« うがが…。 | トップページ | ふれあいホール的10大ニュース(1) »

2004.12.28

過去記事で2004年を振り返る(プロ野球編)

今年もあと3日とちょっと。当ブログもそろそろ1年の締めくくり記事を始めようかと。
まずは「プロ野球編」。今季のペナント開幕とほぼ同時に始まった当ブログ。
トラバをもらった数の多かった(12月28日現在)記事で今年を振り返ってみよう。
 
1.新規参入は「楽天」に決定(11月2日)=TB28件
最初にお断りしておきますが、このブログが世間に認知されだすまでに
時間がかかっているため、どうしても2004年後期のニュースが多くなります。
個人的には「球団合併発表(6月13日)」あたりが1位なんですが…。

ともあれ、これでセ6・パ6の12球団が来季も維持されるわけですから、
それに関してはいい事だと思います。あくまで、それに関してだけですが。
  
2.選手会、スト決行を決断!(9月17日)=TB23件
なかなか労使交渉後の会見が始まらずヤキモキしましたが、
結局、最後の最後で折り合いがつかず交渉は決裂。
70年目を迎えたプロ野球の歴史上初のストライキ決行へ。

なんとか「来季から12球団で」と切望した選手会側に対し、
経営側が具体的かつ誠意ある回答を示せなかったことが交渉決裂の原因。
  
3.やっぱり、ファン無視ですか。(9月8日)=TB19件
この日行われたオーナー会議で「オリ・近」の合併を正式承認。
この時点では新規参入に名乗りをあげていたライブドアは経営側に全く相手にされず。
120万人ものファンの署名も、オーナーたちの前では全く無力だった…。

ランキングには出ないが、楽天が球界参入の意向を表明するのは9月15日
当時の私は
 経営者側から言わせれば「ライブドアがダメで楽天はOK」なはずはないでしょうし。
…と書いてますが、その後行われた2社による新規参入審査では
経営側の「ライブドア潰し」の意図が明確だった。アダルトサイトの一件などその典型。
  
3.[日本シリーズ第1戦]初戦から大変な事態に(10月16日)=TB19件
日本シリーズ第1戦で起こった審判団の不手際。
この日は家で試合を見ていて、なかなか再開されないのに業を煮やして
デジカメを持ち出して画面の写真を撮影して、記事をつけてアップしたもの。

この時の球審が「また橘高かよ!」だったことや
場を裁くべきコミッショナーが試合途中で球場を離れていたことなども記憶に新しい。
  
5.あの一場が出来ちゃった婚。厚顔無恥というか何というか(12月24日)=TB18件
球界再編問題や日本シリーズに混じって、お騒がせ男・一場がランクイン!!!!(笑)
私は見ていないが、会見では奥さんの写真を持ち出してデレデレしてたらしい。
裏金問題でオーナー3人辞めさせても全く反省の色を見せず、
謹慎中にもかかわらず、美人の奥さんとねんごろにしっぽりやっていた一場。
ほんと、ヤクルトも日本ハムもこいつにだけは負けるんじゃねぇぞ
  
6.岩隈、楽天入り決定。(12月23日)=TB17件
12月22日、ウミウシが岩隈の説得を断念。本人の希望通り楽天入りすることが決定。
両者の主張が平行線のままだったこともあり、こんなに急な決着は正直言って予想外。
翌日、スポーツ紙で該当記事を読んで大慌てで書いた記事。

ウミウシ球団が「超法規的措置」などという言葉を使って自らを正当化しているが、
そもそも「球団合併」自体が、法規も何もくそくらえ状態だったしね。
(同様にウミウシ入りを拒んだ)礒部はプロテクトしなかったのに、岩隈はプロテクト…という一貫性のなさも事態のこじれた大きな要因の一つ。
  
7.今週末はスト回避(9月10日)=TB15件
合併凍結について検討、新規参入の促進…などの項目について暫定合意。
選手会側は1週間後の返答を求めたが、結果的に満足な回答は得られず。
  
8.今週末のスト回避!(9月23日)=TB14件
7位と同じようなタイトルですが、この日の合意により以後のストは全て回避された。
「新規参入審査を速やかに行う」という条件をつけたことで参入容認の流れが明確に。

選手会長・古田が交渉終了後すぐにナゴヤDに駆けつけ代打で出場。
場内のファンから応援チームの別なく大きな拍手が送られた。
 
8.[日本シリーズ第7戦=西武7-2中日](10月25日)=TB12件
誤審騒動、台風による順延など、いろいろあった今年の日本シリーズ。
西武が中日を下し12年ぶりの日本一に。プレーオフ第1・第2S、日本シリーズ…と、
ポストシーズンすべてを最終戦まで戦い抜いての栄冠は見事である。
  
10.[日本シリーズ第6戦=西武4-2中日](10月24日)=TB11件
その第6戦。西武・松坂が8回134球を投げ切り、日本シリーズ初勝利。
西武が逆王手をかけ、第7戦へともつれ込んだ。
  
10.君は古田の涙を見たか?(9月18日)=TB11件
労使交渉決裂→スト決行…を受け、選手会長・古田がすぽると! に生出演。
番組に続々と寄せられた激励の声。「本当に申し訳ない」と涙する古田。
シーズン中の選手をここまで追い込んだ経営側の責任は極めて重い。

古田さんにはどれだけ感謝しても感謝し足りません。
おかげで、私達は来年も12球団でのペナントレースを見ることが出来ます。
  
番外.朝まで生テレビシリーズ(7月31日・8月2日)TB=8+3+1件
球界再編問題をテーマにした討論の内容を書き起こし。
結局、最後まで完結はしなかったんだけど、意外に反響大。

番外.社説を読んでみようシリーズ(9月18~20・24日)TB=8+7+3+0件
全国紙などが「スト決定」を受けて一斉に社説で球界再編問題を取り上げた。
自分の記録の意味もかねて、ネットなどで読み比べて気になる部分を掲載。
結果として、読売新聞の偏向ぶりとスト妥結後の豹変をあぶり出す事に成功。

…全体的なことを言うと、なんか私はテレ朝が嫌いみたいです。(^^;;;
正確に言うと、テレ朝の野球中継(と、その姿勢)が嫌みたいです。
過去記事を読み返していただくと、何かにつけて、テレ朝に対して怒っているのが
おわかりになるかと思います。たぶん、来年以降も怒っていると思います。(^^;;;

ともかく。来年のこの企画ではもっと楽しい記事をたくさん並べたいものですね。

|

« うがが…。 | トップページ | ふれあいホール的10大ニュース(1) »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

今日で私は仕事納め=ブログ更新もストップです。
自宅では子供が邪魔をするので^^;・・・。

今年プロ野球は本当に激動の年でしたね。
自分も新聞、ニュースにふりまわされて
しっぱなしでした。。。
来年はホント楽しく見たいー。

今年ブログを通じてつげちゃんさんの
記事を拝見できて本当に良かったと思います。
うならせる記事・同感させる記事たくさん
ありましたから。

また来年もこちらに遊びにきますね。
宜しくお願いいたします、

良いお年を!

投稿: およよ | 2004.12.28 17:11

>およよさま

こちらこそ、いろいろとありがとうございます。
ヤクルトファンのお仲間として、非常に心強かったですよ。

本編にも書きましたが、本当に来年はストだの合併だのではなく、野球そのものの面白さをお届けできるブログでありたいなぁ…と切に祈っています。

投稿: つげちゃん | 2004.12.29 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/2395812

この記事へのトラックバック一覧です: 過去記事で2004年を振り返る(プロ野球編):

» 2004年最後のエントリーです。皆様お世話になりました。 [阪神優勝、巨人最下位]
今年の2月からこのブログを始めて以来、 記事数:[339] コメント数:[802] トラックバック数:[2130] となりました。 ここまで続けてこれたのも、皆... [続きを読む]

受信: 2004.12.31 20:20

« うがが…。 | トップページ | ふれあいホール的10大ニュース(1) »