« 黒田に前に1点取るのがやっとだったらしい | トップページ | 館山、大量援護に守られて復帰初戦を飾る »

2006.05.04

せめて、見せ場でもあれば面白い記事が書けるんだが。

私がフジ739を見られないからといって手抜きしてるわけでもないんだろうが。
まぁ、でも負けるときは案外こんなもんなのかもしれないなぁ。

◇東京ヤクルト×広島6回戦(広島4勝2敗/神宮・28576)

広  島
ヤクルト
広)○佐々岡―林―永川―ベイル
ヤ)●ゴンザレス―五十嵐―吉川―石井弘
勝:佐々岡   5試合3勝1敗1S
S:
敗:ゴンザレス 2試合1敗
HR:新井4号(3表=ソロ)

《きょうのポイントらしきもの》
● 継投だけ見ると、まるで勝ち試合のように思えるが、実は完封負けしている。
● ところで、きのうのアレは「そよぎー」って読むらしい。おにぎりまるちゃん、ありがとね。

つか、こんなに負けてるのに、次は読売とですってよ…。
交流戦前にまた無様にのされてしまうのかしら。公開処刑だけは勘弁してね。

|

« 黒田に前に1点取るのがやっとだったらしい | トップページ | 館山、大量援護に守られて復帰初戦を飾る »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/9898269

この記事へのトラックバック一覧です: せめて、見せ場でもあれば面白い記事が書けるんだが。:

» スワローズ試合話(5/5)+ [風雲再起]
木田画伯が蝶凄い 燕・館山、右ひじ手術から復活!得意Gから今季初先発初勝利 まぁ・・・右ひじの手術から復帰した館山の今季初勝利が大きく扱われるのは当然なんですが、 この試合の一番のポイントは、木田画伯の超絶好投美技でしょう。 どうみても疲れが見えてる館山が7回に見事に4連打で3失点した後、 1アウト2塁で二岡・李を押さえ込んだ投球、8回を3人で完璧に抑えた点。 これで完全に讀賣がわに傾き�... [続きを読む]

受信: 2006.05.06 09:36

« 黒田に前に1点取るのがやっとだったらしい | トップページ | 館山、大量援護に守られて復帰初戦を飾る »