« 野球のない週末。 | トップページ | 各紙の社説を読んでみよう3 »

2004.09.19

社説を読んでみよう2&根来の最後っ屁

まさか「2」をやるはめになるとは思いませんでしたが。(^^;;;

きのうの読売社説については、
多くのブロガーさんが怒りをぶちまけてましたね。
あそこまで偏った主張の文章を「社説」として掲載するなんてね。

そして、きょうの一面には「根来コミッショナー単独インタビュー」が。
あんなお飾りの人のインタビューを、しかも一面のトップに掲載するなんて、
さすが読売。(笑) ある意味、頭が下がります。

内容に関しては、こことかここを見てくださいよ。
「もう辞める」って言ってるやつの話なんか聞いて、何の意味があるのかしら。

[問1] 上記リンク先のコミッショナーインタビューをよく読み、その要旨を10文字以内にまとめよ。

 [解答] 俺は何にも悪くない。 (10文字)
 [別解] 俺の味方は読売だけだ (10文字)

結局、俺は何にも悪くないって言ってるだけなんですよ。このインタビュー。
選手会が悪い、近鉄が悪い…などなど。見苦しいにも程があるね。
そんなヘタレ記事を一面トップにする読売もまたヘタレなんですよね。

そして社説ですね。

■ [プロ野球スト]「何が選手たちの真の望みなのか」

不毛なストに突入した。

「来季から(球団を)増やす」「最大限努力する」。この文言を選手会は合意文書に入れたがった。

経営側は、これでは来季に十二球団の態勢で臨むことが前提となってしまい、「新規参入球団の公正な審査にタガをはめてしまう」と、受け入れなかった。

新規参入を目指す球団の「審査」は、慎重の上にも慎重を期す必要がある。

選手会の希望で“密室”の中、続けられた交渉は、時間切れ寸前に一度合意に近づいた。新規参入について「最大限誠意をもって審査する」という妥協案だった。だが、「二〇〇五年」の挿入にこだわる選手会の弁護士と一握りの選手によって、議論は振り出しに戻った。

選手一人一人に聞いてみたい。来季、絶対にパが六球団でないとダメなのか。それが実現しない限り、ストを続けるつもりなのか、と。

交渉の後、横浜の三浦大輔選手が言っていた。「子供たちが将来、野球をやりたいと思うようにしていかないと」。同感だ。プロ選手が実現した夢を、野球少年たちにも追いかけてほしい。

だからこそ、試合を拒む選手の背中など、子供たちに見せたくないのだ。

いやはや、もういい加減にせいよと。
読売新聞の記者の方は、日本語の解釈から勉強しなおした方がいい。
選手会は「最大限努力してほしい」と言っただけで、必ず新球団を入れろ!と
言ってるわけではない。それは、スト決定の会見時に古田会長も明言している。
新球団を入れてもらえればベストだが、経営側が本気になって最大限の努力をして、
キチンとした審査が行われて「この企業は、これこれこういうところに問題があったのでダメですよ」というはっきりした根拠と説明が示されれば、それは納得せざるを得ないと思うんですよ。
選手会だって、当初の主張からはかなり歩み寄ってるわけですから。
それを棚に上げ、「合意できそうだったのに選手会が握りつぶした」的な物言いは
ちょっと、いかがなものか…と思いますよ。

[問2] 9月19日付け読売新聞社説に掲げられた疑問について、選手会側の立場に立って答えよ。

 (1) 来季、絶対にパが6球団でないとダメなのか?
 (2) それが実現しない限り、ストを続けるつもりなのか?

これについては、皆さんの解答を募集してみようと思います。
コメントやトラバなどでどうぞ。

最後に一つだけ。選手達は別に試合を拒んでいるわけではない。皆、試合はやりたい。
けれど。将来の球界の発展を思い、断腸の思いでストに踏み切った。
ストは回避されたけど、5年後にプロ野球は破綻していました…というよりは、
全然マシだと思うんですけどね。


18:05追記。ブログを読み漁るうち、きょうの日経がすごいことを知りました。
春秋(9/19)…朝日新聞における「天声人語」のようなものでしょうか。
▼今回のストで得るものがあったとすれば、根来泰周コミッショナーが、ストを機に辞任することかもしれない。紛争の調停役が大事な場面ですたこらさっさ、第三の人生に転じるという。行司不在で紛争が泥沼化するという指摘もあるが、なに、今までだって不在みたいなものでは……。

▼…コミッショナーの辞任は、形式上はプロ野球組織にとって一大事のはず。緊急オーナー会議を招集しなくていいのだろうか。

根来のやつ、既に次の就職先が決まってるそうですね。
なぜ、自分のことだけはこんなに迅速に対応できるんでしょうか?(笑)

そして。きょうの日経の社説。
■ 来季からの新規参入を認めるべきだ

選手会側が要求した「来季からの新規参入」がなぜ認められないのか、日本プロ野球組織(NPB)と球団側が明確な説明をしない限り、ファンも納得しないだろう。

不可解なのはNPB・球団側の対応である。新規参入を妨げていた加盟料60億円、参加料30億円を撤廃し、新たに保証金制度を導入して新規参入を促すとしながら、選手会側が求めた「来季からの新規参入」を「審査に時間がかかる」という理由で拒否したのは説得力に乏しい。

はじめから「来年はダメ」と決めつけるのはおかしい。表向きは新規参入を促す制度に変えて、実際は審査の段階で新規参入を排除するようなことがあってはならない。

新規参入を意図的に妨げ、当該球団の意思を無視した強引な合併で球団数を減らすような不透明なやり方は好ましくない。NPB・球団側はファンの視線を意識し、公明正大な手法でプロ野球の改革に取り組むべきである。

そうだ。その通りだ。

|

« 野球のない週末。 | トップページ | 各紙の社説を読んでみよう3 »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
僕は絶対6にすべきだと思うし、それまでストを続けるべきだと思いますよ。

だいたい、ライブドアが手をあげた時点で、「新規参入」のための基準を作って、正々堂々落とすなり、なんなりすべきなんですよ。
それを怠ってた時点で、運営者として失格だと思います。
「ナベツネさんのいうとおりにしてればいい」と思ってたから、なんもしてないんでしょ。

極論すれば、1年で放り投げても、球団がなくなるよりはずっといいと思ってる人は多いと思います。
「死」か「延命」かということですよ。

ヤル気がないのに仕方なく持ってる会社より、1年でも2年でも一生懸命やってくれるほうがいいに決まってる。

投稿: しけたろう | 2004.09.19 17:52

実にイイ感じですね、読売新聞。
この調子で頑張って、部数を減らしていただきたいと思います。
そうすれば、経営陣も替わるでしょうから。

投稿: Copland | 2004.09.19 20:02

TBありがとうごじました。
ブログ界だけ見てると、
もう雌雄は決しているんですけどねぇ…。
根来10文字は、
「退職金はいくら出る?」
かと思いました(笑)

投稿: torao | 2004.09.19 23:43

宿題提出します。
問1.5チームでやったら収益は悪化するし、運営上も問題が多い。1リーグ、球界縮小へ進むためだけの選択なのでやっぱだめですよね~。しかしその決定を子供にどう説明するの?
問2.明らかに野球という文化を廃れる方向へ持っていこうとする権力に対して出来る、もっとも平和的で唯一ともいえる手段が選手のストライキなので、痛みが伴うが勝ち取るまで続けざるを得ない。将来最悪の事態を迎えるよりかはマシだから。

ところで一日たって日経の極端な変わり様はなんだろう…。
いつも経営者サイドの論調ばかりだったのに。

投稿: うし | 2004.09.20 00:29

どうもです、つげさん。
この度の一件、どう見ても経営者側に分がないように思いますね〜。
もうちょっと現実を見つめて素直になって欲しいです。
今までやってきたやりかたで運営が行き詰まってしまったんですから
また新たな方向で・・と考えるのが、経営者さん本来のお仕事だと思うんですけどね〜・・。
ま、それができなくなっちゃったほど頭が硬くなっちゃったってコトでしょうか?
まずは選手ファン側の要求に譲歩してくれないと、らちが明かないですね。

投稿: ネイキッドman | 2004.09.20 06:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/1472072

この記事へのトラックバック一覧です: 社説を読んでみよう2&根来の最後っ屁:

» 評することすらアホらしい、読売の社説 [So What ?!]
既に多くのBLOGでも取り上げられている読売新聞の社説。 昨日に引き続き、懲りもせず今日もやっている。 ここに引用して掲載するのも嫌になる程の幼稚かつ露骨な... [続きを読む]

受信: 2004.09.19 19:47

» スト、その後。 [On The Road]
あんな疑問、こんな疑問。 [続きを読む]

受信: 2004.09.19 20:25

» ひどいな。これでも、新聞の社説かい? 読売社説に怒る [がんばれ!フルタくん  (緊急・期間限定版)]
昨18日の社説は、読んでいなかったが、いくつかのブログに反論や批評が載っていたので、今になって読み始めた。そして、今日。19日の社説。 (2004/9/19/... [続きを読む]

受信: 2004.09.19 21:03

» 選手会、そしてプロ野球の未来を応援するために [ゆびとま]
前回と前々回のエントリ、古田の涙とそうだ プロ野球へ行こうで、選手会のために「何 [続きを読む]

受信: 2004.09.20 06:43

» 読売社説の読み方 [一撃必殺!一刀両断・改]
 読売新聞が社説でプロ野球のスト問題に触れるようになって今日で3日目。  相変わ [続きを読む]

受信: 2004.09.20 12:33

» 人の言葉で「主張」する読売社説 [マジメにぼやいてみよう。]
今日も読売の社説にダメ出しをします。 [続きを読む]

受信: 2004.09.20 14:06

» 読売新聞が死んだ日 [カトラー:katolerのマーケティング言論]
日本プロ野球史上初めてのストライキが実施され、新聞各紙の日曜の朝刊には、その関連 [続きを読む]

受信: 2004.09.20 17:10

» [米国産牛肉]「輸入再開の条件は整っている」 by読売新聞社説 [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
ここはありがたいことに新聞記者さんも読んでくださっているのですが、社説って、新聞の顔ですよね?社説を読めばその新聞のレベルがわかる、と申しますよね? 読売新聞を読んでいたら、唸らせる社説がございましたので、その検証とともに米国牛の問題点の総ざらえをしてみることにしました。 ■5月27日付・読売社説(1)[米国産牛肉]「輸入再開の条件は整っている」 http://www.yomiuri.co.jp/editoria... [続きを読む]

受信: 2005.05.27 16:55

« 野球のない週末。 | トップページ | 各紙の社説を読んでみよう3 »