« [夏の甲子園]準々決勝組み合わせ | トップページ | 天下の大読売巨人軍様にコケにされる日々 »

2004.08.17

[五輪]宇津木ジャパン、大ピンチ!

さすがの松岡修造も言葉を失うほどの衝撃。
日本、また負けた。これで3敗目。上位4チームが進出の決勝トーナメントに進むには、もうマジマジで1敗も出来ない状況だ。

前回のシドニーで見たときは、もっと強かった気がするんだけどなぁ。
とにかく打てません。肝心なところで打てません。満塁のチャンスを作っても点が入りません。こんなチーム、どこかで見たことがあるような気がします。(^^;;;

 ◇ソフトボール・予選リーグ/日本×カナダ

Canada00000001112
Japan00000000031


その他の競技。
柔道、女子63kg級の谷本が3試合オール一本勝ちで準決勝進出だ。2・3回戦は開始わずか15秒、17秒での一本勝ち。この「瞬殺」ぶりは、メダルの匂いがプンプンする。
男子81kg級の塘内は初戦敗退。敗者復活戦も敗れ、メダルならず。初戦を見る限り、塘内はまったく自分の柔道が出来ず、相手のロシア選手の方が格上のような印象。

競泳。北島が200m平泳ぎ予選に登場。全体2位のタイムで準決勝進出。全体1位はハンガリーの伏兵、ダニエル・ジュルタ。予選ではあるが、あのハンセンに1秒以上もの差をつけている。要注意か?

卓球。女子シングルス3回戦。福原愛がガオ・ジュンをストレートで下し4回戦へ。

|

« [夏の甲子園]準々決勝組み合わせ | トップページ | 天下の大読売巨人軍様にコケにされる日々 »

アテネ五輪」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/1215180

この記事へのトラックバック一覧です: [五輪]宇津木ジャパン、大ピンチ!:

« [夏の甲子園]準々決勝組み合わせ | トップページ | 天下の大読売巨人軍様にコケにされる日々 »