« 〔夏の甲子園2006〕秋田、試合成立のため故意三振 | トップページ | 〔球宴第2戦〕追いつ追われつ乱打戦―古田さんもマスクかぶる »

2006.07.23

結局、解散なしよ。

既に報道されている通り、茨城ゴールデンゴールズの「解散」は
撤回されました。そのことだけ取れば喜ばしいことではあります。

 ■ 欽ちゃん「オレやるぞ」涙の存続表明(スポニチ)
 ■ 解散なしよ!欽ちゃん球団存続を宣言、夢列車の再出発(サンスポ)

山本を除名し、同席していたとされる選手は当面の謹慎。
本来、これだけで済んだはずの話ですので、当然といえば当然の
「翻意」。しかし、この間の揺れに揺れ動いた欽ちゃんの言動に
不信感を抱いた方も多くおられるようで、そこらへんをどう解消して
いくかも、今後の課題の1つになりそうな気がします。

私としては、とりあえずは他の罪もない選手たちの活躍の場が
奪われずに済んだことを喜びたいと思います。言いたいことも
ないわけではないが、今は「解散なしでよかった」と言っておきます。

けど、今の段階で山本氏にまで優しい言葉をかける必要があるのかは
いささか疑問。(上記サンスポ記事参照)  欽ちゃんの人柄なんでしょうけどね。
そういうことを(被害者もいることだし)あまり大っぴらに言うのはどうかと…。
事件発生から、それほど日がたってるわけでもないですしねぇ…。
せめて、本人に電話で伝えるとか、やり方はありそうなもんですが。

|

« 〔夏の甲子園2006〕秋田、試合成立のため故意三振 | トップページ | 〔球宴第2戦〕追いつ追われつ乱打戦―古田さんもマスクかぶる »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/11065345

この記事へのトラックバック一覧です: 結局、解散なしよ。 :

» オーナー監督の一人芝居は終幕。しかし残る問いは消えない:茨城ゴールデンゴールズ解散撤回 [にわか日ハムファンのブログ]
茨城ゴールデンゴールズが解散を撤回。それはそれでいいんですけどねぇ…… [続きを読む]

受信: 2006.07.23 09:35

» 茨城GG騒動の総括 [時代のウェブログ]
今回の茨城ゴールデンゴールズ騒動について、のべ100以上のブログを読んで回ったが、論調は真っ二つに割れていた。 ひとつは「潔い判断」と欽ちゃんの行動を擁護する派、もうひとつは「身勝手」と批判する派。 当ブログは「球団はオーナーの私物ではないので、解散という重大事項は個人の感情で行われるべきではない。プレーする場を奪われる選手はどうなる。支えてきたスタッフや地元後援者はどうなる」と、後者の立場を取ってきた。 擁護派で多く見られたのが「パロマや日銀総裁の対応とは正反対」という賞賛。この意見... [続きを読む]

受信: 2006.07.23 14:14

» 「欽ちゃん球団」解散へ【解散撤回:追記】 [「来年」を失わないために。]
「極楽とんぼ」の山本圭一が未成年者に対し飲酒させ性的暴行で取り調べられたという事件は、「お笑い界」「芸能界」だけでなくこんなところに影響を及ぼした。 欽ちゃん球団:「極楽とんぼ」問題で解散の意向 萩本監督 (略) 萩本さんは羽田空港で報道陣の取材に応じ、「ことの大きさからも責任を感じる。私が始めた野球だから、大好きな野球だけど、やめることにしました。茨城のみんな、ごめんな」と涙を浮かべて話した。報道陣から「やめるとはチームの解散か」と問われる... [続きを読む]

受信: 2006.07.23 23:25

» 解散という責任の取り方(その2) [Magicworkshop(旧:社会人野球情報室)]
19日のエントリでも書いた通り、『欽ちゃん球団』こと茨城ゴールデンゴールズの所属選手だった極楽とんぼの山本圭一が函館遠征の際に問題を起こし、それを受けて萩本監督がチーム解散発言を行って大問題になっていたのは御承知の通りである。今日、魚沼市震災復興野球大会...... [続きを読む]

受信: 2006.07.24 00:32

« 〔夏の甲子園2006〕秋田、試合成立のため故意三振 | トップページ | 〔球宴第2戦〕追いつ追われつ乱打戦―古田さんもマスクかぶる »