« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005.08.31

♪地球の男に飽きたところよっ

今週の「ふれあいホール」は「そっくり!? 戦後歌謡史」ということで、
あまたの物まね芸人が登場し、美空ひばりやらピンクレディーやらの物まねを
披露してくれました。あの甲高い声の活動弁士・山崎バニラさんも久々に登場。
 ※ 公式HPを見たところ、彼女は新しいジャイ子の声をやっておられるそうで。
 そういえばメインの声優が変わってからのドラえもんは、あまり見てませんねぇ。
 チラチラッと見ることはあるんですけど…。そっか、ジャイ子の声も変わったのね。

…と、話が横道にそれてしまいました。
山崎バニラさんも1年ぶりにバニラムードと再会し、その成長振りに感激して
おられたそうです。

で、ですね。今週のバニラムードは、番組のテーマにちなんで
戦後のヒット曲を演奏。(月)はリンゴの唄、(水)がピンクレディーのUFOです。

そのUFO。振り付けあり悩殺吐息あり…のすごいアレンジでありました。
とりあえず、画面写真を後ほど載せておこうと思いますので、お楽しみに。


さて。これを実際に書いているのは9月1日なんですけど、
きのう(つまり8/31)の深夜、バニラーのチャットルームに
久々に顔を出しました。ま、他愛もない話をいろいろとね。するわけですよ。
きょうのあのUFOの振り付けはかわいかったね…とか、いろいろと。
ふれあいホールに実際に観覧に行かれている常連さんも多く顔を出して
おられるので、いろいろと収録裏話を聞いたりとかもしてるわけですね。

…うーん、前置きが長いな。

何が言いたいのかといいますと。前から気になっててブログでも触れた疑問。
「ふれあいホール、9月で終わる」って話は本当なの!? … 聞いてみました。
バニラーの皆さんからは、収録の現場で、スーツのお兄さん(でしたっけ!?)に聞いても
あいまいな答えしか返ってこない…と、グチ混じりのコメント。ふむむ…。

主な9月終了説の根拠としては、前の記事で書いたNHK側の会見コメが1つ。
それと、当ブログでは紹介してませんでしたが、12月4日(日)に宮城県白石市と
いうところで"バニラムードの夕べ"なるイベントが開催されること。
 日曜の夕方に関東エリア以外でイベントが組まれた…ということは、
 月曜日の朝までに帰って、NHKの番組に出るのは不可能なんじゃ!? …という。

そして、昨年は年末に放送していた"番組総集編"が9月末に予定されていること。

で、前回の記事で触れたテレビ雑誌で確かめようと思ったが、
どの雑誌をめくっても"最終回"を示すマークはついていず噂の真偽を判断しかねて
おりました。で、思い切って聞いてみたわけですが…。はっきりと"終了"を断言できる
証拠はないのでした。番組が続くなら、そろそろ観覧募集が出るはずなので、それで
確認するしかないかなぁ…で、話は終わるはずでした。…ところが。

チャットを終えて、そういえば…と思ってチェックしたある事柄から、(あくまで私の中で)
この件に関する限りなく答えに近い確証を得るにいたりました。私、大慌てでチャットに
戻って、そのことを伝えましたよ。今の段階では、あまりおおっぴらにしたくないので、
このくらいで留めておきますが…。

なんか、すごく思わせぶりな書き方で申し訳ないんですが…。これ、書き方がすごく
難しいの。出戻りチャットの大半は"NEW気ま日記編集会議"でしたから。(^^;;;


"バニラムードの夕べ"につきましては、ネイキッドさんちの、こちらの記事をご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[讀賣16回戦]6点差 ひっくり返され 涙雨…

…大阪ドームに 雨など降らぬさ。以上、つげさん心の短歌でございます。
(解説:一つの短歌の中でボケと突っ込みを同時にやるという高度な技だ)←ほんとかよ

 ◇讀賣×ヤクルト16回戦(ヤクルト9勝7敗/大阪D・33020)

Swallows 4 0 0 1 1 0 0 0 1 7 12 0
Giants 0 0 0 0 5 1 0 2 X 8 15 0
(ヤ)ゴンザレス―山部―花田―高井―●五十嵐=小野
(讀)マレン―ミアディッチ―シコースキー―○久保―[S]林=小田・村田
HR:岩村24号(5表=ソロ) 二岡15号(5裏=3ラン) 小久保27号(5裏=ソロ)

【勝】久保 54試合6勝3敗7S
【S】林 46試合2勝2敗11S
【敗】五十嵐 37試合3勝2敗4S

これといって敗因が思いつかないのですが…。
強いて挙げれば、ゴンザレス引っ張りすぎってことかなぁ。
二岡に3ラン打たれて小久保にもHRを浴び、阿部の当たりも凡打にはなったが、
おそらく神宮であればスタンドインしていたであろう特大のライトフライ。
遅くても、このあたりで何らかの手を打っておけば、HRの失点だけで済んだんじゃ
ないかなぁ…という気がするのね。この時の私、さすがにちょっと見てられなくなって、
しばらくテレビの前から離れてたんですよ。で、ちょっと気になって戻ってみたところ、
5点取られてランナーがいて…まだゴンザレスがマウンドにいました。

こりゃ、いくらなんでも引っ張りすぎでしょう。
ここのところ4連勝していたとはいえ、相手は(自称)史上最強打線たるウサギ組。
ちょっと力のない投手にはかさにかかって襲い掛かってくるんですわ。
こんなこと思いたくないけど、6-0で大量リードだったから油断した!?

地上波の中継が始まる前に、きのう同様一挙4点。そりゃ後悔しましたとも。(笑)
きょうもまた視聴率に貢献できなくてごめんなさいねぇ…とか書こうと思ってた。

地上波の中継は6-7になったところで終わってますが、実はもう1点取られていて、
9回表に代打・土橋の犠飛(?)で1点を返したものの、あと1本が出ず…という展開。
とりあえず、あすにはつながる終わり方だったようなので、今年のヤクルトにとって
まさに記念すべき球場であるところの松山坊ちゃんスタジアムで仕切り直しを。


岩村が通算150本塁打達成。おめでとうございます。

お母さんにいい報告が出来ますね。試合に負けちゃったのは残念ですけど…。

| | コメント (5) | トラックバック (6)

2005.08.30

せんきょ、はじまる

いよいよ、衆院選公示。9月11日の投票日まで、また騒がしくなるわけで。

私の住んでる帯広市・十勝管内全域が選挙区となる北海道11区には、
以下の3人さんが立候補。それぞれの第一声が地元CATVで報じられてた。

氏名 年齢 重複 前歴 党派 派閥 新旧別
石川 知裕 32 元議員秘書  
中川 昭一 52 経済産業相
長谷部昭夫 61   元帯広市議  

正直なところ、ウチの選挙区は無風かな…という気はするのです。

なんだかんだ言って、やはり現職の大臣がいるわけですし。よほどのことがない限り、勝敗の行方に影響はないんだろうな…という印象が強いです。世間では"刺客"がどうしたとか"新党"がどうしたとか、いろいろ騒がれてますけどねぇ。この選挙区に関しては、そんなことは無縁(のはず)です。(^^;;;

ウチのブログの読者の方で"俺の、私の選挙区では刺客が立候補してるよ"とか、"私のところには新党の候補者がいるよ"いう方は、どのくらいいらっしゃるんですかねぇ。個人的には、あのホリエモンが第一声でどんな話をしたのか…というのが、非常に興味しんしんです。無所属で志を試す…と言いながら、自民党本部で出馬会見をするという訳のわからないことをする彼。北朝鮮には制裁ではなく、むしろ経済支援をすればいいとか言っちゃう彼。それがうまく行っていないから、あそこまで事態がこじれてるというのが、どうもご理解できてない様子。どこまで本気なのか、はっきり言って"謎"です。

…と、話が横筋にそれました。"刺客"とか"新党"とかの話は日を改めてじっくり。

北海道比例区(定数8)は自・公・民・共・社の既存5党と鈴木宗男氏が立ち上げた"新党大地"の6党が届出。前回の衆院選では民4・自3・公1という結果に。昨年の参院選で48万票余りを獲得した鈴木宗男票がどのように流れるかが、大きく影響を及ぼしそう。単純に48万票が新党大地に流れれば、名簿1位の宗男氏が当選⇒国政復帰となるのは確実なわけで…。さぁ、どうなるんでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

[讀賣15回戦]きょうも1点差勝ちで4連勝

いわゆる"スミ3"というやつですが、なんとか勝ちましたよ。
この試合、私がG+を見始めたのは、3点取った後の城石の打席からだったので、
ひとっつも面白くありませんでした。(苦笑) ま、けど、勝ったからいいか。(^^;;;

 ◇讀賣×ヤクルト15回戦(ヤクルト9勝6敗/大阪D・34039)

Swallows 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 7 0
Giants 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2 9 0
(ヤ)○ガトームソン―吉川―山部―花田―[S]石井
(讀)●高橋尚=村田
HR:

【勝】ガトームソン 15試合7勝5敗
【S】石井 50試合4勝3敗31S
【敗】高橋尚 22試合7勝8敗

先週末の横浜3連戦に続いての1点差勝利。なかなかヤらしい感じになってきた。
ガトちゃんもヒットは結構打たれていたが、なんとか要所を締めていたようで。
途中入団で既に7勝。2ケタも十分狙えるのでは!? … という淡い期待もしてしまう。

上位2球団の直接対決が流れたため、首位とのゲーム差がちょっと詰まって"9"。
まだまだ先は長いのですが、終わってみればいつの間にかV争いに絡んでた…。
そんな感じの展開を超希望。スワローズはまだ33試合も残してますのでね。
何かの拍子にポンポンと浮上していく可能性も無きにしも非ず。乞うご期待。

| | コメント (6) | トラックバック (8)

2005.08.29

[夏の甲子園2005]駒苫問題、なんとか和解(BlogPet)

きょうどんで、和解した。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.28

[横浜13回戦]3連続1点差勝ちでハマを3タテ

こんばんは。丸山弁護士のマラソン姿を見てウルっと来てしまったつげさんです。
ブログの更新もままならないほど、仕事で疲れきってしまっているため、
体力的にも精神的にも、なんだかもろくなってきているみたいです。(^^;;;

それはさておき、週末のスワローズ。
まさかの青木サヨナラHR、ユウイチのサヨナラ打に続いての1点差勝ち。
8回裏、岩村の決勝打。ほんとにお母さんは喜んでくれると思いますよ。

 ◇ヤクルト×横浜13回戦(ヤクルト7勝6敗/神宮・14126)

BayStars 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2 7 1
Swallows 0 2 0 0 0 0 0 1 X 3 6 0
(横)●三浦=相川
(ヤ)○藤井―[S]石井=小野
HR:リグス8号(2裏=2ラン)

【勝】藤井 21試合8勝8敗
【S】石井 49試合4勝3敗30S
【敗】三浦 22試合7勝8敗

上位球団も揃って勝っているので、なかなか差は縮まらないわけですが…。
阪神を応援する…とか言いましたが、○○の可能性がなくなるまでは
諦めずに応燕を繰り広げていきたいと思っております。

ま、けどTかDかどちらか…と言われれば、そりゃもう(特に今季に関しては)
120%…いやいや150%、T応援派ですのでね。(^^;;;

| | コメント (7) | トラックバック (9)

2005.08.27

[夏の甲子園2005]駒苫問題、なんとか和解

…いろいろあったけど、とりあえず和解できたようで何よりだわね。

けどね。きょうの新聞広告を見ると、センセーショナルな某写真週刊誌の見出しや
"被害生徒父親の告白手記"なんてのが載っているらしい某週刊誌の見出しが
否応なしに目に留まってしまいます。

そう。

この手の雑誌は、間の悪いことに北海道では土曜日発売なんである。

どんだけ怒り心頭だったか知らないけれど、もう少し冷静に対処すべきだったね。
今となっては、自分がどれだけ感情的になってたかの記録にしかならんわけでしょ。
和解の際に父親が言ってた"息子(=部員)の心の傷"ってやつの原因は
父親の方にも多分にあるような気がしてならんわけですよ。

いくら和解したと言ったって、これだけ事を荒立ててしまったのだから、
この息子、これからずっと後ろ指刺されて生きていくことになるわけですよ。

 "あいつのせいで…" "あいつの親が余計なことばかり言ったから…"

そりゃ面と向かって本人には言わないまでも、心の中ではきっとみんなそう思うわけ。
本当に息子のことを真剣に考える親なら、こんな馬鹿げたやり方はしなかったわな。
もっと、うまい解決の仕方があったはずだよ。ほんと、何の関係もない部員がいい迷惑。

"ウチの息子に謝罪しろ。さもないと…"的な雰囲気を作り出してしまった時点で失敗。
調子に乗ってマスコミにいろいろしゃべっちゃったから引くに引けなくなったのかね。
"ウチの息子"と引き換えに"57年ぶりの大偉業"をふいにされかねない…となれば、
そりゃ、やっぱり被害者側を叩く論調だって出てきます。実際、流れてくる情報だけ
見ると、その部員の側にも非はあるわけで。(エラーでにやにや、ご飯食べないetc.)

…なんだか、うまくまとめられませんが…。

今回の一件、一番悪いのはそりゃ野球部長なんだと思うが、
親バカも度が過ぎるとバカ親になってしまう…という、いい見本だったよね。

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2005.08.26

[横浜11回戦]母に捧げるホームラン

岩村選手のお母様が亡くなられたんだそうです。
そんな日に2HRを含む3安打4打点の大活躍。期する物があったんだと思います。

 ◇ヤクルト×横浜11回戦(横浜6勝5敗/神宮・15849)

BayStars 1 0 0 1 2 0 0 3 0 7 15 1
Swallows 0 0 3 1 2 0 1 0 1x 8 9 0
(横)斎藤―木塚―秦―●加藤=相川
(ヤ)石川―五十嵐―山部―吉川―○石井=小野
HR:小池16号(1表=ソロ) ラミレス29号(3裏=2ラン)
   小野5号(4裏=ソロ) 岩村22号(5裏=2ラン) 23号(7裏=ソロ)
   青木2号(9裏=ソロ)

【勝】石井 47試合3勝3敗29S
【敗】加藤 32試合3勝5敗

試合は、青木の4月6日以来となる第2号がサヨナラHRとなりヤクルト勝利。
きょうの青木は、このHRも含めて4打数3安打。その打率はな、なんと.353
2位以下に居並ぶ福留・金本・井端…といった面々の打率は3割2分台の前半。
こんなに1人が独走する首位打者争いも珍しいような気がする。とにかく、すげぇ。


ここに来て、阪神が連敗モードに入ったようで、2位・中日と1.5差に。
ヤクルトとの差も"9.5"と再び1桁に戻ったわけだが…。とりあえずは2位を目指したい。

小耳に挟んだ話では、信じられない話だがセ・リーグにも"プレーオフ"があるらしく、
勝率1位と勝ち数1位が異なった場合に"プレーオフ"が行われる…という噂を聞いた。
さすがに3位で勝ち数が1位より多いという状況は考えにくいので、当面の目標として
2位・中日を早いところ射程圏に収めたい。そうなると、こないだの連敗は痛すぎ…。

| | コメント (8) | トラックバック (10)

2005.08.24

[中日16回戦]…以下同文につき

遠路はるばる、茨城はひたちなかへの遠征となったスワローズ。

これ以降…試合内容については、きのうと"ほぼ以下同文"だったようなので、
省略させていただきます。(涙)

| | コメント (5) | トラックバック (3)

ひさびさバニラ、今週はあまり目立たず…。

ヤクルトが連敗したり、駒苫の問題があったり…と、ちょっと凹み気味のつげさんです。
そんな時には、久々にバニラムードの記事でも書いてリフレッシュしましょう。(^^;;;

8月中旬に昨年と同様2週間の夏休みをとり、今週から復帰のバニラムード。
今週は、まぁ、いろんなすごい子供たちが登場し技を披露…というありがちな企画。
きょうは、どうやら"兄弟・姉妹"という共通のくくりがあったようで、
ジャグリングとタップダンスと津軽三味線…の3組が登場してました。

今週の演奏は、どうやら"映画音楽"がテーマだったようで、
月曜日がE.T.のテーマ、水曜日(きょう)がネバーエンディングストーリー。
あと、月曜日のオープニングがそれまでと、かなり違った感じにアレンジされてた。
バニラー掲示板によれば、フルート・バイオリン・チェロのパートを、それぞれ
違う楽器で演奏させていたようだ…とのこと。私は、そういう技術的なことは
サッパリなだけに、そういうことをすぐ聴き分けられるのはちょっと羨ましい。


さて。バニラムードといえば、お昼ですよ! ふれあいホールなんですけど…。
ここ最近、バニラーの間では"ふれあいホール9月で終了"説がまことしやかに
囁かれております。NHK側の会見で"10月から昼の新番組を"という話があったとか
なかったとか。熱いバニラー達は、それまでに1度でも多く見に行こう!! と、
策を練ったりしているようだ。距離的にも金銭的にも私には無理な相談だが…。

そこでお願い。毎月24日は(本州では)翌月の月刊テレビ情報誌が発売される日。
きょうも各書店の店頭には9月の番組表が載った雑誌が並んでいるはずなのです。
番組終了説の真偽が気になるバニラーのあなた。今からでもちょこちょこっと
本屋やコンビニに行って、NHKの番組表を見てきてはもらえないでしょうか。

9月最終週には"番組総集編"の放送が予定されているらしいのですが、
 ↑これだけ見ても、9月終了説はかなり説得力を持っているのである。
その最終日である(愛・地球博も終わっているので)9月30日(金)のお昼

ふれあいホールのところに[終]マークがついているのかいないのか。
そこのところをちょこっと見てきていただきたいのです。北海道では26日にならないと
月刊のテレビ雑誌は発売にならないもんで…少しでも早く真相が知りたいのですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

我が家のポストに…

早くも、こんなものが投げ込まれておりますた。
総選挙公示まであと6日。宗男氏に勝算はあるのか!?

050824_1244.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[夏の甲子園2005]駒苫の問題、その後の話。

前回の記事を書いたのは、暴力云々の第一報が出て間もないころだった事もあり、
詳細な状況もわからぬまま、気持ちの整理もつかないままだったわけです。
とりあえず「駒大苫小牧、どうなっちゃうんだろう!?」という心配がまず先にあって。

で、記事をアップしてからほぼまる1日。
私が寄らせていただく野球系ブログにもちらほらと関連記事がアップされてた。
そりゃ、もう真剣に読み漁ります。皆さん、今回のことをどんな風に見てるんだろうと。
それと並行して各スポーツ紙やYahoo! あたりをチェックして新しい動向が
掲載されていないかと気をもんだりもしてました。

で、気になった記事をいくつか取り上げてみましょうか。

駒苫暴力問題で部員「20回以上殴られた」(日刊スポ)

平手で3,4回殴ったとする学校側と3,40発殴られたと訴える部員の保護者。
あまりにも言い分が異なるから、じゃ、実際どうなんだ…と本人に事情聴取。
すると…。

きちんと数えていなかったが20回以上殴られたのは間違いない

…だそうだ。これって、どういうこと!? 親の言い分もなんだか嘘っぽいじゃん。
ってか、お前。きちんと数えていなかったくせに適当な事言うんじゃねぇや。
なぜ、間違いない!なんて、長井秀和ばりに言い切れるんだ!?
そんな曖昧な息子の証言をことさら大げさに取り上げて騒いでる親、ウザい。

■ これは各スポーツ紙に出てましたが、高野連にもこの件について電話殺到。

スポニチの記事から引用しますと、約300件ほど寄せられた電話のうちの…、

約6割が「頑張ったのは生徒。駒大苫小牧の優勝を取り消さないで」というもの。
残りの4割は「明徳義塾と同じ処分をすべきだ」という意見だった。

…そうです。では、残りの4割の方に聞いてみたいのですが、
駒大苫小牧に夏の甲子園に出場すらしていない明徳義塾と同じ処分をすることは
はたして可能なんでしょうかね。それをしようとすると、2005年の夏をまた一から
やり直さなきゃいけなくなるんですけど、そんなこと物理的に不可能ですよね?

ま、ご存知の方はご存知の通り、私は道産子ですので、多少なりとも
私の意見には道産子としての贔屓目はあると思います。それでも。
今回の件、3~40発(…というのも疑わしいが)殴ったのは野球部の部長。
冷静になって考えれば、生徒は被害者でこそあれ、何も悪いことはしていない。
その生徒たちの頑張りに寄ってもたらされた栄光を大人の都合で取り上げるような
ことは絶対にあって欲しくないと思うのです。

最後にもうひとつ気になった記事。Yahoo! ニュースから。

駒大苫小牧の「暴力事件は残念」=小泉首相(Yahoo! =時事)

これに関してはたった一言。
こんなこと、いちいち一国の首相がコメントするようなことじゃないっつーの。(苦笑)


私だけ? ま、報告が遅れたことも問題なんだとは思うが、
そもそも、(この件への)対応は大会後でいいですから…とか言ってたはずの保護者が、
事が明るみになった途端に「いまだに謝罪もないのはどういうことだ」とか言ってるのは
やっぱり、なーんかおかしいと思う。 (だいたひかる風)

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2005.08.23

[中日15回戦]なんかお粗末な試合でしたわ

遠路はるばる、福島はいわきへの遠征となったスワローズ。
試合中はずっと雨降り。フジ739の映りも悪く、時折受信不能となる中で我慢の観戦。
山本昌もガトームソンも走者は出すものの、要所を締めて6回までは0-0という展開。

そう。試合が動いたのは7回。勝敗の分かれ目となったのもこの回でした…。

 ◇ヤクルト×中日15回戦(中日10勝5敗/いわき・12857)

Tigers 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3 7 1
Swallows 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 7 1
(中)○山本昌―岡本―平井―[S]岩瀬=谷繁
(ヤ)●ガトームソン―吉川=小野
HR:森野6号(7表=3ラン) ラミレス28号(7裏=ソロ)

【勝】山本昌 20試合7勝6敗
【S】岩瀬 45試合1勝1敗33S
【敗】ガトームソン 14試合6勝5敗

決勝点となった森野の3ラン。バッテリーの配球の甘さが指摘されておりました。
あの場面、カウント2-0で圧倒的にバッテリー側に有利なカウントでした。
…にもかかわらず、意図がよくわからない甘い球が行ってしまいガツンと…。
ガトームソンも何とか踏ん張っていましたが、あの回だけでした。もったいない。

その裏。先頭打者のラミレスがレフトスタンドへのHR。
7回表、ラミちゃんの緩慢なプレーがめぐりめぐって森野のHRを呼んだ…なんて
ことも話の中に出てたものですから、それを取り返したい気持ちもあったのかも。
宮出がファールで粘った末にセンター前ヒットで出塁。いいぞいいぞ。

ここでリグスがつなげば面白い展開になるぞ…と思った矢先。
リグスの放った打球は、好捕を試みた荒木のグラブにすっぽり⇒4-6-3併殺。
アレが抜けていれば、無死一・二(三)塁。下位打線に入るとはいえ、チャンスは
限りなく拡大されていたはず。ああ、それなのに…一気に二死無走者。
私のテンションは一気にしぼみ、チームも負けてしまいましたよ。残念。

けどね。やっぱりね。序盤の走塁死2つがもったいなさ過ぎです。
1回の先頭打者・青木がレフトにヒットを放つも二塁を欲張りタッチアウト。
2回一死一塁。リグス先生の打球はショートが取れず外野へ。
一走・宮出が三塁を狙うもタッチアウト。このあたり、どうもチグハグ感が。
「地方球場だから外野と内野の距離感覚がつかめてないのでは…」という
解説がされてたが…。せっかくつかみかけた流れをミスミス手放してしまった。

| | コメント (3) | トラックバック (4)

[夏の甲子園2005]何もこんなタイミングでねぇ…。

あれ、[夏の甲子園2005]!?
もう夏の甲子園は終わったじゃないか…といぶかしげに思う方もいるでしょう。
ま、もろもろの後日談ってことで。

駒大苫小牧の連覇。北海道はそりゃもう大変な盛り上がりでした。

駒苫のイベントホールはもちろん、札幌の地下街その他。意外なところでは、
ライジングサンロックフェスティバルの会場にも、駒苫優勝に沸く若者たちの姿。
連覇の号外配りには多くの人が押し寄せ、ほとんど放り投げてる状態。
きのう、無事に凱旋したナインを出迎えようと新千歳空港には2200人もの人。

あす(23日)には、地元・苫小牧と札幌で優勝報告会が開催されます。
そんな折も折。Yahoo! ニュースに配信されたニュース記事に少なからぬ衝撃。

駒大苫小牧の野球部長が部員に暴力、高野連に報告せず(Yahoo! =讀賣)
駒苫、部長が部員に暴行=高野連に報告せず―高校野球(Yahoo! =時事)
駒大苫小牧野球部長、6月と8月に部員に暴力 謹慎処分(Yahoo! =朝日)

各スポーツ紙にも、恐らく速報は出てるでしょうが、もう少し詳しい記事が出てから
リンクを張っておこうか…と思っています。

駒大苫小牧の野球部長といえば、決勝戦のゲームセットの瞬間、香田監督と派手に
抱擁を交わしていたあの方です。ご覧になっていた方も多かったかもしれませんね。

記事によれば、6月の練習中に1度、そして甲子園入りしてからの8月に1度。
部長が3年生の同じ部員を素手やスリッパで殴った…ということだそうで。
匿名の電話(その部員の保護者から…とする報道もあります)があり、学校側で事実を把握してはいたものの、高野連への報告をしていなかった…ということのようであり。

8月のスリッパで…については、甲子園大会が開会した後(8月7日だそうだ)であり、
明徳義塾の直前での出場辞退が話題になっていたまさにその時期なんですよねぇ。
…なので、この駒大苫小牧の対応は、はっきり言って"甘かった"と言わざるを得ない。
明徳義塾の出場辞退が話題になった際に、万が一、大会開催中に暴力事件が
発覚したらどうするんだろう…ということもちょっとは考えていましたけど…。
その"万が一"が、この時期によりにもよって駒大苫小牧から出てくるなんて…。

手のひら返しの得意なマスコミのことですから、こういう報道をきっかけにして
"実はあんなこともあった""こんなこともしてたのよ"なんていうスキャンダラスな
報道が出てこないとも限らない。せっかく頑張って連覇を勝ち取ったのになぁ。

とりあえず、今言えることは…。
駒苫V2チームの選手の皆様。これから新チームで新たな目標に挑む皆様。
周囲の変な圧力や好奇の目に負けずに、しっかり自分を見失わずに頑張って。
あれだけのことを成し遂げた皆様だから、きっとどんな試練も乗り越えられるはず。

何の縁もゆかりもない私が言うのも変な話だけどね…。


とりあえず、優勝報告会は野球部長抜きで開催されるみたいです。
 [8:00追記]⇒今、めざましテレビ見てたら『優勝報告会は中止』だと言ってた。
まさか、このことで優勝無効…なんてことにはならんよね。私はそれが心配で…。

| | コメント (4) | トラックバック (9)

2005.08.22

[横浜10回戦]門倉のフォークの切れは想定の範囲外(BlogPet)

大きいラミちゃんタイムリーで160BayStars010回戦(横浜6勝4敗/)
横浜・
17745敗
藤井1のままで9回に入っていました
場面などを苦笑したかったの♪
と、つげちゃんが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.21

[阪神17回戦]さすがに、もう"秋"ですかねぇ…。

3連勝じゃなきゃ意味がない…という悲壮な決意で臨んだ阪神3連戦も
終わってみれば1勝2敗と負け越し。阪神とのゲーム差は2桁の"10"に。
可能性がまったくないとは言わないが…さすがに、もう厳しいでしょうねぇ。

 ◇ヤクルト×阪神17回戦(阪神9勝8敗/神宮・30966)

Tigers 0 0 1 0 0 2 0 0 0 3 8 0
Swallows 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 6 1
(神)○安藤―藤川―ウィリアムス―[S]久保田=矢野
(ヤ)●藤井―五十嵐―花田=小野
HR:スペンサー8号(6表=2ラン)

【勝】安藤 20試合7勝5敗
【S】久保田 53試合4勝4敗20S
【敗】藤井 20試合7勝8敗

好調だったはずの野手陣も、安藤―JFKの継投の前に沈黙。
これに"藤井=見殺し王子"という法則が加われば…その顛末は火を見るより明らかだ。

とりあえず、今後は青木の首位打者争い畠山の活躍、さらには小野・米野の
奮起
に期待しつつ、戦況を見守ることとしたいと思います。


ここで、ここをひそかに見ているかもしれない虎ブロガーに朗報(!?)。
以下、虎ブロガーに向けてのメッセージ。例によって例のごとく"雲隠れの術"で。

現実的には、首位・阪神と2位・中日に絞られた感のある今季のペナント。
(9月にヤクルトが猛烈な追い上げを見せれば話は別ですが…、)
そんな状況にならない限りは、心の中で阪神タイガースを応援させていただきたいと。

理由は…私はまだ暴力外国人と中日球団を許してはいないから…。(^^;;;
そんな暴力容認球団が"セ代表"では、ちょっと恥ずかしいような気がしますので。

次節、火・水といわき・ひたちなかでのヤクルト×中日2連戦。自分たちのためにも
中日に優勝させないためにも、必死こいて応燕しますので…虎ブロガーの皆様も
この2日間だけは…(心の中だけでもいいので)燕を応援していただけると幸いです。

はい、終了。気になる方はマウスでドラッグすると、私の思いの一端が
読み取っていただけるかな…と。では、また火曜日の試合記事でお会いしましょう。


そういえば。阪神の中継ぎ・ウィリアムス―藤川―久保田のことを
JFKって最初に言い出したのは誰なんだべ? 偶然とはいえ、すごくゴロもいい。
(優勝すれば)その立役者であることは間違いないし、流行語大賞も狙えるかも。

| | コメント (6) | トラックバック (5)

2005.08.20

[夏の甲子園2005]駒苫、夏連覇。

2年連続で甲子園に出るだけだって、すごいことなのに。
2年連続で甲子園の決勝戦にまで駒を進めて、しかも連覇してしまう。
しかも、北海道の高校が…である。ちょっと前までなら考えられない事態。
正直、いくら駒大苫小牧が強いといったところで、いかんせん北海道の高校。
さすがに連覇は厳しいべ…って思ってた。他校のマークもきついだろうし。
だから、こうして2年連続で決勝に北海道の学校が出ている…というドキドキ感
味わえる…というだけで、すごく幸せ。ここまで来たら勝ってほしい…とは思うが、
それは相手も同じ。今年の決勝戦も最後の最後まで気を抜けない素晴らしい試合だ。

駒大苫小牧 夏連覇!!!!
昭和23年の小倉以来、57年ぶり6校目となる大偉業達成。
しかも、この当時って、まだ"1県1代表"ではなかったんですってね。となると、
現在の49代表が揃う中での連覇は史上初か。ただただ、おめでとう…と言うしか。

テレビで逐一、状況を追って見ていたはずなのに、いまだにどこかで
"夢でも見てるんじゃないだろうか…"という気持ちが渦巻いている。


 ◇第15日・決勝 京都外大西×駒大苫小牧

京都外大西100000200372
駒大苫小牧10001120X592

去年は家でテレビ観戦だったので、スコアが動くたびにブログを更新…とかいう
こともしたけど、今年は土曜日で昼間に勤務だったので、職場の病院で見てた。

これ、本当に本当の話なんだけど、駒大苫小牧の試合中、救急センターには
患者がほっとんど来ませんでした。 患者から電話を受けた看護師から
来院の連絡が来る内線電話もまったくと言っていいほど鳴らずじまい。
…ま、おかげで試合開始から終了までほぼびっちり、テレビの前で、日直の
女子職員と一緒に「あー」とか「おー」とか言いながら試合観戦しましたが。(笑)

彼らの地元から遠く離れた道東の街ですらコレなんですから、
苫小牧や札幌の盛り上がりたるや…ねぇ。実際、札幌の地下街あたりには
今年もかなりの人が集まっていたようだし。ほんと、どでかいことやってくれたよ。

| | コメント (1) | トラックバック (9)

[阪神16回戦]

そりゃね。せっかく相手がみすみすくれた無死満塁のチャンス(3回裏)で、
内野フライをぽこぽこ打ち上げてちゃ点は入らないし勝てませんよ。
あそこから流れはガタガタっと雪崩を打つように阪神サイドに傾いた…気がする。
杉山が4回以降、めっきり調子を上げたような気がするのも錯覚ではないはずで。

 ◇ヤクルト×阪神16回戦(8勝8敗/神宮・34162)

Tigers 0 0 0 1 6 0 1 1 0 9 13 4
Swallows 0 1 0 0 1 0 0 0 1 3 8 2
(神)○杉山―桟原―江草―太陽=矢野
(ヤ)●館山―高井―本間=小野
HR:桧山6号(4表=ソロ) 金本29号(5表=満塁)
   ラミレス27号(5裏=ソロ) 矢野13号(7表=ソロ)
   小野4号(9裏=ソロ)

【勝】杉山 17試合6勝5敗
【敗】館山 18試合8勝4敗

失策、死球、安打で無死満塁…というチャンスが両チームにあったんです。
ヤクルトは内野フライ2本と(惜しいあたりではあったが)一直で、なんと0点。
無死満塁でなるべく点を取らない選手権なんてのがあったら、
確実にチャンピオンになれるすばらしい拙攻ぶり。謙虚過ぎるにもほどがある。

一方の阪神は、押し出し、ライトへのポテンヒット、4番の満塁弾という
そりゃ、首位にいますよね…という、貫禄たっぷりの攻撃で一挙6点。

チーム打率はヤクルトのほうが高いのに、総得点が100点以上違うのよね。
やっぱりデータは嘘をつかないねぇ…ということを改めて実感した次第です。

私はこの時点で見るのやめたし、駒大苫小牧の偉業に興奮しすぎてしまって
"観戦疲れ"したのか、テレビをつけたまま寝ちゃってたので、その後のことは
何もわからん。あしからず。けど、逆転●●の可能性が限りなく遠のいたのは確か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.19

[阪神15回戦]絶対に負けられない戦い。

某テレビ局のサッカー中継のキャッチコピーに、
 絶対に負けられない戦いがそこにはある
…というのが、ありますよね。

きょうからの阪神3連戦。かすかに逆転○○の望みを残すスワローズにとっては、
絶対に負けられない。3連勝じゃなきゃ意味がないのだ。
そんな大事な3連戦を前に古田さんが怪我のため戦線離脱。あー、どうしよう。
きのうは小野が大活躍だったけど、きょうはどうだろう。阪神相手だしなぁ…。

 ◇ヤクルト×阪神15回戦(ヤクルト8勝7敗/神宮・30854)

Tigers 0 1 0 0 0 0 1 0 0 2 8 1
Swallows 2 5 1 0 2 0 2 0 X 12 16 0
(神)●下柳―ダーウィン―太陽=矢野・狩野
(ヤ)○川島―河端―花田―高井=小野
HR:ラミレス26号(1裏=2ラン) 今岡19号(2表=ソロ)
   小野2号(3裏=ソロ) 3号(5裏=2ラン) 畠山1号(7裏=ソロ)

【勝】川島 18試合9勝8敗
【敗】下柳 17試合10勝2敗

結果から申し上げますと、私の心配は思いっきり杞憂だったようです。
まず、小野が連日の大活躍。4打数3安打(うち2HR)で5打点。
ダーウィンとかいう阪神の外国人投手から豪快なアーチをレフトスタンドへ2本。
打った本人も驚いただろうが、私もおそらく神宮で見ていた多くの燕ブロガーさん達も
大いに驚いた。他の打者がダーウィンをなぜか打てなかったんで、なおさらである。
しかもですよ。きのう、きょうで…な、なんと9打数7安打8打点!!!!
一体、どうしちゃったんでしょう。

2回裏の猛攻をいま一度整理してみる。
城石が三塁線を破る二塁打で出塁。
小野がセンターの頭上を襲う。打球はワンバウンドでバックスクリーンに飛び込んで、
エンタイトルツーベースとなり、城石生還。これがこの回1点目。
そういえば、エンタイトルツーベースなんて久しく見てませんでした。
今は広くてフェンスの高いドーム球場が主流ですしねぇ。けど、ですね。
昼間の高校野球でも、1本エンタイトルツーベースがあったんですよ。
もう何年も見ていなかったエンタイトルツーベースを1日で2本も目の当たりに。
次に見るのは、いったいいつになるんでしょうかね。(^^;;;

…と、話がそれてしまいました。
次打者・川島は当然の送りバント。下柳と今岡が交錯し送球できず内野安打に。
無死一・三塁として青木。前進守備の間を破るタイムリー。この回2点目。
この時、一塁走者だった川島がスタートを切っていた。なんともヤらしい野球です。
なおも無死一・三塁で宮本がレフトへタイムリー。ここまでで5連打。この回3点目。
しかも、この宮本のヒットが出た段階で早くも先発全員安打にリーチがかかる。
岩村の打球は、あわや…というライトへの特大の当たり。これで無死満塁。

絶好の場面で、第1打席に来日通算150号HRを放っているラミちゃんに打席が回る。
しかし、ここは空振り三振。打ち気にはやったかな…という印象。
一死満塁となり、5番・宮出。きっちりセンター前にはじき返し貴重な追加点2点。
この回5点目が入り、7-1とする。T先発・下柳はここで降板。被安打10で7失点。

打席にはリグス名誉教授。この打席でヒットが出れば、2回一死にして先発全員安打
達成という…ツバメ打線のものすごさ。けど、こういう時って必ず誰かが蚊帳の外に
なっちゃうもんなんですよね。きょうに関してはリグス先生がそうだったようです…。

リグス凡退、この回2度目の打席の城石三振で長い攻撃がようやく終了。

さらにさらに。古田さんの代わりに一軍昇格の畠山が代打で登場した7回に
プロ入り初HRをレフトに叩き込んだ。「本当にプロ初なの!?」というくらいの完璧な
スイング、完璧な弾道。きょうのスワローズはやることなすことすべてうまくいく。

ちょっと余裕ぶっこいて川島を6回で引っ込めてしまったために、ほんの少しだけ
阪神ファンを喜ばせてしまいましたが…、ま、あのくらいならご愛嬌でしょう。

かくして絶対負けられない第1Rはヤクルト圧勝。首位とのゲーム差はまだ"8"。
とにかく、あすもあさっても勝たないと。内容は問わない。とにかく勝ってくれ。

| | コメント (3) | トラックバック (4)

[夏の甲子園2005]駒苫、夏連覇へついに王手!!!!

2回表に相手の失策につけこんで、5点を先制した駒大苫小牧。
しかし、中盤以降は大阪桐蔭・辻内のピッチングに翻弄され、三振の山・山・山。
そうこうするうち、7回には辻内自らの2ランHRなどで3失点。8回に2失点でついに
5-5の同点とされる。9回裏のサヨナラのピンチは何とかしのいだものの、辻内の
ピッチングは衰えを知らず、8~9回に駒苫は5者連続三振を喫する。

この時点で、試合の流れは確実に大阪桐蔭サイドにあった。
辻内が1つストライクを三振を取るたびに湧き上がる44000人の大歓声。
今年の駒苫ナインが初めて感じるであろう強烈なアウェイの空気。
そんな重い雰囲気を一気に変えたのは、駒苫キャプテン林のバットだった…。

 ◇第14日(準決勝)第2試合 大阪桐蔭×駒大苫小牧

10
駒大苫小牧05000000016100
大阪桐蔭0000003200572
HR:辻内 崇伸(大会32号・7裏=2ラン)

北海道民の夢を乗せた打球は、左中間を真っ二つに破る二塁打となる。
駒苫にとって5回以来、実に5イニングぶりの走者。何とかモノにしたい。
五十嵐がキッチリ送りバントを決めて一死三塁。ここで3番・辻が打席に。

…辻内が投じた4球目。高めの球を振り抜くと、打球はライト線を転々。
林がガッツポーズとともに生還。駒苫が再びリードを奪う。辻は二塁へ。
二死から岡山のヒット。辻が本塁を突くがタッチアウト。意地と意地のぶつかり合い。

10回裏、大阪桐蔭は一死から2番・謝敷がヒットで出塁。
1人出れば、前日に1試合3HRを記録した4番・平田に打席が回る。
できれば3人で切りたかった攻撃だったが…。3番・小林を打ち取り二死一塁。
一発出れば逆転サヨナラという状況で4番・平田と対する。
この試合、ここまでの4打席では駒苫の田中・吉岡が無安打に抑えてはいた。
しかし、この場面は緊迫感がまるで違う。テレビの前で祈るような気持ちで見つめる私。

…カウント2-2から外へ逃げる変化球に平田のバットが空を切った。
大会№1の好投手・辻内擁する大阪桐蔭を下し、2年連続の決勝進出を決めた瞬間。
ナインは歓喜に沸いた。その様子はさながら優勝が決まったかのような。
準々決勝、準決勝…と非常に苦しい展開から勝ち上がった。このチームは強い。

前年優勝校が決勝に進むのは、あの桑田・清原のPL学園以来21年ぶりだそうだ。
この時のPLは決勝で敗れ準優勝。夏連覇となれば1948年の小倉以来、57年ぶり。
そんな歴史的な瞬間が見られるのだろうか。あす、午後1時試合開始。はたして…。


決勝の相手は第1試合で宇部商に勝った京都外大西。
こちらの試合は、終盤に入り逆転に次ぐ逆転でめまぐるしい展開。

6-7で迎えた9回表の京都外大西の攻撃。無死一・三塁から南本が投ゴロ。
三本間で走者を挟んだものの、挟殺プレーが失敗に終わり三塁走者がベースに戻る。
打者走者、一塁走者の帰塁を防ぐための一塁への送球がとんでもない悪送球となる。
この間に、三塁走者、挟殺プレーの間に三塁の手前まで来ていた一塁走者が
相次いで生還。8-7と逆転に成功。宇部商守備陣、ミスが大事な場面で出てしまう。
↑字で書くと、ちょっと表現しづらいプレーですね。(^^;;;
野球のわからない人にとっては、何のこっちゃ!? …という感じかも…。
テレビを見ていた私でさえ、最初はちょっとよくわかりませんでしたから。

10-7となった9回裏、宇部商も1点を返し追いすがるが、わずかに及ばず…でした。


あすの決勝戦。京都外大西×駒大苫小牧の放送予定。

テレビ
 ■NHK 13:00~13:50(教育) 13:50~(総合) 13:00~16:00(BS-2)
 ■テレビ朝日系列 12:55~15:55(HTB,ABCは12:30~)

ラジオ
 ■NHKラジオ第一 12:55~
 ■HBCラジオ、ABCラジオ 12:45~

主なところは、こんな感じですかね。私、あしたは昼間の勤務なんですけどねぇ。
午後からは絶対に仕事に身が入らないような気がします。ちょっと大目に見てね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.08.18

[広島16回戦]古田の穴は皆で埋めましょう

きょうの広島市民球場は、さながら「納涼肝試し大会」といった感じでしょうか。
6-1と一方的な試合展開で安心させておいて、終盤に一気に追いつかれるという
本物のお化け屋敷も真っ青な恐怖感をたっぷりと味あわさせられました。(^^;;;

本当にこの3連戦は、巨大扇風機、納涼花火大会、納涼肝試し大会と、
夏休みならではの趣向を凝らした演出が随所に見られて、非常に楽しかったです。
 チーム三振記録とか12球団最多3連発とか派手なことしなくていいから、ごくごく普通に勝ってくれよぉ。

 ◇広島×ヤクルト16回戦(ヤクルト9勝7敗/広島・10534)

Swallows 2 0 0 4 0 0 0 0 2 8 15 1
Carp 0 0 1 0 0 2 1 2 0 6 13 0
(ヤ)石川―○五十嵐―[S]石井=小野
(広)大島―広池―天野―佐竹―佐々岡―●永川=石原・倉
HR:岩村21号(1表=2ラン) 小野1号(4表=3ラン)

【勝】五十嵐 34試合3勝1敗4S
【S】石井 46試合2勝3敗29S
【敗】永川 47試合3勝5敗2S

きょうのポイントらしきものを何点か。

・やはり古田スタメン落ち。ただ、まだ登録抹消はされていない!?
 ベンチで小野のHRを祝福してた…という情報あり。
・古田の代役・小野公誠が、5打数4安打(うち3ラン1本)と大活躍だった件について。
 ただ、先発の石川が12安打も浴びているので、リード面はかなり反省材料あり?
・終盤における同点&勝ち越し劇は城石の自作自演によるところが大きいらしい。
 (城石失策の為)同点打を打たれた五十嵐は自責0。9回表は城石の決勝タイムリー。
試合前に点滴を打っていたはずの岩村だが、
 先制HRと9回には勝ち越しの口火を切る(…はずだった)ヒットと素敵な仕事ぶり。
・久々登場の石井、1四球は与えたものの3つのアウトをすべて三振で奪う力投。

…といったところでしょうか。
その他、こんなポイントもあったよ…という情報は、ぜひトラバやコメントでお寄せ下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (8)

2005.08.17

[広島15回戦](おそらく)一夜限りの納涼花火大会

20050817_009

私の地元・帯広で開催された花火大会の写真です。(ケーブルTVより)
きょうの広島市民球場の雰囲気を端的に表すなら、これが一番。(^^;;;

 ◇広島×ヤクルト15回戦(ヤクルト8勝7敗/広島・11319)

Swallows 0 3 4 0 0 0 0 6 2 15 17 2
Carp 1 0 1 2 0 0 2 0 2 8 14 1
(ヤ)○ゴンザレス―吉川―山部―五十嵐―花田=古田・小野
(広)●小山田―小林―田中―広池―仁部=石原
HR:ラミレス25号(2表=ソロ) 宮出7号(2表=ソロ)
   リグス6号(2表=ソロ) 7号(3表=3ラン)

   栗原6号(7裏=2ラン) 7号(9裏=ソロ)
   宮本7号(8表=満塁) 新井34号(9裏=ソロ)

【勝】ゴンザレス 20試合2勝3敗
【敗】小山田 18試合6勝11敗

とりあえず、7-1から7-6まで詰められた時には、どうなることかと思いました。
ファイティー最後の試合だった東京Dの中継を見終えて、広島にチャンネルを戻すと
な、なんと無死満塁という大チャンス。ここで昨日一軍復帰したばかりの志田が
三遊間を破る2点タイムリー。昨日は球団新記録となるチーム17個目の三振を喫した
彼だが、ここは貴重な仕事をしてくれた。青木がしぶとく四球を選んだあと…、
2番・宮本がきょうの納涼花火大会の締めとなる(はずだった)グランドスラム
ライトスタンドに叩き込み勝負あり。9回にも2点を追加して15-6。9回裏には花田が
スタンドのファンのアンコールに応えてソロ花火を2発打ち上げるおまけつき。

とりあえず、こんなにヒットやHR打っておいて試合は負けました…では、
はっきり言って洒落にならない状況だっただけに本当にホッといたしました。(^^;;;


個人的には、2回表にリグス名誉教授が3連発の3発目を放った際の
実況アナウンサーの壊れぶりが非常に面白かったです。

あ゛~、これも行ってしまうのかぁっ!!!!

 (カメラが首を傾げる小山田をとらえる)

どーした、小山田ぁぁぁっ。こっちが首を傾げたいぞっ!!!!!!!!

自分の感情の赴くままにしゃべっているようで、大変よろしいと思います。(笑)
9回にマウンドに上がった花田を紹介するとき、ちょっとろれつが回ってませんでした。
「9回は、はららが…はなだがマウンドに上がります」…という感じだった。


とはいえ、途中交代した古田と岩村の状態が気になるところです。
上の方にも書いたように、東京DのFs戦と同時進行で見ていたものですから、
(私にとっては)イキナリ小野がマスクをかぶってるし、その小野が3番に入っているのを見て、何がなんだかわからずにしばし混乱しておりましたが…。

各ブロガーさんやスポーツ紙の情報を総合すると…。
古田さんは、6回表の走塁の際に左太ももの肉離れを起こしたらしく。
全治2週間ほどかかる見込みで、登録抹消は避けられないらしい。(涙)

勝負の8月。山場はまだまだこれからだというのに…。

岩村は微熱と体がだるいとかで点滴を受けたそうです。こちらも心配。

| | コメント (6) | トラックバック (6)

[夏の甲子園2005]駒苫の夏は終わらない!!

正直なところ、7回表の3失点で「さすがの駒苫も、これで終わりかな」と思いましたよ。
しかし、そのすぐ裏に5安打集中。相手の失策も絡んで一挙6得点。
それまで終始劣勢だった試合を一気に逆転してみせた。そら恐ろしいチームである。

 ◇第12日(準々決勝)第2試合 駒大苫小牧×鳴門工

鳴門工2010003006103
駒大苫小牧10000060X7100
HR:林 裕也(大会27号・1裏=ソロ)

準決勝はあさって(大会14日目)の第2試合。大阪桐蔭と東北の勝者との対戦となる。
今大会注目の投手である大阪桐蔭・辻内と駒大苫小牧打線の対決が見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.16

[広島14回戦]ミスにはミスでお返しを。

スライリー:この暑い中、わざわざ広島までお越しいただきありがとうございますぅ。
つきましては、せめてものお礼の気持ちということで…。

つば九郎:おおっ、これはこれは。純米焼酎「大暴投」じゃないですか。
ぐびぐびっ。これはうまい。いいんですか。こんなおいしいお酒いただいちゃって。

ス:いえいえ、気にしないで下さい。ほんの気持ちですから。お酒だけじゃアレですし、
おつまみに「ボーク」のウインナーも用意しましたので…。

つ:おおっ、こちらもおいしいですなぁ。スライリーさん、気前よすぎだねぇ。(笑)
んじゃ、こちらもお返しといっちゃなんですが…。実は本社からこんなものをね…。

ス:なんですか、これは!? 随分、淡白な味ですが…。

つ:ヤクルトが開発した新飲料「シッパイ・スクイーズ」だよ。反撃ムードに思い切り
水を差す(相手チームにとって)心地いいのど越しと清涼感が売りなんだ!!

 ◇広島×ヤクルト14回戦(7勝7敗/広島・13678)

Swallows 0 0 1 0 0 2 0 0 0 3 9 1
Carp 2 0 1 0 0 3 0 0 X 6 10 2
(ヤ)ガトームソン―●河端―花田=古田
(広)○大竹―永川―[S]ベイル=石原・倉
HR:

【勝】大竹 20試合7勝8敗
【S】ベイル 34試合2勝14S
【敗】河端 33試合2勝5敗

せっかく相手が「わざわざ広島まで来ていただいたんですから…」
おいしい白星を差し出してくれたのに、とーっても謙虚なヤクルトスワローズは、
いえいえ、そんな滅相もない…と、差し出された白星をつき返しました。
私どもは「せっかくのご好意なんですから、遠慮せずに勝ちましょうよっ!!」
慰留に努めましたが、彼らの白星などいらないという意思は固く…翻意させるに
至りませんでした。これは私どもの不徳の致す所でありまして…(以下略)。

せっかくのラッキーチャンスにスクイズ失敗でわざわざ自滅してあげるあたりに、
ヤクルトスワローズの奥ゆかしさというか懐の深さを痛いほど感じましたよ。
球場に足を運んでくれた広島のお客さんに少しでも涼しくなってもらおうと
17台もの巨大扇風機を稼動させるあたりも、非常に心憎い演出ですね。(苦笑)

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2005.08.15

燕党ブログ用語の基礎知識

きょうはお盆の中日だというのに、プロ野球が1試合も組まれていません。
せっかくの機会に家族水入らずで野球観戦したいと思った方もいたかもしれないのに。
非常にもったいないよなぁ…と、チクリとNPBに苦言を呈したりします。つげさんです。

さて、きょうはそんなもったいない1日を使いまして、ちょっとした暇ネタを。
以前、このブログでは"バニラムード用語の基礎知識"シリーズなる企画を
展開しておりましたが、今回はそのヤクルトスワローズ版とでも申しましょうか。
 ⇒ バニラ用語シリーズはまだ完結してないじゃん!! というバニラーの悲鳴も聞こえます。
 決して無視しているわけではございません。野球がオフになったら満を持して再開予定ですよ。

…かといって、燕党ブログ用語自体が、そうそう数が多いわけでもないですし…。
ま、ここは「どうせ暇ネタなんだし、あまり気にせずにやろう!!」ということで。(^^;;;

■ 応燕(おうえん=名詞)/応燕する(―する=動詞)
 燕ブログ基本中の基本。文字通り"応援"のことです。
 応援の"援"とスワローズの"燕"(=えん)をかけています。
 多くの燕ブログで、この表現を見かけますし、私も時折使用しますが、
 決して誤字ではありませんので、ご注意ください。(笑)

■ リグス先生(りぐすせんせい=固有名詞)
 スワローズに今季入団した新外国人リグス。(背番号2)
 開幕当初は"打てない""守れない"のダメ外人の典型だった。
 そんな彼に奮起を促すべく(?)、いつの頃からか、
 こんな茶化したようなニックネームで呼ばれるようになっていた。

 ところが過日のフジテレビナイター祭りにおいて、
 彼の本当の姿が、突如として開花。讀賣3連戦3連勝に大きく貢献した。
 そんな彼の大活躍ぶりをたたえて、先生という呼称は大先生にランクアップ。
 当ブログでは、8打席連続安打となった試合後の記事に、勢いあまって
 リグス名誉教授という上げ底感たっぷりの呼称を使用したこともある。

■ 散発打線(さんぱつだせん=名詞)
 打っても打っても、なかなか得点に結びつかないスワローズ打線の別称。
 チーム打率はリーグ1,2を争うほど高いのに、総得点は常にリーグ最下位。
 単純に消化試合数が少ないから…では片付けられない得点力の低さだ。

■ 見殺し王子(みごろしおうじ=名詞)
 比較的新しい燕ブログ用語。先発登板時になかなか援護点がもらえない投手のこと。
 具体的には、8月14日現在、セ・リーグ防御率1,2位の藤井秀悟と川島亮を指す。
 ともに2点台の防御率を誇るが、その勝率は2人ともちょうど5割。
 いかに打線の援護が乏しいかがお分かりいただけるかと思う。
 ※ ちなみにパ・リーグ防御率1位の杉内は15勝3敗、2位の渡辺俊は12勝3敗。
 その勝率はゆうに8割台を記録する。むしろ、これが普通であるはずなのだが…。

 故に、スワローズにおいて先発ローテ入りを狙うならば、ただ好投するだけでなく
 「誰も打ってくれないんなら、オレが打つんだ!! 文句あっか!?」という
 強い志が必要とされる。実際、川島の2005公式戦打率は3割を超えている。
 ガトームソンのように意外な一発や気合のこもった走塁を武器とする者もいる。

 打線が何とかしてくれる … は、スワローズにおいてはあまり通用しないのだ。

とりあえず、第1弾はこんな感じでいかがでしょうか。(^^;;; 肩慣らし程度で。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

[夏の甲子園2005]駒苫圧勝で2年連続のベスト8

7回ぐらいからだったですかねぇ。
「これは本当に北海道代表の試合なんだろうか」という妙な気持ちに襲われました。
あまりに強すぎて怖い…という、これまでは到底考えられなかった感情を抱いてます。

 ◇第10日第2試合 駒大苫小牧×日本航空

日本航空0000000101101
駒大苫小牧15011131X13160
HR:辻 寛人(大会22号・6裏=ソロ) 保坂 有紀(大会23号・8表=ソロ)

試合の途中には、今から東京に行って(本物の選手たちを拉致ってでも)
「俺たちは北海道日本ハムファイターズだ!!」と言い張って、試合をしてくれんか…と、
 ⇒ 東京が無理なら、広島に行って「俺たちはヤクルトスワローズだ!!」…(以下略)
真剣に思いました。今の楽天相手なら、それでも…むしろ、その方が勝てるかも。
そんな、およそ正気の沙汰とは思えないことを考えてしまうくらい強かったのです。

駒苫先発の田中は8回途中で降板するまで12奪三振の力投。ほぼ唯一とも言える
6回表の無死満塁のピンチも、相手打線を直球でねじ伏せ無失点。スゴすぎですよ。
8回に日本航空の代打・保坂に一発を浴びるなど、完投完封はならなかったものの、
そのピッチングは素晴らしいものでした。エース・松橋も温存できたわけだしなぁ。

…ということで、駒大苫小牧は2年連続のベスト8入り。
次の対戦相手は、あすの第1試合後に行われる組み合わせ抽選で決定…だったはず。


全然関係ない話だけど、日本航空の先発だった毛塚くんって、
どことなく雰囲気が横浜のクルーンに似てたなぁ。(^^;;; 顔の雰囲気がね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[広島11回戦]ガトームソン 点取られたら 倍返し(BlogPet)

一時期、福留に一句詠んたのが
藤井とかします
投打を活躍しなかったのが
藤井とかをガトームソンすればよかった?
わかたちが、きょうの2安打で打率を記録しなかった
つげちゃんたちが、広い場面で飛び出したガトームソンの逆転打
ウチの投手陣は野手があまり打ってくれないもんだから、古田で藤井とかをガトームソンすればよかった?
わかは442試合6勝4敗(S)
石井4厘の差
と、わかは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.08.14

[横浜10回戦]門倉のフォークの切れは想定の範囲外

門倉のフォークが抜群に切れていました。
ヤクルトの各打者は、それにタイミングが合わず、ブルンブルンとバットが空を切った。
あそこまで素晴らしいフォークは想定の範囲外。それが、きょうの試合のすべて。

 ◇横浜×ヤクルト10回戦(横浜6勝4敗/横浜・17745)

Swallows 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 6 0
BayStars 0 1 0 0 0 0 0 2 X 3 8 0
(ヤ)●藤井―五十嵐=古田
(横)○門倉=相川
HR:多村23号(8裏=2ラン)

【勝】門倉 19試合8勝5敗
【敗】藤井 19試合7勝7敗

7回表。宮本ヒットのあと、クリーンアップ三者連続三振。
9回表。ラミちゃんタイムリーで1点返したあと、宮出、リグス連続三振。
終盤の大事な場面で主軸のバットが扇風機と化しました。

試合展開から行くと、多村の一発がなければな…と言えなくもないのですが、
仮に0-1のままで9回に入っていたとしたら、それはそれで門倉に完封されてたと
思います。あのフォークの切れと1点差という緊迫感の違いから考えて。

あ、ちなみに。藤井に打線の援護がないのは、まったくもって想定の範囲内です。
藤井が降板したあとに、打線がヒットを打ち出したことも込みでね。(苦笑)

| | コメント (3) | トラックバック (5)

2005.08.13

[横浜9回戦]クルーン攻略…はしたけれど。

きょう、NHKで放送されるGT戦が最大延長10:00までだということに、
かなり衝撃を受けております。こんばんは、つげさんです。
NHKといえば、どんな試合でも試合終了まで中継するのが売りだったはずなんだが…。
ナベツネもNHKで東京DのG戦の放映を認める際に、そんな事言ってたはずだけど。

そもそも、NHKは視聴率とか気にする必要はあまりないはずなのに…。
理由はわからないが、民放の真似して試合の延長を短縮する方向なんでしょうかね。
朝、職場に届いた新聞を見て「NHK,お前もか!?」とか思った。

 ◇横浜×ヤクルト9回戦(横浜5勝4敗/横浜・17221)

Swallows 0 0 0 0 0 0 0 1 2 3 11 0
BayStars 0 0 1 0 0 1 0 0 2x 4 7 0
(ヤ)館山―河端―●石井=古田
(横)斎藤隆―川村―クルーン―○木塚=相川
HR:村田21号(3裏=ソロ)

【勝】木塚 40試合5勝4敗
【敗】石井 45試合2勝3敗28S

お盆なので実家に遊びに(…といっても車で2,3分のところだが)行ってました。
いつぞや一度だけ写真を載せた妹の子供が1歳を過ぎて、なんともかわいい盛り。
…と、そんなことを書きたいのではなくてですね。(苦笑)

帰宅してスカパーの電源をつけると、9回表二死一・二塁、打者・岩村。
…そう。一番おいしい場面でございました。
マウンド上にはハマの新守護神・クルーン。
実況では、きょうはフォークが147~148km/h出ているなんて言っている。
げげっ、マジですかっ。(苦笑) たのむ、岩村。何とか打ち返しておくれ~。

…すると、打球は一塁・佐伯の横を鋭く破り、ライトの最深部へ。
二走・青木はもちろん、一走・宮本も一気に生還する2点タイムリー三塁打
これで、3-2と逆転に成功。クルーンをマウンドから引きずり下ろした。
続くラミちゃんは木塚の前に空振り三振に倒れたものの、会心の逆転劇。
9回裏はもちろん石井。こうなればこっちのもの!!!!

…だったはずなんですがね。(^^;;; 結局はぬか喜びだったみたいですよ。(涙)

ちなみに、きょうのセ・リーグはCD戦は緒方のサヨナラHRでC勝利。GT戦も
延長12回裏、阿部のサヨナラ打でG勝利…と、なんと3試合ともサヨナラ決着

なーんだ、きょうはこういう流れの日だったんだ。そんな日にビジターじゃ勝てないわ。

しゃーないしゃーない。また、あしただわ。

| | コメント (5) | トラックバック (6)

2005.08.12

[横浜8回戦]首位打者・青木、ハマで大暴れ

まだ8回戦だったのね。(^^;;; もっとやってるかと思ってましたよ。
川島好投&打線も相変わらず活発。これで負けるわけがない。

 ◇横浜×ヤクルト8回戦(4勝4敗/横浜・10638)

Swallows 0 3 1 0 2 0 0 0 0 6 13 0
BayStars 0 0 0 0 1 0 0 0 2 3 11 0
(ヤ)○川島―吉川―[S]石井=古田
(横)●セドリック―秦―吉川―龍太郎=相川
HR:岩村20号(3表=ソロ) ラミレス24号(5表=2ラン) 村田20号(9裏=2ラン)

【勝】川島 17試合8勝8敗
【S】石井 44試合2勝2敗28S
【敗】セドリック 18試合7勝5敗

首位打者・青木も絶好調。きょう5打数4安打で打率を一気に.347まで押し上げた。
2位以下とは既に2分近い差がついた。(金本.32840、金城.32836)
ふと気づくと、いつの間にやらチーム打率もリーグ№1に。
けど、チーム総得点はリーグ最小。このあたりがヤクルトらしいといえばらしいのだが。
 12球団中だと11位(396得点)。12位の楽天(391得点)とは5点差…。

GT戦はGが二岡のサヨナラHRで勝利。この対決でGを応援しないといけないのは、
ちょっと癪に障るが、どこかがTを止めなきゃいけないこの状況では仕方ないか。
 …おかげで、首位Tとの差は1つ縮まり7.5。どうも、ありがとうございます。(棒読み)
CD戦はD高橋光の逆転3ランが効いて、D勝利。"逆転の竜"の面目躍如。

| | コメント (5) | トラックバック (8)

2005.08.11

[広島13回戦]連勝が止まったら、また始めればいい。

きょうのデータパドックは「今季の広島は木曜日のビジターで勝ちがない」と
いうものでした。過去6戦して5敗1分け。はたして、当たったのかどうか…!?

 ◇ヤクルト×広島13回戦(ヤクルト7勝6敗/神宮・14783)

Carp 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 5 0
Swallows 1 0 0 0 2 0 0 0 X 3 11 0
(広)●小山田―佐々岡=石原・倉
(ヤ)○石川―五十嵐―[S]石井=古田
HR:ラロッカ17号(4表=ソロ) ラミレス23号(5裏=2ラン)

【勝】石川 19試合8勝6敗
【S】石井 43試合2勝2敗27S
【敗】小山田 17試合6勝10敗

…当たりましたね。\(^_^)/ ヤッタァ
石川は7回を被安打4。ラロッカのソロHRの1失点のみに抑えた。
それ以外の打者に対しては、ほとんど危なげのない内容。よかったっすよ。
打ってはラミレスが全打点をたたき出す活躍。久々に"あるある探検隊"
見られるのかなぁ…と思ってたんで、そこはちょいと残念ではありますが。(^^;;;

数字だけ見ると、11安打で3点はちょいと物足りないかもしれませんが、
青木のセフティバント⇒内野安打あり、リグス先生の3三振(苦笑)あり…と、
波乱に富んだ内容でありました。(笑) 2回の一死満塁がね…。
 青木は3打数2安打1四球で、打率をついに3割4分台に乗せましたっ!!

さて、これで後半戦は10勝4敗と絶好調のスワローズ。
週末はハマスタで横浜3連戦。この勢いで一気に貯金を増やそうじゃないですか。
だって、8月はツバメの季節なんですもの。

| | コメント (4) | トラックバック (5)

[夏の甲子園2005]駒大苫小牧、まさに貫録勝ち

前年の覇者・駒大苫小牧がいよいよ登場。
初戦の相手は甲子園史上初のカタカナ校名・聖心ウルスラ(宮崎)。
某所で"実はウルトラスラッガーの略だったりして"なんてコメントを書いたけど、
たぶん、そういうことはなくて、普通のキリスト教系の学校なんだと思いますよ。
女の子が学ラン着て応援団に混ざってたのが印象的。共学になって間もなかったはず。

試合は、駒大苫小牧が相手のエラーがらみで先制すると、その後も着実に加点。
先発の松橋は、聖心ウルスラ打線をわずか2安打に抑えての完封勝利。

 ◇第6日第2試合 駒大苫小牧×聖心ウルスラ

聖心ウルスラ000000000021
駒大苫小牧10011020X590
HR:

onちゃんの局でやっていた応援放送の解説の方も言っていたが、
まさに貫録勝ちという言葉がぴったり来る。走者が出れば確実に送る
ソツのない攻め。ビッグイニングはなかったが着実に相手を付きはなしていった。

次の試合(3回戦)は第10日(15日)第2試合で、日本航空(山梨)と対戦。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005.08.10

[広島12回戦]つげちゃんのデータパドック~!!(苦笑)

あまりにあまりな試合だったみたいで、記事の構成を考えながらパソの前で
眠ってしまっていました。
それほどまでに現実逃避したくなるほど内容のない試合。

 ◇ヤクルト×広島12回戦(6勝6敗/神宮・14288)

Carp 4 4 0 0 0 0 0 0 2 10 12 0
Swallows 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0
(広)○レイボーン=石原
(ヤ)●ゴンザレス―高井―花田―河端―山部=古田・米野
HR:前田19号(1表=満塁) ラロッカ16号(2表=満塁)

【勝】レイボーン 4試合1勝1敗
【敗】ゴンザレス 19試合1勝3敗

外出中だった私がヤボ用を終えて、携帯で速報をチェックした時点で
既に0-8。しかも、満塁HR2本で8失点。ゴンちゃん、何してくれてんだよぉ~。(怒)
 ■ 日刊スポによると、広島の1試合チーム2満塁HRはプロ野球タイ記録
 ■ スポニチによれば、同一投手が1試合2本の満塁弾を浴びるのは
 中日・金森(96年10月9日・阪神戦)以来、史上2人目
の不名誉な記録だそうで。
 ■ サンスポによれば、スワローズは10年前に1度、1試合2満塁HRを浴びた過去が
 H7.6.15の中日戦でホールと立浪に打たれた。1本目を打たれたのは…ヤマーヴェ。

あまりの出来事に、思わず"つげさんデータパドック"になってしまいました。(^^;;;
磯山さやか嬢には、10年前の屈辱の試合の次の試合でのスワローズの結果を
ぜひ調べておいていただきたい。もし勝ってたら、きょうのデータパドックで高らかに
宣言してくださいよ。―2本満塁HRを打たれた次の試合は勝率100%とかって。
ま、万が一負けてたら、そんなデータは無視しちゃってかまいませんので。(^^;;;


こういう試合だけど、せめてよかった探しをしましょうか。

[ここがよかった・その1]久々一軍登板の高井が4四球1暴投と相変わらずの荒れっぷりながら、3回1/3を無安打無失点。ゴンちゃんのご乱心が続けば先発復帰も!?
[ここがよかった・その2]青木が4打数2安打で打率を.338に上げ、首位打者の座をガッチリキープ。2位・金城とは現時点で8厘もの差がついている。しばらく安泰??
[ここがよかった・その3]まがりなりにも(途中から)古田さんが休養出来た。(涙)

…というような事情なので、きょうは帰宅後もスカパーはほぼ日ハムオンリーでした。
ちなみに、96年に1試合2満塁HRを打たれた金森投手は、その後一度も
一軍登板の機会がないままカイーコされております。この時は既に消化試合でしたが、
きょうはバリバリのシーズン真っ只中…。こんなんじゃ残留できんよ>ゴンちゃん。

ま、世の中にはシーズン真っ只中に消化試合じみた引退セレモニーとかやっちゃうヒトもいるわけでね…。

| | コメント (8) | トラックバック (4)

2005.08.09

[広島11回戦]ガトームソン 点取られたら 倍返し

…どうやら、今回もガトームソンは投打に大活躍だったようで。
そんな彼や、その活躍を記録したニッカン式スコアを見た私の率直な思いを元に
一句詠んたのが、きょうのタイトルですね。(笑)
別にHRの1本や2本打たれても、オレが打てば文句ないんだろ!!という
ガトちゃんの心の叫びも込みで。
2四球1死球でもらったチャンスがあわや無得点か…という場面で飛び出した
ガトームソンの逆転打。ウチの投手陣は野手があまり打ってくれないもんだから、
とにかく打つ方も必死なんですよね。(笑) 川島にしても藤井にしてもね。

 ◇ヤクルト×広島11回戦(ヤクルト6勝5敗/神宮・14444)

Carp 0 1 0 0 0 1 1 0 0 3 10 2
Swallows 0 2 0 0 0 3 0 0 X 5 8 0
(広)●大竹―佐々岡―永川=石原・倉
(ヤ)○ガトームソン―五十嵐―[S]石井=古田
HR:前田18号(2表=ソロ) ラロッカ15号(6表=ソロ) 緒方15号(7表=ソロ)

【勝】ガトームソン 12試合6勝4敗
【S】石井 42試合2勝2敗26S
【敗】大竹 19試合6勝8敗

この試合は2回にしても6回にしても、相手のミスに乗じてヤらしく得点を重ねた模様。
こういう試合が出来るようになってくると、あとあと有利なような気もちょっとします。
一時期、福留に首位打者の座を明け渡していた(らしい)青木も、
きょうの2安打で打率.337として、すぐさま返り咲き。福留とは4厘の差。

| | コメント (4) | トラックバック (7)

2005.08.08

郵政民営化法案は大差で否決―そして衆院解散

郵政民営化法案は大差で否決

あれだけ大騒ぎしておいて、結局可決かよぉ~!! とかいう、
私がちょっと考えていたようなことにはならなかった。

賛成;108

反対;125

小泉首相は早くも「解散総選挙」を明言。閣僚から一任を取り付けるための臨時閣議が始まった。閣議冒頭、小泉首相はいつもの閣議と違うから…と、青のネクタイ姿。
マスコミ報道によれば、何人かの閣僚が解散に反対の意向を示したようだが、
島村農水相以外は小泉首相による個別の説得に応じて、解散を"了承"。
辞表を置いて閣議から退出した島村農水相が罷免される…という形に。

ここ何日かの報道を見ていると、
小泉首相だけがえらく強気で、周りの取り巻きばかりがオロオロしてる印象。

衆院で反対したヤツは公認しない!! 選挙後も手を組むつもりはない!!
 反対した人、衆院で37人もいたんだって。戦う前の段階から"-37"でしょ。
 単純にそれだけ考えても、自民党に勝ち目はないと思うんですけど…。

なんか、小泉首相一人だけ浮いちゃってるような感じも無きにしも非ず。

私なんかは今の郵便局の体制に不満はないし、民営化したらどう変わるのかも、
全然わかんないんですけどね。実際のところ、どうなんでしょう。
実際、選挙になるとして…私は何を判断に一票を投じたらいいんでしょうね。


午後7:04、衆議院解散
報道によると、8月30日公示、9月11日投票ということになりそうである。

| | コメント (2) | トラックバック (17)

[中日14回戦]ま、こういう日もあるわな。(BlogPet)

きょう中日の、ウナギっぽい連戦すればよかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.07

[讀賣14回戦]頑張った選手たちに「あっぱれ!!」を。

戦前の燕ブロガーの間では、きょうは上原先発なので苦戦するかも…という見方が
支配的だったわけですが、ふたを開けてみれば讀賣先発はなんと桑田。

スワローズがなめられているのか、はたまた讀賣が最初から勝負を投げているのか。
それは、まあ各個々人のご想像にお任せいたします…。

 ◇ヤクルト×讀賣14回戦(ヤクルト8勝6敗/神宮・25582)

Giants 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 6 0
Swallows 0 2 0 0 0 2 0 0 X 4 9 1
(讀)●桑田―シコースキー―久保=阿部
(ヤ)○藤井―吉川―五十嵐―[S]石井=古田
HR:

【勝】藤井 18試合7勝6敗
【S】石井 41試合2勝2敗25S
【敗】桑田 6試合4敗

やらずもがなの1点を与えてしまったのが残念といえば残念ですが、
諸々の現状を勘案すれば、当然の結果とも言える対讀賣3連戦3連勝。
フジテレビも(ドライブ中に聴いていた)ニッポン放送も、しきりに
「ジャイアンツ何とかしなきゃ」と気張っていたみたいですけど…。
ごめんなさいねぇ。空気が読めなくて。(爆)

ま、そんな憔悴しきった讀賣ファンに私から慰めにはならないであろう一言。

[おことわり]ここから、しばらくは讀賣ファンに向けてのメッセージ。
ウチは、あくまで燕ブログなので、讀賣の話なんか読みたくない!! …という方も
多いでしょうから、忍法雲隠れの術(文字色と背景を同化させる)を使います。

何が書いてあるか気になる方だけ、マウスをドラッグさせてみて下さい。

きょうドライブがてら見に行った讀賣の二軍戦(vs湘南@遠軽)での、讀賣の投手リレー。

(讀)木村―佐藤宏―○真田―中村―柏田―[S]伊達

先発の木村ってのは、1年目のルーキー君らしいんだけど、
2番手以降の継投を見ると「なんで、こんなとこにおんねん!!」という方ばかり。
真田は勝ち投手になってはいるが、自ら失点して同点に追いつかれてるので
アレですが、柏田、伊達は非常に無難に抑えておりましたよ。日ハムファンでもある
私としては、中村とか伊達とか二軍に置いとくくらいならこっちに返してくれよ!! とか
思うわけですが。(代わりに井場大先生を差し上げますので、どうか一つ(苦笑))

…って、言いたいのはそんなことではなくてですね。
野手では大ベテランの後藤とかが、凡打でも必死こいて一塁まで走ったりしてるわけだ。
最近まで一軍にいた亀井あたりもはつらつとプレーしてましたよ。
こういう必死でやってる彼らを差し置いて、次から次に他所から大砲を引っ張ってくる。
今オフにはカブレラだ谷だ…なんて噂も既にささやかれている。
モチベーションを維持するのは非常に難しいんだろうなぁ…と、しみじみ思った。
二軍にそんな思いをさせているのをわかってるのかいないのか知らないけど、
一軍選手たちから、やる気というか必死さというか、そういうのが伝わらない。

こんなに歯ごたえのない讀賣戦は記憶にない…というくらい淡々と3タテしちゃった。

燕な私に言われたくないかとは思いますが…。
周囲(主にマスコミ関係)が無駄にジャイアンツジャイアンツと煽ってるだけに、
そのへんとのギャップがGファンの方にはもどかしいんじゃないかなぁ…とね。

さ、終わりましたよ。ここからは思い切り、燕モードで。
8回裏がノーヒットだったのが残念ですが、今回の讀賣3連戦。
初戦からきょうの7回まで、なんと23イニング連続安打。もう、スゴすぎるぅ~!!!!

そんな絶好調打線の中で活躍してくれたのが、リグス名誉教授。(^^;;;
きょうは1安打のみでしたが、この3連戦で12打数9安打1四球。打率なんと.750
岩村も2試合連続猛打賞と好調をキープ。一時期の散発打線が嘘のよう。
強力打線をその昔誇っていたGのお株を奪う打線大爆発。みんなに「あっぱれ!!」
今回のナイター祭りでは、青木覚醒のきっかけとなった「古田のアドバイス」という
貴重なエピソードも知ることが出来ました。非常に有意義な3連戦でしたよ。

きょうはテレビを見られなかったんですが、全体の感想としては
やはり、磯山さやか嬢はかわいいっ!!!!ということに
尽きるんではないでしょうか。マスコット3体と並び座って花火を眺める様は
もう、たまらんですね。いっそのこと、女子マネとか言わずに4人目のマスコットに
してみるのはどうだろうか。(爆) 若いファン層をゲットできるかもしれん。

さて。首位・阪神との差はいまだ8.5。しかしながら着実に詰まってきています。
久方ぶりに貯金も出来ました。残り試合まだ50以上。勝負はまだまだこれから。

だって、8月はツバメの季節なんですもの。

| | コメント (4) | トラックバック (8)

気まぐれに

夜勤明け、とても天気がよかったので、気まぐれに車を飛ばして遠軽まで来てしまいました。...((((((^_^;) 帯広から3時間半もかかりましたよ。

で、はるばる遠軽まで何をしに来たのか。野球好きの私のことですから、当然コレです。050807_1305.jpg

なぜか、イースタンの讀賣×湘南なんて試合を見てきました。
そういえば、今年のナイター祭りにオレンジウサギの姿が見えないのが
ちょっと不思議だったんですけど…。実は、北海道に逃げてきてたみたいです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.06

[讀賣13回戦]古田さん、お誕生日おめでとうございます

私が一番気に入った横断幕は、祝・20歳×2…というやつでした。
記念すべき古田さんの誕生日、豪快な5発の花火で盛大に祝福です。

 ◇ヤクルト×讀賣13回戦(ヤクルト7勝6敗/神宮・29075)

Giants 0 0 0 2 0 1 4 1 0 8 13 1
Swallows 5 2 1 0 1 4 0 0 X 13 19 0
(讀)●マレン―条辺―前田―ミアディッチ―岡島=阿部
(ヤ)○館山―山部―花田―吉川=古田
HR:リグス4号(1裏=3ラン) 5号(5裏=ソロ) 岩村18号(2裏=2ラン) 19号(6裏=3ラン)
   ローズ27号(4表=2ラン) ラミレス22号(6裏=ソロ)

【勝】館山 16試合8勝3敗
【敗】マレン 14試合5勝7敗

きょうの私は夜勤のため、フジ739での観戦は出来ず。
午後7時の地上波での中継開始を待たねばなりませんでした。

長い長い前振りが終わった後、神宮のマウンドにいたのはなぜか条辺。
ほほぉ。きょうは条辺が先発なのかぁ…と普通に思ってしまった私。
実は、きのうの快勝を受けてもなお(ブログで余裕のコメントを書いてはいたが)
もしかしたら、きょうは重量打線に打ち込まれてるんじゃないか…という心配も少し。

けどですね。それはちっともいらぬ心配だったんですよ、奥さん。
テレビ中継が始まった時点で、既にS8-2G
ごめんなさいねぇ。せっかくのナイター祭りなのに視聴率に貢献できなくて。(笑)
4回裏はこの試合初めての無得点に終わったものの、5回裏にはまたもやあの人が。


そう。かの有名なリグス名誉教授が打った瞬間にわかる完璧なHRを放ち1点追加。
 ↑大先生を越える敬称をと考えたが、結局これしか思いつかず。(^^;;;
しかも、きょうもここまで3の3で7打数連続安打だという。どうしちゃったの!?
HRはこれがきょう2本目だというから、これまたスゴい。これは何かをつかんだか!?

6回裏。青木がヤらしい打球をレフト前に運び出塁。
宮本がつないで無死一・二塁として岩村が打席に入った場面。
G前田の球が岩村の顔面付近をかすめる。打てない腹いせか!?
もはやこんな手でしかスワ打線を止めることが出来ないのか…。

…が、しかし。こんなことで引き下がるような岩村ではなかった。
余興の子供との対決には勝てなかったかもしれないが、
プロとプロの真剣勝負で負けるわけにはいかないのだ。
顔面付近をかすめたその次の球を、モノの見事にバックスクリーンに
放り込んで見せたのだ。この瞬間、私は本当にシビれましたよ。
祝砲の連鎖は瞬く間に広がりを見せ、この回は青木からリグスまで締めて6連打。
リグス名誉教授は、きょうもまた4打数4安打。きのうから8打席連続安打と大暴れ。
今、高らかに宣言しよう。リグス名誉教授は名実ともに立派な夏男である、と。

終盤、ヤマーヴェ以下の中継ぎ陣がナイター祭りを無駄に盛り上げるべく暗躍しましたが、
序盤の大量得点が効いて、きょうもスワローズ快勝。5割復帰ですよぉ~!!!!

| | コメント (6) | トラックバック (14)

[夏の甲子園2005]強豪近畿勢相次ぎ初戦敗退

試合中、雨による中断もあった大会初日。なんとか無事に試合は行われた模様。
第2・第3試合には地元・近畿勢、しかも強豪校と名高い智弁和歌山・天理が登場。

しかし。世の中、何が起こるかわからないもので…。
この2校が相次いで初戦敗退。87回目の夏は出だしから波乱含みの展開に。

 ◇第1日第2試合 青森山田×智弁和歌山

智弁和歌山0102000025111
青森山田01003021X7152
HR:加守田 隆介(大会1号=2ラン)

 ◇第1日第3試合 天理×国士舘

10
国士舘00000100247130
天理02000100003112
HR:

試合の(結果を見た)感想などは、あとで追記するかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[夏の甲子園2005]87回目の夏、いよいよ開幕

夏の甲子園、いよいよ開幕。前年覇者・駒大苫小牧や急遽出場の高知に
球場内からひときわ大きな拍手。戦後60年、普通に野球が出来る時代であることに
感謝を忘れてはいけない。きょうは60年前、広島に原爆が投下された日です…。

駒大苫小牧・林主将から優勝旗が返還され、また新たな戦いが始まる。
20050806_003

 ◇第1日第1試合 鳴門工×宇都宮南

鳴門工51015110014161
宇都宮南0000001203112
HR:
2005年の夏。初戦はスコアの校名を学校の公式HPにリンクさせてみる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.05

[讀賣12回戦]リグス先生、実は夏男だった!?

きのう、鰻をケチったせいでスワローズが1点差負け。
これではイカン!! と思って、即席ウサギ狩りメニューを考えてみた。

で、出来上がったのがこちらである。
20050805_088
ウサギが住まう草原を意識したレタス(1/2玉・68円の半額で34円)を下に敷き、
体の部分にご飯を盛り付ける。茶碗に盛ってからひっくり返し、形を整えた。
オレンジウサギなので、鮭の焼いたのをほぐして乗っけてみた。
 10切れ500円で売っていたうちの1切れである。
草原に咲く花をイメージしたいり卵、ウサギの尻尾の部分にはポテトサラダをあしらう。
ウサギの耳と足は、近所の100円ショップで購入した賞味期限間近のウインナー。
ちなみに、キムチがちょこっと乗っているのは、ウサギの目…のつもり。
どのみち、ケチケチメニューに変わりはないのだが、見た目はなかなかでしょ!?

それなりに栄養のバランスも意識してはいるのだが…。

 ◇ヤクルト×讀賣12回戦(6勝6敗/神宮・24182)

Giants 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
Swallows 1 1 0 0 0 0 0 2 X 4 14 0
(讀)●工藤―岡島―ミアディッチ=阿部
(ヤ)○川島―石井=古田
HR:宮本6号(1裏=ソロ) リグス3号(2裏=ソロ)

【勝】川島 16試合7勝8敗
【敗】工藤 18試合8勝7敗

試合のほうは、序盤にスワローズが宮本とリグスの(!!)HRで
幸先よく2点をリードするものの、その後はなかなか追加点が取れない。
毎回毎回ヒットは出る。チャンスは作る。けど、点に結びつかない。
6回裏には一死一・三塁の大チャンスも古田の当たりが三直⇒併殺となり、
次の1点にどうしても手が届かない。勝ってはいるが非常にもどかしい展開。

一方、スワローズ先発の川島は圧巻のピッチング。
あの強力打線から、途中4者連続三振を奪うなど実に絶好調。
1回に川中にヒットを打たれて以降は、まったくヒットを許さない。
連続四球で迎えた5回のピンチも、清原・仁志を難なく打ち取っていった。
 仁志を投ゴロ併殺にしとめた場面。気合入ってたよ。

そして2-0のまま迎えた8回。仁志に久々にヒットを打たれてしまう。
最初はヤバいか?とも思ったが、皆さん気づいていましたか?
これ、実はヤクルト側の周到な作戦だったんですよ。(苦笑)
たぶん、8回表が3人で終わっていれば、8回裏は工藤続投だったと思うんです。
けど、そのままではずーっと続いたもどかしい展開を断ち切ることは出来ない。
そこでっ!!!! 川島―古田のバッテリーはあえて、仁志にヒットを打たせておいて、
代打を出させるように仕向けた。(^^;;; きっと、そうに違いないんですよ。

江藤が三振したあたりで、私はハタとそのことに気づきました。(ホントかよ)

で、讀賣は2番手・岡島に交代。岩村がヒットで出塁。
ワンポイントだったらしく、すぐに3番手・ミアディッチ登板。
…ね。こうなってくると、絶対にスワローズのほうが有利なんですって。

ラミちゃんは凡退も、きのうからちょっとブレーキ気味だった宮出がヒットでつなぎ、
さらにはリグス大先生もきょう4本目となるヒットを放ち、一死満塁の大チャンス。
ここで打席には、あすついに40歳のお誕生日を迎える古田さん。

20050805_093
コレがおそらく30代最後の打席。その結末やいかに…!!!!

古田さんの放った打球は…小久保の差し出したグラブの上を越える、
なんともヤらしいタイムリーヒットとなり、貴重な貴重な追加点2点。
20050805_094

あとは9回表を石井がキッチリ締めて試合終了。
川島―石井の見事な完封リレーでオレンジウサギを粉砕。再び借金を「1」とした。

きょうのヒーロー。打の方は、もちろんリグス大先生。来日初の猛打賞。
しかも4打数4安打の大暴れ。ここに来て一気にリグス株急上昇の予感。
20050805_089
開幕当初はいろいろ叩かれておりましたが、実は夏男だったのかもしれません。

投はもちろん川島。8回を投げてG打線をわずか2安打1四球に抑え込む力投。
時折、古田のサインにすら首を振る…という強気の攻めが光りました。
20050805_090


フジテレビナイター祭りについても、一応触れておこう。

試合前の岩村と対決っ!!!! のコーナー。
テレビ(フジ739)的にはそれなりに見ごたえはあったけど、スタンドで見てたお客さんは
どうだったですかねぇ。ちょっとわかりにくかったかもしれないですね。

私、あのまま「これはボールだけど…いい球なのでもう1球見たいですねぇ」で、
延々と続いたらどうしようか…とちょっとだけ心配しておりました。(苦笑)
それほど、地区代表の小学生はボール球ばかり。全然ストライク入らず。
最後、岩村が業を煮やして振った…という感じがありありと伺えました。

あと、恒例の5回裏終了後の花火。やっぱ、いいですねぇ。
個人的にはスワローズマスコット3人衆磯山さやか嬢が一緒になって
花火を見ながらくつろいでいる…という一瞬だけ映った光景が非常にほほえましくて
いいなぁ…と思いました。あれ、Gファンには「なぜ磯山さやかがいるのか」の説明は
ちゃんとされてたのかなぁ…。心配があるとすれば、そこだけなんだが…。
Gファンがフジ739を契約してまでスワローズ戦を見るとも思えないので…。(^^;;;

あとですね。古田vs清原…とかいう演出はいりません。ヤクルト主催なんですから。

| | コメント (5) | トラックバック (10)

明徳義塾の夏の甲子園出場辞退について

もう日付が変わったので、いよいよ87回目の夏の開幕はあすに迫りました。
ブログでは触れてませんでしたが、組み合わせも既に決まり開幕を待つだけ…という
段階での、今回の突然の出場辞退。その経緯などについては、スポーツ紙とかを
見て下さい。要は、部員の喫煙と暴力行為。それを告発したやつがいた…ということ。

関係者の会見なんかを見ると、夏の地区予選が始まる段階では、
既にそれらの事実を把握してはいたらしい。
高野連に報告もせず、内々に事を収めようとしていた感じですね。
けどですね。未成年の喫煙は普通に法律違反ですからね。
事実を把握した段階で、何らかの報告なりは必要だったでしょうねぇ。

報告したことで、仮に高知県大会に出場できない…という事態になったにしても、
こんな変な形で出場辞退となるよりは、よほど潔かったと思います。
 今回のことでは何の関係もない選手たちは辛い思いをしてるでしょう。
 早い段階で適切な対応をしていれば、傷はここまで広がらなかった気がします。

明徳の代わりに、県大会準優勝の高知高校が甲子園に出場することに。
決勝で負けた事で既に新体制に入ってしまっていただろうに…いきなり
甲子園に行けるから!!」と言われても…ちょっと複雑ですよねぇ。
で、しかも対戦相手は強豪の日大三高…。事情が事情なだけに
「やたぁ! 甲子園だぁ!!」と手放しで喜ぶわけにも行かず…ある意味かわいそう。
けど、せっかく出場するからには、県の代表として頑張ってもらいたいです。
私は高知県とはゆかりも何もないけど、影ながら高知高校にエールを送りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

最後はカネで解決…ってホントなの!?

さっき、報道ステーションを見てたんですけどね。

古館さんが、自民党の某幹部から入手した…とかいう秘密のメモを手に、
いろんなことを話してたんですよね。

それは、いわゆる「参議院自民党・郵政民営化説得工作リスト」的なもので、
この議員には、誰それが厳しく圧力をかけているだの、
この人は、確実に反対だろうから説得工作の対象外だ…だの、と
ずらずらっと列記しているわけですが…。

そこには、ですね。

最後にはカネで解決?

とか、

息子の公認問題で完落ち(賛成に回るであろう…という意味)

とか、

入閣を条件に完落ち

とか、書いてあるわけですよ。
いろいろカッコいいこと言うけど、やっぱり政治家なんてカネと選挙とポストのためにしか
動かないんでしょ。それを見せられた片山幹事長もちょっと動揺してたように見えたし。

まぁ。その極秘メモの信憑性ってのも、よくわからないんですけどねぇ。
そんな大事なメモを本当にテレビ局に横流しするのかなぁ…という気もするし。

私の友人の中には郵便局で働いてるのも、何人かいるのでねぇ。
そういう彼らが、今回のすったもんだをどういう思いで見ているのか…というのも、
ちょっと気になったりはします。さすがに直接聞くわけにもいかんしねぇ。
 せっかく倍率の高い公務員試験を受けて郵便局に入ったのに、
 いきなり民営化と言われても…と思ってる人はいそう。あくまで一般論として。

あと、そもそも、郵政民営化されることのメリットが、いまいちよくわかりませんし。
今以上、切手代とか値上がりしなければいいですよ…。

古館さんの言うように、郵政民営化法案の中身についての説明もほとんどないし、
片山幹事長の言うように、テレビは可決だ否決だ。誰と誰がホテルで会談したとか
そんな話ばかり。結局、どっちもどっちなんだよなぁ。
カネとかポストとか言う前に、いっそのこと解散して選挙やったら…とも思うけど。
参議院で否決されたら衆議院を解散だ!! とか言われても、いまいちよくわからんしな。

このブログらしからぬお話ではありますが、ちょっと気になったので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.04

[中日14回戦]ま、こういう日もあるわな。

きょうは浜松でやるから、ラミちゃんの一発が出るかも…とか思ったけど、
最近、球場を改装したとかで、今はナゴドと同じくらい広いらしい。(涙)
そういう情報はもっと早く言ってください。(^^;;;

そもそも、両翼91m⇒99.1mって、大掛かりな改装だったんですねぇ…。
そのおかげで、初回のラミちゃんの当たりも満塁弾にはなりませんでした。

 ◇中日×ヤクルト14回戦(中日9勝5敗/浜松・11800)

Swallows 2 0 0 2 0 0 0 0 0 4 9 0
Dragons 1 0 0 2 1 0 1 0 X 5 10 1
(ヤ)石川―●河端―山部―花田=小野
(中)チェン―鈴木―岡本―[S]岩瀬=谷繁
HR:立浪6号(5裏=ソロ)

【勝】岡本 49試合10勝3敗1S
【S】岩瀬 39試合1勝1敗29S
【敗】河端 30試合2勝4敗

きょうも初回に幸先よく2点先制。本当はもう少し取っておきたかったんですが。
中日守備陣の好返球に阻まれ、岩村が本塁憤死。後続もなく…。
で、きょうの試合が、きのうまでの2試合と違っていたのは、
ウチが点を取ったすぐ後に、中日がキッチリ点を返してきたこと。
このあたりは、石川のきょうの反省材料ですな。立ち上がりの不安定さも含めて。

結局、憎き暴力外国人に決勝打を浴びて負けてしまったわけですが、
ここまで、あまり相性がよくなかったことを思えば、3連戦勝ち越しは上々かな?
けど、せっかく先制したんだから、そのまま行ってほしかったよぉ…。

ついでに言えば、この3連戦でキーマンと言われ続けた宮出がきょうは無安打。
チャンスでの打席もあっただけに、このあたりも惜しい敗戦の一因だったかも。


先日、帯広の森で観戦した合併球団にしてもそうですが、
信頼の置ける中継ぎ投手がたくさんいるってのは、やっぱり得ですね。
先発がちょっと崩れても、中継ぎで踏ん張りが利けば、こういう展開にも出来るし。

…いや、ウチに信頼できる中継ぎがいないっていうわけじゃないんですけどね。
河端のフォークなんか、すごくよく落ちてたし。チームの戦術の違いです。
ただ、ちょっと羨ましいなぁ…という思いもあって…。言ってみただけとです。

ま、気持ちを入れ替えて、あすからの神宮での讀賣戦できっちりウサギ狩りと
いきましょう。この3連戦が、燕党の私にとっては、あまりいい印象のない
フジテレビナイター祭りである…ということは、あえて無視する方向で。(笑)

あと、さっき夕食の買い物にスーパーに行く時に
「きょうは浜松だから、ウナギでも買うかぁ」と思ったんだけど、(安直)
ちょっと高かったので、やめて帰ってきちゃいました。…買っとけばよかった?

| | コメント (3) | トラックバック (5)

2005.08.03

[中日13回戦]ゴンちゃん投打に大活躍!!

別に前日の試合の記事の使い回しではありません。(笑)
(今季に関しては)伏兵的扱いだったゴンザレスが初先発を白星で飾る。
しかも、7回には自らダメ押し点のきっかけとなる二塁打を放っている。
またしても、伏兵外国人の活躍で勝利をものにしたスワローズ。

あしたこそ、本命外国人の活躍に期待。
 ※ 本命の方は、この日2安打。そろそろ爆発しないかな…。

 ◇中日×ヤクルト13回戦(中日8勝5敗/ナゴヤD・33900)

Swallows 2 0 0 0 0 0 2 0 0 4 11 0
Dragons 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2 4 2
(ヤ)○ゴンザレス―五十嵐―[S]石井=古田
(中)●朝倉―高橋聡―岡本―平井=谷繁
HR:ウッズ22号(7裏=2ラン)

【勝】ゴンザレス 7試合1勝2敗
【S】石井 39試合2勝2敗24S
【敗】朝倉 11試合3勝4敗

それにしても、ゴンザレス先発とは驚きました。全然、予想していなかったもので。
けど、開幕前の怪我さえなければ、先発ローテの一員として考えられていたわけで、
ある意味、本来の姿に戻った…ということも言えるわけですけど。

さて。あすは浜松で同じカードが行われるとのこと。
ここまで来たら、一気に3タテ…と行ってもらいたい所だなぁ。

だって、8月はやっぱりツバメの季節なんですもの。\(^_^)/

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2005.08.02

[中日12回戦]ガトちゃん投打に大活躍!!

前回登板では7回を1安打に抑えながら勝ち投手になれなかったガトちゃん。
今回はなんと。誰も打ってくれないんなら俺が!! …とばかりに、なんと自らHR!!!!
あの山本昌から、左中間スタンドに放り込んで見せたのだ。

 ◇中日×ヤクルト12回戦(中日8勝4敗/ナゴヤD・34800)

Swallows 2 0 1 0 0 0 2 0 0 5 11 0
Dragons 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2 8 0
(ヤ)○ガトームソン―吉川―五十嵐―[S]石井=古田
(中)●山本昌―落合―高橋聡=谷繁
HR:ガトームソン1号(7表=ソロ)

【勝】ガトームソン 11試合5勝4敗
【S】石井 38試合2勝2敗23S
【敗】山本昌 17試合6勝5敗

それにしても、おとといはリグス先生できょうはガトちゃんと…。
伏兵外国人(苦笑)の一発がここぞっ!!!! という時に飛び出している。
やはり、8月はツバメの季節なんだろうかっ!? 明日は本命外国人の活躍に期待。

あと、きょうは東京Dで行われていた讀賣との二軍の試合もG+でちょこちょこ観戦。
若手の元気なプレーが随所に。二軍でも讀賣に勝つのはやっぱ嬉しい。(笑)

※ …と、つばめ2号さんが、東京Dの二軍の試合を観戦されてたそうなので、
その観戦記に、トラバ送っておきましょう。

| | コメント (7) | トラックバック (7)

2005.08.01

[讀賣9回戦]神宮のスタンドで「金返せ!!」―と叫びたい(BlogPet)

場合は、岩村で秋風真っ只中の球団にあんな惨めな負け方をするなんて、恥ずかしくないのかなぁ…
「金、返せ!!!!」―
神宮に詰め掛けた多くの話まで出てスワファンです…
なんて言えませんとこ、ずーっと1点返すのが
恥ずかしくて人事とかに抑えられたんなら、まだ諦めも軒を浴びたって事は、こんな問題を解いていた?
マジへこみ


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »