« どうでしょう熱、系列を越える | トップページ | 中日に「M4」点灯 »

2004.09.24

各紙の社説を読んでみよう4

プロ野球労使交渉妥結、スト回避を受けて3大全国紙が社説を掲載。
このブログで続いた「社説を読んでみよう」シリーズも4回目にして完結か!?

まずは、それまでの社説でストを「不毛だ」と断罪したにもかかわらず、
選手会がストを打った途端にコロッと態度を変えた某ウサギさんチーム親会社の社説。

■ [スト問題収拾]「プロ野球再生に前向きの論議を」(読売新聞)

今度の土曜、日曜は、球場に球音とファンの大歓声が戻ってくる。喜ばしいことだ。

残念なのは、選手会も経営側も、それぞれプロ野球の将来を真剣に考えているのに、理解し合えなかったことだ。

ただ、NPBに、自分たちの主張を正しく選手たちに理解してもらい、ファンにもアピールする努力が不足していた感は否めない。それが「かたくなだ」といった批判を浴びる結果となり、最後は譲歩する形で妥結に至った。

今回の労使交渉は、球界関係者やファンだけでなく、ふだん野球にあまり関心を示さない人たちの注目も集めた。

プロ野球「再生」のためには、選手と経営側の“対決”ムードを払拭(ふっしょく)し、前向きな議論に転換する必要がある。

どうですか、この変貌ぶりは。(苦笑)
けど、まだ「ウチらも考えていたんだけど努力不足だった」というスタンスなのね。
本当に将来のことをしっかり考えていたんなら、
「たかが選手」の起こしたたった1度の「不毛なスト」で自説を180度曲げるような
企業経営者として恥ずかしい真似は出来ないんじゃないですか?
どうせ、目先の利益しか考えてなかったんだろ? つまらない言い訳はやめろ。

読売の社説なんか触れるのもイヤ!というブロガーさんも
かなりいらっしゃるようなので、ここで要旨だけでもつかんでいただければ。

次。

■ スト回避――「たかが選手」が動かした(朝日新聞)

背広とユニホームをとっかえひっかえして奮闘した古田選手会長には、本当にお疲れさま、と言いたい。

プロ野球初のストはファンの支持を得た。巨人の前オーナーに「たかが」とまで言われた選手たちの主張に人々はうなずき、その結束を後押しした。

経営側が折れるしかなかった。オリックスと近鉄の合併で球団を減らそうとしていた方針を変え、来季からの新規参入に前向きになった。

この君子豹変(ひょうへん)は評価する。経営側は、ぎりぎりのところで選手の信頼をつなぎとめたと考えたい。2日間のストによる減収は痛かったろう。しかし、選手やファンの声と向かい合った今度の経験は、それを埋めてなお余るのではないか。

ストの効果はストあけの試合内容にもあらわれた。すまなかったという気持ち、プロ野球の先行きに対する危機感、責任感で選手は気合が入っていた。

3位でもプレーオフを勝ち抜けば、日本シリーズに出られる。今季のパ・リーグがそんな制度を導入したときには、賛否両論があった。しかし、今の3位争いを見ると、成功だったかなと思う。

新しいことをやってみる。だめならすぐに改めればいい。そういうチャレンジ精神が大事だ。

新規参入が後味の悪い結果となれば、これまでの努力や歩み寄りに傷が付く。審査はオープンかつ公平におこなってほしい。

今の経営陣って「君子」…なのかなぁ?(^^;;; ま、いいんですけど。

■ プロ野球スト決着 雨降って球界の地固めよ(毎日新聞)

「雨降って地固まる、となってほしい」。記者会見の最後は近鉄球団の小林哲也社長の、この言葉で締めくくられた。

粘り強く交渉に当たった労使双方、とりわけ交渉の合間を縫って試合に出場し、プレーを続けた古田会長ら選手の努力を高く評価したい。

ほんの1週間前まで、新規球団の加入を「早くても再来年」にこだわった日本プロ野球組織(NPB)サイドのかたくなな姿勢が消え、選手会の要求に対して大幅に歩み寄った形だ。

たった1週間で、NPB側がこうも簡単に歩み寄ることができるなら、もっと早くすればよかったのにと思う半面、選手会が身を切る思いで行った18、19日のストが大きな意味を持ったことも実感できる。

ただし、合意書に書き込まれていない未解決の問題が残されたままである。

ペナントレースの最も大事な時期に失われた各チームの2試合をどう取り戻すのか。

ストを「台風」に置き換えれば解決法は容易に見つかるはずだ。流れた試合をそのまま放置して、不完全なペナントレースに終わらせてはならない。労使が合意したいまなら、代替試合の実施は、すぐにでも決め、実施すべきだ。

試合中止の原因が台風だと思えば、無用な議論も出てこない。雨天中止のとき、おてんとう様に損害賠償を求めたチームなど世界中どこにもないのだから。

今回は圧倒的に多数のファンが選手会を後押しした。だからといって、未来永劫(えいごう)にファンが選手会を支持するわけでもない。古田会長は会見で「今後も魅力あるプロ野球にするため、責任を感じながら野球をやっていきたい」と話した。コミッショナーにしたいほど心のこもった言葉に聞こえた。

全国3紙の中では、唯一「代替試合の開催の是非」について言及。
実施するのが理想だとは思うが、現実的な日程の問題を考えるとかなり厳しい。
特にパ・リーグ。プレーオフ第1ステージは10月1日から始まるのだ。
あと1週間しかない。この時点で「まだ検討中」とか言っているようではね。

…日本ハムファンとしての立場からすれば、
きょうのオリックス戦に勝って「プレーオフ決定!」と行ってほしいし、
選手もそのつもりでいると思います。ただ負けたら…どうしようかねぇ。

|

« どうでしょう熱、系列を越える | トップページ | 中日に「M4」点灯 »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/1509615

この記事へのトラックバック一覧です: 各紙の社説を読んでみよう4:

« どうでしょう熱、系列を越える | トップページ | 中日に「M4」点灯 »