« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006.08.31

クルーンをとらえた!逆転サヨナラで4連勝


ラミちゃんが、クルーンからサヨナラタイムリーを放ち4連勝!
調べてみると、7月上旬以来の貯金「2」。セ相手の同一カード3タテは今季初だそうです。

◇東京ヤクルト×横浜16回戦(ヤクルト9勝7敗/神宮・13025)

横  浜
ヤクルト 2x
横)門倉―H加藤―Sクルーン
ヤ)石川―H木田―館山―○花田
勝:花田     38試合3勝2敗
S:
敗:クルーン   38試合2勝4敗21S
HR:金城10号(7表・ソロ) 小池5号(8表・2ラン)

こういう場面で打ってこその4番ですわね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

きょうはヤングスワローズナイトです

さて、どういうわけか、ここにきてスワローズが好調です。
帯広の試合から数えて3連勝で久々の貯金「1」をゲットしました。
リグス先生が、この連勝中3試合ともHRを放っていて、打率が3割に乗った。

し、か、も、ですよ。
おとといの田中浩康デーでは田中浩が第3号3ラン
きのうの宮出隆自デーでは宮出が第8号勝ち越しソロムラン
この不思議な連鎖は何かが起こる前触れだったりするのでしょうか。
…と思って調べてみたら、きょうは「ヤングスワローズナイト」なんだそうです。
#8 武内選手、#22 高井選手、#44 松井選手、
#45 坂元選手、#46 飯原選手、#57 丸山(貴)選手。…微妙なメンバーだ
…ってことは、きょうはおこちゃま高井くんが大活躍するってことなんでしょうか?

帯広の試合でも見事なおこちゃまぶりを発揮した彼ですので、ちょっと不安だが。

一応、きのう・おとといの結果を簡単にまとめておきましょう。

■ 8月29日(ヤ×横14回戦)
横  浜 001 000 000=1
ヤクルト 400 000 00X=4
○石井一   9勝4敗
●三浦    7勝9敗
S高津    1勝2敗6S
HR:リグス31号 田中浩3号(3ラン) 石井4号

■ 8月30日(ヤ×横15回戦)
横  浜 022 000 000=4
ヤクルト 002 021 00X=5
○ゴンザレス 6勝6敗
●吉見    2勝8敗
S高津    1勝2敗7S
HR:鶴岡3号(2ラン) リグス32号(2ラン) 宮出8号

また、強力5割鳥もちの威力に苦しめられるのか、
今度こそ、+1~-1をウロウロする呪縛から抜け出せるのか。
ヤングスワローズナイトだけに若手の活躍にも期待してみたい。
相変わらず、フジ739は視聴できないが…。早く仕事見つけて
引越しとかしないとなぁ。野球の季節が終わっちゃうやんけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.30

誰がまねるか、そんなもん!

きのうは、マリックの特番なんぞを見たりしていたわけですが。
 (もちろん、ハム戦はラジオで逐一チェックしていたわけだが…。)

Mr.マリックの超魔術と中国雑技団的な女の子とかを比較して
どっちがすごいのか? なんて、優劣をつけようとするところから
そもそも無理があるよなぁ…と思いつつも、披露される技の数々は
やっぱりすごいので、いちいち驚きの声を上げつつ見入ってた。

博多華丸さんの胃の中にトランプのカードをねじこんでしまった
超魔術もすごかったが、やはり、今回の特番で一番の驚きは、
エレクトリックレディーのスゴ技(と言っていいのかわからないが)だったわけで。
自らの体に電気を溜め込み放電…雷を起こして華丸さんの持つ
蛍光灯をほのかに点灯させる…何がすごいんだか言葉では説明できない
強烈なインパクト。(それにしても、今回の特番は華丸さんばかりが、やたら受難だった)

…だがね。やっぱりテレビ局も心配になったんだろう。いちいち出るわけだ。

危険ですので、絶対にまねをしないでください

…っておなじみのヤツが。

そんなん誰がまねるかっ! って話ですよ。
出来るわけないだろうに!って。そう思うんだけどなぁ。
大食い選手権とか、そういうんならまだしもさぁ。

あんなの誰も真似しようなんて思わないよ、普通はさ。
けど、今の世の中、普通じゃない話ばかりだからねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.28

安田さんinネプリーグ

先週から気になっていたので、しっかりチェックしましたよ。
遅れて放送される地域もあるんで、あまり詳しくは書けませんが、
オープニングで「大泉洋の愛弟子」と紹介されていたのには、
ちょっと違うんじゃないの?…とか思ったりもしたわけです。

…安田さんが「弟子」なら大泉洋は安田さんの「師匠」になるわけで、ね。
そういう部分も多少はあるのかもしれないけど…実際はどうなんだろう。

…と思ったところ、CUE SYNDROMEさんの記事で、詳細が解説されてました。

やっぱり「大泉洋の愛弟子」という表現は間違いのようです。
大泉さんと安田さんの師弟関係って、ちょっとイメージと違いますもんねぇ。

⇒ ということで、「まとめていくよ。」の記事にトラバしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.27

鎌田2勝目!北の大地に傘の花

道東シリーズ、好天に恵まれ無事終了。
きょうは、鎌田が5回を2安打無失点に抑えて今季2勝目。
リグス先生の30号ソロなどで、昨日とは違い、小刻みに追加点をあげた。

◇東京ヤクルト×広島15回戦(7勝7敗1分け/帯広・10674)

広  島
ヤクルト
広)●ロマノ―マルテ―林
ヤ)○鎌田―H花田―高井―館山―S高津
勝:鎌田     6試合2勝1敗
S:高津     39試合1勝2敗5S
敗:ロマノ    27試合4勝7敗
HR:リグス30号(6裏・ソロ)

それにしても、帯広は暑かったんでござる。
開門前からずっと外にいたもんだから、両腕まっ赤っ赤でしてね。
本州あたりの暑さから比べれば、ヘでもないんでしょうが、
こちとら道産子にとっては、かなり堪えるんですぜ。

あ、そうそう。つば九郎が水鉄砲持参でいろんな人に絡んでいたのが超かわ。
7回裏には外野スタンドのファンに傘を配ったりもしてました。
遠征だからか、今回はつば九郎しか来てませんでした。他のも見てみたかった。
やっぱり、いつかは神宮に行かないとダメですなぁ。…あまり暑くない時期にね。

いろいろと写真も撮ってますので、またおいおい出していこうかと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (4)

帯広の森にて

帯広の森にて

帯広の森野球場にやってきました。
球場前のグッズ売り場が早くもにぎわいを見せはじめております。

『代打オレ』Tシャツも売ってます。
開門予定は午前11時、試合開始は午後1時の予定ですよ。

時折、雲の切れ間から太陽が顔を出す感じ。雨の心配はなさそう…つか、帯広は暑くなりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.26

テレビの…というかバレーボールの素朴な疑問

テレビの…というかバレーボールの素朴な疑問

↑写真は、きょうの夕刊に出ていたあさって(28日)のテレビ欄より。
スタート前の段階で『苦渋の決断』をすると予告されてしまったアンガールズ。(笑)

さて、バレーボールワールドGPを見ていて疑問がいくつか沸いてきた。

1)これはウチの親も言ってたんだけど、決め台詞の時のポーズで
  人差し指だけ折り曲げているのはなぜなのか?

私の予想)日本がいい結果を残さないと、誰かが指を詰めないといけない。

2)ワールドGPが1ヶ月かけてバレーボールの世界一を決める大会なのは分かった。
  んじゃ、ベリなんとかいうガキどもが先日の野球中継でしきりにPRしてた
  世界バレーとの違いは何なのか? なぜ、バレーボールだけ
  そんなに頻繁に世界一を決めなきゃいかんのだろう?

3)そもそも、なぜ予選で同じ相手と2回も戦わなきゃいかんのだ?
  これでは、チームによって相手の有利不利が出て不公平なんでは?



…と、まぁ。ざっと考えただけでもこんなにあるんだな、疑問が。
調べれば分かるんでしょうけどねぇ。ちょいと気になったもので。

ちなみに、きょうの韓国戦は3―0のストレートで日本が勝利。圧勝でした。
…だけど、ね。予選通過できるのって何か国なの? その説明もされてないような気が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ああスミ1!北の大地で大拙攻祭り!(涙)

やぐさんはじめ、本州から足をお運びいただいた熱烈なスワ党の皆様。
このたびは、このようなお粗末な試合しかお見せすることができず、
大変申し訳ございません。衷心よりお詫び申し上げるしだいでございます。

◇東京ヤクルト×広島14回戦(広島7勝6敗1分け/釧路・8305)

広  島
ヤクルト
広)フェリシアーノ―佐竹―横山―○広池―H梅津―S永川
ヤ)●ガトームソン―木田
勝:広池     34試合3勝2敗
S:永川     51試合4勝4敗19S
敗:ガトームソン 18試合6勝8敗
HR:

9回裏の代打攻勢も実らず、スミ1にて完敗でございました。(涙)

磯山さやか嬢がのほほん♪とスタンドで観戦していたにもかかわらず、
なんともじれったくお粗末な拙攻オンパレード。広島の継投にうまくかわされたと
いえばそれまでですが、再三あったチャンスを生かせなければ、そりゃ負けます。

さて。もう終わった試合のことは忘れて。あすは帯広っ!
私も観戦に行ってまいりますよ。きょう1点しか取れなかったから、
きっと、あしたは鬱憤を晴らすかのように打線爆発…してくれるといいなぁ…。

…無理…かなぁ。

ガトちゃんがきょう投げちゃったとなると、
あしたの先発は誰なんだろう。鎌田かなぁ。弥太郎かなぁ。むむむぅ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

内地から道東スワ観戦に来る人のための帯広ガイド(3)

そうそう。忘れていました。

実は、今夜、十勝川の河川敷で花火大会があるんですよ。
十勝川の花火といえば、勝毎花火大会というのがその筋では全国的に
有名だったりするわけですが…。きょう行われるのは、そこまで規模は
大きくないですけど、まぁ、それなりに楽しめると思います。

会場となる十勝川河川敷は帯広市中心部から、ひたすら北へ。
そうすれば、東西にまたがる大きな川にぶつかります。それが十勝川。
夜が近づくにつれ、人であふれてるはずなので、嫌でもわかります。(笑)

ちなみに、きょうの帯広はすごくいい天気ですよ。
あすも、どうやら雨の心配はなさそうですし。あとはスワ打線爆発を祈るのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月26日はバニムの日

突然ですが、8月26日は「バニムの日」です。

本人たちがそう言っているので、そうなんです。(!!)
そんなバニムの日を記念して、バニラムードのブログにおいて、
期間限定の映像つきポッドキャスティングが配信されているわけですが…。
そこで、10月4日のセカンドアルバム発売が正式に発表されましたっ。

その、セカンドアルバム。タイトルが…

続きを読む "8月26日はバニムの日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.25

内地から道東スワ観戦に来る人のための帯広ガイド(2)

ちょっと気になったので、道東2連戦の先発予想をしてみる。(あくまで予想)

 26日(土)釧路 ヤクルト:鎌田 × 広島:フェリシアーノ

 27日(日)帯広 ヤクルト:ガトームソン × 広島:ロマノ

土曜日、坂元か鎌田かどっちかな?という感じでしょうか。けど、週末に投げた先発は
いずれも阪神に打ち込まれて大量失点をくらっているので、複雑な心境です。
日曜日は、うん。ガトちゃんだね。ラロッカがひざ手術で戦線離脱中=投手枠2なので、
1試合投げてすぐ二軍行き…とはなっていないし。…ガトちゃんが中5日で土曜日か?

広島は、もしかしたら日曜日に中4日・佐々岡という可能性もなきにしもあらず。
 ※ 前回登板(22日阪神戦)は6回91球。…うーん、ブラウンなら可能性もなくはないという程度か。

あくまで超個人的予想でございます。参考程度にしといてくださいな。

さて。帯広といえば、六花亭でございます。マルセイバターサンドですよ、奥さん。
…って、きのうからずっと食べ物のことしか書いていないが、まぁいいか。(笑)

お菓子をお土産に…というのももちろんですが、時間に余裕のある方なら、
喫茶室でコーヒーでも飲みながら、本場のおいしいお菓子を堪能するのもいいかも。

そして。帯広・お菓子といえば柳月も忘れちゃいけません。三方六ですよ、お姉さん。
なんか、お土産がお菓子ばかりになってしまいそうですが。…太らない程度にどうぞ。

で。メインは野球なので、球場の話も少し。

帯広の森野球場。住所は帯広市ですが、その球場がある帯広の森運動公園は
来ていただければわかると思うのですが、とてつもなく広いです。プロ野球開催と
なれば、周辺の駐車場や芝生(臨時に駐車スペースとして開放される!)が
ものすごい数の車で埋め尽くされます。お車で来られる方は、帰りの予定には
十分、時間的なゆとりを持って行動されるのがよいかもしれません。
 ※ ほんと、半端じゃない台数なんで、〔P〕から出るのに時間はかかります。覚悟してお出かけを。

ちなみに。今年の夏の甲子園で開幕戦に登場し、高知商と途中まで互角の戦いを
演じた白樺学園高校が、球場のすぐ近所にあります。白樺学園の住所は芽室町。
帯広の森運動公園は帯広市と芽室町にまたがっているんですな。それだけでも、
スケールの大きさの一端はつかんでいただけるのかな、と思うわけです。

…って、そもそもガイドになってるのかどうかも、よくわかりません。(苦笑)

アクセス的には、帯広駅からバスが出てるみたいです。
(帯広の森)運動公園行きってのに乗るといいようです。
 ※ 地元民なので、駅からバスに乗って森に行くってことがないので、実感的にわかりませんが。

気候的にも夏と秋の境目で、天気さえよければ、外野芝生席でビールでも飲みながら
のんびり観戦というのも、風情があってよさそうですねぇ。それとも、そんな暇もないほど
ビニ傘を振りまくる展開になる方が、スワファンの皆様にとっては嬉しいかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.08.24

川上を KOするとは 驚いた―中日3連戦勝ち越しだよ

今季、ここまで2敗しかしていなかった中日のエース・川上を相手に
ラミちゃん4打点を含む5点を奪って5回でKO。いやはや、ビックリです。
これで、今回の中日3連戦は2勝1敗の勝ち越し。阪神がココに来て
戦意喪失したのか、連敗モードに入ってきているので、ここはひとつ。
2位狙いなどしてみましょうか…と欲も出てきてしまいます。

◇中日×東京ヤクルト14回戦(中日8勝6敗/ナゴヤドーム・33994)

ヤクルト
中  日
ヤ)○石川―花田―館山
中)●川上―デニー友利―久本―鈴木―中里
勝:石川     22試合9勝7敗
S:
敗:川上     21試合14勝3敗
HR:ラミレス20号(4表・2ラン) アレックス12号(7裏・ソロ)

1日移動日をはさんで、この週末は釧路・帯広!道東2連戦でございます。
相手が広島ということでAクラス争いのためにも大事な直接対決。
涼しい北海道でおいしいもの食べて、しっかり連勝といこうじゃないですかっ!
中日に勝ち越せたんだから、やれば出来るさ。

| | コメント (6) | トラックバック (4)

内地から道東スワ観戦に来る人のための帯広ガイド(1)

あす…といっても、もう日付が変わったのできょうですが。ナゴヤDでもう1試合行った後に、
いよいよ釧路・帯広で道東スワシリーズ2連戦となるわけですが。(雨降らなきゃね)
本州から帯広に来られるあなた(がどのくらいいるのかは不明)のために、帯広情報あれこれ。

まず、帯広といえば豚丼、豚丼といえば帯広なので。やっぱり、釧路での観戦を終えて
帯広に宿泊されるのであれば、本場の豚丼をご賞味されることをお勧めしますね。
そんな豚丼の情報を集めるには、こちらのサイトとか。

 北海道・十勝、豚丼検索サイト「ブタドン.コム」

 豚丼といえば十勝・帯広 十勝への招待状 - 豚丼(ぶたどん)コーナー

帯広で豚丼というと、以前ちらっとモブログで行列の写真をご紹介した
ぱんちょうが有名ですが、行列もさることながら、営業時間がそれほど
遅くまでやっているわけではないんで、釧路から移動してくる頃には
「もう閉まってたじゃねぇか!」となっちゃう可能性も考えられますので、
上記のサイトなどで、あらかじめ情報収集されるのがベストでしょうか。

それか、ですね。釧路での試合展開によっては「こりゃ、飲まなきゃ
やってらんねぇや!」となる可能性もなきにしもあらずですので…。
そんなあなたには、帯広の新しい観光スポット「北の屋台」がお勧めでしょう。
リンク先(北の屋台公式HP)から見ていただけると、お分かりの通り、
小さな屋台が20軒近く連なる屋台街がありまして。コレが意外と
観光客にウケがいいらしいんですわ。大体、夜中の12時くらいまでは
どの屋台も営業しているようなので、釧路で勝って祝い酒になるのか、
はたまた悔し涙のヤケ酒になるのかわかりませんが、観戦のお仲間と
一杯やるのもいいかもしれんですね。よければ誘ってください。(笑)

…ちなみに、今のところ、週末の北海道は天気もよいようです。
内地(本州)から来られる方には、ちょっと涼しいくらいかもしれませんが。
(Yahoo! の天気情報によると、土曜日の釧路は予想最高気温21℃です)

一応、タイトルに(1)とつけているので、(2)くらいまではやると思います。

…そうか。今になって気づいたけど、道東スワ観戦だけじゃなくて、
内地からラリージャパン観戦に来る人のための…でも、いいんじゃない、この記事。
…むしろ、そっちの方が入り込み人数的には多いんじゃないか…という話も。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.23

木田劇場ナゴヤ公演、大好評開催中!

ここまで来ると、貫禄すら漂ってくる感じもしないでもない木田劇場。
ナゴヤ公演第2夜は、二死無走者からの連続四球というホラー的要素まで加わって
蒸し暑い夜には一服の清涼剤に…なるわけねぇじゃんかっ!

◇中日×東京ヤクルト13回戦(中日8勝5敗/ナゴヤドーム・35205)

ヤクルト
中  日
ヤ)○ゴンザレス―H木田―S高津
中)●朝倉―鈴木―中里
勝:ゴンザレス  12試合5勝6敗
S:高津     38試合1勝2敗4S
敗:朝倉     18試合10勝4敗
HR:ウッズ32号(4裏・ソロ)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

忠犬ツバ公が行く!(BlogPet)

しばらくとかをブログすればよかった?
きょうもご主人様、喜んでヤクルトと大きい読売や番犬や架空を表示するつもりだった
札幌でヤクルトと大きい読売や、気分などを登場させたところ、気分などをブログすればよかったかなぁ
わかが、読売などを表示するつもりだった
全く話にならんわ
(苦笑)


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうでしょう班、旅に出る

onはようございます。つげさんです。(笑)

どうやら、どうでしょう班が旅に出たようですよ。

水曜どうでしょう公式HP
 しばらく旅に出ます。

 留守をよろしく。

OFFICE CUE公式HP内「CUE DIARY」大泉洋さま 8/23 AM8:05更新
 ってわけで実は只今久しぶりの旅をしております。

 そうです、あの人達とです。
 相変わらず元気だわあのヒゲは!!

おおっ。ついに新たな旅が始まりましたか。早く新作が見たいものですねぇ。

そういえば、先日、ネプリーグを見ていたら、どういうわけか来週、onちゃん安田さんが
ご出演される(しかも、5人チームの真ん中、3番テーブルですぜ)…という予告が流れておりました。
どういう流れでご出演されるのかはわかりませんが、onちゃん安田さんは、
まだまだ全国的に名が知れてるわけでもないので、どんな扱いをされるのか
非常に気になるところではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.08.22

キャッチボールする相手が間違っています

延長12回裏。まさか、米野が青木とキャッチボールを始めるとは。(怒)
あまりのことに、ショックを隠しきれないわけで…。しかも、その愚行が
モロにサヨナラ負けの引き金になってしまっているわけで…。

…えっ。9回にも青木とキャッチボールしてたって?
監督、やっぱり、たまには試合に出てお手本見せてやらないといけませんって。

◇中日×東京ヤクルト12回戦(中日8勝4敗/ナゴヤドーム・34706)

10 11 12
ヤクルト
中  日 1x
ヤ)石井一―H館山―高津―H木田―●五十嵐
中)中田―鈴木―久本―H岩瀬―H岡本―○平井
勝:平井     41試合4勝3敗
S:
敗:五十嵐    26試合1勝2敗1S
HR:リグス29号(6表・2ラン)


それでなくても1試合に5失策ですからね。
1点を争う延長戦で、これはちょっと致命傷ですよね、さすがに。
週末の道東シリーズを前に、チーム状態が落ち目なんでは?といささか
不安の色を隠しきれない私であります。せめて自分の見る試合だけは…と
思うんですけどねぇ。このチームには、旭川コント劇場の前科があるだけに…。

※ 磯山さやか嬢は、きょう(22日)からグアムロケに行っているんだそうだ。
  グアムまで行くのに1泊2日とかいうことはないだろうから、グアムから帰国して
  すぐに釧路へ移動…とかいうことだって考えられる。寒暖の差が激しそうだな。
  くれぐれも体調管理だけは気をつけてほしいなぁ…と思ったりするわけで。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2006.08.21

〔夏の甲子園2006〕早実夏初優勝!駒苫3連覇ならず…。

道産子の私にとっては、非常に残念な結果ではありますが、
斎藤くんにあれだけのピッチングをされては仕方ありません。

きょうの再試合を含めて4連投。昨日は延長15回を投げ切った上に、
きょうも9回まで投げてもなお、最後の打者に147キロ投げちゃうんだもの。
あの駒苫が、決勝戦2試合で斎藤くんの前に29三振。世の中、上には上がいるもんだ。

◇第88回全国高校野球選手権・第16日
駒大苫小牧=000 001 002=3
早稲田実業=110 001 10X=4
駒大苫小牧)菊地―田中
早稲田実業)斎藤
HR)三谷(大会59号/6表・ソロ) 中沢(大会60号/9表・2ラン)

今朝のワイドショーあたりでは、やたらと斎藤くんのことばかり取り上げていたんで、
道産子の私としては多少ムカつき気味だったりもしたわけですが…。
あのピッチングをされては、ぐうの音も出ないというか、完敗ですわ。

つか、ですね。せっかく東京の高校が優勝したわけですし、東京ヤクルトスワローズとしては、
やはり、斎藤くんを取りに行くのがいいんじゃないかと。先の阪神戦における投壊を
思い出すたび、そんなことを考えてしまうわけですな。斎藤くんがスワで田中くんがハム。
これが私にとっては、一番理想的だけど、くじ引きもあるしねぇ。(←切替え早過ぎ)

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2006.08.20

〔夏の甲子園2006〕88回目の夏はまだ終わらない

〔夏の甲子園2006〕88回目の夏はまだ終わらない

ものすごい試合だった。

とにかく、すごい。延長15回に入っても、早稲田実・斎藤の球威は衰えない。
最後の打者・本間くんに対して140キロ台後半の速球をどんどん投げ込む。

駒苫にとっては最後の最後にとんでもない強敵が立ちはだかった。

◇第88回全国高校野球選手権・第15日
駒大苫小牧=000 000 010 000 000=1
早稲田実業=000 000 010 000 000=1
駒大苫小牧)菊地―田中
早稲田実業)斎藤
HR)三木(大会58号/8表・ソロ)


37年ぶりとなる決勝引き分け再試合は、あす午後1時から。
駒苫・田中、早実・斎藤の疲れとか考えると、せめて1日あけてあげたい気もするけど…。

※ ところで、こういう場合のチケットって、どうなるんだろうかね。
再試合に備えて「第16日」のチケットを準備してたりするのかなぁ。
甲子園球場で当日売りとか、そんな感じなんだろうかねぇ…。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.08.19

〔夏の甲子園2006〕駒苫夏3連覇に王手!決勝は早実と

今年の駒苫は、どういうわけか走塁や守備での細かいミスが多いように思う。
それでも、ここまで勝ち上がってきたんだから、やはり強いチームには違いない。

智弁和歌山を下して3年連続の決勝進出。73年ぶり夏3連覇の大偉業に王手。

◇第88回全国高校野球選手権・第14日第1試合

智弁和歌山
駒大苫小牧
智弁和歌山)松隈―竹中―芝田
駒大苫小牧)菊池―岡田―田中
HR:

対戦相手には、やはり早稲田実業があがってきた。
鹿児島工も頑張ったけど、やはり早実相手では格が違ったかもしれない。

あす午後1時。決勝戦のプレーボール。
 地元HBCラジオで午後1時からの実況生中継が急遽決定
 HTBでは午後0時から特別番組を放送するとか言っていたなぁ。
いやはや、3年連続で北海道のチームが甲子園の決勝の舞台に立つなんて。
驚きもさることながら、こんなことはもう一生ないんだろうなぁ…という感慨にふける。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.08.18

2―9から大逆転!5割鳥もちの威力絶大なり。

さっき書いた記事の段階では2―5。その後も坂元・松井が打ち込まれたらしく、
2―9になったことまでは日刊スポーツのリアル速報で把握してました。ところが…。
帰宅し、ラジオでハム戦を聴いていた最中のこと。スワの経過も気にはしていたが
相変わらずの劣勢。ところが…。

ラジオ)10―5からヤクルトが、5点取って同点に追いつきました。

ラジオの前のつげさん)え゛え゛!

ラジオ)…と、さらに度会のタイムリーで逆転しました。11―10です!

つげさん)え゛え゛え゛え゛!!

声にならない声を上げて驚いた私。ハム戦の中継が終わるとすぐさま、
ニッポン放送から裏送りされている雑音混じりのABCのナイター中継に聞き耳を立てた。

解説は川崎(憲二郎)かぁ…とか感傷に浸る間もなく、木田劇場がきょうも開催され、
11―11の同点にされちゃった。その後のピンチはなんとかしのいだものの、阪神は
JFK最後の砦ウィリアムスをマウンドに送ってサヨナラ阻止にかかる。

…ところが。そのウィリアムスが大乱調だったらしく、3四球で満塁のチャンスを
いただいてしまった。他局と混信しているのか、音声が聴きづらくなる中で、
程なく「ゲームセット」の声が聞こえてきた。サヨナラ押し出しだったようだ。
これで、もう何度目かわからないくらいの5割復帰。

…以前書いた「5割鳥もち」の威力はよっぽど強力であるらしい。

◇東京ヤクルト×阪神15回戦(ヤクルト8勝6敗1分け/神宮・27131)

阪  神 11
ヤクルト 1x 12
神)オクスプリング―ダーウィン―江草―橋本―相木―●ウィリアムス
ヤ)坂元―松井―高井―五十嵐―H館山―○木田
勝:木田     41試合3勝4敗8S
S:
敗:ウィリアムス 26試合1勝1敗
HR:金本16号(1表・3ラン) 岩村26号(1裏・ソロ) ラミレス19号(1裏・ソロ)
   藤本2号(3表・ソロ)



※ 阪神ファンの皆様には申し訳ないが、7点差を守り切れないようでは、ちょっと…。
  優勝どころか2位の座も危ういんじゃない~?と、強気のプレッシャーをかける遊び。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

バニム情報あれこれ。

野球の話ばかりだと息が詰まりそうなので。(笑)
久々にバニラムード情報。ホントは自分の足で情報を仕入れたいところですが、
ここからの情報はすべて、掲示板やら他のブログやらの受け売りだったりします。

まず、一番重要であろう、こちらの情報から。

 10月にセカンドアルバムが発売されるよん。

実はつい先ほど、ネイキッドさんのブログを読んではじめて知りまして。
既にアマゾンなどでは予約の受付が始まっているんですわ。驚き。
今回もオフショットなどが収められたDVDつきになるようで、こちらも楽しみ。

10月4日発売予定だそうです。曲目などはまだ未定みたいですけどねぇ。

次はバニム久々のテレビ出演!(といってもYuiさんだけらしいのだが)

 8月26日のミュージックフェアにYuiさんが。

これは掲示板からの情報。

同じ事務所のhiroさんのバックバンドの一員として出演するそうである。
この番組は北海道でも放送されるので、しっかりチェックすることにしよう。

さらに。

 秋から冬にかけてバニムライブツアー!!

…これは主に西日本中心なので、私の中での扱いはあまり大きくないのだが。

こちらは既に公式HPでも告知されているので、ご存知な方も多いでしょうが。
これまでは単発のライブが多かったバニムがついに全国(西の方)ツアーを
敢行するってことで、より多くの人にバニム…バニラムードを知ってもらうまたとない
チャンスでしょうね。お近くの方はお誘いあわせの上、ぜひお出かけしてみてください。

※ テレビ出演の話については、公式にはまだ告知されていないので未確認。
  放送日直前になったら再度確認してみようとは思いますが…。
  つか、セカンドアルバムについても、まだ公式HP上での告知はないのですが…。
  アマゾンで予約受けしてるんなら、まず間違いなく発売はされるんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

…忠犬ツバ公は…。

日刊スポーツのリアル速報を何気なく見てみました。そしたらさぁ…。orzorz

坂元弥太郎が先発ということにも驚きましたが、初回からいきなり打者一巡で5失点という
あまりにもふがいなさ過ぎる内容にも、かなりの驚きを禁じえません。

※ この記事を後日編集して短信に仕立て上げる予定ですが…。

…おっと。岩村が今月11本目のHRを打ったみたいだ。
これでまた憧れのMLBに一歩前進だな。まったく多菊は余計なことばかり
言いやがって。昨年来の経緯から、今オフにはそういう動きがあるのかな…って
こっちも薄々気づいてんだけどもさ。そういう話はオフになってからにしてもらえんか。

なんか、テンション下がっちゃうんだよな。

…って、今度はラミちゃんもHRだって!? おいおい、どうなるんだ、この試合は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.17

〔夏の甲子園2006〕…つか、勝った方が駒苫とやるんだろ!?

ネットカフェで試合を見てた。智弁和歌山にポンポンとHRが出て6―2とリードしてました。

その後しばらく街中をぶらついた後、帰りのバスターミナルの近くのお店でテレビを見る。


…帝京が逆転しとるやないかい!

そんな驚きも覚めやらぬ中で、どでかい3ランが。8・9回だけで10得点という帝京の大反撃だった。
智弁和歌山に残された攻撃は9回裏のみ。しかし、帝京がそのマウンドに送ったのは、公式戦登板経験のない投手。

…そう。ここからさらなるドラマが動き出した。試合終了まで、テレビの前から動けなかった。

◇第88回全国高校野球選手権・第12日第2試合

帝  京 12
智弁和歌山 5x 13
帝京)高島―垣ケ原―大田―勝見―杉谷―岡野
智弁和歌山)広井―竹中―松本
HR:馬場(大会49号/2裏・3ラン) 馬場(大会50号/4裏・ソロ) 上羽(大会51号/4裏・2ラン)
   広井(大会52号/7裏・2ラン) 塩沢(大会53号/8表・2ラン) 沼田(大会54号/9表・3ラン)
   橋本(大会55号/9裏・3ラン)

だいたいが、9回表に8点、裏に5点なんて。野球のスコアじゃありません。けど、時としてこういうことが起こる。
だから野球って面白いんだよなぁ…と、思いを新たにしました。

…ということは、駒苫の準決勝の相手は智弁和歌山。

 3回戦で6点差をひっくり返してサヨナラ勝ちした駒苫と
 6点差つけたのをひっくり返されて追い込まれたところを、さらにひっくり返した智弁和歌山では、

どっちが強いんだろう。どんな試合になるのか見当もつきません。19日の第1試合、今から楽しみだ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

〔夏の甲子園2006〕駒苫、きょうも逆転勝ちで4強入り!

某派遣会社でのカウンセリングを終えて、札幌駅のモニターテレビで確認したときには
0-2とリードを許していたんです。その後、昼食をとって、札幌では行きつけのネット
カフェに飛び込んで、ブログ巡りをしつつ、戦況をチェック。きょうも4点差をひっくり返しての
逆転勝ちである。しかも、決勝点の入り方がまたねぇ。三谷くんのラッキーな内野安打。

ここまで来たら、どこが相手でも手強いことに変わりはないが、ここまで来たら3連覇。
ぜひとも達成してもらいたいものです。準決勝は、智弁和歌山と帝京の勝者と対戦。

◇第88回全国高校野球選手権・第12日第1試合

東洋大姫路
駒大苫小牧
東洋大姫路)飛石―乾
駒大苫小牧)田中
HR:林崎(大会48号/1表・2ラン)

ちなみに、林崎くんが打ったHRで今大会のHRは48本に。これは夏の新記録だそうだ。
22年前(1984年)に47本という記録があって、それを更新したんだと。
清原がまだ高校球児だった頃ですねぇ。まだ、ラッキーゾーンもあったよね、確か。

話は戻りますが、駒苫は3回戦で一度死にかけた身ですから、ほんと怖いものなしで
思い切ったプレーを見せてほしい。その結果が「3連覇」に結びつけば言うことなしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.15

忠犬ツバ公が行く!

わんわんわんわん。ボクは読売の忠実なる番犬の『忠犬ツバ公』だよ。
きょうもご主人様の言いつけ通りに、大盤振る舞いして10点もプレゼントしたんだ。

ご主人様、喜んでくれたかなぁ…。

…って、冗談じゃねぇや。全く話にならんわ。(怒)

札幌ドームがハムの劇的な逆転で盛り上がったしばらく後。
他球場の途中経過ったやつが表示されたんだけどね。

 8回表 巨人 10―1 ヤクルト

思わず、頭かかえて座り込んじゃいましたよ。冷水ぶっかけられた気分でした…。(涙)

※ 追記。忠犬ツバ公なる架空のキャラを登場させたところ、どういうわけか
  ペットショップのブログからトラバが来てしまいましたよ。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

〔夏の甲子園2006〕6点差を大逆転!駒苫サヨナラで8強一番乗り

〔夏の甲子園2006〕6点差を大逆転!駒苫サヨナラで8強一番乗り

本当に強いチームってのは、どんなに厳しい状況に置かれても、跳ね返しちゃうんだなぁ。
6点差をひっくり返して逆転サヨナラ勝ち。帯広から札幌へ向かうバスの中。
もちろん、車内のTVでは甲子園の中継が流れてた。けど、序盤は完全に青森山田ペース。

1―5とされ、田中くんが登場したあたりで山間部に入り、テレビの電波が届かなくなっちゃって…。
流れ的にも、さすがに「だめか…」と思ってた。ところが、車内で上映された「スウィングガールズ」が
クライマックスに差し掛かった頃、隣で自前のラジオで中継を聴いていたおじさんが、

「駒苫、勝ちましたよ。10―9」

と、教えてくれました。…ま、ま、ま、まじですか!? 
山間部を抜けて電波が戻り改めてスコアやVTRを確認し、
その凄まじさに驚くばかり。これは本当に強い。夏3連覇への期待は膨らむばかりだ。

※ 写真は札幌の北海道新聞本社前に貼り出された速報。立ち止まって見入る人の姿も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.14

夏だ!祭りだ!豚丼だ!

夏だ!祭りだ!豚丼だ!

こちらは、帯広で最も有名な豚丼のお店「ぱんちょう」。
さすが、お盆だけあって多くの行列が出来ております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏だ!祭りだ!大道芸だ!

夏だ!祭りだ!大道芸だ!

…ということで、今年も地元の祭りで様々な大道芸人の芸を堪能する季節がやってきました。
基本的にお笑い大好きな私なので、1日見てても飽きないですよ。
見た物何でも即興で「笑い」に結び付けちゃうのがすごいな。

※ 追記。何組かの芸人さんを見たんですが、今年はすごく芸術点の高いパフォーマンスが
  多かったように感じました。何の予備知識もなく見てたので面食らってしまったわ。
  写真もいろいろ撮ったので、機会があれば、ブログにアップしてみようかと思いまする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.13

鎌田2年ぶり勝利!再びみたび…5割復帰

きょうの先発は久しぶりの鎌田。ハマの先発はベバリン(元スワ)。こちらもお懐かしい。
試合は米野のHRで1点を先制したスワが4回にベバリンをとらえ、一死満塁から
宮本のベテランらしい横浜外野陣の裏をかくレフトへのタイムリーに米野の2点タイムリー。
さらには鎌田までもが前進守備の間を抜く2点タイムリーを放ち、一気に5得点。

9回には二死から青木の一塁内野安打(←佐伯は好守備を見せたが、ソニアの一塁カバーが遅れた)
足がかりに、リグスが左中間へダメのダメを押す2ランを叩き込んだにゃー!!
7点ものリードをもらって登板した松井のピッチングにはちょっと「??」ではあったが、
3連戦勝ち越しで勝率を5割に戻すとともに、鎌田は嬉しい2年ぶりの1勝をマーク。

◇横浜×東京ヤクルト13回戦(横浜7勝6敗/横浜・18687)

ヤクルト
横  浜
ヤ)○鎌田―坂元―田中充―館山―松井
横)●ベバリン―山北―秦―ソニア
勝:鎌田     4試合1勝
S:
敗:ベバリン   7試合4敗
HR:米野7号(3表・ソロ) 小池4号(6裏・ソロ) リグス24号(9表・2ラン)

…にしても、鎌田はもう少し投げさせてもよかったんでは?とも思うんだけどね。
今季はまだ中継ぎでの登板しかなかったはずだし、古田さんもあまり無理は
させなかったんでしょう。藤井が早期に復帰できれば、中継ぎに戻る可能性も
あるんでしょうしね。投手陣のやりくりが大変な中で、よく投げてくれたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006.08.12

ガンちゃん2発&完封リレーでハマに快勝!

9回裏だけチラチラっと見ておりまして、気づいたところ。
 ☆ 横浜のユニがなんだか新デザインだったので驚いた。これって夏休み限定とか?
 ☆ 復帰して間もない木田さんだが、その「劇場」ぶりだけは、早くもパワー全開である。

◇横浜×東京ヤクルト12回戦(横浜7勝5敗/横浜・13698)

ヤクルト
横  浜
ヤ)○石川―H花田―H高津―H石井弘―S木田
横)●山口―牛田―木塚
勝:石川     20試合8勝6敗
S:木田     40試合2勝4敗8S
敗:山口     4試合1勝2敗
HR:岩村22号(1表・ソロ) 23号(3表・ソロ)

そんなわけで、スワの得点シーンも全く見てはいないわけですが。(苦笑)
それにしても、岩村が絶好調です。8月だけで既に8HRですよ。(驚)
 しかも、まだ12日ですからね。10試合で8発だから、このペースだと月間20発も夢じゃない!(まさか)
冗談抜きで月間MVPの最有力候補なんじゃないでしょうか。
8月のチーム成績が4勝5敗1分け…と、可もなく不可もないので、
あまり目立ちませんが、頂ける物は確実に頂きたいところでしょう。

世間的にはセ・リーグの灯は既に消えかかっている(中日にM40点灯)わけですが、
なんのなんの、スワは残り47試合。まだまだ盛り上がっていきたい…いければいいなぁ。
だって、まだ釧路・帯広の道東シリーズだってあるんだし、燃え尽きるわけにはいかんのよ。

…と書いてたら、磯山さやか嬢が北海道に来ているらしいことを知る。(ご本人ブログ参照)
カニ食って夕張メロン食ってて仕事になるんだから、芸能人ってのはうらやましいなぁ…。
さやかちゃんも書いてるけど、北海道の端から端まで移動しようと思ったら、
3時間や4時間は当たり前にかかるもんね。その分、お金もかかるし。まったくねぇ…。

…余談ともグチともつかない追記でした。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006.08.10

石井も戻ってきたどーーーー!!

きのうの宮本・木田に続き、頼れるストッパー・石井弘が一軍に復帰。
復帰早々、李に「一軍復帰おめでとうアーチ」を打たれてしまったわけですが。
その後の打者2人はしっかり三振で打ち取ってくれた。

◇東京ヤクルト×読売13回戦(読売9勝4敗/神宮・16724)

読  売
ヤクルト
読)●西村―真田―前田―鴨志田
ヤ)○石井一―高津―石井弘―館山
勝:石井一    19試合7勝4敗
S:
敗:西村     21試合5勝5敗
HR:宮出7号(5裏・2ラン) 岩村21号(6裏・2ラン) 李36号(8表・ソロ)

つか、なぜユンソナ

きのうはあんなこと書きましたが、きょうはデジタルナイター祭りのHPから
スワの試合の様子を(途中までですが)観戦しておりました。
 …ハムが打てなさ過ぎで退屈だったせいもあるんですけども…。
実況席には我らが女子マネ・磯山さやか嬢もいたようで、久しぶりに元気な
声を聞きました。(←ただ単に、我が家でフジ739を見られなくなったというだけなのだが)

そうそう。そういえば。以前いただいたやぐさんのコメントにあったとおり、
フジ739で毎月1度放送されている「スワローズTV」が、今月はスペシャル版として
帯広から生放送されるというじゃないですか。(⇒フジ739HPを参照のこと)

土日の広島戦中継を終えた、スワローズTV!キャプテン若松勉とマネージャー
磯山さやかが居残り?そのまま帯広から生放送でお送りする!
(上記HPより一部引用)

これ、放送されるのが月曜日の夜なんですよね。翌日には神宮で試合があるという中で
ま・さ・か・のさやか嬢帯広居残り。(笑) いったい、どんな番組になるのでしょうか…。
けど、今の状況だと、見たくても見られません。困ったなぁ…。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

〔夏の甲子園2006〕駒苫、苦しみながらも初戦突破

7回以外は毎回の14奪三振。そこだけ抜き取ると、すごいように感じるけど、
きょうの田中くんは正直言って、かなりやばかった。それが証拠に与四球6個。
バッテリー間の呼吸が合ってないような感じ。マウンドで、時折顔をしかめる田中くん。
なかなかサインが決まらない場面も多かった。3連覇へ向けて課題の残る試合だった。

◇第88回全国高校野球選手権・第5日第3試合

南 陽 工
駒大苫小牧
南陽工)仲野―村岡
駒大苫小牧)田中
HR:

南陽工の2番手投手・村岡くんを打ちあぐね、3回の2点以降、ヒットすら出ない展開。
その間に南陽工の打線が不調の田中くんの直球をとらえて、じりじり追い上げる。
7回表には、負傷退場した立野くんに代わって4番に入っていた山田くんのレフト越えの
二塁打で1点差にまで追い上げられる。序盤につかんだ流れは完全に南陽工に傾いた。

おいおい、これ、やばいんじゃないのぉ????

…と思わせたが、さらに続いた同点のピンチは走塁ミスに助けられ、なんとかしのぐ。
その裏、中沢くんの放ったタイムリーが貴重なダメ押し点となった。冷や汗だらだらだ。

3回戦は延岡学園×青森山田の勝者と対戦。順調に行けば15日の第1試合。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

くだんのタイトルマッチを自分なりに掘り下げてみた(BlogPet)

パナマとか長すぎる
つげちゃんたちが、まず無理だね
たくさん、詳しい方から大口とか面白いっすパナマとか起こると、詳しい方過激を八百長しなかったよ


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.09

宮本・木田が戻ってきたどーーーー!!

きょうも「読売の犬」だよ。きゃいんきゃいん。あんまり怖くて籠から出られないよ。きゃいんきゃいん。

地上波での中継がなく、深夜に放送されるというダイジェストも北海道では放送なし。
ラジオはビジターのファイターズ戦中継だし…となると、対G戦なのに、試合の経過は
BSのこちらもファイターズ戦中継中に表示される途中経過で追っていくしかない。
すごい時代になりましたなぁ。昔は「地上波のG戦中継で時折表示されるスワ戦の
途中経過をてぐすね引いて待つ」のが当たり前でしたのに。

…デジタルナイター祭りという、いかにもとってつけたようなイベントの名の下に
ネットで動画中継されてるのも知ってますが、しょせんは読売の犬なのでね。
そこまでして見る気にもならんのよ。きょうもきょうとて、読売神社に白星を奉納。

◇東京ヤクルト×読売12回戦(読売9勝3敗/神宮・16724)

読  売
ヤクルト
読)内海―○野間口―林―久保―栂野―S高橋尚
ヤ)●藤井―鎌田―木田―田中充
勝:野間口    18試合1勝2敗
S:高橋尚    18試合1勝3敗5S
敗:藤井     18試合7勝7敗
HR:二岡19号(1表・2ラン) 高橋由10号(5表・2ラン)
   ラミレス18号(6裏・ソロ) 城石1号(9裏・ソロ)

スワ的にきょうの見所としては、やはり
 宮本・木田が戻ってきたどーーーー!!
…というところに尽きるわけです。勝負の行方なんてどうせわかりきってるし。

宮本は3打数1安打。木田は8回に登板。1安打1死球は与えたものの、3つのアウトは
すべて三振で奪うという、なかなかの内容。きょうはそれだけあれば十分じゃないか。(涙)

いつの間にか4位に上がった読売との差が4ゲーム。読売とのかませ犬試合が残り10。
こう考えると、Aクラス確保すら厳しいんじゃ?という邪念が頭をもたげてくるのですが…。

わんちゃんの写真はDigital Image Studio 410319さんのフリー素材をお借りしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.08

夏だ!花火だ!多菊の暴言だ!

きっと、多菊は古田さんのことが嫌いなんだな。そうに違いない。

■ 古田に球団社長が“現役引退勧告”(スポニチ)

…ということで、多菊とスポニチという「ヤクルトなんて大嫌い!コンビ」
強力タッグが、今年も猛暑とともにやって来ました。ただでさえ暑い夏なのに、
まだシーズン半ばだというのに、今や年中行事となった感もある多菊の暴言。
そんな多菊と、何かにつけてスワのストーブリーグをいたずらに引っ掻き回す
スポニチ
の強力タッグ。この2つが手を組めば、そりゃもう、スワファンにとっては
うっとうしいことこの上なし。暑苦しいったらありゃしないよぉ~~~!

大体が、ですね。古田さんクラスの選手になったら、わざわざ上から言われなくても
自分の引き際くらい自分で判断しますって。大体、まだ8月じゃないですか。
もっと他に書くことないんか。そういう話はシーズン終わってからでも遅くないだろ。
他紙サイトには、そんな話どっこにも出てこないぞ。飛ばしもいい加減にしないとな。

(結論)よっぽどヤクルト嫌いなんだな、スポニチは。

追記。報知にも同様の記事が掲載されてるみたいです。
■ 古田選手“戦力外”…多菊球団社長が事実上の引退勧告(スポーツ報知)
まぁ、きょうからスワは読売戦。そういうこともあって多菊の暴言に飛びついたんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.08.06

〔夏の甲子園2006〕中盤までリード奪うも…白樺学園初戦突破ならず

勝負所の中盤にバッテリーミスが4つ。(暴投3、捕逸1)
試合前練習での正捕手・森の負傷(骨折)というアクシデントが大きく響いた形に。

◇第88回全国高校野球選手権・第1日第1試合

白樺学園
高 知 商 10
白樺学園)中川―大竹口―中川
高知商)中平―小松
HR:筒井(大会第1号/3裏・2ラン) 前田(大会第2号/6裏・2ラン)

いや、それでも白樺学園はよく頑張ったですよ。初出場でしかも開幕戦という大舞台で
甲子園の常連・高知商を相手に中盤までは常に先手先手を奪う展開だったもんねぇ。
けど、49代表中唯一、地区大会無失策で来ていたチームが記録した最初の失策が
7-7の同点にされたピンチのあの場面でねぇ。出ちゃうんだねぇ。だから野球って…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.04

ホームラン8本乱れ飛び…首位・中日から辛くも1勝

まずはスコアから。

◇東京ヤクルト×中日9回戦(中日5勝4敗/神宮・18337)

中  日
ヤクルト
中)●佐藤充―鈴木―岡本
ヤ)○石井一―丸山貴―H高津―花田―S館山
勝:石井一    18試合6勝4敗
S:館山     18試合2勝3敗3S
敗:佐藤充    12試合8勝1敗
HR:岩村19号(1裏・ソロ) 20号(3裏・2ラン) 田中浩1号(2裏・2ラン)
   福留17号(3表・ソロ) 18号(5表・2ラン) 青木7号(5裏・ソロ)
   リグス21号(7裏・2ラン) 井上4号(8表・2ラン)

きょうの北海道では、珍しくスワ戦のラジオ中継(STVラジオ)がありましたので、
HBCラジオで毎試合放送されているハム戦と並行してスワ戦の実況も聴いてました。

最大の見せ場(聴かせ場?)となったのは、やはり7回の攻防でしょうか。
中日の代打・奈良原さんの振り逃げに端を発するオレ竜のいやらしい攻撃の前に
「にわか草野球」状態となったスワ守備陣。音だけなので、どれほどやらかせば
気が済むのかっ!と、ラジオの前でイライラのし通し。高津さんが出てきて1失点で
済んだのが、もう奇跡的としか言いようがない感じ。あの場面で丸山貴を出さざるを
得ないのが苦しいですねぇ…とスワファンにとっては「耳タコ」な痛いところをつかれて
ラジオの前で戦々恐々としていたわけです。高津さん、さすがだねぇ。助かったよぉ。

で、その裏にリグスの2ランが出て突き放す…というジェットコースター野球を展開。
目まぐるしく上がったり下がったり。動き出したジェットコースターは9回表まで
止まることなく動き続け、最後の最後までハラハラドキドキの試合でありましたとさ。

何はともあれ、全国の虎ファン、燕ファンの皆様。ボクたちは1つ仕事をやり遂げました。
あと2つ、がんばります。虎ファンの皆様もにわかでいいので応援してやってくださいまし。

あ、そうそう。ついに読売が単独最下位に転落したってさ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

くだんのタイトルマッチを自分なりに掘り下げてみた

はたして、この記事を「スポーツ」のカテゴリーに入れていいのかどうか悩んでしまうくらい、
ひどかったらしい例のボクシングのタイトルマッチ。最初から最後まで見たわけではないので
一応「ひどかった“らしい”」とお茶を濁してはありますが…。

試合終了後、私のお気に入りブログさんのいくつかでも
 「あれで勝ち?」とか
 「あんなんでいいの?」とか。
記事のネタ振りとして、使われていました。

私も、まぁそれなりに気になるので、いろいろとネットをあさっていると、こんなのを発見。
な、なんと。試合の行われるはるか前。5月下旬の段階で、くだんの試合の結果を
まるで「予言」していたかのように、ものの見事に言い当てているブログの記事だ。

 亀田、今夏世界王者へ!(もちろん八百長)(TAKUの日記より)

いやはや、なんとも。試合後に更新された記事では「普通に考えたらこのような展開・
結果になる可能性が高いのは予想できたと思うんだけどね。」と書かれているので、
かなりボクシングに詳しい方なんだろうなぁ…とは思うのですが、それにしても…ね。
こういう「すごい記事」を書いてみたいなぁ…とも思いますが、まず無理だね。(笑)

そもそもが、あの「ガチンコファイトクラブ」で堂々とヤラセをしてたTBSのやることなので、
本当に詳しい方からすれば、あの程度のことは「想定の範囲内」だということでしょう。
で、そのTBSなんですけど。ラジオの方では、かなり過激な批判を流していたみたいで。

 ■ TBSラジオ:ポッドキャスティング954より
  ストリーム(8月2日放送分より)コラムの花道(勝谷誠彦氏)
  ストリーム(8月3日放送分より)ニュースさかさメガネ(生島淳氏)

なにより驚かされたのは、生島淳氏のコメントの中に出てくる
 ボクシングの場合は、ジャッジは主催者(ジム)側が選べるんですよ!
…っていう部分でしょうか。これも、詳しい方にとっては常識なんでしょうがね。

で、パナマのジャッジは南米で、韓国のジャッジは日本とバーターなので、
今回の試合はフランスのジャッジ次第。で、そのフランスのジャッジの採点は
11Rまでは2点差で亀田が勝っていて、12Rでもし亀田がダウンを喫していたら
(さすがに2度ダウンしたら勝たせられないから)ドロー!ということまでやってる、と。
で、そのジャッジは主催者である協栄ジムが選定してるんだから…そりゃぁねぇ。

そうそう。試合開始までが長すぎる(放送開始は午後7時30分、試合開始は午後9時ごろ?)という批判に関しても
「ボクシングの試合中は、ラウンド間に15秒CM×2しか入れられない」けど、
このタイトルマッチに金を出したい企業はたくさんあるから、(放送を)前に膨らませるしか
ないんですよねぇ…と明快に解説してくださってます。試合後だったら、勝敗によっては
視聴率的にも段違いでしょうしね。(つか、八百長だから勝ち負けとか言う概念自体無意味なのか?)

それはそうと。くだんの対戦相手のランダエタさんの母国であるベネズエラの日本大使館に
「ランダエタさん、ごめんね」のメールが殺到…という面白い現象も起きてるとか。
なんだか、1つこういう「疑惑」めいた判定が起こると、周辺でいろんなことが起きて
面白いっすね。で、まぁ。そんなこんながあっても、「疑惑」の新チャンピオンは
相変わらず大口を叩いてばかりいるわけですがね。あんな試合を見せられた後で、
そんな減らず口ばかりでは、そりゃ説得力もないだろうになぁ…とか思うわけですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.03

黒田に完投される―またしても3連戦1勝1敗1分け

9安打で1点。いくら、黒田相手とはいえ…。そうですか。効率悪すぎですね。

◇広島×東京ヤクルト13回戦(6勝6敗1分け/広島・10835)

ヤクルト
広  島
ヤ)●ガトームソン―坂元―松井
広)○黒田
勝:黒田     21試合10勝6敗
S:
敗:ガトームソン 15試合6勝5敗
HR:岩村18号(8表・ソロ)

そうか。3併殺だったんですか。そりゃ、勝てないな。
ガトちゃんも2回に崩れただけで、そこそこ踏ん張っていたみたいだったのに。
岩村のHRで完封を逃れるのがやっと…だったわけですね。
まぁ、好投手相手に手も足も出ないのは今に始まったことではないので、
それは、まぁ仕方ないな…とは思いますけども。3併殺はちょっとねぇ…。

そんな中、さりげなく宮出が3安打。最終回の捕ゴはきっとバント失敗なんでしょう。

…にしても、5割ラインにべっとりまとわりついて離れないのは、どうなんだ。
5割ラインに鳥もちでも仕込んであるのかよ!ってくらいにつかず離れずを
繰り返しております。それが証拠にこちらを見ていただくとお分かりかと思いますが、
7月に入ってから1度だけ「貯金2」があるだけで、それ以外は、ずーーーーっと
「貯金1」から「借金1」の間を行ったり来たり、のらりくらりとしております。

早くきっかけをつかんで「5割鳥もち」から抜け出してほしいものですが…。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

〔夏の甲子園2006〕組み合わせ決まる―駒苫は南陽工/白樺は開幕戦

6日から始まる全国高校野球選手権の組み合わせが決まりました。
私の地元・北北海道代表の白樺学園が、いきなり開幕戦に登場です。
初日だし、しかも日曜日だし、次の試合が早実で、3試合目に強豪校の
大阪桐蔭、横浜でしょ。なんか、いきなり大変な日に入っちゃったね。
下手すると、いきなり超満員のところで試合しなきゃいかんね、こりゃ。
しかも、対戦相手は甲子園常連の高知商…。今からガクガクブルブルっすね。

第1日
 (1)高知商×白樺学園
 (2)早稲田実×鶴崎工
 (3)大阪桐蔭×横浜

第2日
 (1)清峰×光南
 (2)福岡×福井商
 (3)徳島商×仙台育英
 (4)日大山形×開星

第3日
 (1)関西×文星芸大付
 (2)常総学院×今治西
 (3)倉吉北×松代
 (4)千葉経大付×八重山商工

第4日
 (1)智弁和歌山×県岐阜商
 (2)浦和学院×金沢
 (3)八幡商×静岡商
 (4)愛工大名電×福知山成美

第5日
 (1)熊本工×三重
 (2)本荘×天理
 == ここから2回戦 ==
 (3)南陽工×駒大苫小牧

第6日
 (1)延岡学園×青森山田
 (2)桐生第一×佐賀商
 (3)東洋大姫路×甲府工
 (4)専大北上×福岡工大城東

第7日
 (1)如水館×帝京
 (2)日本文理×香川西
 (3)鹿児島工×〔高知商×白樺学園の勝者〕

夏3連覇を目指す駒大苫小牧は第5日目第3試合という日程的に非常にいいところ。
どこまで勝ち進めるかわからないけど、個人的には非常に期待しております。

その他の注目カードはやはり初日の大阪桐蔭×横浜でしょうかね。
初戦で当たるにはあまりにもったいなさ過ぎる好カード。いい客寄せにはなるだろうけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高木、プロ初先発はほろ苦―落雷で黒星つかず命拾い(BlogPet)

途中3失点で降板
連続HRのかな


とはいっても、10.5が10になっただけの話ではありますが
(^^;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.02

高木、プロ初先発はほろ苦―落雷で黒星つかず命拾い

プロ初先発・高木は2回途中3失点で降板。連続HRの前の前田のライナーも
いい当たりされてた感じだったので、早い降板も致し方ないのかな。

◇広島×東京ヤクルト12回戦(ヤクルト6勝5敗1分け/広島・13033)

ヤクルト 0x    
広  島      
(7回表無死降雨コールド)
ヤ)高木―丸山貴―鎌田
広)佐々岡―青木
勝:
S:
敗:
HR:ラミレス17号(2表・ソロ) 栗原20号(2裏・ソロ) 森笠4号(2裏・ソロ)

試合はスワが6回に同点に追いついた後、落雷⇒停電などあって試合が中断。
7回表に入る手前で降雨コールドとなり3-3引き分けに。負けなくてよかったぁ。
実は上位2球団が揃って負けたようで、ゲーム差がほんの少し縮まったんですわ。
…とはいっても、10.5が10になっただけの話ではありますが。(^^;;;

| | コメント (5) | トラックバック (4)

2006.08.01

8月白星スタート―先発全員安打で快勝だ!

6回までに16安打8得点で試合の流れを決定付けた。
しかも、2回には先発・藤井が自らタイムリーを放って打点を記録するというおまけまで。
ニッカン式スコアによると、リグスとラミちゃんがあと1本ヒットを打っていたら
「先発野手全員がマルチ安打」という、なかなかお目にかかれない記録に
なるところだったわけです。そういう意味では惜しかったが、あまり贅沢も
言ってはいられないですな。

◇広島×東京ヤクルト11回戦(ヤクルト6勝5敗/広島・10338)

ヤクルト
広  島
ヤ)○藤井―花田―高津
広)●ベイル―横山―佐竹―高橋―青木
勝:藤井     17試合7勝6敗
S:
敗:ベイル    22試合2敗6S
HR:岩村16号(1表・2ラン) 17号(5表・ソロ) 嶋15号(3裏・2ラン)
   ラロッカ18号(6表・3ラン)

そういえば、さっき、ネットで見ましたけど、
ついに日テレも今季残りのG戦中継の時間延長をやめることにしたそうです。
その理由の1つに「Gが優勝する可能性が低い」というのがあったんですけど、
それもなんか、理由としておかしいように思うんですけどねぇ。
まぁ、日テレちゃんの言うことなので、さもありなん…という気もしますけど。

ま、どこのテレビ局もそうなんだけど、去年でさんざん懲りたんじゃなかったんですかね。
去年もさんざん「視聴率が落ちた落ちた」言われてさ。それで、今年は何か変わるのかと
思ったら、相変わらず読売戦ばかり垂れ流し。そりゃ、視聴率は落ちるでしょ。当たり前。
日本ハムのある北海道やなんかでは、時々中継枠を差し替えして地元の球団の試合を
やったりするけど、そういうのはそれなりに視聴率取ってるの。野球人気が落ちてるんじゃ
なくて、単純に読売ジャイアンツというチームの人気が昔ほどじゃなくなってるだけよ。

シーズン途中で「視聴率取れないから止めた」と放り投げるくらいなら、最初から延長
しなきゃいいんだわね。そしたら、午後9時以降の番組が見たい視聴者の皆様だって
納得するし、野球ファンにしても「地上波はこういうもんだ」って諦めがつくしなぁ。
そもそも、視聴率を取るための工夫もせずに、あーだこーだと言ってほしくないけどな。

そういえば、フジテレビナイター祭りは今年は「デジタルナイター祭り」とかいう名前で
CSとHP上の動画中継になるらしい。コレも時代の流れかもしれんね。


追記。やぐさんのブログの記事経由で、デイリースポーツの
古田監督が“捕手復帰”を断言」という記事を読んでホッとする反面、
その下に出ていた

この見出しに、ちょっとドキっとしてしまいました。(笑)

…横浜高校にね、佐藤賢治くんという大物外野手がいるんですって。
で、横浜が「地元枠を作ってでもドラフトで獲得したい」っていう記事なんです。
そもそも、ウチの賢ちゃんは山形出身だし、神奈川とは縁もゆかりもない。(苦笑)

| | コメント (4) | トラックバック (3)

〔夏の甲子園2006〕49代表やっと出揃う

延長15回引き分け再試合となっていた宮城大会決勝。(しかも両チームともエースが15回完投)
東北と仙台育英という強豪同士の対決は仙台育英が6-2で勝って5年ぶりの甲子園。
これで全国49代表がすべて出揃いました。にしても、49代表のラストが宮城というのも
滅多にないケースでビックリ。たいがい、最後は大阪とか神奈川とかそのへんなんだけど。
大雨の影響もあったんでしょうね。既に甲子園練習も始まった本番5日前ですから。

…ってなわけで、今年の49代表校の一覧はこちらからどうぞ。
初出場は、北北海道の白樺学園を含めても6校と例年に比べると、やや少な目の印象。
道産子の私としては、やはり駒大苫小牧の夏3連覇なるか?という部分への注目が
最も大きいわけですが、その駒苫に土をつける学校があるとすれば、どこなのか?
…というあたりにも興味をそそられます。割と有名どころの高校が多く出場するようですし。

組み合わせ抽選は、あさって3日。大会は6日から始まって決勝は順調に行けば20日。

…さて。突然ですが、ここで間違い探しゲーム! どんどんどんどん(効果音)
流れ上、今年の代表校一覧をリンク先からご覧いただいたかと思うのですが、
ここに1ヶ所だけ間違いがあります。えー、あるんですよ。わかりやすいのが。
よく参考にさせていただく日刊スポーツ様のサイトですが、なぜか間違いも多い。(笑)

それは一体どこでしょう。 (もしかして、1ヶ所だけじゃなかったりしたら、あわせてご一報を)

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »