« 気まぐれにアクセス解析 | トップページ | モブログテストもかねて »

2004.11.10

[日米野球]そこにある思い

 ◇日米野球第5戦(MLB4勝1敗、大阪D・46000)

MLB000000100140
NPB03000000X380
(米)●クレメンス―シールズ―ウィリス=エストラダ
(日)○岩隈―石井―五十嵐亮―S三瀬

42歳。これが現役最後の登板??と噂のクレメンス。
3失点したものの、予定の5回を投げた後、自ら志願して6イニング目のマウンドへ。
嶋に四球を与えたところで降板となったが、大阪Dに詰め掛けたファンの拍手に
帽子を取り手を振って応えていた。使っていたグラブを上原にプレゼント。

一方、大阪近鉄の選手としては最後の登板となる岩隈久志。
7回を投げ、強豪ひしめくMLB打線をわずか2安打1失点に封じる。
登板後のインタビュー、少し声が震えていたようにも聞こえた。
岩隈の好投のおかげで、NPBが2004年の日米野球初勝利。

勝利賞金1000万円は、新潟県中越地震の被災者への義援金として
全額寄付される
とのことです。(日刊スポのこちらの記事より)

岩隈、クレメンスの投げあいも見応えがあったが、きょうは、さながら日米足の競演。
きのうのエントリで、赤星の赤星による…という印象を書いたが、
実は我らが岩村もノリにのっている。
きょうは3打数2安打1四球。しかも2盗塁。あの赤星を抜きNPBトップの5盗塁。
打率も.429まで上がっている。将来のMLB入りへ絶好のアピール!?
かと思えば、MLB側もクロフォードが魅せてくれた。第3打席にヒットで出塁すると、
古田から、余裕で二盗・三盗を決め、岩隈のワイルドピッチで生還。
きょうのMLB唯一の得点は彼の俊足によって生み出されたものだ。

そんなわけで、きょうの試合は非常に見所たっぷり見応えたっぷりで
楽しめました。ヤクルト自慢のロケットボーイズも雪辱を果たせたようだし。


さて。私、あした札幌Dで行われる日米野球第6戦を見に行ってきます。
先日、少し書いていたチケットを落札できたんです。けさ、現物が届きました。
あすの先発は松坂ということで期待大。札幌だから、小笠原・横山も出番があるかも。

|

« 気まぐれにアクセス解析 | トップページ | モブログテストもかねて »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/1925798

この記事へのトラックバック一覧です: [日米野球]そこにある思い:

« 気まぐれにアクセス解析 | トップページ | モブログテストもかねて »