« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006.03.30

ちょっとしたお知らせ

セ・リーグ開幕前夜だというのに、更新が滞っているつげさんです。
実は以前にちょこっとブログに書いた新しい仕事うんぬんの関係で、
バタバタと引越しにかかっているというのが現状です。

そのため、ネット環境も一から設定し直さなくてはいけなくなり、
(今まで住んでた所はCATV回線だったので特に設定の必要がなかったの)
この記事も、ネットカフェから書いている次第です。
今度のところは、光配線とかない田舎なんでね。ADSLにしなきゃなんない。
しかも、電話加入権なんか持っていないので、とりあえず「セット価格0円」で
加入権購入からADSLの申し込みまでやってくれるというヤフーBBのサービスを
申し込んでみますた。説明書きを見ると、なんだかんだで2~3週間かかりそうな
感じがします。…なので、その設定が終わるまでは頻繁な更新は出来そうもない…。

とりあえず、お知らせかたがた。熱烈スワ記事は、新居にネット配線が済むまで
しばらくお待ちくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.25

〔WBC〕日本、準決勝進出しちゃいました(BlogPet)

こないだ、つげちゃんが
フェア飛球が、本塁からの距離が250ft(76.199m)未満のフェンスを越えるか、スタンドに入った場合は、日本が与えられる。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.24

久々にスパム論―ピンポイントスパムの文面を考えよう

メールボックスをチェックしていたら、こんなスパムを発見した。

===== ここから スパム引用 =====

☆.:・'゜☆.:・'゜☆.:・'゜☆.:・'゜☆.:・'゜☆.:・'゜☆.:・'゜☆。.・*
アナタだけの秘密の彼氏はほしくありませんか??
☆.:・'゜☆.:・'゜☆.:・'゜☆.:・'゜☆.:・'゜☆.:・'゜☆.:・'゜☆。.・*

誰にも知られずに秘密の彼氏をゲットしましょうっ!

当サイトでは
秘密の関係、割り切った関係、あなたの好きな時間に会える、Hができる相手、
を無料でご紹介しております。


地域検索システムで近くの相手を探せます。
写真登録昨日もございますのであなた好みの男性をさがせます。

もちろんアドレスや電話番号の交換はokです。


ご登録はこちら
http://***************

===== ここまで 引用おわり =====

このブログを長きに渡ってお読みいただいている方はお分かりかと思いますが、
当ブログの中の人は正真正銘の男子でございます。

…ということは、アレなんでしょうか。
このメールは私に「2代目HGになれ!」とでもおっさられるのでしょうか。(笑)

秘密の彼氏 フォーーーー!!

…つか、写真登録昨日って何だよ。(苦笑)

…と、ここまで書いてきたところで。ふと考えた。
こんな無差別に送りつけられるスパムってのは、はたして効果があるのか? という
素朴な疑問について。そのほとんどは、もう見るからに明らかに「スパムだよ」という
内容しか書いていないから、ロクに読んでもらえないまま削除されちゃうはずだし、
たまーに思わせぶりな内容のメールが届いても、その大半はネットで検索をかければ
一発で無差別スパムだとバレてしまいますよねぇ。

前にも触れた気がする「こういうメールはスパムだ」
 1.必ずと言っていいほど、女は送信先の「近くに住んでいる」。
 2.が、その具体的な地域名に関しては何一つ触れていない。
 3.そして、メールの送り主とされる女はほとんどの場合お金持ち。
   ※ 去年までは「必ず」お金持ちだったが、今年に入り既に餓死したと思われる美雪の登場により
   「ほとんどの場合」となりました。

それでも、こうしたスパムがいつまでたっても減らないのは、それでもひっかかる人間が
いるってことなんでしょう。しっかり文面を読めば「自分だけが対象じゃない」ことくらい
わかるでしょうにねぇ。

そこで、ですね。本物のスパム業者なら絶対にやらないであろう
 「ある個人をピンポイントで騙すスパムメールの文面」 …ってのを
考えてみたら面白いんじゃないかなぁ…と…実は前々から思っていました。(笑)
さすがに、こんなくだらないことで他人に迷惑をかけるのも申し訳ないので、
とりあえず、気が向いたらで構わないので、このブログの中の人である私を
「ピンポイントで」騙すためのスパムの文面をコメント欄に書いてみませんか?

特に締め切りとか設けずに地味に募集だけかけておきますので、
御用とお急ぎでない方で、興味を持たれた方はこっそりコメント欄に書いておいて
いただければ、読んでほくそえんだりコメントを返したりいたします。
すごく面白い場合にはブログ内で記事にしてご紹介させていただくかも。

※ 注意。本当にメールで私(や他の誰か)宛に送りつけるのは止めてください。(笑)
  あくまでブログ上でのお遊びです。くれぐれもブログ内に留めてくださいませ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.03.23

〔オープン戦〕3試合まとめて…Ⅱ

スワのオープン戦。神宮9連戦がきょうで終了。成績こそパッとしないものの、
調整は順調に進んでいる…んだと思うのですが…。それがなかなか結果に
表れてこないのが多少なりとも心配です。

◇3月21日(神宮)
東京ヤクルト 2-7 福岡ソフトバンク
○カラスコ―吉武―藤岡
石井一―石堂―高津―花田
勝:カラスコ 4試合2勝
S:
敗:石井一  3試合1勝1敗
HR:仲沢2号(2表・2ラン)

◇3月22日(神宮)
東京ヤクルト 2-6 読売
○野口―酒井―林―久保―豊田
●石川―木田―高井―吉川―鎌田
勝:野口   3試合2勝
S:
敗:石川   4試合2敗
HR:

◇3月23日(神宮)
東京ヤクルト 7-5 阪神
●杉山―金沢―相木―吉野
川島―○佐藤―花田―高津―S五十嵐
勝:佐藤   7試合1勝
S:五十嵐  5試合1S
敗:杉山   3試合1敗
HR:シーツ2号(1表・ソロ) 3号(5表・3ラン) 桧山4号(4表・ソロ)

読売戦はフジ739で中継していたので、チラチラと見ていましたが…。
相変わらず点が取れませんねぇ。orz orz…。
満塁のチャンスを作ったのが3回くらいあったかなぁ。ほっとんど点が入らん。
WBC組の青木・宮本が戻ってきてようやく点が入るようになったみたいだけど、
これではちょっと先が思いやられますねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.21

〔WBC〕日本優勝!―初代WBC王者に


キューバにも勝っちゃいましたね。ほんと、ビックリしました。
イチローがテレビのインタビューにあんなに興奮して答えてる姿は記憶にない。
いろんなことがあったが、日本が野球で世界の頂点に立ったのは紛れもない事実。

まずは、頑張った選手たちに「おめでとう!」の言葉を送りたいと思います。

◇WBC決勝・キューバ×日本

日本代表 10 10
キューバ 11

○松坂―渡辺俊―藤田―大塚
●Oロメロ―Vオデリン―Nゴンザレス―Yペドロソ―Aパルマ―Yマヤ―Yゴンザレス―Jマルティネス
勝:松坂    1勝
S:大塚    1S
敗:Oロメロ  1敗
HR:Eパレソロ(1裏・ソロ) Fセペダ(8裏・2ラン)

| | コメント (1) | トラックバック (17)

〔オープン戦〕3試合まとめてドドンと。

このところ、WBCのあまりに劇的な展開に目を奪われるあまり、スワの試合を
フォローするのをすっかり忘れてた。試合結果を知らなかったわけではないけど、
ちょっと、あまり気乗りしないっすよね、あの結果では。(笑)

てなわけで、週末から昨日までの3試合分をまとめてフォローしときます。

◇3月18日(神宮)
東京ヤクルト 2-2 オリックス
川越―菊地原―加藤―大久保
藤井―高津―木田―高井―五十嵐
HR:ラロッカ1号(5裏・ソロ)

◇3月19日(神宮)
東京ヤクルト 7-9 東北楽天
林英傑―○金田―小倉―S小山
ガトームソン―佐藤―花田―●田中充―吉川
勝:金田  1勝1敗
S:小山  4S
敗:田中充 1敗
HR:土橋1号(2裏・ソロ) 山崎武1号(5表・2ラン)

◇3月20日(神宮)
東京ヤクルト 2-2 福岡ソフトバンク
新垣―佐藤―松本―水田―篠原―三瀬
松井―木田―高井―五十嵐―佐藤―鎌田
HR:武内1号(1裏・2ラン) 松田2号(2表・2ラン)

ガトームソンがここ2試合で19失点(自責17)と散々な出来なのが、気がかり。
もう1試合くらいオープン戦で登板がありそうだが、そこで結果が出なければ、
戸田へお引取り願うことにもなりかねない状況…ではあると思う、いやマジで。

現時点で一軍先発枠に確実に入りそうなのは、
 石川、石井一、藤井、川島(?) …あたりでしょうか。川島は肩の具合次第。
WBC帰りのゴンザレスは状態がよければ、開幕一軍に入ってこれるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.19

〔WBC〕3度目の正直―日本、韓国下して決勝進出!

いやはや、なんとも大変なことになってきましたよ。
2次リーグ敗退やむなし…という状況から這い上がった日本がWBC3度目の対戦にして
初めて韓国に勝利=しかも完封勝利し、第1回WBCの覇者を決める決勝に進出。

21日午前11時から行われる決勝の相手はアマチュア最強軍団・キューバ。
もう、ここまで来たら優勝しちゃってほしい!…けど、なんか複雑。

◇WBC準決勝・韓国×日本

日本代表 11
韓  国

○上原―薮田―大塚
徐在応―●全炳斗―金炳賢―奉重根―孫敏漢―裴英洙―呉昇桓
勝:上原   2勝
S:
敗:全炳斗  1敗
HR:福留2号(7表・2ラン) 多村3号(8表・ソロ)

2度目の対戦で韓国に負けた直後には、まさかこのような状況になるなんて
想像も出来ませんでした。本当に、野球は何が起こるかわからないものです。

序盤から中盤にかけては、チャンスは作るもののなかなか得点にいたらず。
一死一・二塁から西岡の打球がライナーになって併殺…というもったいない
プレーもあったりして、ちらちらテレビを見ながらやきもきしておりました。

7回、今江の代打で登場した福留がライトへ大きな大きな2ランアーチ!
仕事中だし、場所が場所だけにテレビのボリュームはかなり絞り目にしてたけど、
それでも、TBS・松下アナの大絶叫がはっきり聞こえてきて、なんだかなぁ…とか
思ったりもしたけれど、家で見ていたら私もきっと大騒ぎだったろうから…。(笑)

直後、小笠原への初球が大きくそれて膝下への死球となったり、それまでの試合で
ほとんどノーミスだった韓国の投手が暴投してみたり…と、流れは一気に日本へ。
8回には、超ファインプレーもあった多村に一発が飛び出し、勝利への流れは確実に。
上原が7回まで韓国打線を0封、その後は薮田―大塚のリレーがピシャリ!
うわぁ。本当に勝っちゃったよ。決勝進出しちゃったよ…どうしよう、これ。(苦笑)

つか、こんな日本が優勝しちゃってもいいもんなんでしょうかね?
予選2次リーグは1勝2敗だし、韓国とも3回やって1勝しかしてないんですけど…。

| | コメント (1) | トラックバック (8)

2006.03.18

〔WBC〕ヤツがまたやらかしたぞ!(BlogPet)

きょうは、わかが俳句を詠んでみようと思うの

 「二塁打に ファウルされたる 舞い上がり」


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.17

北海道の高校生がやんちゃすぎる件について

Yahoo! のトップページにこんなトピックスが載っていましてね。

はー、また高校生の不祥事かよ!と思いまして、おもむろに
そのトピを読んでみたところ…。

「全国高校バレーボール選抜優勝大会(春高バレー)」に南北海道代表として出場する予定だった江別市のとわの森三愛高校(村山昭二校長)の男子バレー部員2人が移動中に窃盗行為をしていたことが分かり、同校は17日、同大会の出場辞退を決めた。同日午後に会見し、正式に発表する。(毎日新聞)

…つか、また北海道ですか orz orz…。
これは部員が窃盗しちゃってるから、同情の余地はないですね。
駒苫の一件が騒がれたばかりの時期ですしね。まったくはんかくさいとしか
言いようがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〔WBC〕日本、準決勝進出しちゃいました

…というわけで、メキシコ×アメリカ戦は2-1のまま試合終了。
韓国以外の3チームが1勝2敗で並んだが、失点率の差で日本が2位通過。
準決勝でみたび韓国とあいまみえることになりますた。

それにしても、アメリカ。超カッコ悪いっす。
日本戦のアレだけで飽き足らず、前記事でも触れたとおり、きょうのメキシコ戦でも
ヤツの明らかな誤審で助けてもらったにもかかわらず、2次リーグ敗退決定。

ぶははは、ざまみろ。

試合終了後のメキシコ選手たちの半端じゃない喜びようがすべてを物語ります。
明らかにあの誤審でメキシコベンチに「この試合は負けられない」の意識が
芽生えて、チーム一丸になりました。守備でも好プレー続出でしたしね。


とはいえ、1次・2次リーグで韓国に連敗してるわけですから、
準決勝で勝てるとは、あまり思えないんですけどねぇ。メキシコのおかげで
最後のチャンスをもらったんだし、悔いのないように頑張っていただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

〔WBC〕ヤツがまたやらかしたぞ!(追記あり)

準決勝進出の可能性はほとんどなくなったとはいえ、
家にいるし暇なのでメキシコ×アメリカ戦を一応見てますが。

やつが、また一塁塁審をしています。ほんのり嫌な予感はしていましたが…。

やつがまたやらかしましたぜ!

3回裏メキシコの攻撃。先頭打者の放った打球は高く舞い上がり、ライトの黄色い
ポールに当たりました。明らかに完璧に当たった。リプレイを見ても明らかに。

《追記》 問題のシーンの動画を見つけたので貼っておきます。
完璧に当たっております、黄色いポールに。もう、誰の目にも明らかに。

ところが、一番近くで見ていたやつの判定は

エンタイトルツーベース!

もう、意味不明。訳がわかりません。しかも、やつは不敵な笑みを浮かべてすらいます。
試合再開された後も、メキシコのベンチは「ボールには、ポールに当たった跡がある!」と
猛烈アピールしてます。あー、もう、ムカつく。むしゃくしゃするぞ!

…と思ったら二死二塁からメキシコの選手がタイムリーヒット! ブラボー!!
よくやってくれた!! とりあえず3回終了1-0でメキシコリード。

公認野球規則(こちらより引用)より
2・26 FAIR TERRITORY「フェアテリトリ」(フェア地域)--本塁から一塁、本塁から三塁を通って、それぞれ競技場のフェンスの下端まで引いた直線と、その各線に垂直な上方空間との内側の部分を指す。各ファウルラインは、フェア地域に含まれる。
2・33 FOUL TERRITORY「ファウルテリトリ」(ファウル地域)--本塁から一塁、本塁から三塁を通って、競技場のフェンスの下端まで引いた直線と、その線に垂直な上方空間との外側の部分を指す。(各ファウルラインはファウル地域に含まれない)
6・09(d) フェア飛球が、本塁からの距離が250ft(76.199m)以上あるフェンスを越えるか、スタンドに入った場合、打者がすべての塁を正規に触れれば、本塁打が与えられる。フェア飛球が、本塁からの距離が250ft(76.199m)未満のフェンスを越えるか、スタンドに入った場合は、二塁打が与えられる。


Jスポでわかりやすくテロップ表示されたので貼っておきます。
現在、7回表まで終わって2-1でメキシコリード。仮にこのまま試合が
終われば、この通りの条件となり、日本が準決勝進出となるわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.16

〔オープン戦〕勝ち負けよりも内容なんですってば

試合結果も大事だが、オープン戦中盤はまだまだ内容重視ですわね。
川島初登板。数字はイマイチに見えるが伊東ヘッドは昨年よりはいいと
言ってるそうなので。あと、リグス大先生が好調らしいです。スポニチが
試合記事のメインにすえて取り上げてるくらいです。2番・リグス。ふむ。

◇オープン戦・東京ヤクルト×広島(神宮・1801)

広  島
ヤクルト
広)○黒田―長谷川―天野―仁部―マルテ―佐竹―永川―Sベイル
ヤ)●川島―田中充―上原―佐藤―石堂―五十嵐
勝:黒田  2試合1勝
S:ベイル 4試合1S
敗:川島  1試合1敗
HR:木村拓1号(2表・2ラン) リグス2号(6裏・ソロ)

《きょうのポイントらしきもの》
○ 川島がOP戦初登板。3回途中3失点降板も伊東ヘッドは一定の評価。
○ 2番・リグス⇒地味に8試合連続安打で好調。阪神スコアラーも警戒。
 以上、関連記事 「2番リグス」8試合連続安打


↑絶好調!リグス大先生。特別に写真もつけちゃおう。(スポニチより)

けど。2番をリグスにするとなると、宮本は何番に?…という疑問がふつふつと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〔WBC〕韓国にまたしても1点差敗戦

一番見たかった韓国戦だったんだけど、どうしても外せない用事があって見れず。
…負けちゃったのね。まぁ、あれだ。これでアメリカの茶番につきあう義理もなくなるね。
またしてもスワ選手がケガしちゃったっぽいのが気がかりではあるけどねぇ…。

◇WBC2次リーグプール1・日本×韓国

韓  国
日本代表

朴賛浩―全炳斗―○金炳賢―具台晟―S呉昇桓
渡辺俊―●杉内―藤川―大塚
勝:金炳賢  1勝
S:呉昇桓  1S
敗:杉内   1敗
HR:西岡2号(9裏・ソロ)

アメリカが2次リーグ最終戦となるメキシコ戦に負ければ、準決勝進出の可能性も
なくはないようだが、そのメキシコはすっかり諦めちゃって、練習キャンセルの上に
ディズニーランドに遊びに行っちゃったそうなので、ま、代表の皆様、お疲れさまっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.15

〔オープン戦〕笛吹けど踊らず―スコアボードにお団子9つ

やっぱり、きのうの打線爆発はまぐれなんだよね。そうだろうと思ったんだ…。

◇オープン戦・東京ヤクルト×中日(神宮・2269)

中  日
ヤクルト
中)○朝倉―高橋聡―岡本―岩瀬
ヤ)●石川―高津―吉川―本間
勝:朝倉  1試合1勝
S:
敗:石川  3試合1敗
HR:井端1号(1表・2ラン)

《きょうのポイントらしきもの》
● 石川は1回にくらった一発だけ。今年もやはり立ち上がりが課題か…。
● 打線がからっきし打てないのは別に今に始まったことじゃないのでねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〔WBC〕メキシコに快勝―準決勝も見えてきた

とりあえず、メキシコに勝ちました。試合後のインタビューは松坂と里崎だったようだが、
序盤のなかなか点の入らないやきもきした状況の中で飛び出した小笠原の先制打が
私の中でのきょうのMVPです。えー。そりゃ、もちろん、ひいき目も入ってますけどね。

いいんです。どうせ、大会自体が八百…(以下自粛)

◇WBC2次リーグプール1・メキシコ×日本

日本代表 12
メキシコ

○松坂―和田毅―薮田―大塚
●Eロアイザ―Dレイエス―Pオルテガ―Pオスーナ―Lアヤラ
勝:松坂    2勝
S:
敗:Eロアイザ 1勝1敗
HR:里崎1号(4表・2ラン) Mオヘーダ1号(8裏・ソロ)

これで2次リーグ1組は韓国2勝、日本とアメリカ1勝1敗、メキシコ2敗。
日本の準決勝進出への条件は、非常にややこしい。詳細はこちらなどを
参照していただきたいと思うが、日本にとってはまずは明日の韓国戦に
勝つことが、その先へ進むための一番の近道であることには間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

げげっ。

あのクソ球審がきょうは一塁の塁審やってんだってよ。
そんな問題起こした審判を、その直後の当該国の試合に平気で起用するなんて
ありえねー。そこまでして日本に勝たせたくないのか。こりゃ、もうお笑いだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.14

〔WBC〕それみたことか―アメリカ、韓国に敗れる

アメリカが韓国に負けたんだってさ。(笑)
さすがに8回までで1-7では、八百長も出来ませんでしたか。ざまみろ。

これで2次リーグ1組は韓国が2勝で首位。アメリカ1勝1敗。日本とメキシコ1敗。
あしたのメキシコ戦、絶対に勝っておかないと苦しくなる。アメリカの茶番
つきあわされるのはもうコリゴリという気もしないではないが、せっかく出たからには
やれることはちゃんとやって帰ってきてほしいな、と思う。頑張ってほしいなぁ。

2次リーグ2組は4チームが1勝1敗で並ぶ混戦模様。各チーム、残り1試合。
ドミニカ×ベネズエラ、プエルトリコ×キューバ。それぞれの試合で勝ったチームが
準決勝に進むことになる。(万が一、引き分けとかあると話がややこしくなるが…)

■ ここまでのWBC2次リーグまとめ

2次リーグプール1
ア メ リ カ-3日     本
韓     国-1メ キ シ コ
韓     国-3ア メ リ カ

2次リーグプール2
ベネズエラ2-キューバ
ドミニカ共和国1-プエルトリコ
キューバ3-ドミニカ共和国
プエルトリコ0-ベネズエラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〔オープン戦〕これはいったいどうしたことか??

ここ2試合で28失点と惨憺たる結果でファンに大いなる失望を抱かせた
スワ投手陣。それが、1日置いたきょうはあろうことかわずかに被安打3の
完封リレー。打線も4回に一気に爆発して大量7得点。古田さんにとっては
会心の勝利だったんではないでしょうか。

◇オープン戦・東京ヤクルト×オリックス(神宮・2027)

オリックス
ヤクルト
オ)●デイビー―山口―中山
ヤ)○石井一―松井―高井
勝:石井一  2試合1勝
S:
敗:デイビー 2試合1敗
HR:ユウイチ1号(4裏・2ラン)

《きょうのポイントらしきもの》
○ 先発・石井一、5回を2安打無失点。奪三振5。与四死球もなく完璧な内容。
○ 4回裏にスワ打線大爆発。一挙に8安打集中。ユウイチ、田中浩が3打点の活躍。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.03.13

〔WBC〕アメリカにサヨナラ負け…日本の“敗因”は?

さて、ここで問題。この試合、日本の敗因はズバリ何だろう?

1) 8回表一死満塁の大チャンスでフライしか打てなかった岩村
2) 9回表二死満塁の大チャンスで見え見え変化球に空振り三振の多村
3) 結果的にサヨナラ打を打たれた藤川

正解はスコアの後で。

◇WBC2次リーグプール1・アメリカ×日本

日本代表
アメリカ 1x 12

上原―清水―藤田―薮田―藤川
Jピービ―Sシールズ―Tジョーンズ―Bフェンテス―Jネイサン―○Bリッジ
勝:Bリッジ 1勝
S:
敗:藤川 1敗
HR:イチロー(1表・ソロ) Cジョーンズ(2裏・ソロ) Dリー(6裏・2ラン)

…正解は4番。
アメリカの監督に抗議されてころっと判定を覆したクソ審判団でした。

けど。その次は1番だね、きっと。(爆涙)
岩村が誰にも文句のつけようのないヒット打ってりゃ、こんなことには…。

でも、やっぱりきょうの試合でわかったことは、
WBCはアメリカのアメリカによるアメリカのためのえせ世界一決定戦でしかないってことか。
本気の世界一を決めたいんなら、せめて審判は一流を連れてこいや!
あんなクソ審判の元で世界一を決めるなんて、冗談もほどほどにしないといかんよ。


日刊スポーツもショックのあまり、しょうもない誤植炸裂。

(午前9:50現在・午前10時前には誤植のとこだけすぱっと消されてたよ)

藤川はサヨナラされて負け投手ってことにはなるんだけど、Aロドリゲスに
打たれる前のKグリフィーJrを三振に取った場面は見ててしびれましたよ。
薮田の8回の好投も印象に残ります。クソ審判団に判定を覆された直後で
「ニッポンの意地」を見せたなぁ…と、すごく嬉しくなりましたし。

小笠原のファインプレーもあったし、藤川は無死一・二塁からのバント処理も
見事でした。あれは一瞬でも躊躇があれば三塁はセーフのタイミングだし、
Jスポ経由の情報では、アメリカの実況席も絶賛したプレーだったようです。

だからさぁ。こんだけいい試合してんだからさぁ。せめて審判は(以下略)


追記。WBC公式サイトで詳細スコアを見つけたのでリンク。
下の方に、きょうのクソ審判団の名前も書いてあるので要チェックだ。
ま、名前だけでどこの国の審判とかわかんないんだけども、さ。
…と思ったら、先にトラバもらってたスーパーサウスポーあさちゃんさんの
記事
に、こんな風に書いてあったよ。どれどれ…。

 球審: Bob Davidson.(USA)    
 1塁塁審: Ramon Armendariz.(USA)
 2塁塁審: Brian Knight.(USA)
 3塁塁審: Null Poulton.(Australia)

…なーんだ、はなから八百長だったんじゃん。せっかく、いい試合だったのになぁ。
そこまでしてアメリカに優勝させたいかね。MLB主催だからプライドもあるのかね。
なんだかなぁ。(←阿藤快風) 早起きして損したよ。

| | コメント (4) | トラックバック (17)

2006.03.12

〔オープン戦〕この道はいつか来た道…あ、きのうだわ(涙)

オープン戦とはいえ、ありえないほどの守乱、大量失点、相変わらずの無駄打ち
ここまでくると、もう笑うしかない。…って、きのうも書いたような気がするな。
※ 一応、7点取ってるから“無駄打ち”の部分は消すとしてもだなぁ…。
  2試合で28失点だろ? もうちょっとなんとかならんのか? 草野球やってんじゃないんだから。

◇オープン戦・千葉ロッテ×東京ヤクルト(千葉マリン・15184)

ヤクルト
ロ ッ テ 15
ヤ)●ガトームソン―田中充―高津―佐藤―上原
ロ)○久保―山北―小宮山―内
勝:久保 2試合1勝
S:
敗:ガトームソン 2試合1敗
HR:井上1号(5裏・ソロ)

《きょうのポイントらしきもの》
んなもんあるかい!
…では終われないので、無理やりポイントをひねり出してみよう。

○ ユウイチが3安打。

……

………

以上です。(爆)

だってさ。先発投手が3回途中で12失点じゃお話になんないっしょ。
WBCのアメリカ×南アフリカみたいなもんでさ。ポイント見つけろ!って方が無理。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.11

〔オープン戦〕能ある燕は爪を隠し…てるんだよね?

オープン戦とはいえ、ありえないほどの守乱、大量失点、相変わらずの無駄打ち。
ここまでくると、もう笑うしかない。

◇オープン戦・阪神×東京ヤクルト(甲子園・11417)

ヤクルト
阪  神 13
ヤ)●石堂―宇野―本間―吉川
神)○下柳―太陽―橋本
勝:下柳 2試合2勝
S:
敗:石堂 1試合1敗
HR:リグス1号(6表・2ラン)

《きょうのポイントらしきもの》
んなもんあるかい!
…で片付けるのは簡単だけど、一応…ね。いくつか書いてみるよ。
● 石堂3回4失点、宇野2回8失点(自責2)。これがすべてですわね。
● 11安打打ってるのに、たった2点。何にも改善されておらんわ。
  唯一の得点もリグスの2ランだもんな。効率が悪すぎる!

しかも、こんな無様な試合を開幕で当たる阪神相手にやっちまったのが痛すぎる。
これはこれで、相手に油断させる作戦なんだ…とか現実逃避的な発想をして
お茶を濁すしかないじゃないか。片腹痛いわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〔WBC〕日本・韓国、2次リーグ進出決定!(BlogPet)

きょうわかはWBCと全勝するはずだった。
それときょうわかはプールっぽい試合しないです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.10

〔オープン戦〕待ちに待った!古田スワローズ初勝利

いやはや、長らく待っていましたよ。
やっと、ココログにログインできるようになりましたよ。(違)

…オープン戦4試合目にして、やっと古田スワローズ初勝利。

◇オープン戦・オリックス×東京ヤクルト(スカイマーク・1539)

ヤクルト
オリックス
ヤ)○藤井―松井―高井―佐藤―花田
オ)●吉井―大久保―金子―ユウキ
勝:藤井 1試合1勝
S:
敗:吉井 3試合1敗
HR:ラミレス1号(4表・ソロ)

《きょうのポイントらしきもの》
○ とにもかくにも古田スワローズ初勝利。古田さん自身も今季“初安打”。
○ 藤井が先発で4回を2安打無失点。その他の投手もまずは順調。
○ ラロッカ3の2、ラミちゃん第1号、リグス盗塁(!)と外国人選手がアピール。

石井弘が左肩の違和感でWBC日本代表から離脱⇒帰国へ…という
心配なニュースも入ってきましたが、まずは古田さんおめでとう!ってことで。

〔追記〕 オープン戦初勝利!を記念して古田敦也公式ブログも久々の更新。
サイン入りの初勝利記念ボールもファンにプレゼントしちゃうんだって。
なんて太っ腹なんでしょう。応募方法については次回更新時に…だそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2006.03.07

セも来季からプレーオフ導入へ

どうやら、そういうことらしいですねぇ。

■ セも07年からプレーオフ導入(スポニチ)

記事中にもあるとおり、収入減の解消・人気回復という側面もあるでしょう。
もしかしたら、昨年・一昨年とパのプレーオフを制した球団が日本一に
なっている…という部分もプレーオフ導入の動機付けの1つかもしれない。

ただ。

現行のレギュラーシーズンと同じ146試合で実施することを条件としている。
…という部分が若干気になります。そりゃ、収入の確保を第一義とするなら、
前提となるペナントの試合数を減らしてしまっては、意味がないわけで…。
純粋に試合数が増えるということになると、その分だけ開幕が早まることに
なるんだと思うんですが…、それで選手が納得するのかどうか…ねぇ。

あと、シーズン1位のチームが日本シリーズに出られない可能性がある…という
パ・リーグでも出てきている制度上の問題をどう納得させるのか…も課題。

個人的には最後までペナントを盛り上げる…という意味から、プレーオフには
割と肯定的なんですけど、(セ・パともに応援する球団が絶対的に1位になれるだけの実力が…モゴモゴ以下省略)
ネット上の知り合いの中には「プレーオフ絶対反対!」を言い張る人も何人か
いてますし。セ・リーグの今回の決定にも賛否両論はありそうです。
来季から導入ということは、やはり夏くらいまでには仕組みを固めてしまわないと
日程編成作業に支障が出る可能性もありますし、早い結論が望まれますが…。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

〔オープン戦〕先発陣は仕上がり順調

古田スワローズ、オープン戦2試合目。先発した石川は、古田さんのリードで
予定の4回をアンラッキーな二塁打1本のみに抑える完璧な内容。
5回から登板の2番手・ガトちゃんもいいピッチングだった模様。…6回までは。

◇オープン戦・東京ヤクルト×福岡ソフトバンク(福岡ヤフーD・24297)

ヤクルト
ソフトバンク
ヤ)石川―ガトームソン―●木田
ソ)D・J・カラスコ―吉武―○芝草―S馬原
勝:芝草 4試合1勝
S:馬原 4試合2S
敗:木田 2試合1敗
HR:

《きょうのポイントらしきもの》
○ 石川は完璧。ホークス主催試合には珍しく、実況・解説ともにお手上げ!といった感じ。
○ それなりにヒットは出ている。田中浩や武内が結果を出しているのがいい。
● けど、残塁12はいただけない。満塁で点が取れなかったのが響いたようだ。
● 木田が打たれた。けど、無死二・三塁を犠飛の1点のみでしのいだのは光明?
● 気になる一言「ラミレスはアップアップの吉武にあのバッティングではねぇ」
・ それにしても福岡。平日のオープン戦に24000人以上のお客さん。
  Fプロジェクトも負けちゃいられませんぜ。ちなみに明日も同カード。

きょうはスカパーでも中継がなく、映像を見るのは諦めていたのですが、
ホークス主催試合では、ホークスHPで動画中継をしていることを思い出し
9回表だけなんとか観戦した。志田・(ラミレスの代打)真中・土橋という
公式戦では絶対にありえないクリーンアップが馬原に完璧に抑えられる
シーンを目撃する…という間の悪さ。試合終了直後に映し出された腕組みの
古田監督。その表情が渋かったであろう事は、容易に想像がつきました。

まぁですね。あえて言い訳をさせていただくならば、ですよ。
こちらはオープン戦がまだ2試合目。ホークスはもう9試合目ですからね。
そりゃ、調整具合とか違って当たり前なんですよ。そんな中でも、石川は
完璧だし、打線もヒットは打ってるし。とりあえずは無問題でしょう。そもそも、
ベストメンバーで戦ってるわけじゃないからね。ピークはまだまだ先でいい。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.03.05

〔WBC〕日本、逆転負けで1次リーグは2位に


※ (C)ずたたんさん

このたびは、ウチのゴリが大事な試合でとんでもない粗相をしでかしまして、
日本の1位通過を期待していた多くの野球ファンを裏切ってしまう結果になったこと、
ヤクルトファンを勝手に代表いたしまして、心より深く深くお詫び申し上げます。

◇WBC1次リーグプールA・日本×韓国(東京ドーム・40353)

韓  国
日本代表
韓)金善宇―奉重根―裴英洙―○具台晟―S朴贊浩
日)渡辺俊―藤田―杉内―●石井弘―藤川―大塚
勝:具台晟
S:朴贊浩
敗:石井弘
HR:川崎1号(2裏・ソロ) イ・スンヨプ3号(8表・2ラン)

思えば、韓国の選手だってお国を背負って戦っているわけです。
だから、4回の満塁のピンチでライトのあの超ファインプレーなわけです。
あれは確かにビッグプレーだったと思います。試合の流れすらも
一気に変えてしまったわけですからねぇ…。

さっき、ちらっと書きましたけど、よりにもよってイ・スンヨプに打たれたってのは、
試合展開上も今季のペナントを占う上でも非常にショックな出来事でした。
ナベツネあたりが影でほくそえんでいそうな気がして非常にムカつきます。

ちなみに、午前中に行われた第1試合は…といえば。

◇WBC1次リーグプールA・中国×中華台北(東京ドーム・4577)

中華台北 12 15
中  国
台)○潘威倫―姜建銘―朱尉銘―耿伯軒―郭泓志
中)●王楠―徐錚―卜濤―趙全勝―張俊
勝:潘威倫
S:
敗:王楠
HR:陳ユン基1号(4表・満塁)

アジアラウンド全体を振り返ると、日本は調子がいいあるいは仕上がりの早い選手と
そうでない選手の差がはっきりと現れている印象があります。

投手では石井弘や小林宏。松坂も微妙。野手では福留とか。下手すると
イチローでさえ、調子悪いグループに入りそうではあるのだが。
アメリカ入りしてから調子を上げてくれればいいのかな、とも思いますが…。
ちょいと心配です。2次リーグでは、ああいう不用意な失投は許されないだろうし、
細心の注意を持って、今後の試合に臨んでもらいたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (11)

あちゃーっ。

よりにもよってイ・スンヨプにHR打たれるなんてなぁ。(涙)
この試合もそうですが、シーズンに入ってからの読売戦が心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.04

〔WBC〕日本・韓国、2次リーグ進出決定!


※ (C)ずたたんさん

松坂はどうしても「大きな試合に弱い」というイメージがあって。
きょうもいいんだか悪いんだか、よくわからない内容ではあったが、
最終的には65球規定に達したところで4回を投げ切り降板。
自らのボークで1失点はしたものの、まぁまぁの出来…か?

◇WBC1次リーグプールA・中華台北×日本(東京ドーム・31047)

日本代表     14 15
中華台北    
(WBC規定により7回コールドゲーム)
日)○松坂―薮田―小林―藤川
台)●許竹見―陽耀勳―蔡英峰―許文雄―ツェン・ソンウェイ―黄俊中―郭泓志―陽建福
勝:松坂
S:
敗:許竹見
HR:多村2号(1表・3ラン)

そんなわけで終わってみれば、2試合連続のコールドゲーム。
第1試合で勝った韓国とともに、最終日を待たずに2次リーグ進出が決定した。

多村の2試合連続弾に、レフトフェンス際でのファインプレー。
これはすごかったですね。そこまでするか!って感じで素晴らしかった。
願わくば、公式戦でもこういったすごいプレーを見せてほしいものだなぁ。

ちなみに、午前中に行われた第1試合は…といえば。
※ 午前中はお仕事だったのでテレビ観戦もしてません。よって簡易版にて。明日も同様です。

◇WBC1次リーグプールA・韓国×中国(東京ドーム・3925)

中  国
韓  国 10 18
中)●陳坤―張力―趙博―頼国鈞
韓)○孫敏漢―朴明桓―鄭大ヒョン―鄭載勲―呉昇桓
勝:孫敏漢
S:
敗:陳坤
HR:楊碩1号(8表・ソロ)
   李承火華1号(3裏・2ラン) 2号(8裏・ソロ)

李承火華の2本のHRなどで中国に大差をつけて、こちらも2連勝。
あすの対戦カードが2連敗同士、2連勝同士…となるため、
日本・韓国両チームの2次リーグ進出が決定したことになります。

あすの試合はありていに言えば「消化試合」ですけど、ここまできたらやはり
全勝で1位通過してもらいたいものです。それと、ヤクルトの選手をもっと
試合に出してやってほしいです。青木と宮本がベンチだなんて贅沢すぎ。(笑)
あと、まだ石井だって投げてないじゃないですか、ねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

WBC代表エキシビション(4)(BlogPet)

今日、つげちゃんが
この大会を皆が笑顔で日本われるように、小野寺さんにしっかりスキップの役割を守ってもらって、皆で支えて行きたいと思った。
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.03

〔WBC〕日本、初戦は中国に大勝!


ずたたんさんがWBC用フリーイラストをアップしてくださったので、
  使わせていただくことにしました。今年もお世話になります。

上原がまさかの一発を浴びた以外は、ほぼ完璧な内容でした。
何より、松中や小笠原があんなに必死になって走る姿はそうそう
見られるものではない。これが「国を背負う」ということなんだなぁ。

◇WBC1次リーグプールA・中国×日本(東京ドーム・15869)

日本代表   18 15
中 国  
(WBC規定により8回コールドゲーム)
日)○上原―S清水
中)李晨浩―●趙全勝―卜涛―徐静―李師―李宏瑞―黄クァン
勝:上原
S:清水
敗:趙全勝
HR:西岡1号(5表・3ラン) 福留1号(5表・ソロ) 多村1号(7表・2ラン)
   ワン・ウェイ1号(4裏・2ラン)

上原、走者を貯めて苦しい場面もありながら、規定の65球ちょうどで
5回まで投げ切った。午前中の試合では、4回の途中くらいで規定の
球数が来て、先発⇒2番手…という流れだったので、このあたりは
さすが上原!ということで。やはり、大舞台の経験が多いと違います。

6回以降は、もう日本の打撃が爆発&中国守備陣のミスも続出で
一方的なペースに。けど、4回くらいまでは意外に苦しんでいたような
印象がありました。4回表にはチャンスに岩村・小笠原が連続三振を
喫する…という嫌な場面もあったりした。同点弾はこの直後でした。

青木、宮本が途中出場での1打席で、こともなげにヒットを打った。
ぜひ、シーズン中にもこうあって欲しいものだと思います。(笑)

あすの中華台北戦に勝つと、2次リーグ進出が決まるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

駒苫、不祥事でセンバツ出場辞退へ

午後4時30分から行われた記者会見で、駒苫・篠原校長が
センバツ出場は辞退したい…と表明しました。

香田監督(と野球部長)も辞任、篠原校長も辞職願を提出した
とのことです。何気につけたテレビで生中継で会見の様子を
流していました。北海道の主要4民放すべてで、です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

〔WBC〕開幕戦、韓国が中華台北を振り切る

鉄人・衣笠祥雄の始球式で幕を開けた第1回WBC。
その開幕戦は、韓国が中華台北を2-0で振り切り、歴史的白星。

お互いに「1次リーグ2位狙い」を公言しているという両チームにとって
この試合は、まさに「絶対に負けられない戦い」。
好プレーも随所に飛び出し、白熱した試合になりました。
白熱するあまり、韓国の4番打者がヘッドスライディングで肩を痛め
負傷退場⇒救急車で搬送される…という心配なプレーまで。

あと、中華台北の先発・リンさん。1失点はしたものの、1回表の
ピンチで韓国の3・4番を三振に取った球はすごかったとですよ。
なめてかかると、痛い目に遭うかも…と思ったけど、球数制限が
あるから、日本戦には出てこれないか。ちょっと安心しました。

◇WBC1次リーグプールA・中華台北×韓国(東京ドーム・5193)

韓 国
中華台北
韓)○徐在応―金炳賢―具台晟―S朴賛浩
台)●林恩宇―林英傑―朱尉銘―耿伯軒
勝:徐在応
S:朴賛浩
敗:林恩宇
HR:

最初は「日本の試合じゃないから、適当に見とこう」と思ったんだけど、
元中日のあの人や今季から読売に移籍したあの人が出ていたり、
阪神の若手のあの選手が母国の4番打者だったり…と、いろいろと
見知った名前があるのに驚かされましたね。

いや、別に名前を伏せる必要はないんだけども…。(苦笑)

※ ちなみに。台湾についてはJスポーツで「中華台北」と表記していたので、
ここでも、それで通したいと思います。


注目の日本の初戦(VS中国)は、午後6:30試合開始予定ですっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駒苫野球部員が飲酒・喫煙…。

あー、やっちゃたかぁ…って感じだなぁ。

■ 駒苫甲子園Vメンバー卒業式夜に飲酒補導(日刊スポ)

一番詳しい記事が出ている日刊スポーツの記事へリンク貼りました。

高校生が卒業式を終えて「打ち上げ!」と称して集まることって、
まぁ、よくあることだと思うんですよね。確か、私もありましたし。
けどねぇ。高校生が飲酒、喫煙はさすがにまずいでしょ。
しかも、他の客もいっぱいいた(であろう)居酒屋でって…もう最悪。

この中には昨夏の優勝時のメンバーも5人だったか、いたそうで。
去年「あわや、優勝取り消しか?」なんて大騒ぎになったこと、
まさか、忘れちゃったわけじゃないでしょうに。いかに自分たちに
対する注目度が高いかって事、嫌というほどわかったでしょうに。

それでなくても、今月末には後輩がセンバツに出るんでしょう?
夏春連覇なるか?っていう大事な大会なんでしょ?
そんな時に、先輩が冷や水ぶっ掛けてどうするんですか。

去年の騒動は、むしろ生徒は被害者という感じだったから、まぁ、
多分に同情の余地はあったのかもしれない。けど、今回はなぁ…。
万が一「センバツ出場辞退」になっても、文句は言えない…ってことは
覚悟しておいた方がいいだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.03.01

WBC代表エキシビション(4)

日本代表投手陣が読売を完封リレーだったことを喜ぶべきか、
11安打もしながら2点しか取れない打線の効率の悪さを憂うべきか。

◇WBC日本代表エキシビション第4戦(東京ドーム)

読 売
日本日本代表
読売 パウエル―鴨志田―内海―西村
日本代表 松坂―清水―小林―久保田―薮田―石井
HR:

なにはともあれ、WBCは3日開幕。せめて1次リーグくらいは
通過してほしいものだと思いますが…。はたして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月は別れの季節

31年にわたる長い人生、いろいろなことがありましたけども。
今の私は、とある医療事務の派遣会社に所属していて、そこから
今の職場である救命救急の夜勤に派遣されているわけです。

たまには、嫌な思いをすることもあるけれど、職場の皆さんは
とてもよくして下さるし、何より私自身が今の仕事がすごく大好きで
すごく充実感を持って取り組んでいたんです。あまり、ブログで
取り上げることはしませんでしたが、割と今の自分には合った
仕事だなぁ…と思って、ここまでやってきました。

ところが。どうやら、会社と病院側の契約が3月末(つまり今月いっぱい)
打ち切られることになってしまったらしく、きのう、会社の担当者から
そんな連絡がありました。

正直なところ「なぜ?」という気持ちはかなりあります。
ひとり、出来の悪いヤツがいて、最近、いろいろとトラブルが起きて
いるってことはあったけど、少なくとも自分自身は病院に大きな迷惑を
かけるような仕事はしてこなかったはずなのに。

…けど、まあ。しょせん私は「出入り業者」でしかありませんので。
病院側の方針で「いらない!」と言われてしまえば、従わざるを
得ないんでしょう。けどなぁ。きのうはずっと気持ちの整理がつかずに
一人さびしく、夜を過ごした。派遣だから、いつかはね。今の職場を
離れなきゃいけない時期が来るってのは、わかってたんですけどね。
こうも突然だと、やっぱりショックはかなり大きいです。

さて。4月からどうしよう。会社からは「今、○○町で契約が決まりそうな
仕事があるんだけど…」という話を聞いてはいます。もし、つげさんが
希望するなら、札幌から仕事の照会が来ているのもあるんだけど…と
いう話も。さて、どうしたものか。いずれにせよ、今月はちょっと身辺が
あわただしい事になってきそうです。とりあえず、ご報告まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »