« 〔オープン戦〕古田監督初采配…白星ならず | トップページ | スワ紅白戦で古田監督がマスク »

2006.02.27

〔トリノ五輪〕閉会式その他…17日目まとめ。

17日間の長きに渡ったトリノ五輪、ついに閉幕。
次回は2010年、カナダのバンクーバー。スキーの事故で
車椅子生活を余儀なくされたというバンクーバーの市長が
特製車椅子で五輪旗を振る姿に感銘を受けた。

閉会式その他、いろいろ気になったことをまとめ。

■ 荒川さんを肩車していたのは誰なんだろう?…というのが、
ずっと気になってた。カメラアングルのせいか生中継の画面では
顔がよく見えなくて、たまたま聞いたラジオも「男子選手に肩車…」
としか言ってなくて、いくらなんでもそりゃかわいそうだべ…
思って調べていたら、ヤフーのコラムか何かに、肩車してたのは
「アイスダンスの木戸さん」だった…と書いてあった。ホッとした。

■ 岡崎さんがつけてた、あの「鼻」、気になります。
後ろのほうにいたコーチらしきおっさんまでつけてたのが笑える。

■ 会長の挨拶のときに現れた謎の乱入者。
最初は「あれはあれで演出の一部」なんだろう…くらいにしか
思ってなかった。意外なほど、あっけなく取り押さえられてたしね。

■ JOCの団長が「メダル1個で申し訳ない」とか言ってたらしい。
それは、あなたが勝手に「メダル5個」とか言ってただけであって、
私から言わせると、この結果は「割と想定の範囲内」ですよ。

だって、私は4年前から「さるさる日記」にこんなこと書いてました。

■2002/02/25 (月) 冬季五輪閉幕:Road to Torino より。
どの競技もそうだけど、やはりトリノに向けて世代交代を進めていかないといけないんだろう…というのが感想。今回、ある程度成績を残したのは、清水にしても里谷にしても、長野で実績を残した選手がほとんど。ジャンプで2冠を成し遂げたシモン・アマンのような「新星」が現れなかったことが、今回の低迷の一因。
4年後。トリノ五輪を観戦する時に、また今回と同じような顔ぶれ…ってことになると、本当に1個もメダル取れないんじゃないか…という危惧さえ私は持ってるんだよなぁ。

思い当たる節、ありますでしょ?
フィギュアで金を獲れたのは、やっぱりジュニア時代からの育成とか
しっかり行われていたからなんでしょうし。今回に関しては、これに
「世界の現状認識の甘さ」でしょうか。ちょっとW杯で勝ったくらいで
すぐに「メダル獲れる!」と、思い上がっちゃった。世界にはまだまだ
すごい選手がいるという認識がされていなかった。致命的っすよ。

NHKの五輪ページに出ていた記事には、冬季競技のナショナル
トレセン構想も進んでいる…と書いてあった。本気で選手強化を
目指すなら、どんどん推進していってもらいたいものです。

しかも、候補地の1つに帯広市も入っているらしい。そこが少し嬉しかったので、
わざわざ取り上げた。(笑) もし、帯広に作るなら、カーリングの試合が出来る
場所もぜひぜひ作ってくらはい。絶対、観に行きますから。


それでも、今回の五輪は大きなトラブルもなく、いい感じで
終わったからよかったんじゃないですかねぇ。そんなわけで、
あと、まとめ記事何個か書いて五輪関連は終わりかなぁ。

|

« 〔オープン戦〕古田監督初采配…白星ならず | トップページ | スワ紅白戦で古田監督がマスク »

トリノ五輪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/8873403

この記事へのトラックバック一覧です: 〔トリノ五輪〕閉会式その他…17日目まとめ。:

« 〔オープン戦〕古田監督初采配…白星ならず | トップページ | スワ紅白戦で古田監督がマスク »