柱
  • 市民球団運営=「みんなの球団」の実現 球団株式とストックオプション
  • IT活用=顧客データベースとインターネット
  • 成功事例の導入=国内外におけるプロスポーツから
地域密着…経営を立て直すまでは我々がやるが、その後は株式の一定パーセンテージを譲渡、ファン・選手・フロントなど利害関係者に持ってもらう→本当の意味の公共財
・上場企業になれば自力で資金調達が可能→永続性

ITの活用→阪神の携帯会員(20万人)への試合配信や、プロバイダ会員への無料試合配信を例示。

野球は日本人の文化であり、重要コンテンツ。これまではテレビ放映が前提だったが、これからはスタジアムに足を運んでもらうことで収益が得られるビジネスモデルを作っていく必要がある。
テレビ放映権料も大事だが、それ以外で儲けて黒字を作るような筋肉質な体質を作るべきだ。

広瀬さん。ネット関連企業は、ネット上だけでなく、スポーツなどの本当に人が集まることに魅力を感じているから、(自前の球団を)本当に欲しい。見栄とかではなく、本当に儲かる仕組みを作る自信もあると思う。逆に、それが見えているから、彼(堀江さん)に売らないんじゃないかと勘ぐっている。
それ(堀江さんの格好)について、実はどちらかというと三宅さんにシンパシーを感じる。新規に参入しようとしているけど、(プロ野球界は)トラディショナルな産業だから、そこはもう少し気をつけたほうがいい。違和感はある。

ヨネスケ。今の話を聞いていると、野球ファンとしては、一度それで立て直してみてほしいな…という気はある。(それでダメだったら諦めるけど…とも言っていたが)

栗山さん。今回のことで「野球=損をする」というイメージが出来てしまったが、堀江さんが手を挙げてくれたことで、若い世代が可能性…。(堀江さん、若者vs上の世代という対抗軸も出来て面白いと思いますよ)

二宮さん。名前は言わないが、いろいろな球団の社長や幹部から電話がかかってくる。「斜陽産業だと思っていたところに、IT企業が入ってくるのか…」と、みんな喜んでいる。だが、それを表(オーナー会議など)では言えない。

広瀬さん。大学で「スポーツビジネス」や「スポーツマーケティング」といったものを出すと人が集まる。若い人には、そういうことに携わりたいという人が多い。昨年、「スポーツマネジメントスクール」を立ち上げたが、50人定員のところに87人も集まった。名前は言えないが、球界の錚々たる方も来てた。門戸を開けば「やらせて!」という人は出てくる。

オリックスがGMを公募した際、ビックリしたのは「中村(勝広)GMと公募GMの2人体制」とされていたこと。それではGMではない。オリックスの人は、ゼネラルマネジメントをわかっていない。

二宮さん。Jリーグで、横浜Mと横浜Fが合併した際、このような悲劇は二度と繰り返すまいと、財務諸表を全て洗いなおした。ところが、野球は「ドラフトの裏金」といった話が公然と出てくる。その選手が活躍すればいいが、ほとんどは「どぶに捨てちゃった」などと平気で言う。余計なコストの削減を考えなくてはいけない。

ヨネスケ。逆指名をした選手はFAできないようにする…とか考えないと。最初に逆指名で好きな球団に入った選手が、何年かたってまたFAで他のチームに行く…というのはちょっとひどい。

東尾さんの「これだけ大騒ぎになれば、(FAやドラフトの)制度はいい方に変わっていきますよ」という発言を受けて古田選手会長。お金を持ってる球団の方は自由競争のほうがいい選手が獲れるから、それを守りたいとおっしゃるし…。
田原「選手会とオーナーが話し合った方がいい。そういうことがあれば、結果はどうなるかわからないが、国民は納得すると思う。三宅さん、(ナベツネに)言って下さいよ」
三宅氏「それは言いますよ」

本当に言ってくれるかどうかはわかりません。言ったところで、ナベツネが急に心変わりをするとも思えないけれど、そういう発言を取り付けたことには意義があるのかな…と。
いろんな方にトラバ頂いて、ありがとうございます。
一個一個にコメントする時間的余裕がないのですが、トラバ頂いた記事は読んでます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.08.01

ちょっと一休み。

うーーん。五十嵐はかなり疲労がたまってたんだと思いますよ。
あと1人まで行きながら、惜しくも8連勝ならず。最後は川相の移籍後初サヨナラ打。

お立ち台での、ベテランらしいしっかりした口調での受け答えにかなり好感。
巨人から中日に移籍する流れの中でいろんなことがあったけど、中日ファンに恩返しがができてよかったですね。

 ◇中日×ヤクルト17回戦(ヤクルト9勝8敗、ナゴヤD・36000)

1011
ヤクルト110100000003111
中 日10010000101x4100
(ヤ)藤井―石井―ゴンザレス五十嵐亮―●山本(1勝2敗)=古田
(中)長峰―久本―朝倉―高橋聡―岩瀬―○バルデス(1勝0敗1S)=柳沢・谷繁

長峰を早々にKOしたが、5回から登板した朝倉を攻略し切れなかったのが、この結果につながった。
それにしても、一塁マーチンの守備はお粗末にすぎる。チーム失策は「1」(土橋)だが、これは明らかにマーチンの捕球ミス。立浪の内野安打もそうだし。打つほうはともかくとしても、これでは終盤の緊迫した場面では怖くて使えない。

ま、負けたのは悔しいけど、ここは一つ「一休み」ということで、
あしたはしっかり休養を取ってもらって、火曜日からの巨人戦に臨んでもらいたい。
中日川相サヨナラ打がナゴヤドーム初安打(日刊スポ)
「選手の気持ちとファンの皆さんの気持ちがつながった。僕もここに立って、中日ファンにあいさつしたかった。最後まで残ってくれてありがとう!」

この日は2回に柳沢が死球を受けて退場。ベンチには腰痛を抱える谷繁以外に捕手がいない緊急事態。イニングの合間に投手の球を受ける捕手を買って出たのも川相だ。
「できることは何でもやろうと思っている。いろんな役割をする人がいるんだ」
…こういうベテランのいるチームは強いですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »