« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006.05.28

旭川に着きました

旭川に着きました

やっとこ旭川着。駅構内にある喫茶店の前に貼ってあるポップが非常にゆる面白かったので紹介することにします。

つっこみどころがたくさんあって、面白すぎです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道の車窓から

北海道の車窓から

ただいま、ハム戦の行われる旭川へJRで移動中。とりあえず、雨は降っていません。
上富良野から各駅停車で約1時間の旅。非常にのどかな時間が流れています。

北海道の車窓から。きょうは旭川に向かいます。(笑)

ちなみに、写真に写っているのは本日の特別ゲスト・B☆Bさんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の大地で完封リレー!打線も好調キープしてますよ

昨日のうちに更新しようと思ったが、宿が携帯の圏外だったので…。(汗)

3回以降はハム中継ぎ陣にかわされて得点できなかったものの、
2回の連打は素晴らしかった模様です(←旭川への道中、ラジオのみだったので…)。

今のハム打線相手なら序盤の4点は十分にセーフティリードです。

◇交流戦・北海道日本ハム×東京ヤクルト2回戦(ヤクルト2勝・札幌ドーム)

スワ 130 000 000 4
ハム 000 000 000 0

スワ)○藤井―高井―坂元
ハム)●江尻―鎌倉―武田勝
勝:藤井
S:
敗:江尻
HR:リグス12号(1表・ソロ)

つか、いつの間にか首位(阪神!)とは3.5差まできてるのね。
テレビで順位表を見てビックリ。d(^O^)b それもこれも好機で打てないハムのおかげか。

ハムスワ直接対決第3戦の舞台は北海道第2の都市・旭川。
仕事で疲れた自分の気晴らしも兼ねて久々の長距離ドライブ。
途中の上富良野で一泊。十
勝岳温泉で疲れた体を癒しております。
これから、JRで旭川に向かう予定。強風と天気が気になりますが…。

この感じだと普通にスワが3タテで終わりそうな気が。両チームの応援をする私から見れば、
そろそろハム打線に意地を見せてほしい気もするけど、ここはスワブログ。あえて心を鬼にして…。

Make it happen! 目指せ3タテ!
つか、賞金5000万がかかってるし、ロッテも負けないからこっちも負けられない!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.05.26

助っ人の働きがよすぎて逆に怖いです

こんばんは。ゴンザレスの背番号が「78」なんていう、どこかのコーチ並みに
大きい番号になっていたことをまったく知らなかった私がやってきましたよ。

前夜にノーヒットノーラン達成のガトームソンを本当に2軍に落としてしまうとは。
ラミちゃん、リグスせんせー、ラロッカさんの外国人トリオがここぞとばかり
打ちまくっているため、外国人投手枠が1個しかないせいなんですけど…。
それでも、替わりに上がってくるゴンザレスが負けちゃいられない!とばかりに
ハム打線相手に好投。9回に連打を浴びて完投こそならなかったものの
今季初勝利をマーク。チームの貯金も「2」となりました。いやはや、なんとも。

◇交流戦・北海道日本ハム×東京ヤクルト1回戦(ヤクルト1勝/札幌D・21729)

ヤクルト
日本ハム
ヤ)○ゴンザレス―S木田
日)●橋本―トーマス
勝:ゴンザレス  3試合1勝1敗
S:木田     20試合1敗1S
敗:橋本     6試合2勝2敗
HR:

9回に木田が小劇場札幌公演を開催してくださいましたが、なんとか勝利。
このカード、昨年もスワが5勝1敗と圧倒しているだけに、今年も一気に勝ち越して
波に乗っていきたいものです。(ハムも応援してる身としてはすごく複雑ですが…。)

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2006.05.25

ノーヒットノーラン!

ガトちゃん、ノーヒットノーラン達成!

◇交流戦・東京ヤクルト×東北楽天5回戦(ヤクルト5勝/神宮・14320)

楽  天
ヤクルト
楽)●愛敬―有銘―福盛
ヤ)○ガトームソン
勝:ガトームソン 7試合4勝2敗
S:
敗:愛敬     6試合3勝2敗
HR:ラロッカ13号(1裏・2ラン) ラミレス8号(5裏・2ラン)

| | コメント (4) | トラックバック (9)

2006.05.23

きょうも2ケタ得点!またまた5割復帰だわ。

ヤクルト主催だが、きょうの試合は長野への遠征。
長野の皆様にも、交流戦仕様の「打ちまくるスワ打線のすごみ」をお見せできて
よかったです。きょうも外国人トリオで8打点。相乗効果みたいなのもあるんですかね。

◇交流戦・東京ヤクルト×東北楽天4回戦(ヤクルト4勝/長野・10269)

楽  天
ヤクルト 13
楽)●山村―有銘―青山―藤崎―谷中
ヤ)○石川―H松井―花田―高井―五十嵐
勝:石川     9試合6勝3敗
S:
敗:山村     9試合2勝4敗
HR:米野2号(4裏・ソロ) リグス11号(4裏・2ラン)

交流戦10勝一番乗り。ここまで9連勝とノリノリだったロッテが負けたおかげもあって
再び交流戦首位に返り咲き。よかったっす。交流戦13試合を消化して、この間の
チーム総得点は既に100を超えています。1試合平均ほぼ8点打線。すごかとです。

※ 日曜日から月曜日にかけて行われた試合は、できればスルーしたいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.05.20

頼れる外国人コンビ!リグス・ラミレスで10打点!!

リグス・ラミレスの外国人コンビで10打点。いやはや、ものすごい破壊力!
交流戦キング(首位)の本領発揮して、ソフトバンクを圧倒したわけで…。

◇交流戦・東京ヤクルト×福岡ソフトバンク2回戦(1勝1敗/神宮・20019)

ソフトバンク
ヤクルト 14
ソ)●寺原―陽―佐藤―倉野―吉武
ヤ)○藤井―吉川―松井―坂元
勝:藤井     8試合3勝4敗
S:
敗:寺原     6試合2勝3敗
HR:リグス9号(2裏・3ラン) 10号(6裏・ソロ) 山崎1号(5表・ソロ)
   ラミレス7号(7裏・3ラン)

この試合、以前からBSで中継がある!とテレビ誌でチェックしていたものの、
肝心な「見る」のを忘れて熱スタに夢中…という個人的にはもったいない試合。
あす(日曜)もBSで中継があるんですが、ちょっと見れるかどうかは微妙です。

先日、なかば冗談で「気をつけろ!」と書いたズレータにも犠飛以外は内野ゴロに
抑えてくれたようで、よかったです。(笑) 内角攻めができていたかどうかについては
わかりませんが、何より藤井タンやその他の選手の身に何事も起こらなかったのが
よかった。ホークスに公開処刑される…というのが昨年でしたが、この試合に関しては
逆にスワがホークスを公開処刑したったわ!という、ちょっと誇らしい印象です。


そういや、ソフトバンクは陽さんが一軍に上がっとるんだね。
ハムファンとしては、そこがちょこっと気になった。投手と野手の違いとかあるけど、
ハムの陽さんも早く一軍で見てみたい。鎌ヶ谷での様子はどうなんでしょう。

登録抹消された石井弘の代わりに上がってきたヤタローくん(今年から背番45)も
他のブログを見ていると、頑張って抑えてくれたみたいで一安心。

交流戦に入ってから2ケタ得点試合は既に5試合。まったく見違えてしまいます。
次の日曜には旭川にハム戦を観に行きます。一塁側から古田監督の振る舞いを
しっかりウォッチング
できればなぁ…と思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

館山、大量援護に守られて復帰初戦を飾る(BlogPet)

読売の、登板したよ♪
けど読売とニュースは試合したいなぁ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.19

きょうは打てんコールドデー…。

この日は行われた4試合のうち3試合がコールドゲーム。
神宮もその例に漏れず8回終了時点でコールドとなり、スワは交流戦2敗目を喫した。
3点差なんだしあと1イニングくらいやったら、もしかしたら逆転するかもしれんのに…と
いう気もしないではないが、終盤のスワ打線はホークス投手陣の前に5者連続三振。

これでは、たとえ9回をやってみたところで、結果は同じだったかもしれんですね。

◇交流戦・東京ヤクルト×福岡ソフトバンク1回戦(ソフトバンク1勝/神宮・15066)

ソフトバンク  
ヤクルト  
ソ)○斉藤和―篠原―S藤岡
ヤ)●館山―高井―花田
勝:斉藤和    9試合5勝2敗
S:藤岡     16試合1S
敗:館山     3試合1勝2敗
HR:松中9号(1表・3ラン) 宮本2号(4裏・ソロ)

上記のような感想を抱くのは、私が試合をじかに見ていないせいですんで…。
実際に神宮で試合をごらんになって「こんな雨の中であと1イニングも無理!」と
憤慨された方もいらっしゃるかもしれませんが…。

そっか。館山は斉藤和に打たれたのが致命傷になったのねぇ。(ニッカン式参照)
これもまた交流戦ならではの…と考えれば…ねぇ。(←何のフォローにもなっちゃいない)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.05.18

師弟対決は“弟”の完勝!楽天3タテで5割復帰!!

よく、夏休み明けに雰囲気が変わる(大人っぽくなる?)女子なんてネタを聞きますが、
今のスワはまさにそんな「雰囲気の変わりつつある女子」なんじゃないか、とふと思う。
夏休み(交流戦)が終わって、学校が始まり「あれ。おまえ、雰囲気変わった?」と
ウサ子やトラ子が驚く様子が目に浮かびます。交流戦8勝1敗。嘘のようなホントの話。

◇交流戦・東北楽天×東京ヤクルト3回戦(ヤクルト3勝/フルスタ宮城・11648)

ヤクルト
楽  天
ヤ)○ガトームソン―木田―五十嵐―S高津
楽)朝井―●青山―谷中―河本―小倉
勝:ガトームソン 6試合3勝2敗
S:高津     15試合1勝1敗1S
敗:青山     20試合3敗
HR:

いやはや、どうしちゃったんでしょうね。この好調ぶりは。
つか、これだけ勝ってようやく5割なんですね。今までがいかに…(以下ry)

実は、去年も交流戦9試合(4分の1)を終えた時点ではスワが交流戦首位でした。
あの時もかなり驚いたのですが、今年は交流戦前までのいまいち調子に乗り切れない
展開から一転してのこの強さ。西武3連戦では打線大爆発、その勢いに乗ってビジター
6試合も5勝1敗で乗り切ってみせたのは素晴らしい。どこにこんな力を溜め込んでたの?

…と、冗談はさておき。あすからは神宮に戻ってソフトバンク戦。
ここも勝って一気に貯金生活に入っていけるのか? 相手が相手なだけにあまり強気な
ことは言えませんが、ファイターズも応援する身としては「ズレータには気をつけろ!」とだけ
言っておきたいと思います。(苦笑) 特に藤井タン。ぶつけない程度の内角攻めでよろしく。

| | コメント (5) | トラックバック (6)

2006.05.14

あわわっ!きょうも絶好調だ!燕打線(追記あり)

あわわっ!きょうも絶好調だ!燕打線

きょうは久々にスワメインでのんびりテレビ観戦中。

そしたら、なんと。1回表から燕打線がきょうも大爆発!オリの先発の外国人投手の乱調もあって8番・真中の犠牲フライまで誰一人アウトにならない。

結局、試合開始から26分。打者11人を送り込む猛攻で一挙6得点。久々先発の松井にとってはスゴすぎるプレゼント。

◇交流戦・オリックス×東京ヤクルト3回戦(ヤクルト2勝1敗/スカイマーク・21864)

ヤクルト
オリックス
ヤ)○松井―吉川―高井―高津―花田
オ)●オバミュラー―本柳―萩原―前川―ユウキ
勝:松井     10試合1勝1敗
S:
敗:オバミュラー 2試合1敗
HR:宮出1号(3表・2ラン)

ニッカン式スコアあたりを見ると、松井はもう1イニングくらいは行けそうな感じも
しないではないけど、きっと予定通りの継投なんかな。大量援護のおかげもあって
これで松井はプロ入り初勝利。大量点の直後の内野守備のまずいプレーには、
 一塁前へのイージーフライ。リグス先生が捕るのかと思いきや、直前でひょいと避けて
 ラロッカ先生に任せちゃう⇒あれ? って感じで落球…という、なんだか切なくなるプレー。
さすがにハラハラしましたが、なんとか抑えてくれてホッとしました。(苦笑)
4回裏の連打で招いたピンチも内野ゴロ2本の間の失点だけに抑えて大崩れ
しなかったのもよかったですわねぇ。こうして1試合ごとに成長していくんですなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006.05.13

今年の私はゴリさんと相性が悪いみたいです

どうしてだかは知らないんだけど、私が見る時は必ず石井が大ピンチを招くんだ。
きょうも、ハム戦の途中でチャンネルを合わせたら、何の前触れもなく一死満塁の
場面が目に飛び込んでくるんだから、たまらないっす。ガルシアを三球三振で
仕留めはしたものの、打率.000の牧田にタイムリーを打たれて1点差…。

どうするよ。どうなるんだYO!? …北川が打ち損じてくれたようで助かりました。

◇交流戦・オリックス×東京ヤクルト2回戦(1勝1敗/大阪ドーム・23627)

ヤクルト
オリックス
ヤ)○藤井―木田―S石井
オ)●川越
勝:藤井     7試合2勝4敗
S:石井弘    8試合5S
敗:川越     8試合4勝2敗
HR:岩村6号(1表・3ラン)

いやはや、試合終了直後に心底から安堵の表情を浮かべた古田監督の笑顔が
印象に残りました。打線も初回の岩村の3ランのあとはオリ・川越にいいように
あしらわれ、いわゆる「スミ3」で終わってしまうなど、気になる点はあるものの。
 …つかですね。ニッカン式スコア見ると、スワ打撃陣の打球は外野にほとんど飛んでません。
 内野ゴロ15、三振6…。よく、これで勝てますたね。orzorz…。
交流戦ここまで5試合で4勝1敗と非常にいい感じ。つか、あしたの先発は誰?

| | コメント (2) | トラックバック (3)

旅に出ます。(BlogPet)

わかは札幌へ久々みたいなアップされたみたい…


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.12

大阪ドームは神宮ほど狭くはないので…HRはあまり出ないよ

ふーむ。リグス大先生のHRで1点差に追い上げたあたりまでは、関西のスワファンも
かなり盛り上がっていたんだろうと思うんだけど…。その裏に出てきた亮太くんが
ノーコンぶりを遺憾なく発揮して、試合をぶち壊してくれたみたいです…トホホ…。

◇交流戦・オリックス×東京ヤクルト1回戦(オリックス1勝/大阪ドーム・14152)

ヤクルト
オリックス
ヤ)●館山―五十嵐―吉川―花田
オ)○吉井―H加藤―S大久保
勝:吉井     7試合3勝1敗
S:大久保    15試合2敗8S
敗:館山     2試合1勝1敗
HR:ラミレス6号(2表・ソロ) 中村6号(5裏・2ラン) リグス7号(6表・2ラン)

きょうの交流戦は6試合ともセの負け(=パ球団勝利)だから、公式戦の順位には
まったく影響なし。けど、きのうまでの残像があるのかスワの得点がHRのみってのは、
どうなんだろう?…という気もしなくはない。ま、今までが出来すぎなんだと思えば、ね。

※ プロ野球とは関係ないけど、松井の骨折した場面を報道ステーションで見ました。
あれ、痛いどころの騒ぎじゃないでしょ。手首がありえない方向に曲がってたもん。
グラブが芝にひっかかってしまった…ということらしいんだけど…怖いねぇ…。

〔ここからは余談〕 世界日本ハムさんの記事を読み、今年の交流戦を、たかだか
3~4試合終えた時点だとはいえ、スワハムが交流戦首位タイだと知る。
かたや西武相手に3試合で13発38得点。それまでのあられもない散発ぶりからは
考えられないほど打線が大爆発したスワローズと、かたや中日相手に3試合連続
延長戦というタフな試合を繰り広げ、うち2試合をサヨナラ勝ちしたファイターズが
同じ3勝1敗で交流戦首位。かたや交流戦チーム打率.358
かたや交流戦チーム防御率1.35 ホントに対照的ではありますが…。

両チームびいきの私にとっては、かなり夢のような順位表を右サイドに貼ってみた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.05.11

3試合連続2ケタ得点!初夏は燕の季節…ではあるが。

私がGAORA! でファイターズが単独首位に立とうかという試合に一喜一憂していた頃、
神宮球場ではまたしても初夏の大花火大会が開催されていた。

3試合連続2ケタ得点。それまで「打てない打てない」と嘆いていたのがまるで
嘘のような突然の打線大爆発。何か天変地異の前触れでなければいいが…。

◇交流戦・東京ヤクルト×西武3回戦(ヤクルト3勝/神宮・12122)

西  武
ヤクルト 14
西)●宮越―三井―東―小野寺
ヤ)○ガトームソン―五十嵐―高井
勝:ガトームソン 5試合2勝2敗
S:
敗:宮越     6試合2敗
HR:青木3号(2裏・2ラン) ラミレス5号(3裏・ソロ) 岩村4号(4裏・ソロ)
   宮本1号(7裏・2ラン) 岩村5号(7裏・3ラン)

今回の西武3連戦で38得点。しかも、出るわ出るわの13本塁打。
これってホントにスワローズの試合? どこかの草野球の試合じゃなくて、ですか?
あまりの豹変振りに驚きを隠しきれない私。(おかげでファイターズが首位に立てたということもあるが)

いやはや、なんともすごいことが起こったものだ。きょう1試合で20安打だしね。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006.05.10

♪ どかーんと景気よくやってみようよ~

交流戦開幕。その声を聞いた途端に、燕打線が大爆発しているのである。
2試合連続の2ケタ得点でパ・リーグ首位を走る西武を撃沈なのである。
しかも、きょうの試合。4回に1イニング11得点という情け容赦ない攻撃を披露。
その4回にラロッカの1イニング2発という珍しい記録まで飛び出しているのだ。

…いっそのこと、ずっと交流戦やっとくか? それとも、今年こそ5000万狙うか?

◇交流戦・東京ヤクルト×西武2回戦(ヤクルト2勝/神宮・14137)

西  武
ヤクルト 11 14
西)●帆足―正津―許
ヤ)○石川―高津―花田
勝:石川    7試合4勝3敗
S:
敗:帆足    7試合2勝1敗
HR:平尾1号(1表・3ラン) カブレラ9号(3表・2ラン)
   ラロッカ11号(4裏・3ラン) 12号(4裏・ソロ) ラミレス4号(4裏・3ラン)
   リグス6号(7裏・ソロ) 中島5号(8表・ソロ)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.05.07

駒苫フィーバーいまだ衰えず?

駒苫フィーバーいまだ衰えず?

夏の甲子園連破を果たした駒大苫小牧野球部が地元の高校と練習試合をするというので、帯広の森野球場にやってきました。

…つか、練習試合だというのに、内野のスタンドはほぼ満員だったりしますよ。
球場内には、普通に売店も出てたり。なんつーか、すごいっすわ。私が油断してますた。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.06

川島わずか14球で降板…。

川島はどうやら右肩の違和感を訴えたとかで、登録抹消される見込みだそうです。
交流戦を前にして、計算できる先発投手の離脱はかなり痛いです…。

◇読売×東京ヤクルト7回戦(読売5勝2敗/東京ドーム・44786)

ヤクルト
読  売
ヤ)●川島―松井―高井―高津―五十嵐
読)○内海
勝:内海    7試合4勝1敗
S:
敗:川島    4試合1敗
HR:李7号(1裏・2ラン) リグス4号(4表・ソロ)

ハムファンでもある私にとっては「あ、古城が一軍に上がってる!」というくらいしか
ポイントが思いつかない試合。つか、きょうは川島が交代という時点で見る気せず。

スワもヒットの数は出てるんだけどなぁ。いかんせん散発なんだよねぇ…。
まぁ、今年は試合を観る機会も少ないので、文句もあまり言いませんよ。
切れ味がなくて、つまらんブログだと言われちゃうかもしれないけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相手チームのスタメンを見て思う

小関に小坂に李に小久保ねぇ…。

いったい、どこのチームと対戦してるんざんしょ。(笑)

…って、川島がもう交代? 一体、何が起きたの? また、けが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして藤井は今年も見殺し王子(BlogPet)

わかがヤクルトが東京に広島の勝恩返しするはずだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.05

館山、大量援護に守られて復帰初戦を飾る

読売相手にこんなに気分のいい勝ち方をするなんて実に久しぶりな印象。
館山がいきなり好投だったのも、すごく明るいニュース。
けど、こういう試合に限って、まったく見ていなかったりするんだな、もったいない。

◇読売×東京ヤクルト6回戦(読売4勝2敗/東京ドーム・45389)

ヤクルト 10
読  売
ヤ)○館山―木田―石井弘
読)●野間口―西村―鴨志田―前田
勝:館山    1試合1勝
S:
敗:野間口   6試合2敗
HR:ラロッカ6号(2表・ソロ) 阿部1号(2裏・ソロ)
   リグス3号(6表・2ラン) 李6号(6裏・ソロ)

《きょうのポイントらしきもの》
○ 今季初登板の館山、大量援護に守られて初勝利。
○ ラロッカがよく打ったし、打線につながりも出てきた。
○ 岩村が四球を3つも選んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.04

せめて、見せ場でもあれば面白い記事が書けるんだが。

私がフジ739を見られないからといって手抜きしてるわけでもないんだろうが。
まぁ、でも負けるときは案外こんなもんなのかもしれないなぁ。

◇東京ヤクルト×広島6回戦(広島4勝2敗/神宮・28576)

広  島
ヤクルト
広)○佐々岡―林―永川―ベイル
ヤ)●ゴンザレス―五十嵐―吉川―石井弘
勝:佐々岡   5試合3勝1敗1S
S:
敗:ゴンザレス 2試合1敗
HR:新井4号(3表=ソロ)

《きょうのポイントらしきもの》
● 継投だけ見ると、まるで勝ち試合のように思えるが、実は完封負けしている。
● ところで、きのうのアレは「そよぎー」って読むらしい。おにぎりまるちゃん、ありがとね。

つか、こんなに負けてるのに、次は読売とですってよ…。
交流戦前にまた無様にのされてしまうのかしら。公開処刑だけは勘弁してね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.05.03

黒田に前に1点取るのがやっとだったらしい

広島・黒田がわずか98球で完投勝利。それ以上でもそれ以下でもない試合。

◇東京ヤクルト×広島5回戦(広島3勝2敗/神宮・27351)

広  島
ヤクルト
広)○黒田
ヤ)●石川―松井―高津
勝:黒田    7試合3勝1敗1S
S:
敗:石川    6試合3勝3敗
HR:梵2号(1表=ソロ) 新井3号(5表=ソロ)

《きょうのポイントらしきもの》
● ふーむ。ポイントを見つけることすら難しいですね。
● ところで「梵」って何て読むんですか?

ニッカン式スコアを見たんですけど、きょう唯一の打点を挙げたのは真中さん。
ラミレス中安・ラロッカ中安のあとの二ゴロでどうやって打点がついたのかわかりません。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006.05.02

監督自ら劇的サヨナラ打!月が替わってツキも変わるか?

月も改まって、私生活もいよいよ落ち着いてきたので本格的に復帰します。
古田さん、久々スタメンでサヨナラ安打! 記事によると、監督とか関係なく
いつも通りに選手にもみくちゃにされてた古田“選手”。こういう明るい雰囲気が
東京ヤクルトスワローズの魅力だよねぇ。

◇東京ヤクルト×広島4回戦(2勝2敗/神宮・12093)

広  島
ヤクルト 1x
広)ロマノ―H横山―H佐竹―●永川
ヤ)石井一―H木田―H吉川―H高井―○五十嵐
勝:五十嵐   9試合1勝1敗1S
S:
敗:永川    12試合2敗
HR:

《きょうのポイントらしきもの》
○ 久々スタメンの古田さんに当たりが戻ったのが正直に嬉しい。
○ 気づくと、きょう登板の中継ぎ陣の防御率は思いのほか安定している。
● 両チームともに暴投や失策、残塁の目立った試合だった様子。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »