« ♪ お笑い三人組 | トップページ | あとは「勝ちグセ」をつけること »

2005.03.24

[センバツ]駒苫初戦、勝つには勝ったが…。

雨で順延されて仕切り直し。夏春連覇を目指す駒大苫小牧、なんとか初戦突破。
勝つには勝ったが、序盤のチャンスでミスが目立った。大量点も狙えたんだがね…。
その後は、戸畑の2番手投手・矢野にのらりくらりとかわされ、チャンスすら作れず。
戸畑の度重なるバント失敗などに助けられ、勝たせてもらった…という印象。

駒苫・田中投手のフィールディングは非常によかった。冷静な判断と正確な送球。
ほんの少しでもタイミングがずれていたら、勝敗の行方もどうなったかわからない。

 ◇第1日第1試合 戸畑×駒大苫小牧(1時間49分、11000)

戸畑000001000162
駒大苫小牧11000000X261
(戸)木下―矢野=片山
(駒)田中=小山
 ◇第1日第2試合 神戸国際大付×甲府工(1時間39分、18000)
甲府工000000100141
神戸国際大付00000004X471
(甲)三森=望月
(神)大西=桜井

…ということで、駒大苫小牧の2回戦の相手は神戸国際大付に決定。

 ◇第1日第3試合 慶応×関西(2時間41分=中断6分、18000)

関西1001013007130
慶応103000301x8141
(関)西所=平井
(慶)中林=高橋

第3試合は、強風と雨の中の死闘。
上記記事で紹介したヤクルトのオープン戦をテレビで観戦していたので、
こちらは本当に最後の最後の場面しか見られなかったが、ものすごくいい試合。
最後は慶応の代打・新谷の詰まらされた打球が、
サヨナラ防衛の前進守備を敷いていた関西守備陣の頭上をフラフラと越えていった…。

テレビ画面上で見る限り、ものすごい雨だったので「9回までで同点だったら、
再試合とかにしてあげた方がいいかもなぁ」…くらいに思ってたんですよね。
なんとか決着がついてよかったですよ…。

|

« ♪ お笑い三人組 | トップページ | あとは「勝ちグセ」をつけること »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/3418024

この記事へのトラックバック一覧です: [センバツ]駒苫初戦、勝つには勝ったが…。:

« ♪ お笑い三人組 | トップページ | あとは「勝ちグセ」をつけること »