« 社説を読んでみよう2&根来の最後っ屁 | トップページ | 「奇跡」は起こすもの »

2004.09.20

各紙の社説を読んでみよう3

さて、きょうも読売の社説では「プロ野球スト」について取り上げてるよ。
あ、あと朝日の社説でも野球について取り上げてます。

■ [プロ野球スト]「球界の将来築く『着地点』を探れ」(読売新聞)

中途半端なシーズンの終わり方は、ファンの野球熱を冷ましてしまう。不毛なストの代償は、極めて大きい。

選手たちは、ウイークデーの試合は消化しながら、その一方で、ファンが最も注目する週末のゲームを“盾”に交渉に臨む。そんな形の交渉が、三週目に入る。

争点は、ほぼ絞られている。選手会側が求めるように、新規球団の参入を「来季」と特定するか、経営側が主張する「それ以降」とするか、である。

わずかな違いのようにも見えるが、双方とも「球界の将来」を考える上で譲れぬ一線、としている。着地点を見いだすのは容易ではない。

日本プロフェッショナル野球組織の根来泰周コミッショナーは、選手会がストを決める前日、労使交渉の場に、収拾へ向けたコミッショナー提案を示した。

経営側は、これを受け入れ、提案に沿った主張を団交の中で展開した。実施の時期を巡り、交渉は不調に終わったが、選手会側も直後の会見で、「非常に重い提案と考えている。ストをしたからといってなくならない」としている。

ストはだれにとってもマイナスでしかないことは、この二日間で、はっきりした。あとは着地点を探る作業だ。今度こそ、スト中止の決着を望みたい。
これを書いてる人(=ナベツネ?)は、2日連続で今回のストを「不毛だ」と断言したが、
私は、決してそうは思わないよ。ストすると言うまで、あんた方をはじめとする経営側はこっち(選手会やファン)の話を聞こうとすらしなかったでしょ。その一点だけを考えても、このストは「不毛」ではない。プロ野球の今後を考えれば、やむを得ないものだ。

全文はリンク先を参照してほしいのですが、
引用しなかった部分は、既に辞任表明したコミッショナーが苦し紛れに示した提案と
そのコミッショナーの単独インタビューの内容を焼き直しただけのものですので…。
それを必要以上に持ち上げる姿勢もどうかな…と思いましたが。

[問3] 下線部「球界の将来」について、プロ野球選手会とNPBが考える「球界の将来像」について簡潔にまとめよ。

 [解答]選手会側がセ・パ6球団以上を維持し、プロ野球を全国各地に広めていこうと考えているのに対し、NPB側は来季からの新規参入を認めずに時間稼ぎをする間に、経営難から球団運営に息詰まる企業が出てくることを暗に期待し、各球団が自分達の利益をより確保しやすいと一部のオーナーが考える「10球団ないしは8球団での1リーグ制」に移行せざるを得ない状況に持っていこうとしている。

…と、まあこんなところですかね。ちょっと簡潔じゃないかもですが。

そして、朝日の社説。IT企業が新規参入することから広がる3つの可能性。

■ プロ野球――夢を追っていこうよ(朝日新聞)

史上初のストライキでプロ野球のない週末がすぎた。さびしい思いをしたファンも多いだろう。だが、意外なほど落ち着いていたようにも見える。

それもそうかなと思う。ドーム球場が増えたために忘れがちだが、野球はもともと「野」で「球」を追うスポーツで、雨天中止がつきものだ。

中止で頭を冷やし、好結果を出す。今週の労使交渉は、そうなってほしい。

スト突入にまで至って、光も見えてきた。どこに問題があるかは労使ともわかった。あとは経営側が歩み寄って、門戸開放策などを実行することだ。

…ライブドアに続いて、同じインターネット業界の楽天が新球団設立に手をあげた。こうした動きは、少なくとも三つの点で可能性を広げるものだ。

まず、首都圏と関西に集中していた球団が分散する流れが加速する。すでにダイエーの福岡、日本ハムの札幌に、地域活性化の成功例がある。

次に野球とサッカーとの連携だ。楽天の社長はヴィッセル神戸も経営する。ライブドアもベガルタ仙台と連携する考えだ。全国中継の放映権の一括管理など、Jリーグの経験に学ぶことは多い。

三つめに、野球とインターネットの連動に目を向けたい。たとえばチケットを楽天やライブドアのサイトで買う。ネットで中継されれば、世界のどこでも日本の試合を見ることができる。

いささか楽天的すぎる未来図かもしれない。しかし、夢を売るのがプロスポーツだ。可能性があるのだから、早く歩み寄ってもらいたい。泥仕合になればファンからも見放される。

今回のストを「不毛」だと言ってのけ、経営側の主張におもねる事に終始する読売と、
新規球団参入により生まれるであろうメリットに言及し、経営側に歩み寄りを促す朝日。

スタンスの違いは明確ですね。

※ きのうの「社説~2」で書いた「問2」の解答はまだまだ募集してますよ。

|

« 社説を読んでみよう2&根来の最後っ屁 | トップページ | 「奇跡」は起こすもの »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

すいません、勝手にこちらのblogを紹介してしまいました。

それにしても、読売新聞。ここまであからさまだと逆に気持ちいいです。
ということで、私は今月で読売新聞打ち切ります(笑)

投稿: みやっち | 2004.09.20 14:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/1477011

この記事へのトラックバック一覧です: 各紙の社説を読んでみよう3:

» ライブドア、仙台を本拠地にプロ野球球団設立へ [Jリーグ100チームを目指して]
来期からのプロ野球への参入を目指しているライブドアは、 16日会見を開き、宮城県を保護地域とし、宮城県営球場を本拠地として、 日本プロ野球組織(NPB)に参... [続きを読む]

受信: 2004.09.20 10:39

» プロ野球スト [受験生の日記帳]
 ついにプロ野球がストに入ってしまいました。  ということで、テレビやラジオの土 [続きを読む]

受信: 2004.09.20 14:44

» プロ野球スト [受験生の日記帳]
 ついにプロ野球がストに入ってしまいました。  ということで、テレビやラジオの土 [続きを読む]

受信: 2004.11.02 06:33

« 社説を読んでみよう2&根来の最後っ屁 | トップページ | 「奇跡」は起こすもの »