« 3月は別れの季節 | トップページ | 駒苫野球部員が飲酒・喫煙…。 »

2006.03.01

WBC代表エキシビション(4)

日本代表投手陣が読売を完封リレーだったことを喜ぶべきか、
11安打もしながら2点しか取れない打線の効率の悪さを憂うべきか。

◇WBC日本代表エキシビション第4戦(東京ドーム)

読 売
日本日本代表
読売 パウエル―鴨志田―内海―西村
日本代表 松坂―清水―小林―久保田―薮田―石井
HR:

なにはともあれ、WBCは3日開幕。せめて1次リーグくらいは
通過してほしいものだと思いますが…。はたして。

|

« 3月は別れの季節 | トップページ | 駒苫野球部員が飲酒・喫煙…。 »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/8906661

この記事へのトラックバック一覧です: WBC代表エキシビション(4):

« 3月は別れの季節 | トップページ | 駒苫野球部員が飲酒・喫煙…。 »