« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006.09.30

とか思ってるよ(BlogPet)

つげちゃんが

山本昌さんが41歳を迎えてもなお、これほど楽天しておられるのですから、
同年代の古田さんも負けていられないんではないでしょうか?
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.29

楽天が飯田に戦力外通告―来季はスワコーチに?

何かネタになることはないかな、と思ってスポーツ紙のサイトを巡っていたところ、
ちょっと残念なニュースが入ってきました。

ヤクルトから楽天に移籍し、合わせて20年間現役として活躍した飯田さんに戦力外通告。
引退が決まったとのことです。詳細についてはこちらの記事からどうぞ。

…って、記事のメインはカツノリなんですけど。(笑)

※ カツノリも元スワの選手なので、一応、触れておきますと、彼に関しては、
引退させるのが遅すぎたくらいの印象があります。
特に今年なんかは、チャンスに代打で出て凡退やら併殺やらという場面ばかりが
目についたので。こちらは楽天の二軍コーチに就任するそうで。まぁ、頑張れ。

で、当ブログ的にメインにしたい飯田さんですが、スワローズの90年代の
黄金時代を支えたメンバーの1人ですから、その引退の知らせには非常に
寂しい思いをしております。とはいえ、記事によると、引退後(来季から?)は
スワローズにコーチとして復帰することが有力になっているそうです。

YouTubeから1993年日本シリーズ(第1戦から第6戦)のハイライト動画を。
飯田さんのあのバックホームの場面も収録されてます。(開始から3分47秒くらい)

10月1日の本拠地最終戦で引退セレモニーが行われるとのこと。スカパーで
見れたら見てみようかな、と思います。長い間、お疲れ様でした…。

※ デイリースポーツの記事の方が、内部事情(?)が詳しく書いてあります。
記者の取材に答えたコメントまで。球団公式HPには飯田さんのことについては、
触れられてないけど、こういう記事が出るところを見ると間違いないんでしょう…。
…にしても、虎系スポーツ紙なのにスワの水面下の動きまで察知しているとは。

デイリースポーツ、侮れず!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.09.28

犬だってたまには飼い主に噛み付くこともある

きのうでファイターズのレギュラーシーズン1位が決まり、ハムっ子としての私は
とりあえず一段落。パ・リーグプレーオフが始まるまでしばらくは、スワっ子で。

実は、このブログの更新がストップした9月23日以降、スワは負けなしの4連勝。
しかも、首位・中日と僕らの飼い主・読売を相手にしての4連勝だけに喜びもひとしお。
きのうは2-7からの大逆転で、きょうは石井一―木田―花田の完封リレー。
「犬」だって、たまには飼い主にはむかってみたくなるものです。たまには、ね。

これで3位と4位のゲーム差は6.5に広がり、Aクラス確保にめどが立った…かな。

そういえば、さっき珍しく筑紫さんの番組を見ていたら、古田監督が都内の小学校を
訪問した様子が流れて、小学生からの「来年も現役?」という150km/h超えの直球
ど真ん中クエスチョンにたじたじという場面がありました。(苦笑)
「それは秘密です」とか言ってごまかしてました。大人になるとしゃべれることと
しゃべれないことがあるんだよ
って。ちょっとした発言に尾ひれがついて変な形で
報道されちゃう可能性もあるし、なかなか難しいですよねぇ。大人って大変だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.27

多菊の口から「大リストラ」発言。

さて。長らくご無沙汰しております。

ファイターズにかかりきりで、なかなかこちらにまで手が回りません。
数年前までの自分なら考えられない事態です。しかも、きょうは勝てば1位が
決まるという大事な試合。さっきから、GAORAの事前特番を見ながら、
気分を少しずつ盛り上げていっているところです。それゆえ、きょうも試合が
あったにしても試合短信は書けないと思います。先にお詫びしておきます。
書いたとしても、またかわいいワンちゃんの写真がトップを飾るだけだし。

書けないなら放っておいてもいいんですが、それでも更新しなきゃと思ったのは
この記事を見てしまったからなわけです。

■ ヤクルト社長 大規模リストラ示唆(Yahoo! スポーツ=デイリー)
おっしゃることは正論なんだと思うのですが、多菊が口を開くと本当にロクなこと
言いません。気が滅入ってしまいます。優勝の可能性がほぼ消えた9月末ですし、
いつかはこういう話になるんだろうとは思うんですが…。

記事中には土橋とか山部とかの名前が挙がってますが、シーズン終了前に
本人の意思と関係なく、こういう形で名前が取りざたされてしまうのは寂しいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.23

スワベンチ内のどこかで(BlogPet)

こないだ、つげちゃんが
スワベンチ内のどこかで
万が一にも、こんなうーんが交わされている可能性もなくはないですが…。
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0)

2006.09.22

うーん、なんでかなぁ。

夕食のおかずを買いに行こうと思って、近所のスーパーまで車を走らせる。
ラジオでは、きょうはたまたまヤクルト戦が中継されていてラッキー!って
思ったんだけど、まるで私が車に乗り込んでラジオを聴くのを待っていたかのように

ウッズの満塁ホームラン!( ̄□ ̄;)!!orzorzorzorz

これは、もうあれです。つげさんはもうハムに全神経傾けちゃってくださいという
燕ナインからの無言のメッセージだったのかもしれないですね。(涙)

先日の阪神戦から2試合連続で1-9の大敗。
そりゃ、あれだよ。丁寧にタグ使ってスコアボードを作ってまで記事を書こうという
気持ちが起きないもの。長い目で見る…とか言ってるけど、さすがにこれじゃぁね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006.09.18

どきっ!失策だらけの草野球大会(ポロリもあるよ)

ふむ、まぁ、あれだ。負け方がしょぼすぎる。

◇阪神×東京ヤクルト18回戦(阪神9勝8敗1分け/甲子園・48506)

10 11
ヤクルト
阪  神 1x
ヤ)藤井―五十嵐―石川―H佐藤―H花田―H木田―●館山
神)井川―ダーウィン―H藤川―Hウィリアムス―○久保田
勝:久保田    41試合5勝6敗16S
S:
敗:館山     36試合2勝5敗3S
HR:関本8号(3裏・ソロ) リグス34号(5表・ソロ) 35号(7表・ソロ)
   矢野16号(6裏・2ラン)

ハム戦が終わってから、たまたま甲子園の試合の様子を見ちゃったのだ。
しかも、最後の最後で青木が「どきっ!失策だらけの草野球大会」(ポロリもあるよ)
エントリーしてしまった衝撃シーンのリプレー。(涙) 怒りを通り越して悲しくなったよ。

前々から申し上げている通り、私が応援しているのはセではスワ、パではハム。
かたやハムが4ヶ月ぶりの単独首位に浮上したことからもわかるとおり絶好調。
かたや、もう一方のスワはといえば…もう、言わずもがなですがな。まったくね。
相変わらず読売の犬だし、今年はどうも守備のミスが多いような気がして…。
守備の要の宮本を欠いていることも影響してるんだろうが、それにしてもねぇ…。

昔のスワはもっと渋い「通好みの」野球をやってたように思うけど…。もしかしたら、
90年代の全盛期のスワを支えたメンバーが引退の時期を迎えるとともに、ちょうど、
世代交代の過渡期に入ってきているのかもしれません。長い目で見たいところです。

けどなぁ。青木のあれはなぁ。イージーフライなのになぁ。連携が出来てないなぁ。
そりゃ、5割ラインを行ったり来たりが妥当な線だよなぁ。認めざるをえないわなぁ。

それにしても、5番に田中浩といい、リリーフに石川を担ぎ出したことといい、
個人的に、きょうの選手起用には、ちょっと…いや、かなーり「?」がついちゃうなぁ。

…これ以上はグチを聞かせるのも申し訳ないので、このくらいにしときます。

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2006.09.16

Fプロに対抗?石井一久のIプロジェクト発動

きょうの神宮周辺はスポーツ一色だったそうで、神宮で行われるプロ野球、
国立競技場で行われるサッカーJ1、秩父宮で行われるラグビーの試合の
いずれかのチケットを持っていれば、それぞれ他の競技場に割引で入場
できる…という企画をやっていたそうです。いいなぁ、こういうのはやっぱり
東京…というか、スポーツ施設が多く集まる神宮外苑ならではですなぁ。

機会があれば、サッカーもラグビーも観戦してみたいもんねぇ。

◇東京ヤクルト×広島19回戦(ヤクルト10勝8敗1分け/神宮・18069)

広  島
ヤクルト
広)●長谷川―広池―ベイル―梅津
ヤ)○ゴンザレス―H館山―H木田―S高津
勝:ゴンザレス  15試合8勝6敗
S:高津     44試合1勝2敗10S
敗:長谷川    25試合1敗
HR:田中浩4号(4裏・ソロ) 前田19号(6表・2ラン)

スワ公式HPによると、きょうは石井一久による「Iプロジェクト」の日だったとか。
選手をフューチャーしたミニCMも場内で流されたんですって。見たいっ!
特に見たいのが、真中さんの「ここ一番の男」(仮題)ですかね。(笑)
公式HPの紹介写真には、ユニ姿の真中さんがビールと枝豆でくつろぐ姿。
パッと見は野球選手をフューチャーしているとはとても思えない感じです。
石井一久のことだから、かなり面白い内容に仕上げているんだと思いますよ。

試合の方は、初回に4安打を集めて2点先制。中盤から終盤にかけては
広島の追い上げに苦しむも、なんとか1点差で逃げ切り。高津さん10S目。
…って、たったの2行ですか。せっかく、きょう唯一のナイターなのにっ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

中日・山本昌、日本球界史上最年長ノーヒッター!

セ・リーグの首位攻防直接対決の第2ラウンド、ナゴヤドームで行われた
中日×阪神戦で中日・山本昌投手がノーヒットノーランを達成。

現在、山本昌は41歳1ヶ月と7日。日本プロ野球史上73人目のこの大記録は、
佐藤義則投手(当時オリックス、現北海道日本ハム投手コーチ)の記録した
40歳11ヶ月16日を上回り、日本プロ野球史上最年長ノーヒッターの記録更新。

◇中日×阪神18回戦(中日13勝4敗1分け/ナゴヤD・38287)

阪  神
中  日
神)●福原
中)○山本昌
勝:山本昌    23試合9勝7敗
S:
敗:福原     21試合11勝4敗
HR:井端6号(1裏・ソロ) ウッズ34号(4裏・2ラン)

それにしても、なぁ。シーズン終盤の首位攻防の大事な試合で2位チームが
ノーノー負けくらうというのは、ちょっとねぇ。優勝争い的には、かなり興ざめかも。
ま、それより以前からほぼ決まり的な展開にはなってますが。このところ、にわかに
ゲーム差が詰まってきてただけに、もうちょっとなんとかならんかったもんでしょうか。

ともあれ、山本昌さんには素直に「おめでとう!」と申し上げたいと思います。
山本昌さんが41歳を迎えてもなお、これほど活躍しておられるのですから、
同年代の古田さんも負けていられないんではないでしょうか? …とファンサイドは
勝手に思ったりしているわけですが…。ポスト古田育成も大事なのはわかりますが、
たまには、自らスタメンマスクをかぶる姿を拝見したいような気もします。

せっかく「兼任監督」ということで、やっておられるわけですし…。
(スワブログなので、結局はそういう方向に話を持っていってしまうのだが…。)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

SS26を終えて(BlogPet)

きのうわかが、総合したいです。
つげちゃんが総合したかもー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.15

〔転職日記3〕誰からも必要とされないのは辛いなぁ

(結果が出るまで)1週間くらいお待ちくださいねぇ…と言われていた面接だったが、
もうかれこれ10日ほど経つのに何の連絡もない。きっと不採用なんだろう。(涙)

…なんだかなぁ。

お待ちください…って言われたから、ずっと待ってたのに連絡もよこさないなんて
ちょっとひどすぎないかね…。連絡しますって言ってたはずなんだけどなぁ…。

そんなわけで、きょうあたりまた職安に行ってこようと思います。
どうせ不採用になるんだろうけど、何もしないよりはいいかな…と。思うわけです。

ちょっとグチっぽい記事なので、お詫びにといってはなんですが、
バニラムードの演奏もお楽しみください。井上陽水の「少年時代」ですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.09.14

9回裏無死満塁からK!K!K!

きょうの試合は先日の記事でもご紹介したとおり、
磯山さやかプレゼンツ “神宮でスコアブックをつけよう”ナイト! でした。
高校時代に野球部の女子マネだった経験から、フジ739の日々の中継時にも、
自ら試合中につけたスコアブックをカメラで映しながら試合展開を振り返るという
それまでになかったスタイルを取り入れているさやかちゃんですが…。

◇東京ヤクルト×横浜17回戦(ヤクルト9勝8敗/神宮・11348)

横  浜
ヤクルト
横)三浦―○加藤―S川村
ヤ)石井一―館山―●木田
勝:加藤     53試合6勝5敗1S
S:川村     48試合3勝3敗1S
敗:木田     50試合3勝5敗8S
HR:村田28号(9表・ソロ)

きょうは当ブログも企画の趣旨にのっとり、スコアブックのつけ方をお勉強します。

いいですか?

三振は「K」! 三振は「K」! 三振は「K」! ですよ。

せっかくなので、きょうはこれだけは覚えて帰ってくださいね。
我らがスワローズの中軸打線が9回裏の無死満塁のチャンスをふいにしてまで、
目の前に迫った1勝を犠牲にして僕らにこのことを教えてくれたんですから。
きょう、この試合を観戦したスワファンは絶対に忘れないで下さい。
球団の企画の趣旨に賛同して、1つでもスコアブックの記号の意味を覚えてもらおうと、
9回裏の大事な場面にあえて繰り返し繰り返し空振り三振をすることで
三振の記号を何度も書かせることで「三振=K」を教えてくれた僕らの中軸打線のことを。

はい、これでもう忘れません。いいですか。三振は「K」!ですよ。
ですから、きょうのこの記事のタイトルも、

9回裏無死満塁から三振! 三振! 三振! と読むのが正解です。
いいですか? 覚えましたね? これ、今度のテストに出ますからっ。(笑)
家に帰ってからしっかり復習してくださいね。

(♪ キーンコーンカーンコーン~)

はい、きょうの授業はココまで。
あしたからは、ブラウン先生に「正しいホームベースの投げ方」について
教えてもらいますからね。教科書の48ページをしっかり予習しておくように。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2006.09.12

磯山さやかの女子マネ日記が書籍化?

さて、ここ数日はスワ記事ばかり書いてました。
もう一方で応援しているハムが怖いくらいに絶好調であるがゆえ、スワのふがいなさが
かえって私の中では目立ってしまう状況で、お目汚しになってしまった記事もあったかも。

きょうからのスワ×ハマの3連戦はEnjoy the JINGU STADIUMというテーマで
いろいろとイベントが行われる模様です。まぁ、ユニを着て球場に行こう!(火)とか
応援ボードを持って球場に行こう!(水)とかいうのは、イベントとして行うまでもなく
当たり前にやっとるわい! という熱烈なファンの方も多くいらっしゃると思いますが。

今回の注目は、やはり3戦目の「神宮でスコアブックをつけよう」ナイトです。
スワローズ公認女子マネとして全国を駆け回っている磯山さやか嬢が提案する
新たな企画です。企画内容の詳細はスワ公式から見ていただくとして、ですね。

私が本当に気になっているのは…そのHP内にさりげなく記載されているこれっ。

磯山さやかさんのブログの書籍化を記念して…』

まだ、どこにも公式に告知されていないんですが…。そうですか、書籍化ですか。
書籍化できるほど、記事の量があるのかどうか、ちょっと心配ではありますが…。
古田さんにしても眞鍋かをりにしても、やっぱそれなりに1つ1つの記事の
分量が多いし、書籍になった時に、それなりの読み応えがあるんですよね。

ただ、さやかちゃんのブログは、1個1個の記事が、それほど長文でもないし、
そのへんどうなんだろう…という感じはします。いらん心配だとは思うのですが。

けど、まぁ。出たら買うんだとは思いますがね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

名探偵コナンが実写化

きのう、名探偵コナンを見ていたら、ですね。
コナンが「実写でドラマ化だ」と。10月2日に放送するんだ、と。

コナン役がハマるような子役なんかいるのかね? …と思っていたら、
どうやら、コナンがコナンにされる前の…工藤新一が主人公の話らしい。
で、その江戸川コナン…じゃなくて、工藤新一の役が小栗旬。

なるほどねぇ…と思って、予告を見ていると、

(自称)名探偵の毛利小五郎役をやるのが、陣内孝則。
最初、見た時は「ちょっとイメージと違うんじゃないの?」と思いましたが、
カッコよさげでいて、そのくせキャラは三枚目…というあたり、
実はハマり役なのでは? … という気がしてきました。これは楽しみ。

で、きょうになって、製作局であるよみうりテレビのHPを見てみました。
すると、驚くべきことに目暮警部役が西村雅彦さんなんだそうで。
こっちの方が、なんだかイメージと違うような気がしてきましたよ。

コナンは好きなので、放送を見てから感想は書くことにしましょう。

最近は、ちびまる子ちゃんがドラマになったり、ゲゲゲの鬼太郎の
実写映画化が進んでいたり、と、アニメの実写化がブームみたいですが、
アニメのイメージ通りの配役っていうのは、なかなか難しいですわねぇ。

※ そういえば、コナンの裏でやってたフジのNG大賞も少しだけ見た。
放送時は「アニメのイメージと違いそう」だと思ってスルーしてたちびまる子ちゃんだけど、
改めて見ると、意外にハマってることに気づく。抵抗感なくスッと入ってきたもんな。
清水ミチコとかモト冬樹とか雰囲気出てたもんなぁ。ビックリした。10月に第2弾の放送がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.10

忠犬ツバ公が行く!元祖見殺し王子完全復活編

▽・w・▽こんばんわんこ。

お帰りなさいませ、上原さま。きょうもビシビシ抑えてくださいねっ。
お帰りなさいませ、豊田さま。久しぶりの抑えで緊張されてるでしょうから、
皆でぶりぶりバット振り回して三振して差し上げますわ。

さすがの私も、スワローズがこれほどまでに「犬」だとは思わなかった。泣けてくる。
二軍から戻ってきた投手が、しっかり試合を作ってるのに援護の「え」の字もない。
きのうの川島に続いて、藤井もまた見殺し。自分とこの投手の援護そっちのけで
相手投手のリハビリにばかり精を出してやがる。3試合で2点って…やる気あんのか。

スコアこそ僅少差ではあるけれど、勝つ気がないなら試合なんかしなくていいです。

◇読売×東京ヤクルト19回戦(読売14勝5敗/東京D・39157)

ヤクルト
読  売
ヤ)●藤井
読)○上原―S豊田
勝:上原     21試合7勝7敗
S:豊田     31試合1勝4敗12S
敗:藤井     19試合7勝8敗
HR:二岡23号(8裏・ソロ)

いやね。きのう「メイド」のことを書いたんで、試合終了後からあちこち探しましたよ。
犬がメイド服着てる写真を。インターネットってのはすごい。探せばなんでもあるの。
なかなかかわいい写真が見つかりました。せめてもの癒しになればいいのですが。

岩村はメジャーへのアピールに必死で、来年からは読売にかわいがってもらう
必要がないので、ヒットを2本も打って読売ご主人様の怒りを買いましたが、
その他の選手は来年からも読売ご主人様にかわいがってもらおうと必死です。

けど、まぁ。Aクラスを争う終盤の大事な勝負どころで、これほど完璧に「犬」としての
仕事を果たしたんだから、きっと来年からも読売ご主人様にかわいがってもらえるよ。
…よかったね。(棒読み) 来年からは交流戦が減って、ご主人様と戯れる機会も
増えるみたいですから、せいぜい、かわいがってもらってくださいよ。もう知らん。

ここからは真面目な話。交流戦が減って、同一リーグの試合が増えるって事はだよ。
来年のスワローズは、貯金できるチャンスがその分減るんだから、かなり危ういぜ。
3位まで「日本一」になるチャンスが出来るとはいうものの、これじゃそれも期待薄。

拝啓 古田監督サマ。ほんと、何とかしてくださいよ。

個人的に、さっき、コンビニで東スポの「岩村がバントに怒って古田監督にバット
投げつけて造反」という見出しを見て、ますます落ち込んでる私がお送りしました。

※ 冒頭の犬の会話はたぶんフィクションです…フィクションなんだよな?
フィクションだって言ってくれよ。頼むからさぁ。ほんと、なんとかしてくれよぉ…。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006.09.09

忠犬ツバ公が行く!迷子のハッチが帰ってきたよ!編

▽・w・▽こんばんわんこ。

犬A)迷子のハッチ君が、やっと帰ってきたのに…。また、きょうも負けてしまったワン。
犬B)また9回はアイツに抑え込まれたワン。ボクたち犬だから攻略法なんかわからないワン。

慣れないライトの守備についた清水のために序盤はしっかり守備練習にお付き合い。
そして、じゃんけんぽんとかいう名前の投手の前に、あまりにも淡白すぎる攻め。
8回80球だってよ。まったく揃いも揃って何やってんだか。なめられとるわ。
けど、まぁ。防御率0.36だった投手から1点取ったんだから上出来かぁ?(怒)
そして、最後はケツを出すしか脳のないアイツの前にクリーンアップが沈黙…。
2日続けて同じ投手に抑え込まれて手も足も出ないクリーンアップなんて。失望。

…それでもプロか。 きょうは、あえて厳しい言葉をかけます。

せめて1人くらいヒットを打つとか、それが無理なら粘って球数投げさせるとか
してみたらどうなんよ。きのうより球数少なく抑えられとるやないかい。(涙)
工夫の跡も何もない。全国ネットでいい恥さらしだ。…ま、見てる人は少ないだろうが。

スコアこそ僅少差ではあるけれど、きっとどうあがいてももう勝てない気がする。

◇読売×東京ヤクルト18回戦(読売13勝5敗/東京D・42518)

ヤクルト
読  売
ヤ)川島―花田―H木田―●館山
読)○姜―S高橋尚
勝:姜      6試合3勝
S:高橋尚    28試合1勝3敗13S
敗:館山     33試合2勝4敗3S
HR:青木9号(6表・ソロ) 阿部8号(6裏・ソロ)

4ヶ月ぶりの一軍復帰となった川島は5回を4安打無失点。
途中、何度かピンチはあったものの、なんとか0点でしのいでくれた。
復帰初戦としては期待以上の出来。打線がほぼパーフェクト見殺しでしたが。

青木のHRで先制するものの、その裏にすぐさま「犬っぷり」を発揮して同点に追いつかれ、
8回裏には失策やら野選やらあって、二岡にスクイズを決められるグダグダなお犬様たち。
これはアレか。「犬」よりも「忠実なしもべ=メイド」というキャラにしたほうが面白いか?
「お帰りなさいませ、ご主人様ぁ。」とか言ってさ。(笑えねぇよ)

※ 冒頭の犬の会話はたぶんフィクションです。スワベンチ内のどこかで
万が一にも、こんな会話が交わされている可能性もなくはないですが…。

わんちゃんの写真は、またしてもDigital Image Studio 410319さんのフリー素材をお借りしました。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

そういえば

そういえば

きょうは天皇陛下が十勝に来てる日でした。すっかり忘れてました。

昼飯でも買うかと思って、近所のコンビニに寄ったら、陛下のお車が
ここを通るらしくて、結構な人だかりが出来てました。
せっかくなんで天皇陛下のお顔を拝見して帰ろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうはヤングスワローズナイトです(BlogPet)

つげちゃんは、フジ7SHR:
リグス31号3ラン
 石井4○
石井一 浜 021 001 001 00=
4ヤクルト 400 00X=
4○
石井一   4001 00X=
5○
ゴンザレス 6勝6敗●
三浦 2勝8号(2ラン)
 宮出8号また、強力5割鳥もちの威力に苦しめられるのか、ここに苦しめられるのかを呪縛しなかったよ
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.08

忠犬ツバ公が行く!屈辱の1点差負け編

犬A)どうして、読売に勝てないんだろうかのぉ…。一応、考えるフリだけでもしとかんと…。
犬B)…やっぱりご主人様は怖いよぉ。おとなしくしてないと、また怒られるよぉ…。

まだ1-0という緊迫しているはずの段階で4番をベンチに下げられ、
無駄に駆け引きした上、投手の内海にまでタイムリーを打たれた挙句、
最後はケツを出すしか脳のないアイツの前にクリーンアップが沈黙…。

スコアこそ僅少差ではあるけれど、なんだか相手に好き放題やられた印象が強い。

◇読売×東京ヤクルト17回戦(読売12勝5敗/東京D・39144)

ヤクルト
読  売
ヤ)●ガトームソン―五十嵐
読)○内海―H豊田―S高橋尚
勝:内海     26試合11勝11敗
S:高橋尚    27試合1勝3敗12S
敗:ガトームソン 20試合7勝9敗
HR:

ガトームソンも7回2失点だから決して内容は悪くはないのです。だけど…。

あ、そうだ。今年も対読売戦負け越しケテーイ!(涙)
「読売の犬」としての最低限の仕事は果たしましたので、せめてものご褒美に
オフに要らない投手1人ください。そのくらいしてくれてもバチは当たらないっしょ。

こんなに一生懸命、来る日も来る日も読売様のために尽くしてるんだからよぉ…。

※ 冒頭の犬の会話はたぶんフィクションです。スワベンチ内のどこかで
万が一にも、こんな会話が交わされている可能性もなくはないですが…。

わんちゃんの写真は、今回もDigital Image Studio 410319さんのフリー素材をお借りしました。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006.09.07

石川5年連続2ケタ勝利!―意外なお方が満塁弾!

←きょうのヒーローのお2人です。

本日はBSでハム、スカパーでスワをW観戦。
ハム戦の最中、スワが1-1に追いついたとの
速報が。ほっと一安心して目を放したスキに
画面のスコアが5-1になってる!?
…1と5の区別もつかなくなったか>私。

慌ててスカパーの方に画面を切り替えると、
福川さまが満塁HRを打ったとのアナウンス。
いやはや、意外な人が殊勲打を放ったものだ。
しかも、あの川上から。ビックリしちゃうよ。
◇中日×東京ヤクルト17回戦(中日9勝8敗/ナゴヤドーム・31000)

ヤクルト
中  日
ヤ)○石川―H木田―H館山―S高津
中)●川上―高橋聡―岡本―小林―鈴木―岩瀬
勝:石川     24試合10勝7敗
S:高津     42試合1勝2敗8S
敗:川上     23試合14勝5敗
HR:青木8号(3表・ソロ) 福川4号(3表・満塁)

…というわけで、石川が入団から5年連続となる2ケタ勝利を達成。
これはプロ野球史上5人目、スワでは史上初めてとなる快挙なのだ。
…4人目までが誰だったのかは、あとで確認することにして。(苦笑)

コンスタントに10勝以上あげてくれる投手がいると、やっぱり助かります。
ただ、5年連続2ケタといっても、その勝ち数は12・12・11・10・10と
極めてギリギリのところでの達成であるため、世間的にあまり「すごい」と
認識されていないであろう事が、スワファンとしては多少はがゆくもある。

チームは残り27試合。今から15勝まで持っていくのは難しいにしても、
せめて1・2年目の12勝を上回るくらいまでは数字を残してほしいなぁ。
来年以降の更なる飛躍のためにも。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2006.09.06

リグス先生、今季2度目の月間MVP!

けさのスポーツ新聞によりますと、我らがリグス先生が、
5月についで2度目の月間MVPを受賞されたとのこと。

8月は
 打率.384  12本塁打  25打点
で、月間三冠王に輝く大活躍。帯広でも一発打ってくれましたし。
岩村もHR量産していたので有力だと思ってましたが、さすがに月間三冠王には
かなわないですわね。ちなみにセ投手部門は広島・黒田が2ヶ月連続受賞。

………ん、昨日の試合のことは書かないのかって?
そんなことより紀子さまが男のお子様をご出産されたって方が大事でしょ。
「おとこのおこさま」がうまく言えずにほんのり噛み気味だったレポーターがいたよ。

もろもろ含めて、おめでとうございます!

…っと、これで話題をうまくすり替えましたな。昨日の試合には触れたくないもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.03

SS26を終えて

SS26を終えて

SS27の開始を待つ帯広スーパーSSからモブログ。

SS26を終えて首位・ローブは変わらずも、2位とは約5秒差。
新井さんが総合6位に浮上し、奴田原さんが10位につけているらしい。

あくまで速報値なので、詳細は公式のリザルトなどでご確認を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レプリカ試乗会

スーパーSSのコースを使用しての、レプリカ試乗会に参加してみました。
レプリカ業界(?)でもスバル人気は断トツのようです。

感想を一言で言えば、やっぱり速いね!ってことになるでしょうか。
レプリカでも、いろいろいじるのに1000万以上はかかるんだそうです。
運転してくださったオーナーさんが教えてくれました。それこそ、ワークスだと、
車だけでも『億単位』だろうとも。なんともスケールの大きな話です。

あ、そうだ。スーパーSSにあるあのトンネル。なんまら狭かったっす!(驚)
サイドとの間隔は何十センチとかいう感じ。そこをあれほどのスピードで
駆け抜けるとは。レプリカでさえそう思うんで、ワークスならなおさらだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.02

ラリージャパン、2日目終えてローブが首位

すっかり忘れていましたが、ラリージャパン開催中です。
昨年まではサービスパークのレポートなんかをやってましたが、今年はまだでした。

まだ、あす1日残ってるので、もしかしたら、ちょこっと様子を見に行くかも。

ここでは、とりあえず2日目を終えた段階での結果を整理しておこうと思います。

ドライバー Time
S・ローブ 2:27:45.7
M・グロンホルム 2:28:11.3
M・ヒルボネン 2:29:28.8
C・アトキンソン 2:32:09.8
M・ストール 2:32:26.1
D・ソルド 2:33:11.3
P・ソルベルグ 2:33:17.4
14 新井 敏弘 2:34:25.4
アトキンソン選手は50秒のペナルティタイム込みです。

※ 色分けは、チームカラーを意識しておりまして。
赤=クロノス・トタル・シトロエン
黄緑=フォード
青=スバル
少し薄めの青=OMVプジョー
…で、ございます。近くにラリーに詳しい方がいたら、聞いてみて下さい。
私はラリージャパンの地元民というだけなので、そのへんは詳しくないの。

ドライバーズポイントは1位から順に
10・8・6・5・4・3・2・1ポイントが与えられることになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新Fブラザーズ結成? ガトームソン投打に活躍

釧路・帯広で行われた道東シリーズから1週間。今週末は広島で同じカード。
…にしても、カープは広島⇒釧路⇒帯広⇒熊本⇒福岡という長距離移動だったんだ。
選手たちも、さぞやお疲れのことだろうと思います。北海道もたいして暑かったし。

試合の方は、スワローズがお得意のホームラン攻勢で広島の追撃を振り切り、
今シーズン最多タイとなる5連勝。…帯広でよっぽどいいことがあったに違いないな。

◇広島×東京ヤクルト16回戦(ヤクルト8勝7敗1分け/広島・11915)

ヤクルト
広  島
ヤ)○ガトームソン―木田―H花田―H館山―松井
広)フェリシアーノ―●林―河内―マルテ―広池
勝:ガトームソン 19試合7勝8敗
S:
敗:林      52試合2勝3敗
HR:嶋22号(3裏・ソロ) 岩村28号(6表・2ラン) 29号(7表・2ラン)
   ラミレス21号(6表・ソロ) ガトームソン1号(7表・2ラン) リグス33号(9表・ソロ)

ラミちゃん、リグス先生はもちろんのこと、きょうはガトームソンまでがホームラン。
ラロッカの抜けたFブラザーズにも、ちゃんと穴を埋める人材が現れたのだ。(笑)
スワ公式によると、昨年8月以来1年ぶりのHR(来日2本目)だそうで。

…それにしても木田劇場。ついに花田も巻き込んで2人芝居をするようになった。

花田もせっかく二死満塁まで行ったのになぁ。
あと1人抑えられたら、すごくかっこよかったんだけど…。

| | コメント (3) | トラックバック (4)

安田さんinネプリーグ(BlogPet)

わかは、師弟とか思ったところ、CUESYNDROMEさんの師弟関係って、師弟関係って、ちょっと違うんじゃないの?…
と安田さんの師弟関係って、ちょっと違うんじゃないの?…
とかを紹介しなかったよ
と、つげちゃんが考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »