« [五輪]女子レスリング2階級制覇! | トップページ | [五輪]オーストラリアに雪辱ならず »

2004.08.24

[五輪]レスリング感想続き

個人的なことを言わせていただくならば。女子レスリングの中継で、決勝とか3位決定戦の前に、日本選手は出てこない5・6位決定戦っていうのをやってましたよね。それを見ながら、すっかり寝ちゃってたらしいんです。で、ふと気づくと伊調千春の決勝が既に終わっちゃってたんです。

で、惜しくも敗れたけど立派な銀!とか言ってるので、
「あれ、負けちゃったの? 準決はあんなに強かったのに…」としばし呆気に取られた。
他の階級の試合もあるので、伊調千春の試合のVTRがなかなか流れなかったしね。
なので、しばし事態を飲み込めずにいました。


朝になって、ズームイン!SUPERで、中京テレビさん取材による「伊調姉妹の軌跡」を見ました。
試合直後の伊調千春の「また銀か」というコメントが、2年前の世界選手権の決勝で敗れて銀で終わったことにかかっていることを知った。その際、落ち込んだ千春を妹・馨が励まし、再び五輪を目指して歩み始めた…ということも。このドキュメントを見た上で、伊調馨の金メダル獲得時の満面の笑み、インタビュー、そして涙を思い起こすと、その意味するところが一段とよく分かりました。姉妹がお互いに協力し励ましあいながらつかんだメダル。姉妹で「金」は獲れなかったけど、素晴らしいと思います。
で、目が覚めた後は吉田、伊調馨、浜口の3決と立て続けに勝利!
伊調千春の決勝の試合のこと(2-1のまま終了し延長に突入)を後になって知り、彼女の決勝の時だけ寝ちゃってた自分を、かなり責めました。
自分がちゃんと応援してたら、あと1ポイントくらいは取れたかもしれない…とか思って。

浜口や吉田が、試合後のインタビューで「日本からの応援もしっかり伝わっていた」って言ってたし。
そんなことを思わせるほど、伊調千春の試合後のインタビューの表情は険しかった。

それにしても、女子レスリング4人のコメントやパフォーマンスは面白いものが随所に。

伊調馨(準決勝にて):(アナ:相手に1ポイントも与えませんでしたね?)
「ポイントを与えると、外人は調子に乗るので…

吉田(金メダル後のインタビュー)「オリンピックの金メダルだけが家になかったので、これで全部揃いました。」

[写真]女子レスリング55キロ、吉田が金メダル(ロイター=Yahoo!スポーツ)
 写真は、勝利を決めた後、栄監督を肩車する吉田。選手が監督を肩車するなんて前代未聞です。(笑)
[写真]女子レスリング63キロ、妹の伊調馨が金メダル(ロイター=Yahoo!スポーツ)
[写真]うれし泣きの伊調馨(時事通信=Yahoo!スポーツ)
 写真は試合終了直後のガッツポーズと、メダル授与式後の涙の伊調馨。
yosidabakuten.jpg hamaguti.jpg

(左)金メダル決定後、マット上で歓喜のバック転を見せる吉田。
(右)3位決定戦で勝ち、喜びを表す浜口。(共同=スポニチ)

|

« [五輪]女子レスリング2階級制覇! | トップページ | [五輪]オーストラリアに雪辱ならず »

アテネ五輪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/1267577

この記事へのトラックバック一覧です: [五輪]レスリング感想続き:

« [五輪]女子レスリング2階級制覇! | トップページ | [五輪]オーストラリアに雪辱ならず »