« 川上を KOするとは 驚いた―中日3連戦勝ち越しだよ | トップページ | 8月26日はバニムの日 »

2006.08.25

内地から道東スワ観戦に来る人のための帯広ガイド(2)

ちょっと気になったので、道東2連戦の先発予想をしてみる。(あくまで予想)

 26日(土)釧路 ヤクルト:鎌田 × 広島:フェリシアーノ

 27日(日)帯広 ヤクルト:ガトームソン × 広島:ロマノ

土曜日、坂元か鎌田かどっちかな?という感じでしょうか。けど、週末に投げた先発は
いずれも阪神に打ち込まれて大量失点をくらっているので、複雑な心境です。
日曜日は、うん。ガトちゃんだね。ラロッカがひざ手術で戦線離脱中=投手枠2なので、
1試合投げてすぐ二軍行き…とはなっていないし。…ガトちゃんが中5日で土曜日か?

広島は、もしかしたら日曜日に中4日・佐々岡という可能性もなきにしもあらず。
 ※ 前回登板(22日阪神戦)は6回91球。…うーん、ブラウンなら可能性もなくはないという程度か。

あくまで超個人的予想でございます。参考程度にしといてくださいな。

さて。帯広といえば、六花亭でございます。マルセイバターサンドですよ、奥さん。
…って、きのうからずっと食べ物のことしか書いていないが、まぁいいか。(笑)

お菓子をお土産に…というのももちろんですが、時間に余裕のある方なら、
喫茶室でコーヒーでも飲みながら、本場のおいしいお菓子を堪能するのもいいかも。

そして。帯広・お菓子といえば柳月も忘れちゃいけません。三方六ですよ、お姉さん。
なんか、お土産がお菓子ばかりになってしまいそうですが。…太らない程度にどうぞ。

で。メインは野球なので、球場の話も少し。

帯広の森野球場。住所は帯広市ですが、その球場がある帯広の森運動公園は
来ていただければわかると思うのですが、とてつもなく広いです。プロ野球開催と
なれば、周辺の駐車場や芝生(臨時に駐車スペースとして開放される!)が
ものすごい数の車で埋め尽くされます。お車で来られる方は、帰りの予定には
十分、時間的なゆとりを持って行動されるのがよいかもしれません。
 ※ ほんと、半端じゃない台数なんで、〔P〕から出るのに時間はかかります。覚悟してお出かけを。

ちなみに。今年の夏の甲子園で開幕戦に登場し、高知商と途中まで互角の戦いを
演じた白樺学園高校が、球場のすぐ近所にあります。白樺学園の住所は芽室町。
帯広の森運動公園は帯広市と芽室町にまたがっているんですな。それだけでも、
スケールの大きさの一端はつかんでいただけるのかな、と思うわけです。

…って、そもそもガイドになってるのかどうかも、よくわかりません。(苦笑)

アクセス的には、帯広駅からバスが出てるみたいです。
(帯広の森)運動公園行きってのに乗るといいようです。
 ※ 地元民なので、駅からバスに乗って森に行くってことがないので、実感的にわかりませんが。

気候的にも夏と秋の境目で、天気さえよければ、外野芝生席でビールでも飲みながら
のんびり観戦というのも、風情があってよさそうですねぇ。それとも、そんな暇もないほど
ビニ傘を振りまくる展開になる方が、スワファンの皆様にとっては嬉しいかもしれません。

|

« 川上を KOするとは 驚いた―中日3連戦勝ち越しだよ | トップページ | 8月26日はバニムの日 »

プロ野球」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

幼少時から札幌や小樽には飽きるほど行っているので、
六花亭がさほどメジャーでない頃から、
よーく存じ上げておりました。
バターサンドはもちろん、
実は(季節限定)和菓子が妙に美味しかったりする…。
ただし帯広に本店があることは、
昨日初めて知りました(大恥)!

先発が誰にせよ、ノムさんの時代から
「カープには打ち勝つしかない」が教訓なので、
打線の繋がりをひたすら期待致します(泣)!!!

投稿: やぐ(でぃん)☆彡 | 2006.08.25 14:19

>やぐさん
今頃はもう釧路に到着されてるころでしょうか。

そうなんです。六花亭も柳月も本店は帯広。
以前の職場では、六花亭の工場に物品を納入していたこともあったりする私です。

さて、カープ戦。きょうのスポ紙には
きのうもフリー打撃をしなかった古田監督という小さい記事が出ていて、ちょこっと心配です。きっと、球場では元気な表情を見せてくれるとは思うんですが…。試合に出てほしいよなぁ…。

投稿: つげちゃん | 2006.08.26 09:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/11598334

この記事へのトラックバック一覧です: 内地から道東スワ観戦に来る人のための帯広ガイド(2):

» 帯広市 [北海道、札幌からの旅情報]
帯広市(おびひろし)は、北海道 十勝支庁管内にある都市で、十勝支庁所在地でもあり、十勝地方の中心都市であります。帯広の街は、屯田兵や旧幕府家臣による開拓ではありません。静岡県出身の依田勉三率いる晩成社一行が1883年(明治16年)5月に入植したのが開拓の始まりであります。その後のいろいろなことがありました。開墾は冷害や虫害など苦難の連続であり、1895年(明治28年)に北海道釧路集治監十勝分監(現在のグリーンパーク)が開設されると、受刑者によって大通が整備されていき、それに伴...... [続きを読む]

受信: 2007.04.10 09:30

« 川上を KOするとは 驚いた―中日3連戦勝ち越しだよ | トップページ | 8月26日はバニムの日 »