« ホームラン8本乱れ飛び…首位・中日から辛くも1勝 | トップページ | 夏だ!花火だ!多菊の暴言だ! »

2006.08.06

〔夏の甲子園2006〕中盤までリード奪うも…白樺学園初戦突破ならず

勝負所の中盤にバッテリーミスが4つ。(暴投3、捕逸1)
試合前練習での正捕手・森の負傷(骨折)というアクシデントが大きく響いた形に。

◇第88回全国高校野球選手権・第1日第1試合

白樺学園
高 知 商 10
白樺学園)中川―大竹口―中川
高知商)中平―小松
HR:筒井(大会第1号/3裏・2ラン) 前田(大会第2号/6裏・2ラン)

いや、それでも白樺学園はよく頑張ったですよ。初出場でしかも開幕戦という大舞台で
甲子園の常連・高知商を相手に中盤までは常に先手先手を奪う展開だったもんねぇ。
けど、49代表中唯一、地区大会無失策で来ていたチームが記録した最初の失策が
7-7の同点にされたピンチのあの場面でねぇ。出ちゃうんだねぇ。だから野球って…。

|

« ホームラン8本乱れ飛び…首位・中日から辛くも1勝 | トップページ | 夏だ!花火だ!多菊の暴言だ! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/11300257

この記事へのトラックバック一覧です: 〔夏の甲子園2006〕中盤までリード奪うも…白樺学園初戦突破ならず:

« ホームラン8本乱れ飛び…首位・中日から辛くも1勝 | トップページ | 夏だ!花火だ!多菊の暴言だ! »