« しかもアジアに子連れを契約したかもー(BlogPet) | トップページ | 古田さん契約更改、史上最高の減俸 »

2006.12.10

朝日杯FS、ドリームジャーニーが強烈差し切り勝ち

突然ですが、きょうは久々に競馬の話を。

きょうは2歳馬のGI・朝日杯FS(フューチュリティステークスの略。ファイターズではありません)
毎年、2歳馬のレースはまだまだ馬の名前も分からないので、買わずに見るだけなのですが、
グラスワンダーやナリタブライアンなど、のちの名馬が多く出走するだけに注目のレースです。

今年は、前日から当直だったこともあり、事前の情報はほとんど仕入れていなかったため、
人気とかそういうものにとらわれずに純粋にレースを眺めておりました。

スタートでやや出遅れ、道中は最後方から進んでいたドリームジャーニー(蛯名)が、
3・4コーナーの中間あたりからじわじわと進出し、直線に入ってから一気の追い込み。
前を行くローレルゲレイロ(本田)をかわして先頭に踊り出た直後にゴール板を通過。
お見事!としか言いようのない素晴らしい末脚を披露してGI初制覇となりました。

着順 馬番 馬  名 性齢 負担
重量
騎手 タイム 着差
1 2 3 ドリームジャーニー 牡2 55.0 蛯名正義 1:34.4  
2 5 9 ローレルゲレイロ 牡2 55.0 本田優 1:34.5 1/2
3 6 11 オースミダイドウ 牡2 55.0 O.ペリエ 1:34.6 3/4
(配当・その他はJRAのHPなどでご確認を)

実は、このドリームジャーニーという馬は父がステイゴールドなんだそうで。
競馬がお好きな方ならピンと来ると思います。お父さんは典型的なネタ馬でした。(笑)
GIでも好走はするものの、なかなか勝利に手が届かず…というイマイチぶりで、
よしだみほさんの漫画ではブロコレ倶楽部なる架空の団体の代表的メンバーとして活躍。
引退レースとなった香港の国際レースでようやくGI初制覇という苦労の多い馬でした。

そんなイマイチ馬だった父の種から産まれた子供が、2歳であっさりGI制覇するんだから、
競馬ってのは奥が深いもんだなぁ…と改めて感じさせられるレースでした。

JRAのHPでレースの動画が見られるので、興味がおありの方はぜひチェックを。

そして、競馬といえば、帯広出身の私としては、ばんえい競馬の動向にも触れなきゃ。
ばんえい競馬を開催する自治体がそろって継続断念を表明して、一時は「廃止やむなし」の
雰囲気でしたが、各紙の報道によると、ソフトバンクの系列会社から支援の申し出があり、
帯広市単独開催で継続できる可能性が出てきたそうで、私としてもとりあえずホッとしてます。

スポニチの記事が一番詳しかったので、そこから引用すると…
ばんえい競馬の馬主協会が、存続を条件に1億円以上の寄付を表明。ファンらからも多大な寄付金が集まっており、存続が決まればさらなる支援の輪、本格的なネット販売による売り上げ拡大が期待できそうだ。
…とのことで、なんというか「怪我の功名」とでも言いますかね。
今までは、あまり注目されなかったばんえい競馬が、こういう状況になったことで
ファンの注目を集めて、逆にいい方向に向かいつつあるようです。仮に継続決定となれば、
今度は北海道でも帯広でしか見られないということで、さらに希少価値も高まります。
ネット中継などで興味を持った方が帯広に来てくれて、お金を落として行ってくれれば、
帯広の経済的な面にもいい影響は出てくる…というか、出てきてほしいな、と切望です。

正式な継続の発表はまだですが、廃止発表にいたるまでの議論の少なさには、少なからず
疑問もあったので、これをきっかけに経営改善のアイデアがどんどん出ればいいなぁ…と思う。

|

« しかもアジアに子連れを契約したかもー(BlogPet) | トップページ | 古田さん契約更改、史上最高の減俸 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/13013903

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日杯FS、ドリームジャーニーが強烈差し切り勝ち:

« しかもアジアに子連れを契約したかもー(BlogPet) | トップページ | 古田さん契約更改、史上最高の減俸 »