« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005.05.31

[合併球団4回戦]ガトームソン初勝利&ゴンザレス復帰

スワローズが「使える外国人を見つける」ことに関しては12球団一であるということを
世の野球ファンにはぜひとも知っておいていただきたいのである。

 ◇合併球団×ヤクルト4回戦(2勝2敗/大阪D・15540)

Swallows 0 1 1 1 0 0 0 0 0 3 10 0
Buffaloes 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 5 0
(ヤ)○ガトームソン―ゴンザレス―[S]石井=古田
(合)●ケビン―吉川―菊地原―萩原=日高
HR:

【勝】ガトームソン 2試合1勝 【S】石井 23試合2勝11S 【敗】ケビン 10試合1勝7敗

正直なところ、来日してからもあまりいい評判は聞かなかったので、
私としてもかなり心配していたガトームソンだったわけですが…。
ニッカン式スコアで数字だけ見ると、6回1/3をわずか3安打に抑えている。
点を許した1回と7回以外は、すべて三者凡退。見事に内野ゴロの山を築いた模様。
そして、ゴンザレスがついに復帰。チーム事情から中継ぎで起用されるようだが、
ガトームソンが残したピンチを併殺で切り抜け、8回も三者凡退で片付けた。さすがだ。

打線は札幌での打ち疲れが出たのか、10安打でたった3点とイマイチだったが、
両外国人投手の素晴らしいピッチングで、前回負け越した合併球団相手に1つ雪辱。

| | コメント (7) | トラックバック (7)

2005.05.30

日ハム3連戦終わる。

…燕系&バニラ系ブロガーの皆様、大変お世話になっております。つげさんです。
さて、あしたから3日間。札幌D&円山で開催される日本ハムとの交流戦を生観戦。
この3日間は詳細な更新が出来なくなります。事前にお知らせしときますよ。

前回の神宮での日本ハム3連戦はヤクルトが圧倒しての3連勝。
あの頃は何から何まで全てヤクルト側にいい方に流れてました。
あれから半月、ちょっと調子が落ち目になってきたヤクルト。
そして、前回の3連敗のお返しをしようとしゃにむになって向かってくる日本ハム。
面白い試合が見られそうで、非常に楽しみです。

ヤクルトは、恐らくガトームソンの登板もあると思われる(日曜日?)ので、
実際にどんな感じの投手なのか、この目でじっくり見てみようと思っております。
 ⇒日曜日は館山が先発したため、ガトームソン登板は見られず。

3連戦試合結果。
 (金曜日:札幌D) Fs 6-1 Ys
 (土曜日:札幌円山) Fs 5-13 Ys
 (日曜日:札幌D) Fs 5-7 Ys

試合記事や写真つきレポなど随時アップしますのでお楽しみください。

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2005.05.29

[日本ハム6回戦]館山が…よもやの…。

5回二死まで館山が日本ハム打線をパーフェクト。
宮出の好守備も出たりして、手のひらに変な汗をかき始める。...((((((^_^;)

ま、さすがに小田に初安打を浴びてから失点してしまったんですが…。
その後は佐藤賢―吉川―石井という盤石な継投でファイターズの追撃をかわした。

 ◇北海道日本ハム×ヤクルト6回戦(ヤクルト5勝1敗/札幌D・23675)

Swallows 0 2 3 2 0 0 0 0 0 7 9 0
Fighters 0 0 0 0 2 3 0 0 0 5 7 0
(ヤ)○館山―佐藤賢―吉川―[S]石井=古田
(日)●正田―矢野―マイケル―横山=実松・高橋信
HR:ラミレス14号(3表=3ラン) 宮出4号(4表=2ラン) セギノール8号(6裏=2ラン)

【勝】館山 8試合3勝1敗 【S】石井 22試合2勝10S 【敗】正田 9試合2勝5敗

ラミちゃんの超特大3ラン。札幌Dレフトスタンドの上段くらいまで飛びました。
rami_daseki

rami_hr

gets
ナインの祝福を受け、(ちょっとボケてますが)例のポーズをテレビカメラの前で
決めているところです。球場で見ると、こういう感じなんですねぇ。(^^;;;

ハムスワハムレットシリーズはスワローズ2勝1敗で終了。投手力の差が如実に現れた感じですよ。やはり、先発がしっかり試合を作れれば、中継ぎ以降はすばらしいスタッフを擁していることもあり、安心して見ていられます。
きょうにしても、8回に石井が出てきた時点で、ある程度、展開が読めましたし。(^^;

やっぱり野球は投手力。
そして野球はツーアウトから。そんな思いを抱いた3連戦でした。


この日のヒーローは宮出くん。先制タイムリー&ダメ押し2ランで3打点。
hero_miyade

ちなみに、これ↓が宮出のHRボールをぶち当てた札幌学院大バルーン。
balloon2
金曜日の試合(⇒Fs応援してました…)の最中に撮影。
Fsサイドなのに、自前の傘を振っていた人がチラホラ。(応援もセ・パ交流)

ファイターズの選手がバルーンゾーンにHRを打ち込むと、
札幌学院大(実は我が母校)からお客さんに図書券がプレゼントされますが…。
相手チーム(スワローズ)の選手が当てても、はっきり言って何もありません。(^^;;;

…とはいえ、ネット裏指定席で観戦した私と友人は、あのバルーンが
「ボコン」とへこむところをしっかり目撃。貴重なシーンだったですよね。(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (2)

出来た #12316;(BlogPet)

わかはつげちゃんは凶プログラムされた!


お友達状態ですWindowsよりもやっぱりUNIXしなかった絶対はしんが、ネットでよかった凶夜たちが、紅茶ならちょっとこだわったりとかを並列しなかったと、しんが思ってるの。
*このエントリは、BlogPetの「しん」が書きました。


*このエントリは、BlogPetの「わか」がStory of NOONTIDEを読んで書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先発・館山

ハムスワハムレットシリーズ第3戦の行われる札幌ドームにおります。

スワローズ、きょうの先発は館山です。
ローテ順だとガトームソンでしたが…、どうやら飛ばされてしまった模様。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.28

[日本ハム5回戦]円山の風に乗って打線大爆発!!

in
円山球場につば九郎参上。雨が降らなくて本当によかったよ。

石川はあまり内容としてはよくありませんでした。1回のピンチで新庄をダブルプレーに取れたことで流れを引き寄せることが出来たかと。

 ◇北海道日本ハム×ヤクルト5回戦(ヤクルト4勝1敗/札幌円山・22526)

Swallows 1 1 3 3 0 0 3 2 0 13 19 2
Fighters 0 0 3 1 0 0 1 0 0 5 13 1
(ヤ)○石川―河端―五十嵐―石井=古田
(日)●江尻―岩本―佐々木―建山―吉崎=中嶋・実松
HR:岩村8号(4表=3ラン) 鈴木3号(8表=ソロ) ユウイチ2号(8表=ソロ)

【勝】石川 9試合4勝2敗 【敗】江尻 10試合4勝3敗

岩村の3ランは圧巻でした。円山球場の外野にあるトイレの屋根に当たりましたよ。あのトイレはスタンドのかなり奥の方にあるはずで、あそこまで飛ばすのは相当なもの。
toilet
岩村の打球が直撃したトイレ↑。試合開催時はかなり込み合います。

打ちも打ったり19安打13点。
思えば、私が大学時代にスワローズの試合を見に行った時は、ほとんど勝ち試合だった記憶があります。円山球場での5年ぶりの公式戦は、時折吹いていた心地いい風とともに、こうした過去のよいデータまでも呼び寄せてくれたようです。


円山はいい写真がたくさん撮れたので、どかどか出していきますよ。

下の[続きを読む]からどうぞ。怒涛の写真攻撃が始まります。(^^;;;

続きを読む "[日本ハム5回戦]円山の風に乗って打線大爆発!!"

| | コメント (2) | トラックバック (4)

円山球場です

外の風がすごく心地いいです。
ただ今、スワローズ打撃練習中。ラミ、岩村がいい打球を飛ばしてる。
050528_1120.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう並んでるわっ

今、ズムサタのお天気コーナーを見ました。
円山球場には既に多くのFsふぁんが列を作っております。外野席のファンだと思うけど、朝からテンション高いなぁ。...((((((^_^;)

ちなみに札幌は曇り。
久々の屋外球場での観戦。お日様の下で見たいですけどねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.27

なんだか不思議な試合です

1・2回の高井を見てたら、とても終盤まで続投できるとは思えなかったんですがねぇ。よく最後まで一人で投げ切りました。

ファイターズ先発の入来は、簡単にアウトを取ったかと思えば、突如として0‐3になる場面もあり、決して打てない印象ではなかったものの3回の満塁で畳み掛けられなかったのが響きました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.26

[西武2回戦]交流戦前半最後は打線爆発でした

ただいま夜勤中のつげさんです。仕事が終わり次第札幌に向かうわけですが…。
ちょっと暇なので、きょうの試合結果だけ更新しちゃいますね。

 ◇ヤクルト×西武2回戦(1勝1敗/神宮・13175)

Lions 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 6 0
Swallows 5 0 2 0 0 0 0 0 X 7 13 0
(西)●帆足―正津―山岸―許=細川・田原
(ヤ)○川島―吉川=米野
HR:土橋3号(1裏=3ラン) 宮出3号(3裏=2ラン) 和田9号(9表=2ラン)

【勝】川島 6試合4勝2敗 【敗】帆足 9試合4勝3敗

川島×帆足という先発予想を見たときには「投手戦かなぁ」と思いましたが…。(^^;;;
ヤクルトが1回裏に二死から5連打を浴びせて帆足からいきなり5点を奪う。
5連打の5本目がHRだったので非常に効率のよい攻め。
3回裏にも二死から宮出の2ランが出て7-0。理想的な試合運びだったようだ。

川島は8回まで危なげのない内容。
きのう2HRと大暴れしたおかわり君こと中村もヒット1本に抑えた。

9回は吉川が失点したものの、序盤の大量点に守られて快勝。2位がっちり。
交流戦前半戦を終えて11勝6敗(1雨)。戦前の予想をはるかに上回る好成績だ。

あすからは場所を札幌に移して日本ハムとの3連戦。しっかり楽しんできますよ。

| | コメント (5) | トラックバック (5)

2005.05.25

[西武1回戦]神宮におかわり旋風吹き荒れる

思わず一句詠んでしまいました。(^^;;;
それにしても、おかわり君はスゴいですな。初めての神宮球場で貫禄の2HR。
カブレラにもレフトポールを強烈にまいていくHRが飛び出して勝負あり。

松坂は9回完投、12奪三振。3試合連続2ケタ奪三振は自身初。被安打わずかに3。

 ◇ヤクルト×西武1回戦(西武1勝/神宮・14399)

Lions 1 0 0 0 0 2 0 1 0 4 8 0
Swallows 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 3 1
(西)○松坂=細川
(ヤ)●藤井―五十嵐―花田=米野・小野
HR:中村9号(1表=ソロ) 10号(6表=ソロ) 岩村7号(3裏=ソロ)
   カブレラ10号(6表=ソロ) 和田8号(8表=ソロ)

【勝】松坂 10試合4勝5敗 【敗】藤井 8試合2勝3敗

カブレラの2打席目のレフトへのヒットは、すごかったですよ。
あんな低めのワンバウンドしようかという球をレフト前に運ばれては、
投手としては投げる球がありません。素直に脱帽ですね。参った参った。
 現に米野はワンバウンドに備えて体で止めに行こうとしていました。

きょうの両チームの得点は全てソロホームランによるもの。大味な試合でした。
こういう展開になってしまうと、ヤクルトはちょっと不利かもしれない。

中村の2本目のHR、初球を打たれたんですよね。
なぜ、そんなとこに投げるの!? …っていう甘い球を。ちょっと不用意すぎました。
しかも、その直後にカブレラにもHR打たれてるでしょ。あの弾道もすごかったっすよ。
相手が松坂なんだから、失投は許されないのになぁ。

| | コメント (7) | トラックバック (7)

あれ、雨降ってないや>東京

17:20になったので、フジ739に一応チャンネルを合わせたところ、

 SWALLOWS BASEBALL LIVE 2005 は17:45からお送りします

…というテロップが出ておりました。藤井×松坂(予想)、すごく見たいんですが…。

17:45。中継始まる。あれ、全然快晴じゃないですか。
何事もなかったように普通に中継が始まったんですけど…あれれ!?

磯山さやかデータパドックは「水曜日はラッキーセブンとラミちゃんに注目!!」

ここまでスワローズは水曜日に6戦して3勝3敗。
勝った3試合は必ずラッキーセブン(=7回)に得点している…んだそうだ。
 気になる方は調べてみておくれよ。

ラミちゃんの水曜日成績=25打数9安打2HR 打率.360
水曜日に強い…とさやかちゃんは言うが、特別強いという感じの打率でもない気が。

これらのデータを見た関根潤三氏が一言。
だいたい、ラッキーセブンに得点したら勝ちますよね。どこのチームも。


うわぁ。おかわり君、クリーンアップだよ。3番サードスタメン。すげぇなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかわり君との初対決はお預け…。

おかわり君のキャラクターつき丼が発売されたら真っ先に注文したいつげさんです。(笑)

きのうの西武戦は雨で中止。人気者・おかわり君との初対決はきょう以降へ持ち越し。
ヤクルト×西武…というと、10年ほど前の日本シリーズ…という印象ですが、
最近、ヤクルトは優勝から遠ざかっているので本当に久しぶりの対戦となります。

その間に、西武はフェルナンデス、カブレラ…そしておかわり君と、
いつの間にやら打の方に印象深い選手が多くなっていることに気づきます。
カブレラなんて、神宮でHR打ったらどこまで飛ばしちゃうんだろう。
国立競技場とか明治神宮まで飛ばしちゃうんじゃないの…という気すらする。

あ、ちなみに。きのうは上位2球団が負けてくれたので、ヤクルトは勝手に2位浮上。
 (まさか、楽天が中日に勝つとは想定していなかったけどねぇ…)
ともあれ、これでセ上位3球団の混戦はしばらく続きそうな気配なんである。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.05.22

[合併球団3回戦]私の記憶から消し去りたいこの週末

久々の3連戦負け越し。負けた2試合はどちらも勝てそうな試合運び。もったいない。
かたやファイターズは憎き讀賣に屈辱の3連敗。全国ネットでいい恥さらしだ。

あー、もう。仕事仕事…で、試合の映像を全然見ていないのでまだ救われている。
こと野球に関しては、私の記憶からその一切を抹殺したい悪夢の週末であった。

 ◇ヤクルト×合併球団3回戦(合併球団2勝1敗/神宮・10986)

Buffaloes 0 0 0 0 1 0 2 1 1 5 11 0
Swallows 0 0 0 2 0 0 0 1 0 3 10 0
(合)○吉井―香月―菊地原―加藤―[S]大久保=日高
(ヤ)ガトームソン―●河端―花田―五十嵐=米野
HR:

【勝】吉井 1試合1勝 【S】大久保 5試合1勝3S 【敗】河端 14試合2勝2敗

ガトームソンは6回1失点と、事前の噂以上に好投だったようで一安心。
だが、せっかくリードで降板したものの、後続が守り切れず。初登板初白星はお預け。

ま、いいんじゃないですか。私も負け試合のことをネチネチ振り返りたくないし。
詳しいことは観戦された方のブログなどなどでご確認を。

土曜日のフジ739での中継。試合の途中で切られたらしいですね。
あんなろくでもない中継してるくせに。完全生中継だけが救いだったのに。kanzen
誰かがフジテレビに抗議したら「サッカーファンもいるんだぞ」とか
「普通は野球は10時30分までには終わるんだ」とか逆切れされたらしい。
逆切れうんぬんはブログ情報だが、なぜ、こんなことになったか。一応、補足すると、
この日はサッカー・FAカップ決勝が午後10時30分から生中継されたのだ。

フジテレビはスカパーに2つも(ディノスも含めれば3つも)チャンネルを持っているのに、
野球の延長に備え、サッカーを721にするとかいう初歩的な配慮すらしていない。
それで担当者に逆切れされては、視聴者側としては立場がない。

こちとら高い金払って見てんだぞ。そんな無責任な局に中継さすなや。

| | コメント (5) | トラックバック (4)

2005.05.21

[合併球団2回戦]単独首位もほんの数時間の命でした。

テレ朝系列のアナウンサーが絶叫するだけのうざいG戦中継をご覧になった方は、
もしかしたら気がついたかもしれないんですが、実はデーゲームを終えた時点では、
ヤクルトが今季初めての単独首位に立っていました。本当の話ですよ。(^^;;;

喜び勇んで、暫定の段階でありながら順位表まで出して大喜びしましたが…。
そんなときに限って、手痛いしっぺ返しを食らうものなんですよね。

 ◇ヤクルト×合併球団2回戦(1勝1敗/神宮・16064)

10 11
Buffaloes 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 4 9 11 2
Swallows 0 0 0 1 2 2 0 0 0 0 0 5 14 0
(合)光原―加藤―菊地原―○萩原―大久保=日高・鈴木・的山
(ヤ)石川―花田―佐藤賢―五十嵐―石井―●吉川―山部=古田・米野
HR:ブランボー9号(1表=2ラン) 10号(3表=ソロ) ラミレス13号(5裏=2ラン)
   早川1号(11表=3ラン)

【勝】萩原 18試合1勝2敗1S 【敗】吉川 23試合1勝2敗

吉川くんもチーム40試合のうち、23試合目の登板ですからねぇ。
ここまでの貢献を考えれば、きょうの1度の失敗を責めることは出来ないでしょう。
彼を出す前に試合を決めなきゃいけませんでした。
ただ、吉川は延長11回に登板して、ヒットを許しながらも
二死までは何とか取ったようだったので、もう一踏ん張り…できればねぇ。

で、きょうを終えての実際の順位はD・Tが同率で首位。我々は0.5差の3位。

ま、終わったことを悔いても仕方ないので、また明日からですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (5)

[ロッテ3回戦]ロッテ(様)を3タテって本当ですか!?(BlogPet)

きょうヤクルトで、限定するはずだったみたい。
じゃここまでヤクルトは感謝したいです。
じゃここまでヤクルトは限定した?
じゃロッテはファンっぽい交流しなかったー。


普段、見慣れているセ・リーグ球団との対戦だけではなかなか気づかないが、ヤクルトの投手陣って意外にスゴいのかもしれないねぇ。
きのうの8回の7失点を除けば、日本ハムを完膚なきまでに叩きのめしたと言っていい。
それほど、(この3連戦に関しては)両チームの勢いの差が歴然と表れたように思う。
6連勝⇒5連敗⇒4連勝…で、着々と三振・内野ゴロの山を築いた。
◇ヤクルト×北海道日本ハム3回戦(ヤクルト3勝/神宮・12191)123456789RHEFighters002010号(6裏=ソロ)3タテしちゃいましたねぇ。
ビックリですよ。
谷間の先発だった。
中継ぎ・抑えもほとんど危なげのない内容。
久々に安心して見られる試合だったはずの河端が6回を3安打無失点という奇跡的とも思える好投。
低めに沈んでいく球が非常に出入りが激しいです。
あすからは、いよいよ史上最強千葉ロッテとの3連戦。
どこまで食い下がれるか…。


*このエントリは、BlogPetの「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.20

[合併球団1回戦]交流戦10勝一番乗り

千葉マリン、フルキャスト遠征を5勝1敗という信じられない成績で終えたスワローズ。
神宮に帰っても、その強さは変わらない。

 ◇ヤクルト×合併球団1回戦(ヤクルト1勝/神宮・11447)

Buffaloes 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 8 2
Swallows 0 0 1 0 1 1 0 0 X 3 7 0
(合)●ケビン―吉川―歌藤―萩原=鈴木・日高
(ヤ)○高井―吉川―河端―[S]石井=古田
HR:

【勝】高井 8試合4勝2敗 【S】石井 19試合2勝9S 【敗】ケビン 8試合1勝5敗

時折、日刊スポーツの速報をチェックする程度だったけど
先発・高井は投手のケビンにストレートの四球を与えたりしてたね。(^^;;;

それでも勝ってしまうのは、やはり勢いの差なのか…。

様々な筋から入ってくる情報によると、お立ち台はなんと吉川くん。
勝ち投手でもない中継ぎ投手がお立ち台なんて、聞いたことがない。
まあ、高井の投球内容を見ても「ヒーロー」とは呼びづらいしなぁ。
スポーツ紙によると、新外国人・ガトームソンが22日の試合で先発する模様。
イースタンでも結果が出てないみたいですが…。見た方います!?

| | コメント (3) | トラックバック (4)

きたきたきたきたっ

きのうの試合を終えた段階でのセ・順位表。

  勝率勝差
1中日4223181.561
1阪神4123180.561
3ヤクルト3821170.5530.5

えーっ、首位と0.5差ですよ。
開幕当初は全く想像できなかったこの状況。まさに交流戦サマサマであります。
きょうからの対戦カードは…。
 中日…vsロッテ(千葉マリン)
 阪神…vsソフトバンク(福岡ヤフーD)
 ヤクルト…vs合併球団(神宮)
おーっ、これはもしかしてもしかすると…!? いや、まさかね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.19

[楽天3回戦]川島プロ初完封!! 仙台の熱い夜

交流戦なのに(あろうことかヒーローインタビューで)予告先発されてしまった川島。
これで打ち込まれでもしたら、しゃれにならないところです。
…けど、わかっていても打てないものは打てない。
川島のプロ入り初完封は、チームとしては何と2年ぶり。他の投手ももっと頑張ろう。

 ◇東北楽天×ヤクルト3回戦(ヤクルト2勝1敗/フルキャスト宮城・13218)

Swallows 4 0 0 0 0 1 4 0 0 9 13 1
Eagles 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
(ヤ)○川島=古田・小野
(楽)●一場―朝井=藤井
HR:

【勝】川島 5試合3勝2敗 【敗】一場 7試合7敗

試合内容については、もう何も文句のつけようがありません。
楽天の先発・一場に初回から襲いかかり4点を奪うと、
6・7回にもキッチリ追加点を取って優位な試合展開。

そして川島。3回までは1人の走者も許さない完璧な内容。
楽天の選手会長・礒部に2安打は許したものの、それ以外の打者には1安打も許さず。
9回裏、二死から代打・鷹野に四球を与えてしまい、9イニング全て3人で片付ける
27人斬り!! こそならなかったが、最後の礒部も空振り三振で最終的には10奪三振。
もう、圧勝です。あまりに文句がなさすぎて、逆に記事が短くなる。(^^;;;

きのうの試合で気づいた点としては…。
それまでの2試合は早めの投手交代をしてきた田尾監督が、
この試合に関しては、一場をかなり長いこと引っ張っていた。交代時で134球。
完投・完封の川島(114球)よりも全然多い球数だったよ。

初回にイキナリ4点入って、敗色濃厚な試合展開だったこともあるんだろうけど…。
スカパーの実況では「一場に対する期待感」という話もあったけど…。

翌日のスポーツ紙によると、さすがに「先発失格」ということになったようで。
ま、私の心情としては栄養費&謹慎中に仕込んじゃったでおなじみの
一場なんかに負けちゃいられん…という思いの方が強かったので、ホッとしましたが。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

きょうはゴールデンイーグルスの日!?

今、初めて知ったんですが、きょう5月19日は、
ゴールデンイーグルスの日なんですってよ。

ゴ(5)ールデンイー(1)グ(9)ルスの日。いささか強引な感もありますが。(^^;;;
この日に合わせて、フルキャスト宮城では様々なイベントが開催されるとか。

お、きょうもイーグルスは飯田がスタメン・センターだなぁ。
先発は楽天が栄養費でおなじみの一場。ヤクルトは"予告どおり"川島だ。


何に対抗意識を燃やしてるのかわかりませんが、
うちの母親は8月9日はヤクルトの日だ!!と息巻いておりました。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2005.05.18

[楽天2回戦]なんとか連敗せずに済みました

9回裏、石井が一死三塁のピンチを招く。藤井の白星がまた消えてしまうのか…。
最後までヒヤヒヤし通しの一戦。最後は石井が後続を2者連続三振にしとめた。
とりあえず、連敗せずに済んだだけ「よし」としますかね。

 ◇東北楽天×ヤクルト2回戦(1勝1敗/フルキャスト宮城・10589)

Swallows 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3 9 0
Eagles 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 6 0
(ヤ)○藤井―五十嵐―[S]石井=古田
(楽)●金田―福盛―有銘―小山=藤井・中村
HR:吉岡1号(8裏=ソロ) 礒部9号(8裏=ソロ)

【勝】藤井 7試合2勝2敗 【S】石井 18試合2勝8S 【敗】金田 11試合2勝3敗

先発・藤井は7回までわずか3安打ピッチング。
序盤にはピンチも作ったが要所を締めて無失点で切り抜けていく。

しかし、8回に吉岡・礒部に連続HRを許し2失点。防御率が少し上がってしまった。
…とはいえ、セ・リーグ防御率1位投手としての力は存分に発揮。
五十嵐―石井とつなぎ、最少点差を守り切った。

そんな藤井のヒーローインタビューで聞き捨てならない発言が。

インタビュアーの女性:(前略)…このまま完封ペースでいくかと思われましたが、
8回に2本のHR(吉岡・礒部)。いかがだったでしょうか。

藤井:えー、明日投げる川島にも悪いイメージを残してしまって申し訳なかったですし、
きのうの館山が変なプレッシャーの中で投げてて…僕は割と楽に投げさせてもらって…

え、え、えーーっ。藤井さん、あなた今なんて?? 問題の場面をもう一度。

明日投げる川島にも悪いイメージを残してしまって…

明日投げる川島に…。


明日投げる川島。予告先発制度のない交流戦で、自ら明日の先発投手を暴露。
しかし、実況席は誰もそのことには触れませんでした。
ただ単に気づいてないだけかもしれませんが…。ビックリです。

ちなみに、その大胆暴露の決定的瞬間の写真がこちら。20050518_010
ま、写真だけでは何のことだかわかりませんがね。いくら楽天相手とはいえ、
そんなサービスまでしなくていいだろう…と思うわけですが。

| | コメント (8) | トラックバック (7)

ココログ出版ですかぁ。

何日か前から告知が出ているココログ出版にすごく興味をひかれてます。

自らに起こったアクシデントを面白おかしくネタにした古田さん
スリランカ人と結婚する夢を見た眞鍋かをりさんみたいに
アクセスが1日何万件を誇る超人気ブログ…というわけでもでもないので、
自分の「ブロガーとしての証」みたいな感じで、1冊だけこっそり作って手元に置いとく
とかね。まぁ、ブログでこんなこと書いてちゃこっそりもくそもないんですが。

思えば、このブログも去年の3月末に始まって、既に1年ちょっとが経過。
ある時は、昔からのヤクルトファンとして、1試合ごとに一喜一憂。
またある時は、プロ野球を愛するものとして球界再編問題に鋭いメスを。
(自分で「鋭い」とか言わないっ!!)
そして、またある時は。一バニラーとしての思いのたけを写真入で大いに語る。

そんな悲喜こもごもがいっぱい詰まったブログを、本にして残す…というのは、
なかなか面白そうだなぁ…と思う。もし本当に作ったら、誰にも見せずに
大事に大事に保管しときますよ。ま、見たがる人もいないだろうけどねぇ…。

ページ数の最少は80ページ、最大は448ページ…だそうなんだが、
はたして自分のブログを本にすると何ページくらいになるものなんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トロといっぱい

ここ最近、私の中に何度目かのトロブームが押し寄せていて、
PS2のトロと流れ星トロといっぱいを相次いで購入し、暇を見ながら遊んでます。

トロと流れ星では、裏山に落ちてバラバラになった流れ星のかけらを探し回る。
どうやら、クリアまであと一歩というところまでは来たらしいので、しばらく放置。

トロといっぱいでは、トロに教えた言葉を空き地にいる黒猫が奪い取っていき、
その黒猫をグループ分けしたりしながら、面白い会話を楽しむ。
早速「クロネコバニラムード」を結成し、4匹の黒猫をグループ化。(笑)
トロや黒猫が「Keikoってセクシー?」だの「Wakaってキレイ?」だの聞いてくるので
もちろん「YES!!」と答えながら、空き地で展開される会話を眺めている。

クロネコのWakaが去り際に「ホンモノのWakaの写真集がほしい!!」とか言うのを
見て、ついつい微笑を浮かべてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.17

[楽天1回戦]仙台は寒かった…。

試合中、モヤが立ち込めていたし、宮本の吐く息が白かった。
5月も半ばを過ぎたとはいえ、みちのく・仙台はまだまだ寒いのですよ。

 ◇東北楽天×ヤクルト1回戦(東北楽天1勝/フルキャスト宮城・11163)

Swallows 0 0 1 1 0 2 0 0 0 4 9 1
Eagles 0 2 0 0 2 0 0 1 X 5 10 0
(ヤ)館山―山部―河端―●吉川―佐藤賢=古田
(楽)山村―有銘―福盛―吉田―○玉木=藤井
HR:ラミレス11号(4表=ソロ) 12号(6表=ソロ)

【勝】玉木 4試合1勝 【敗】吉川 21試合1勝1敗

連勝は「7」で止まり、宮本の連続無失策記録までもが止まってしまった。
そりゃ、思わず失策数を赤字にしてしまうほどの衝撃である。(^^;;;
ラミレスが2打席連続HRでセ界のHR王争いトップに…ぐらいしか明るい話はない。

打つ方は、ことごとく岩村がブレーキになっちゃってた感じです。
チャンスに三振という場面が2回ほどあったし、3回に二塁打で出塁した際にも
捕手がそらしたボールの目測を誤り三塁で憤死⇒攻撃終了…というツキのなさ。
岩村で切れて、ラミレスから始まる攻撃…というパターンが3回もあったので、
せっかくの2打席連続HRもソロ・ソロ…。ま、仕方ないか。

きょうの投手陣は、先発・館山をはじめとして出来は今ひとつ。
館山は、緊張してたのか知らないけどボール先行がちな印象だったし。
ピンチで登板の山部が火に油を注いでしまったのも痛かったですねぇ。
先日、プロ初先発を勝利で飾った河端を中継ぎ投入したりもしたものの…。

きょうは、楽天サイドの早い継投にうまくかわされた印象が強いです。
勝利への「あくなき執念」とでもいうんでしょうかね。
9回裏は、DHを解消して玉木が打順に入る…という背水の陣を敷いて勝ちに来た。
ヤクルト側も、この負けで改めて気を引き締めていってもらいたいねぇ。

パ・リーグ首位のロッテに3タテしておいて、最下位の楽天に何気に白星をプレゼント。
弱きを助け強きを挫く正義の味方って感じ。(苦笑)

けど、それはきょうだけにしといてね…。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

きょうから楽天戦ですが…。

交流戦に入ってから7連勝と絶好調のヤクルトスワローズ。
きょうからは、みちのく・仙台に乗り込んでの楽天3連戦です。

ソフトバンク・日本ハム・ロッテ…と、パの強豪たちと戦っての7連勝の勢いに乗り、
ここは楽天も一気に3タテを…と行ってしまいたいところですが、とにかく反動が怖い
昔からのヤクルトファンというのは、やはり弱い頃も知ってますのでね。
「こんなにうまくいくはずがない」「どこかで揺り戻しがあるに違いない」…等という
強迫観念に常に駆られているものです。ロッテ3連勝後の記事の燕党たちのコメントに
にわかに、それが表れておりますね。

特に今年は連勝もするが、ド派手に連敗もする…という傾向が特に顕著なもので、
ここ最近だけでも6連勝⇒5連敗⇒7連勝…という振り幅の激しさのため、
何かの拍子に1つ負けると、またズルズルっと…という恐怖感を拭い去れません。

そんな中、面白いものを見つけたので気休め程度にご紹介してみる。

1. 今年のヤクルトは優勝決定!?

日本プロ野球機構の公式サイト内にある交流戦のページ
そこには、各対戦カード別に「対戦監督へエール」というコーナーがありまして。
楽天の田尾監督が、ヤクルト・若松監督に向けてこんな事を書いておりました。

私が解説者をしていた13年間、シーズン前の私の順位予想よりも必ず上位に来る不思議なチームでした。いつも前半戦はよくないのに、今シーズンの2位というのはさすがですね。球界を代表するキャッチャーである古田君から、うちのチームのキャッチャーも何かを学んでもらいたい。必ず今後に生きる経験になるはずです。
いつも前半戦はよくないのに、今シーズンの2位というのはさすがですね。

今シーズンの2位はさすがですね。

2位

田尾監督の中ではヤクルトの今シーズン2位は決定しているみたいです。(笑)
でもって、ここで引用の前半部分に注目してみます。

シーズン前の私の順位予想よりも必ず上位に来る不思議なチームでした。

私の順位予想よりも必ず上位に来る不思議なチーム

必ず上位に来る(しつこい!!)

田尾監督は既に今年のヤクルトを2位だと予言している。
だが、ヤクルトは田尾監督の順位予想よりも必ず上位に来る不思議なチーム。
田尾監督が1位をどこだと予想しているのかは知りませんが、
2位予想のヤクルトが、予想よりも必ず上の順位に来るということは…。

今年のヤクルトは優勝するしかないでしょう!!
ちょっと強引過ぎですか!?

2. 飯田哲也の不敵なライバル宣言

同じく、交流戦のページには選手達がセ・リーグ各球団ごとにライバル選手をあげて
対戦する上での意気込みなどを語る「ライバル宣言」というコーナーもございます。
交流戦開始直前に、他の野球ブログでかなり話題になったネタの宝庫です。

で、元ヤクルトで今は楽天所属の飯田選手が、ヤクルト戦でのライバルとして
名前をあげたのが、ロケットボーイズの1人・五十嵐亮太。

 【指名理由】 いつも見ていて速いから

昨年まではチームメイトとして五十嵐の球を見てますからね。
実感がこもっていると思われます。で、実感がこもっているがゆえのメッセージ。

 【メッセージ】 見ていればフォアボール

飯田さんは全てお見通しです。(^^;;; 元同僚であるがゆえの不敵なメッセージ。
実際にこの対戦が実現した暁には、五十嵐亮太にはシビアな制球が要求されます…。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.05.16

決めのポーズは…。

Wakaちゃん&Yuiちゃんの「キャイーーン」ポーズにやられてしまったつげさんです。

エンディングにちょこっと、キャイーンポーズがあればいいか…ぐらいに思ってた。
キャイーン登場時にバニラ4人が振り付きで紹介する…なんて予想外だったので、
かなりビックリしたよ。(^^;;; 最初の方、HDDに録画するのを忘れてたよぉ。(涙)

相変わらず、ウドちゃんの言動は訳が分かりませんが、私はキャイーンは好きです。

バニラムード演奏は、サイモン&ガーファンクル特集ということで「ミセス・ロビンソン」。
こちらも、いきなりWakaちゃん&Yuiちゃんの手拍子から始まるという大胆さ。
20050517_002

Yuiちゃんのバイオリンを起点に、チェロ、キーボード、フルートそれぞれのソロ。
20050517_008 20050517_009
20050517_012 20050517_013

あと、演奏中にWakaちゃんが一瞬見せた笑顔に、ものの見事に瞬殺されました。
20050517_003

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005.05.15

[ロッテ3回戦]ロッテ(様)を3タテって本当ですか!?

これぞ交流戦サプライズ!!
ヤクルトが史上最強・千葉ロッテ(様)に3タテを食らわせることなど、誰が想像したか。

 ◇千葉ロッテ×ヤクルト3回戦(ヤクルト3勝/千葉マリン・22351)

Swallows 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 6 0
Marines 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 2
(ヤ)○石川―五十嵐―[S]石井=古田
(ロ)●渡辺俊=里崎
HR:

【勝】石川 7試合3勝2敗 【S】石井 17試合2勝7S 【敗】渡辺俊 8試合6勝1敗

しかも。対ロッテ3連勝のうち2試合が1-0という最少得点を守りきっての勝利。
…ちょっとちょっと。まるでヤクルトが強いチームみたいじゃないですかっ!!

夢じゃないですよね。日本国中総がかりで私を騙してるとかじゃないですよね。
本当の本当に、あの千葉ロッテ(様)相手に3タテしちゃったんですよね!?

いやはや、驚いた。こんなこともあるんですねぇ…。
全国の(ロッテ以外の)パ・リーグファンの皆様、大いに感謝してください。
コレで7連勝ですよ。本当にどうしちゃったんでしょうか。
なんか、次の楽天3連戦あたりでコロッと負けちゃいそうな気がするのは私だけ?

ルパート・ジョーンズさんの「にわか日ハムファンのブログ」で
交流戦限定順位表が毎日更新されているわけですが…。

きょうの試合を終えて、な、なんと。ヤクルトが単独首位ですよ。
交流戦4分の1を終えての首位なので、1250万円頂いて逃げ出したい気分。(笑)
首位は今だけだと思うんで、36試合で5000万円なら9試合で1250万円でいいから欲しいな、と。

| | コメント (7) | トラックバック (13)

2005.05.14

[ロッテ2回戦]史上最強ロッテ(様)に連勝―夢か幻か!?

正直言って、ロッテ3連戦に勝ち越し出来るなんて、予想だにしませんでしたよ。
しかも、今季初の2ケタ得点での圧勝ですよ。夢でも見てるんじゃないだろうか。

 ◇千葉ロッテ×ヤクルト2回戦(ヤクルト2勝/千葉マリン・20307)

Swallows 0 0 2 0 1 6 2 0 0 11 15 1
Marines 0 1 0 0 1 1 0 0 0 3 8 1
(ヤ)○高井―吉川=古田
(ロ)●セラフィニ―高木―小宮山=里崎
HR:岩村5号(3表=2ラン) 6号(5表=ソロ) リグス1号(6表=3ラン)
   里崎3号(6裏=ソロ)

【勝】高井 7試合3勝2敗 【敗】セラフィニ 7試合3勝1敗

岩村が2打席連続HRを含む4安打を放てば、
きょうはなぜかスタメン1番に入ったリグスが勝負を決定付ける3ラン。
打線の組み替えもずばり当たった。
6回は、5連打を含め6安打集中。相手失策も絡めて一気に6点。
恐ろしいまでに打線がつながった。これで6連勝ですよ…。

先発・高井は8回122球を投げて8安打は打たれたが10奪三振。しかも無四球!!
9回は吉川じゃなくてもよかったよなぁ…と余裕をかませるくらいの圧勝劇です。

あしたのマリーンズ先発予想は渡辺俊介。
彼を打ち崩して3タテでもしようものなら…喜びすぎて気絶してしまいそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (10)

2005.05.13

[ロッテ1回戦]勝ちに不思議の勝ちあり

…史上最強の千葉ロッテ(様)に勝ってしまいました。(驚)

 ◇千葉ロッテ×ヤクルト1回戦(ヤクルト1勝/千葉マリン・11829)

Swallows 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 7 0
Marines 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 3
(ヤ)○川島―[S]石井=古田
(ロ)●清水=橋本

【勝】川島 4試合2勝2敗 【S】石井 16試合2勝6S 【敗】清水 8試合4勝3敗

しかも、1-0という非常にしびれる勝ち方で。本当にいいんでしょうか!?
序盤から何度もチャンスは作ったものの、1~4回まで4イニング連続併殺で無得点
 3回表一死満塁でのラミレスの併殺打は非常に惜しい当たりだが、マリーンズの内野陣に軽快にさばかれた。

6回、相手のエラーでつかんだチャンスにきょうはDHの鈴木健がレフト前に運び
貴重な貴重な先制点をあげたが、その後のチャンスでは、ユウイチ・真中が連続三振。
マリーンズ・清水の低めに沈む変化球が非常に効果的だった。

先発・川島は、再三ピンチを招きながらも粘りのピッチングを見せていた。
2回には、四球のあとに連打で無死満塁に。自らの暴投やベースカバーの遅れで
招いたピンチということもあり、テレビ観戦の私も失点を覚悟した場面だったが、
橋本を投ゴロ併殺打、サブローをライナー性のライトフライに打ち取り無失点でしのぐ。
先制点をもらった直後、6回の無死一・二塁のピンチもフランコ併殺、李三振で無失点。

8・9回は石井が完璧リリーフで締めて、これで5連勝。久々に貯金も出来た。

そういえば、きのうの記事にいただいたマリンライナーさんのコメントへの返しとして、
私はこんな事を書いていました。
 スワローズとしては、きょうのような少ないチャンスに失投を見逃さずにものにする…と
 いう試合をするしか勝機が見出せない感じですよ。

…5併殺という数字が示すように、チャンスは少なくはなかったんですがね。(^^;;;
たった1度とはいえチャンスで点が取れたスワローズと取れなかったマリーンズの
差が1-0というスコアになって表れたんでしょうねぇ。

ま、これで少なくとも3タテされることはなくなったので、ホッと一息であります。


きょうは、中継中に映し出されるスタンドの様子が面白かったのでメモっておきます。

[5/13 つげさんメモ]
 ・マリサポ独特の応援スタイル
  李の打席の際には大量の虫取り網。小坂の打席では皆が大きな旗を振り回す。
  熱狂的マリサポは、これらの小道具をすべて持参で球場入りするのか。スゴすぎ。
 ・ヤクルト側スタンドは…といえば。
  唯一の得点シーンの際、ヤクルト側スタンドには、なぜかお相撲さん2人連れ
  ヤクルトも負けてないなぁ…と個人的には思いました。(^^;;;

| | コメント (6) | トラックバック (11)

あの暴行事件を改めて考えよう(BlogPet)

わかが野球みたいな処分すればよかった?
しかもヤクルトが威圧したかったの♪
それにしても名古屋でヤクルトと次とか発言しなかった。
それにしてもきのう中日の、すへ怪我ー!
しかもヤクルトが名古屋で謝罪したかも。
それにしても名古屋に威圧するはずだった。


きょうは、運転したかもー。
それにしてもJRが運転♪それにしても同志社が大破しないです。
そんな目の前で、古田さんが20080(広)○小山田=倉(ヤ)●川島―吉川=古田【勝】小山田4試合3勝1敗HR:ラロッカ2号(1表=2ラン)試合の方、あんまり試合がつまらないから、めちゃイケ!見てたんだぁ…。
ま、結果から言いますと、投手がそこそこ頑張っても勝てなくなってしまった楽天と、きょうの記録達成はなったのか。
こうご期待。
*このエントリは、BlogPetの「わか」が書きました。
外野のまずい守備に足を引っ張られながらも、7回を3失点とまずまずの出来。
200本への最後の仕上げにかかります。
はたして、きょうの古田さんにとって通算199本目の安打。
野手のグラブをはじくレフト前で2打数2安打。
残念ながら、記録達成には至らなかったものの、第4打席のレフト前ヒットが古田さんが20080(広)○小山田=倉(ヤ)●川島―吉川=古田【勝】小山田4試合3勝1敗【敗】川島1試合1敗HR:ラロッカ2号(1表=2ランのみ。
立ち上がりの2アウトをポンポンと取った後だっただけに、もったいなかった。


*このエントリは、BlogPetの「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.12

[日本ハム3回戦]ウチの投手陣ってスゴいのね。

普段、見慣れているセ・リーグ球団との対戦だけではなかなか気づかないが、
ヤクルトの投手陣って意外にスゴいのかもしれないねぇ。ビックリですよ。
谷間の先発だったはずの河端が6回を3安打無失点という奇跡的とも思える好投。
低めに沈んでいく球が非常に有効で、着々と三振・内野ゴロの山を築いた。
中継ぎ・抑えもほとんど危なげのない内容。久々に安心して見られる試合だった。

 ◇ヤクルト×北海道日本ハム3回戦(ヤクルト3勝/神宮・12191)

Fighters 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
Swallows 0 0 0 2 0 1 0 0 X 3 5 0
(日)●金村―マイケル=実松・中嶋
(ヤ)○河端―山部―吉川―石井―[S]五十嵐=古田

【勝】河端 11試合2勝1敗 【S】五十嵐 9試合1勝1敗4S 【敗】金村 8試合4勝3敗
HR:ラミレス10号(4裏=2ラン) 土橋2号(6裏=ソロ)

3タテしちゃいましたねぇ。
きのうの8回の7失点を除けば、日本ハムを完膚なきまでに叩きのめしたと言っていい。
それほど、(この3連戦に関しては)両チームの勢いの差が歴然と表れたように思う。

6連勝⇒5連敗⇒4連勝…で、5割復帰。非常に出入りが激しいです。
あすからは、いよいよ史上最強千葉ロッテとの3連戦。どこまで食い下がれるか…。

| | コメント (8) | トラックバック (9)

ロッテの「交流戦弁当」おいしそうっ!!

薫風さんの「マリンブルーの風」内に写真が載っていました。
今、ロッテは阪神戦なので、阪神バージョンの「交流戦弁当」。
ロッテ…弁当…とくれば、「呪い」だが、その効果はてきめんでロッテは阪神に2連勝。
ただ、この弁当は「呪い」とかそういう血なまぐさいことを抜きにして、すごくおいしそう。
ごはんは、のり巻きと卵巻き(←何て言うんだっけ!?)。このカラーリングで阪神を表し、
おかずには、どどんと大きな串カツ。回りも肉系のおかずがしっかり脇を固めています。
いくらくらいするのかわかりませんが、個人的にはこの弁当だけのために千葉マリンに
足を運んでもいいかなぁ…と思うくらい、すごくおいしそうです。食べてみたいです。

ただ、私のつかんだ情報によると、ヤクルトバージョンの弁当はないらしい。残念。
ま、あったにしても千葉マリンまでいくのはさすがに無理なんですけどね。(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.11

[日本ハム2回戦]すべては最高の結末への壮大な序章

きょうは仕事なので、日刊スポーツの速報サイトで試合の状況をチェック。

あれっ!? 宮本がスタメンから外れてますよ。何かあったんですか!?

あれっ!? 日本ハムは稲葉が出てませんよ。きのう唯一の打点を挙げた選手が
スタメン落ちですか!? しかも、ショートには飯山!? ヒルマン監督の采配は
時々、わかりません…。これは、もしかして藤井対策で右を並べましたか!?

そうこうするうちに、藤井は日本ハム打線からどんどん三振を奪っています。
島田空振り三振、飯山空振り三振…1・2回と2つずつで既に4奪三振。
速報サイトによると、高めの球で日本ハムの各打者を手玉に取っている様子。

…と、ここまでは試合途中に書いておいた記事ですが、最終的に藤井は7回を投げ、
10奪三振。ハム打線を3安打無失点に抑え、リーグトップの防御率もさらに上昇。

だが。そんな藤井の力投も、8回表の突然の中継ぎ陣の大炎上も、
すべてはこの結末のために準備された周到な演出に過ぎなかったのかもしれない。
7-7で迎えた9回裏。日本ハムのセットアッパー・建山から古田が放ったサヨナラHR。
3000本安打まであと996本に迫る古田さん復帰後初安打は、あまりにも劇的だった。
 ↑きのうの神宮球場には、本当にこういう応援ボードがあったんです。
 今からあと1000本はさすがに無理でしょうが、こういうセンスのあるボードは大好きですね。

恐らく、これが神宮球場が一番盛り上がる結末なんです。間違いない。(長井秀和風)

 ◇ヤクルト×北海道日本ハム2回戦(ヤクルト2勝/神宮・13349)

Fighters 0 0 0 0 0 0 0 7 0 7 9 1
Swallows 1 0 0 1 4 0 1 0 1x 8 11 0
(日)岩本―押本―井場―マイケル―●建山=中嶋・実松
(ヤ)藤井―吉川―佐藤賢―○五十嵐=古田

【勝】五十嵐 8試合1勝1敗3S 【敗】建山 9試合1勝2敗
HR:ラミレス9号(4裏=ソロ) 森本2号(8表=3ラン) 古田2号(9裏=ソロ)

なんか、すごいねぇ。ついこないだまで5連敗してたチームとは思えない。
3連勝のうち、2試合がサヨナラ勝ちだもん。開幕直後に僅差の試合ばかりしてたのが、
こんなところで生きる。こういう試合を取れるようになると、だんだん強くなっていくよ。

| | コメント (7) | トラックバック (12)

あの暴行事件を改めて考えよう

藤井がウッズにグーで殴られてから、6日が経ちました。
順番でいけば、きょう藤井が先発する日。無事に先発のマウンドに上がれるか…。

この記事は、以前私が書いた記事にトラバいただいた(声のヨン様こと)Honeywarさんのブログで、該当する記事にコメントを入れようとしたものの、あまりに長すぎて受け付けてもらえなかったため、自ブログにて記事を書きます…と宣言したその記事です。

まずは、Honeywarさんのブログに入れようとしたコメントを以下に記します。
( )は、少し時間が経過したこともあり、私が少し補足しています。


(5月5日の試合で起きた暴行事件は)Jスポーツで中継を見てましたが、そんなに危険な球じゃないし、ましてや当たったわけでもありませんから、藤井としては受難もいいところで、ヤクルトファンである私からすれば、非常に腹立たしい事件でした。

藤井に大した怪我もないようだし…とホッとしてましたが、翌日(5月6日)になって今回の(中日3)連戦の前から、新聞紙上でヤクルト側を「威嚇」していただの、落合監督が「それも野球だ」と発言した…とかいう情報が出てくるにいたっては、いったい何様のつもりだ!!…という怒りしか出てきません。藤井は幸いにも(と言っておきます)全治10日程度のケガで済みましたが、これが頬骨骨折でもしてて登録抹消しなきゃいかん!というような事態になってもウッズはあんなふてぶてしい態度を取るんだろうか。落合監督は「それも野球だ」という人事のような発言をするのだろうか。そう考えると悔しくて悔しくて仕方ありません。その試合でヤクルトが何の抵抗も出来ずに負けてしまったことも悔しさの一因ではあるのですが…。


…と、まあ。そこにあるのは、当然の事ながら「怒り」ですよね。
連盟からの処分が「10試合出場停止&罰金50万円」でしたっけ。
エースを傷物にされかけた代償としては、いささか軽すぎるような気もしますが…。

それにしても気になるのは、その後も「中日側から謝罪があった」という話を
まったく聞かないことです。もう1週間近く経つというのに…ですよ。
落合監督は、例の発言(それも野球だ)について、言い訳めいたことは言ったらしいが、
正式な謝罪には程遠いものだし、ウッズに至っては、若松監督の怒りのコメントを受け、
「そういうことは直接言ってくれ」とかぬかしたらしいじゃないですか。

アレですか。わざわざ名古屋まで、そんなことを言うためだけに来いとでも言うのか。
いくら、昨年の優勝チームだからって、付け上がるにも程があるんじゃねぇの。
しかも、調整のために「二軍の試合には出場させる」だぁ!? ふざけんじゃねぇや。
ルール上の問題ないとはいえ、ちょっと納得がいきませんね。
二軍の試合でも暴行事件とか起こされたら、たまりませんよ。ねぇ。

これって中日は今回の暴行事件を大した問題だとは思っていない…ってことでしょ。
あれだけのお客さんが見てる前で暴行事件を起こしておいて、そんなことでいいの!?

ヤクルト側も「提訴する」なんて話もありますけど、相手がそういう不誠実な態度なら
こちらも徹底的にやるべきだと思いますよ。それだけ重大な事件だと思いますよ。


藤井が挑発的な態度を取っていた…というところについても、
気にはなるのですが、だからと言って殴っていいって事にはなりませんよ。
「日本でHR王を取るほど日本野球を熟知している」のなら、そのくらいは知っとけや。

私としては、ホークス戦で石川がバティスタにぶつけてしまった際のバティスタの
対応の方が、よっぽど野球選手としては大人だと思うし、それが遠因となって、
次打者・松中のHRを呼び込んでいるわけで「さすがだなぁ…」と思ったわけです。
 バティスタは、マウンド上の石川に向かって突進…しかけて、
 くるっときびすを返してマウンドと本塁の間くらいから一塁へ駆けて行きました。
 ウッズの一件があった直後だけに、ちょっと面白いなぁ…と思って見てました。

 それだけでも、マウンド上の石川に対する威圧感は十分だったようで、
 次打者・松中への攻めは甘くなり、先制となる2ランを浴びました。

おかげで、ちょっとバティスタのことが好きになりましたよ、私は。(笑)

…それはさておき、新聞紙上で相手を脅すだの投手を殴りつけるだのは
最低最悪です。それを容認して謝罪すらしないお偉いさんも同罪です。
今後、この問題がどういう展開を見せるかによっては、
私、アンチドラゴンズになりかねません。
既に半分くらい、そうなりかかってますけどね。さすがに、それは嫌なので
せめて、謝罪の言葉の1つくらいは欲しい所です。お願いしますよ。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005.05.10

[日本ハム1回戦]流れを引き寄せた絶妙セフティバント

神宮での超個人的夢対決に1人ヒートアップ。

2-2の同点で迎えた6回裏。一死から青木の絶妙なセフティバントが決まる。
そこから岩村がセンター前へ運び、ラミレスのサードへの打球は高く弾み内野安打に。
一死満塁のチャンスで鈴木健が一塁線を破る決勝2点タイムリー。

先発・館山から石井―五十嵐…という継投も完璧にはまり久々の連勝です。

 ◇ヤクルト×北海道日本ハム1回戦(ヤクルト1勝/神宮・12495)

Fighters 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 8 1
Swallows 0 0 0 2 0 2 0 0 X 4 7 0
(日)●鎌倉―マイケル―吉崎=実松・中嶋
(ヤ)○館山―石井―[S]五十嵐=古田

【勝】館山 6試合2勝1敗 【S】五十嵐 7試合1敗3S 【敗】鎌倉 8試合2勝1敗
HR:稲葉3号(4表=2ラン)

石井vs小笠原のアテネ五輪代表対決も見応えありました。
ど真ん中のストレートを小笠原がフルスイング…空振り三振。
その後、二死満塁までピンチは広がったが、代打・田中幸を遊ゴロに打ち取り無失点。

両チームをよく知る私は、この場面を0点に抑えた時点で「ヤクルトの勝ち」を確信。
3連戦の初戦を取れたことは何より大きいです。

| | コメント (3) | トラックバック (7)

2005.05.09

久々!! きょうのバニラムード

全国826(バニムー)万人のバニラーの皆様、大変長らくお待たせいたしました。
私のテンションもやっと上がってきたので、バニラ記事(写真入)を久々にお届けします。

今週は阿部渉アナ司会で「日本・初夏の風物詩」というテーマ。
初夏を彩る名曲や、山歩きの秘訣などなど…盛りだくさんの内容です。
…けど、そんなことはどうでもよくて(笑)、きょうのバニラ演奏は「エーデルワイス」。

阿部アナの「ここで、ふれあいホールに咲く花たちの演奏を」という
前フリに、Marikoちゃんあたりが少し照れ笑いを浮かべながら演奏がスタート。

20050510_010 20050510_003

20050510_007 20050510_005

体を左右に揺らしながら、かなりノリノリの演奏。
先日、久々に更新されたメンバー(Keikoちゃん)の日記(DIARY)によると、週2回に
なったことで、アレンジを深く考える時間ができたらしい。「これは遊べる」などなど。

で、そんな演奏の最後のキメポーズは、サイドのカメラに4人揃って振り向く。
20050510_001
なかなかにいい感じです。Keikoちゃんの少し照れた感じがまたよいです。


月曜日は、後半にデューク更家指導によるウォーキング講座をやってます。
以下の2枚は、そのウォーキング講座中の1コマ。
20050510_002 20050510_017
毎回思うのだが、演奏の衣装のままやるウォーキングは、ちょっと危険。(^^;;;
お昼のNHKで、これはアリなんでしょうか…アリなんでしょうねぇ。(苦笑)
右側の写真なんか、太もものかなりなところまで見えちゃってますけど…。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

[ソフトバンク3回戦]まさか、このメンバーで勝てるとは。

何だかんだ言いながら、結局はスカパーを見てましたよ。
スタメン発表時には「あー、こりゃきょうもだめだぁ」と正直思いました。
きのう途中交代した岩村に代わってユウイチが3番。サードには城石、捕手・米野。
選手達には申し訳ないが「こんなオーダーでごめんなさい」と、
テレビの前でついつい卑屈になってしまう自分がいた。

大敗を喫したきのうの試合のオーダーよりも、さらに格落ちのメンバーで
はたして、きょうは何点取られるんだろう…と思ってましたが…。

 ◇ヤクルト×福岡ソフトバンク3回戦(福岡ソフトバンク2勝1敗/神宮・13045)

10 11
Hawks 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 5 0
Swallows 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1x 3 10 1
(ソ)倉野―フェリシアーノ―岡本―吉武―●神内―三瀬=城島
(ヤ)石川―吉川―○石井=米野

【勝】石井 13試合2勝5S 【敗】神内 21試合3勝1敗
HR:松中13号(4表=2ラン) ラミレス8号(6裏=ソロ)

何といっても、きょうは石井のピッチングにつきますわ。

10回表一死三塁から代打井手に投じた153km/hのストレート、圧巻でした。
11回表一死満塁の場面でのズレータ・カブレラとの対決も見応えありました。

その石井の奮闘に応えて打線も奮起。
11回裏、一死後にユウイチがヒット。(⇒ユウイチ猛打賞) ラミレスも続き一・二塁。
ここでホークスは抑えの三瀬を投入。スワローズは…代打・リグス。(^^;;;
私の「併殺じゃねぇの!?」という悪寒をよそに、貴重なライト前ヒット。
土橋が三振で二死満塁。ここでバッターは城石。
10回のピンチは城石の悪送球がきっかけだっただけに、
なんとか汚名返上…といきたいこの大チャンス。城石の打球は…、

鈍い当たりながらも、センターへ抜けるサヨナラ打に。
城石は一塁に向かう最中から、大きく両手を上げガッツポーズ。
ベンチから飛び出したナインにもみくちゃにされる。よかったねぇ。

連敗は「5」でストップ。唯一、交流戦の勝ち星がなかったヤクルトが交流戦初勝利。
全12球団が最初の3連戦を終え、3タテのカードが1つもない大混戦モードへ。

ヤクルトの次の相手は北海道日本ハム。
超個人的夢のカードがついに実現。今からドキドキわくわくです。
どちらが勝つにせよ、好勝負を期待したいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (10)

さぁ、あなたも格安料金で公開処刑を見届けよう

おはようございます。つげさんです。きょうも自虐的記事をたっぷりお届けします。

日本一など目じゃない!! 世界最強を目指す福岡ソフトバンクホークス様による
草野球に毛が生えた程度のヤクルトスワローズ公開処刑がきょうも神宮球場で開催予定。

主催するヤクルト側も、さすがにこれでは正規の料金は取れねぇぞ!!と判断したのか、
予備日でもあるきょうの試合の入場料金は超格安です。

内野:シーズンシートをのぞき全席自由席 大人2000円 中学生以下1000円

外野:ホームランシートをのぞき全席自由席 大人1000円 中学生以下300円

きのうの試合は、日曜日だったにもかかわらず前日比で8000人以上の観客減。
初戦で見せ付けられたあまりの戦力差にファンも観戦意欲が萎えてしまったとしか…。

で、きのうの大敗を受けてのきょうの試合。
平日でしかも予備日…ということもあり、観客の大幅減は避けられません。
もしかしたら、500人くらいかもしれませんよ。(苦笑)

上記を見ておわかりの通り、外野席なんか、もうほとんど投げ売り状態ですよ。
関東にお住まいの野球ファンの皆様、大差がついて超つまらない試合になる可能性が
濃厚ではありますが、会社帰りにちょっと一杯引っ掛けるつもりで、神宮球場に足を
お運びいただき、スワローズの断末魔の叫びをお聴きいただければ幸いです。

神宮球場のカレーはおいしいそうですので、ちょっとカレーでも食いに行くか!!
みたいな軽い気持ちで全然OK。それほど大した試合はお見せ出来ませんし。


さすがに、マスコミもきょうの「公開処刑」には何の価値も見出せないのか、
日刊スポーツでは、試合速報すらしてくれません。(涙) 証拠写真↓
arimasenn

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.08

[ソフトバンク2回戦]あ、試合あったんですか。

わたしゃ、てっきり「神宮はきょうも雨だったぁ」のかと思ってました。(嘘)
これが現実です。これが世界最強を目指すチームと我々との歴然とした差なのです。

 ◇ヤクルト×福岡ソフトバンク2回戦(福岡ソフトバンク2勝/神宮・17990)

Hawks 0 2 3 0 0 4 0 1 2 12 15 0
Swallows 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 8 0
(ソ)○和田=城島
(ヤ)●高井―花田―山本―佐藤賢―山部=小野

【勝】和田 7試合4勝3敗 【敗】高井 6試合2勝2敗
HR:ズレータ11号(2表=2ラン)

これが噂のソフトバンクによる「公開処刑」ってやつですか!?(涙)
ある意味、讀賣打線を相手にするより怖いですからねぇ。
この狭い神宮球場で、よくHR1本だけで済みましたよ。(苦笑)

ま、それでもですね。私は「内容を楽しむ」人なので、こんな記事に注目。

 ヤクルト宮本が遊撃手の無失策記録更新中(日刊スポ)

…なんですってよ。さすがは宮本さんです。今後もどんどん記録を伸ばしてほしいです。
けど、こういうのって記録を調べたりしだすと崩れる気もしてちと怖い。(^^;;;

それにしてもですね。先発投手が3回持たずに、相手に5つも四球を与えたら、
そりゃ、どんなに強いチームでも負けちゃうんですよ…ヤクルトは強くもないですが。
これで6連勝のあと5連敗ですか。さすが江戸っ子。宵越しの銭は持ちませんね。


[追記]当ブログにも時々トラバいただくやぐ(でぃん)☆彡さんが、観戦中に大事件に遭遇。 なんと、ケガで欠場中の古田さんが後ろから背中をトントンして、やぐ(でぃん)☆彡さんの 着ていた「27番」ユニに自らサインをする…という何とも羨ましい大事件。

おいおい、本当かよ!? … とお思いのあなたは、やぐ(でぃん)☆彡さんのブログへ。
証拠写真もありますよ。けど、こんなことってあるんだなぁ…。ほんとに羨ましいっす。

| | コメント (5) | トラックバック (7)

楽天、ついに念願のG倒!!!!

新規参入球団・楽天が「球界の盟主」(と言われている)讀賣に初勝利。
歴史的1勝にフルキャスト宮城の大観衆も大いに盛り上がっていました。

 ◇東北楽天×讀賣3回戦(讀賣2勝1敗/フルキャスト宮城・19449)

Giants 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 8 1
Eagles 1 2 0 0 1 0 0 0 X 4 10 0
(讀)●高橋尚―岡島=阿部
(楽)○岩隈=中村

【勝】岩隈 7試合3勝3敗 【敗】高橋尚 6試合3敗
HR:

中継を少し見ましたが、フルキャストは完全に楽天色に染まってましたね。 ライトスタンドの上の方に2~3本、讀賣の旗が振られているのが見えたくらいで、 あとは全周囲ほぼすべてが楽天色。9回表、打者を1人打ち取るたびに沸き起こる 拍手、歓声、メガホンの音…。その強弱のメリハリが非常に心地いいですな。

冗談抜きで、あれは讀賣にとっては「ほぼ100%アウェイ」な状況でしたね。
これは選手たちにも、きっと励みになる。地域密着―今のところはうまく行ってるようで何より。


ついでに各地の結果も一応おさらいしましょ。

札幌D: 日本ハム 1-4 阪神
 今岡の2ランで先制。阪神・能見がプロ初完投勝利。詳しくははむすぽ。で。

横浜: 横浜 0-18 ロッテ
 好調ロッテの勢いは止まらない。19安打18点で圧勝。渡辺俊、完封で6勝目。

スカイマーク: 合併球団 6-8 暴力球団
 きょうは暴力沙汰は起こさずに勝ったらしいですよ、よく知らんけど。

広島: 広島 10-5 西武
 広島が5本のHRを放ち一矢報いる。おかわり中村くんは出番なし。

以上、きょうの交流戦の全結果でした!!!!

…えっ!? 何か忘れてないかって。あれ、そうですか。あとで調べときますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.07

[ソフトバンク1回戦]1日遅れの開幕戦

前日の雨のため1日遅れでの開幕となったヤクルトの交流戦。
結果の方は…まぁ、大方の予想通りソフトバンクが勝ちましたが…。

 ◇ヤクルト×福岡ソフトバンク1回戦(福岡ソフトバンク1勝/神宮・26244)

Hawks 0 0 0 1 1 0 2 0 0 4 7 0
Swallows 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2 6 0
(ソ)○新垣―岡本―神内―[S]三瀬=城島
(ヤ)●川島―佐藤賢―五十嵐―山部=小野

【勝】新垣 7試合3勝2敗 【S】三瀬 15試合2勝12S 【敗】川島 5試合1勝2敗
HR:城島9号(4表=ソロ)

7回、両チームとも9番の投手のところに代打を出し、どちらも二塁打を打ってますが、
ホークスの井出の前には走者が2人。スワローズのユウイチの前には走者なし。
結果的に、これが勝敗を分けたんですね…。

この交流戦、ヤクルトファンとしての私は勝敗うんぬんよりも内容を楽しみたいですな。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.05.06

交流戦初戦を振り返る(一部の球場を除く)

5月6日。史上初となるプロ野球セ・パ交流戦の開幕日。神宮以外の5試合が開催。
※ 神宮のヤクルト×ソフトバンクは雨のため中止 ⇒ 9日の予備日に組み込まれる

それでは、私の「プチ予想」の結果も振り返りつつ、各地の結果を総ざらい。

札幌D:阪神 10-2 北海道日本ハム プチ予想:7回までは当たり。(^^;;;
個人的には、7回で終わりにしてほしい気持ちでいっぱいです。
中日に3タテされたことへの逆恨みが、こんな形で跳ね返ってくるとは。(苦笑)

阪神ファンにとっては、1年ぶり復帰の濱中が勝ち越し打でヒーロー…という、
非常にうらやましい展開。ハムファンの私にとっては…(以下略)。

横浜:横浜 2x-1 千葉ロッテ プチ予想:9回表までは当たり。(^^;;;
9回裏一死満塁から村田の逆転サヨナラ打だったそうです。
これで横浜は4連勝。千葉ロッテは12連勝のあと、気になる連敗です。

広島:西武 13-4 広島 プチ予想:当たり。(^^)
はむすぽ編集長とかいう人がイチ押ししているらしいブーちゃんこと中村が、
きょうも活躍!! 先制2ランを含む5打数2安打3打点。セ・リーグ相手にも
「おかわり」パワーを存分に発揮した模様です。フェルナンデスも2発…。

広島ファンにとっては、緒方のHRと梅津の3者連続三振しか見せ場が…。

スカイマーク:合併球団 6-0 中日 プチ予想:大はずれ…。
ヤクルトファンの私からすれば、思い切り「ざまーみろ」なわけですが、
まさかまさかのエース・川上7回6失点。どうしちゃったんでしょうか!?

ココで言うべき話じゃないけど、ウッズの処分は軽すぎないか!?
藤井は全治10日の怪我をさせられた。謝罪の1つくらいあってもいいのでは??

フルキャスト宮城:讀賣 8-6 楽天 プチ予想:惜しくも。
楽天は9回裏にロペスの満塁HRが飛び出すも、わずかに届かず。
7回裏の満塁のとこで新外国人トレーシーが打ってたら、よもやの展開も…!?

交流戦予想ネタのおおもとであるテドさんからは
「説得力ありげな人」という評価をもらいましたが、1試合しか当たってません。(^^;;;
思えば、totoの予想もまともに当たったためしがありませんでしたね、私は。

きょうの試合が流れたヤクルトとソフトバンクは、予備日も含めて9連戦に。
巨大戦力のソフトバンクはまだしも、ヤクルトはどうする!? ローテすら組めんぞ。
ソフトバンクの次が、こちらも打線が湿っている日本ハムだというのがせめてもの…。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

いよいよ交流戦っ!! つげさんのプチ予想。

既に各野球ブログでも盛り上がりを見せてるけど、いよいよきょうからセ・パ交流戦。

おなじみテドさんが、ブログで交流戦開幕戦の勝敗予想をしておられたので、私も乗る。

きょうは新聞休刊日でもあるので、ちょこっと観戦ガイド的な要素もつけてみよう。
( )内は先発予想。この日のために(!?)開幕からのローテを全部残してある私だ。

■ 札幌D 北海道日本ハム(金村)×阪神(安藤? 下柳?) ⇒ 北海道日本ハム
Ch.302 GAORA! 17:58~ 光山英和 亀山つとむ
 道産子としては、やはりファイターズに勝ってほしい。
 ただ、ここ2試合は序盤で先発が崩れ大敗している。金村にすがるしかない。

■ 横浜 横浜(三浦)×千葉ロッテ(清水) ⇒ 千葉ロッテ
Ch.307 J SPORTS 2 17:55~ 波留敏夫
 連勝は止まったが、今年のロッテの強さは尋常ではない。
 エース同士の投げ合いは非常に興味深い。投手戦希望。

■ 広島 広島(佐々岡)×西武(河原? 西口?) ⇒ 西武
残念ながら、スカパー生中継なし。深夜0:00~Ch.306 J SPORTS 1で録画放送。
 きのうの日本ハム戦で大活躍のブーちゃんこと中村のバットに期待してみる。
 2試合連続2ケタ得点ですからね。火をつけちゃいましたからね…。

■ スカイマーク 合併球団(光原)×中日(川上) ⇒ 中日
Ch.308 J SPORTS 3 17:45~ 野田浩司
 中日は強いっすよ。勝利のためならグーパンチをも惜しまない闘志があるし。
 たぶん、合併球団は歯が立たないような気がしますよ…。(3タテくらって超弱気)

■ フルキャスト宮城 楽天(一場? ホッジス?)×讀賣(工藤) ⇒ 楽天
Ch.258 JNNニュースバード 17:58~(トップ&リレー)
 よもや、この段階でこのカードが両リーグ最下位対決になっていようとは。
 高橋由抹消、清原体調不良…という状況なら、楽天にも十分勝機あり。

■ 神宮 ヤクルト(川島)×福岡ソフトバンク(和田) ⇒ ヤクルト
Ch.739 フジテレビ739 17:20~
 …と言いたいところではあるが、ナゴヤで湿ってしまった打線が和田を打てるか…!?
 ソフトバンク超強力打線に投手陣がどう挑むか。古田不在でリードに影響は!?

地上波ではTBS系列で楽天×巨人。
☆北海道・関西は日本ハム×阪神に、広島地区は広島×西武にそれぞれ差し替え。
BS-1で日本ハム×阪神の中継あり。CS各局の中継は、スカパーHPでご確認を。

| | コメント (6) | トラックバック (7)

2005.05.05

[中日6回戦]首位と4位には…(以下略)

あー、もう。どうせ負けるんだったら、ウッズに暴行された時に、
「こんなことされちゃ試合なんか出来ない!!」
…とか言って、怒って帰る方がよっぽどカッコよかったね。

 ◇中日×ヤクルト6回戦(中日5勝1敗/ナゴヤD・33000)

Swallows 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
Dragons 0 0 0 0 0 0 1 0 X 1 4 0
(ヤ)●藤井―吉川=小野
(中)○落合―岡本―岩瀬=谷繁

【勝】落合 4試合1勝 【S】岩瀬 13試合1勝9S 【敗】藤井 5試合1勝2敗

これでは藤井は全くの殴られ損です。納得がいきません。
ウッズは退場を宣告された後もふてぶてしくベンチに居座っていたし、
監督は監督で「乱闘が起こるのも野球。暴力行為が起こるのも野球。」と、
まるで暴力行為を肯定するような発言をする。全く持って許せません。
優勝のためなら、相手チームの選手に暴行を加えても平気なんだね。全くドラゴンズは恐ろしいチームだよ。万が一、藤井が大怪我してたらどう責任取るつもりだったんだ。
負け犬の遠吠え…とか言われようと構いません。きょうはすごく怒ってるんです。

にしても、自チームのエースを傷物にされた上に何の抵抗も出来ずに負ける燕打線。
かなり情けないです。悔しいです。腹立たしいです。

…ってか、先制された直後の8回表一死一・三塁の場面で

藤井に代打・リグス…って何なんですか。(悲)
その時点で、テレビの前の私のテンションはヘナヘナに萎えちゃいましたよ。(涙)
案の定、箸にも棒にもかからないどん詰まりのファーストフライでしたよ。

まったく、何なんですか。あれは。打てない助っ人はアルモンテだけで十分ですよ。(涙)

| | コメント (6) | トラックバック (13)

JR福知山線で脱線事故/死傷者200人以上(BlogPet)

きょうは、運転したかもー。
それにしてもJRが運転♪
それにしても同志社が大破しないです。


きょう・あすは愛媛県は松山市にあります「松山坊ちゃんスタジアム」での試合。
今年は四国独立リーグが間もなく始まるということもあり、四国の野球好きな方ですな。
最後の方、あんまり試合がつまらないから、本当に川島の自責点と言えるのはラロッカの2ランのみ。
立ち上がりの2アウトをポンポンと取った後だっただけに、もったいなかった。
外野のまずい守備に足を引っ張られながらも、7回を3失点とまずまずの出来。
200本への最後の仕上げにかかります。
こんばんは、つげさんです。
◇ヤクルト×広島4回戦(2勝2敗/松山・1491Swallows0014984)123456789RHECarp210080(広)○小山田=倉(ヤ)●川島―吉川=古田【勝】小山田4試合3勝1敗【敗】川島1試合1敗HR:ラロッカ2号(1表=2ラン)試合の方はですね。
川島が一軍復帰後初のリーグ横断裏日本シリーズが、ついに実現します。
はたして、きょうの記録達成はあすに持ち越しです。
5月17日から1999本目の肥えた四国の野球ファンの方、あんまり試合がつまらないから、めちゃイケ!見てたんだぁ…。
ま、結果から言いますと、きょうの古田さんが2000本についに王手をかけた。
川島はバッティングでも奮闘。
ラッキーな内野安打と野手の皆さん、もっと奮起してください。
ヒット8本打って0点…って、かなりまずいっす。
3・4番に当たりが出なかったんですよね。
それにしても、よゐこ有野の奥さんはなかなかおキレイな方もたいそう盛り上がっていることと思います。
こんばんは、つげさんです。
◇ヤクルト×広島4回戦(2勝2敗/松山・1491Swallows000本への最後の方はですね。
川島が一軍復帰後初のマウンドでした。
外野のお見合いによる不運な走者(記録は安打)が生還したことによるものですから、本当に川島の自責点と言えるのはどちらなのか…。
それでは、ここでお知らせです。
そんな目の安打。
野手のグラブをはじくレフト前で、古田さんにとって通算19日まで、フルキャスト宮城スタジアムにおいて、セ・パ交流戦「楽天×ヤクルト」(別名:最弱球団決定戦)が開催されます。
はたして12球団一弱っちいのはラロッカの2ランのみ。
立ち上がりの2アウトをポンポンと取った後だっただけに、もったいなかった。
もしかしたら、9回裏にもう1打席くらい回ってこないかなぁ…とかも思ったんだぁ…。
ま、結果から言いますと、投手がそこそこ頑張っても勝てなくなってしまった楽天と、きょうの記録達成には至らなかったものの、第4打席のレフト前ヒットが古田さんが200080(広)○小山田=倉(ヤ)●川島―吉川=古田【勝】小山田4試合3勝1敗【敗】川島1試合1敗HR:ラロッカ2号(1表=2ラン)試合の方の目の前で2打数2安打。
残念ながら、記録達成はなったのか。
こうご期待。


*このエントリは、BlogPetの「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[速報]ナゴヤDで暴行事件発生

プロ野球・中日×ヤクルト戦が行われているナゴヤドームで、
中日のタイロン・ウッズ選手がヤクルトの藤井秀悟投手にいきなり殴りかかるという暴行事件が発生。

5日午後4時30分過ぎ、5回裏の中日の攻撃中に事件は起きた。
藤井がウッズの打席で投じた3球目が内角をえぐったことにウッズが激昂。
マウンド上で無抵抗の藤井に対し、いきなりの右フックをお見舞いしました。
藤井はマウンド付近に倒れこみ、一時は担架まで運び込まれるなどドーム内は騒然。

当然、ウッズは退場に。心配された藤井も大事には至らず、その後のマウンドも無難にこなしました。落合、藤井のせっかくの投手戦に変なところで水をさされた格好です。

ちなみに、試合の方は5回を終わって0-0。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.05.04

[中日5回戦]首位と3位には天と地の差があった

ハムファンでもある私のお気に入りブログの1つ「ぼんのすけのこっそり日記」の中で、
ぼんのすけさんが野球観戦で栄養補給するという話をしていた。

あー、なるほどなぁ…と思いました。その気持ちは私もわかるような気がします。
ここのところ、新しく入った職員(派遣側も病院側も含め)に対しての業務の引継ぎやら指導やらが重なっていらんことでイライラしてばかり。
3月まで一緒に働いていた人が急に辞めてしまった影響で、
私の労働時間は増えるばかり。誰も彼もが私を頼ってくることがかなりキツい。
その上、きのうは私の勤務する病院が、休日輪番の当番病院に当たっていたこともあり
患者がごっちゃり押し寄せた。夜勤を終えて休日だったはずの私までが
電話で呼び出されて仕事する羽目に。正直、かなり疲れておるのです。

そんなハードワークの中において、私の数少ない楽しみがスカパーや札幌Dでの
野球観戦であり、そんなささくれ立った気持ちを和ませてくれるのだが…。

 ◇中日×ヤクルト5回戦(中日4勝1敗/ナゴヤD・37900)

Swallows 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 7 0
Dragons 2 4 2 4 0 0 0 0 X 12 13 0
(ヤ)●館山―山本―山部=小野・米野
(中)○朝倉=谷繁

【勝】朝倉 5試合2勝1敗 【敗】館山 5試合1勝1敗
HR:立浪1号(1裏=2ラン) 2号(2裏=3ラン) ウッズ9号(4裏=2ラン)

きょうはファイターズもスワローズも大敗。
スワローズの方は打たれて失点してるだけまだマシ…という程度だ。

前述のような状況のため、今夜はなんだか体調が思わしくない(気がする)。
一緒に仕事している警備のおっちゃんにも「なんだか顔色悪いよ」と言われたし。

これで、どちらかでもド派手に勝ってくれていればまだよかったんだが…。
これでは栄養補給どころか体中に猛毒をぶちまけられた気分である。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005.05.03

[中日4回戦]首位と2位だが差は歴然

午後3:00開始だったので、日本ハム戦終了後にいそいそと見始めましたが…。
ま、首位と2位の対決といっても、その差は歴然ですからねぇ。(^^;;;

 ◇中日×ヤクルト4回戦(中日3勝1敗/ナゴヤD・36800)

Swallows 0 1 0 0 2 0 0 0 0 3 10 0
Dragons 3 3 0 0 0 2 1 0 X 9 16 0
(ヤ)●石川―花田―山部―佐藤賢=小野
(中)○山本昌―岡本―川岸=谷繁

【勝】山本昌 4試合3勝 【敗】石川 5試合2勝2敗
HR:鈴木2号(2表=ソロ)

石川はどうしても立ち上がりに簡単に失点を許す傾向があるなぁ。
こういう展開だと、どうしても相手のペースにならざるを得ない。

この日のNHK総合の中継には、森山周一郎氏がゲスト出演。
大の中日ファンだとかで、いろいろと面白い話をしていた。
6回裏無死一塁でエンドランをするかどうか…という話のときに、
 結局は、エンドランをものの見事に決められてしまうのですが…。
カウント2-1から1球外して2-2になった場面で、古田だったら
2球続けてウエスト(1球はずす)しますよねぇ…とかいう話になった。
このへんが、(古田と小野の)経験の差ですよねぇ…とかいう話に。

ま、確かにそんな気もするけど…。
小野も頑張ってるんだけどなぁ。首位・中日相手は荷が重かったかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.01

[阪神6回戦]阪神3タテ!! 6連勝!! 貯金1!!! そして…。

うわぁ…。一体どうしちゃったんでしょう。ヤクルト、強いですよね!?
開幕3連戦で負け越した阪神相手にあれよあれよで3タテ。

古田さん2000本安打達成から始まった連勝は、ついに「6」となり、
開幕当初は夢にも思わなかった貯金1。 マ、マジですか!?

 ◇ヤクルト×阪神6回戦(ヤクルト4勝2敗/神宮・26333)

Tigers 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 10 0
Swallows 1 0 4 0 0 0 0 0 X 5 8 1
(神)●能見―橋本―吉野―江草=矢野
(ヤ)○高井―吉川―五十嵐―石井=小野

【勝】高井 5試合2勝1敗 【敗】能見 5試合1勝1敗
HR:

しかもですねぇ。ついこないだまで最下位独走状態だったはずのスワローズが、
いつの間にか2位タイにまで浮上。にわかには信じられません。(^^;;;

    勝率 勝差
1 中日 26 17 9 0 .654
2 ヤクルト 23 12 11 0 .522 3.5
2 広島 24 12 11 1 .522 3.5
4 阪神 27 13 13 1 .500 4.0
5 横浜 24 9 13 2 .409 6.0
6 讀賣 26 10 16 0 .385 7.0

福岡ヤフーDでは某うさぎチームと最下位争いをしていたチームが、
火曜日からはナゴヤDで中日と首位攻防戦ですよ。マ、マジですか!?

あまりに好調すぎて、かえって怖いです。(^^;;;

| | コメント (5) | トラックバック (8)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »