« なでしこジャパン、強豪相手に大きな1勝! | トップページ | [夏の甲子園]第6日 »

2004.08.12

[夏の甲子園]雨さえ降らなければ。

昨年の夏、8-0と大量リードを奪いながら雨に泣いた駒大苫小牧。
今年、リベンジの夏。甲子園は快晴。素晴らしいコンディションで試合が出来る。
先発・岩田は8回まで毎回の11奪三振。1点先制を許した直後、沢井の2ランで逆転!
7本の長打を含む15安打を放ち、佐世保実を圧倒。9回表、勝ち急いだか3連続四球でピンチを招いたが代わった鈴木が後続を3者連続三振に打ち取った。
駒大苫小牧は夏初勝利。北海道勢にとって夏50勝目となる節目の勝利だった。

3回戦の相手は、なんと日大三高。PLに打ち勝った強豪。どこまで食い下がれるか…。

 ◇第6日第1試合 佐世保実×駒大苫小牧(2時間00分、観衆8000)

佐世保実001100010362
駒大苫小牧00211021X7150
HR:村田(大会15号・1) 沢井(大会16号・2)
きのう、なでしこジャパンを見て寝たのが午前3時前。きょう起きたのが7時45分。
随分、ハードスケジュールだこと。(笑) そして、懲りずに夜勤中にサッカーを見るんだ。患者がいなければ…だけど。

|

« なでしこジャパン、強豪相手に大きな1勝! | トップページ | [夏の甲子園]第6日 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/1178139

この記事へのトラックバック一覧です: [夏の甲子園]雨さえ降らなければ。:

« なでしこジャパン、強豪相手に大きな1勝! | トップページ | [夏の甲子園]第6日 »