« くだんのタイトルマッチを自分なりに掘り下げてみた(BlogPet) | トップページ | 石井も戻ってきたどーーーー!! »

2006.08.10

〔夏の甲子園2006〕駒苫、苦しみながらも初戦突破

7回以外は毎回の14奪三振。そこだけ抜き取ると、すごいように感じるけど、
きょうの田中くんは正直言って、かなりやばかった。それが証拠に与四球6個。
バッテリー間の呼吸が合ってないような感じ。マウンドで、時折顔をしかめる田中くん。
なかなかサインが決まらない場面も多かった。3連覇へ向けて課題の残る試合だった。

◇第88回全国高校野球選手権・第5日第3試合

南 陽 工
駒大苫小牧
南陽工)仲野―村岡
駒大苫小牧)田中
HR:

南陽工の2番手投手・村岡くんを打ちあぐね、3回の2点以降、ヒットすら出ない展開。
その間に南陽工の打線が不調の田中くんの直球をとらえて、じりじり追い上げる。
7回表には、負傷退場した立野くんに代わって4番に入っていた山田くんのレフト越えの
二塁打で1点差にまで追い上げられる。序盤につかんだ流れは完全に南陽工に傾いた。

おいおい、これ、やばいんじゃないのぉ????

…と思わせたが、さらに続いた同点のピンチは走塁ミスに助けられ、なんとかしのぐ。
その裏、中沢くんの放ったタイムリーが貴重なダメ押し点となった。冷や汗だらだらだ。

3回戦は延岡学園×青森山田の勝者と対戦。順調に行けば15日の第1試合。

|

« くだんのタイトルマッチを自分なりに掘り下げてみた(BlogPet) | トップページ | 石井も戻ってきたどーーーー!! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/11372481

この記事へのトラックバック一覧です: 〔夏の甲子園2006〕駒苫、苦しみながらも初戦突破:

» 駒大苫小牧、まず1勝 [あれこれ随想記 ]
駒大苫小牧V3へ発進 全国高校野球選手権 (共同通信) - goo ニュース >第88回全国高校野球選手権大会第5日は10日、甲子園球場で行われ、駒大苫小牧(南北海道)が2回戦で南陽工(山口)を5−3で下し、中京商(現中京大中京=愛知)以来、73年ぶり2校目の大会3連覇へ向けて一歩を踏み出した。  駒大苫小牧は3回までに4−0とリード。エース田中が中盤から失点し7回には1点差に迫られたが、何とか反撃を振り切った。駒大苫小牧は�... [続きを読む]

受信: 2006.08.10 21:01

« くだんのタイトルマッチを自分なりに掘り下げてみた(BlogPet) | トップページ | 石井も戻ってきたどーーーー!! »