« バニム、今年最初のポッドキャスト | トップページ | 強豪や(BlogPet) »

2007.01.21

結局、バランスの取れた食事が一番だというお話

以前、当ブログでもモブログ経由でこんな記事を書いたことがありました。

 ■ スーパーで見つけた驚きの光景(1月11日付け・当ブログ記事)


近所のスーパーでたまたま見かけた「納豆が品切れ」という珍妙な光景。
その原因が、「発掘!あるある大事典2」で「納豆のダイエット効果」が
紹介されたためであることを知ったのは、この記事を上げてすぐのこと。
番組が放送されたのが7日で、記事中の写真は11日の夜だったと思います。
で、この記事後、しばらくはいつ見ても、これと同じ光景が続きました。

ここ何日かは、さすがに全く品切れということはなくなってはいるものの、
普段見慣れた光景から比較すると明らかに棚の納豆の数は少なく、
「テレビの効果ってのは、すげぇんだなぁ」と感心しておりました…が。しかし。

さっき、パソコンを立ち上げてネットを開いてみたところ…。

 ■ 「あるある」が納豆ダイエット“やらせ”(スポニチ)
 ■ 納豆ダイエットで誇張 関西テレビ「発掘!あるある大事典II」(サンスポ)

要は、番組内で紹介された検査データはほとんどがでっち上げだった上に、
アメリカの大学教授の発言の日本語訳もまったくのデタラメで、
ダイエットの証明に使われた比較写真も被験者とは全く関係ない別人のもの
だったという、雑誌の裏表紙によく出ている胡散臭いダイエット広告も真っ青の
詐欺まがいの内容
が、堂々と全国ネットで流れてたことになるわけだ。おーコワぃ。

冒頭で紹介したモブログの翌日だったかに、別のテレビ局のニュースで
納豆が爆発的に売れてるという話が取り上げられた際に、イソフラボンの
ダイエット効果については具体的に検証されたわけではないとかなんとか
言ってたような記憶があります。それでも、全国の納豆メーカーには注文が
殺到していて、工場の人とかが、まさに「嬉しい悲鳴」を上げているような
コメントも紹介されてました。けどなぁ。こんなことになっちゃうと、今度は
逆に反動が来て、納豆が売れなくなったりとかするんでしょうねぇ、きっと。

テレビを見て「納豆たくさん食べなきゃ」と思って、せっせとまとめ買いしてた人も
かわいそうだけど、嘘だらけの番組に振り回された形の納豆メーカーの人たちも
かわいそう。納豆業界には何の否もないし。こういう報道が出たからといって、
「納豆に害がある」とかは全然ないので、そこははっきりさせとこう。

やっぱり、あれなんですよ。1つの食品に偏りすぎるのは必ずしもよくないわけで、
いろんな食品をバランスよく摂るのが結局は一番いいってことなんですよ、きっと。
消費者たる我々もこれを機に「テレビの言うことを鵜呑みにしない」ってことを
きっちり肝に銘じておかないといかんな
…というお話。

※ 今回の不祥事を受けて、21日放送の「あるある大事典」は休止になるそうです。

|

« バニム、今年最初のポッドキャスト | トップページ | 強豪や(BlogPet) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/13594564

この記事へのトラックバック一覧です: 結局、バランスの取れた食事が一番だというお話:

» あるある納豆ダイエットねつ造 打ち切りも [ダイエットカロリーコントロールナビ]
あるある大辞典の納豆ダイエットがねつ造されたものだということが発覚しました。すごく楽しみにしていただけに残念です。テレビ局側のこれからの対応としては・・ [続きを読む]

受信: 2007.01.21 18:02

» 「あるある大辞典」納豆ダイエット捏造で打ち切りに!? [出会い迷走組曲]
毎回お茶の間の視聴者のために役立つ情報を紹介してきた 「あるある大辞典」だが、 何と一部のデータを捏造していたことが発覚! 放送日の翌日は紹介された商品が完売になることで有名な 超人気番組だが、...... [続きを読む]

受信: 2007.01.23 17:02

» あるある「20%超えたら香港に行ける」 [最新芸能ニュース!!]
最新芸能ニュース!! [続きを読む]

受信: 2007.02.04 15:15

» [あるある問題]<関テレ報告書>「納豆」以外の8本言及 「みそ汁」認める [総合情報ニュース徒然草]
 「あるある大辞典2」捏造問題で関西テレビより報告書が提出されたが、総務省より内容不十分との指摘を受けたという今日の記事より。 (引用記事は、下部に掲載)  「あるある大辞典2」捏造問題については、まさに「あるある」といった状態で、次から次にいろいろな問題が出てくるが、これだけ数が出てくるということは、捏造が慢性化していたということであり、もはや正確な捏造箇所などは番組製作会社でも詳細の把握が不可能になってきているのではないかと思う。  そうは言え、問題に終止符を打つには、一...... [続きを読む]

受信: 2007.02.09 21:34

« バニム、今年最初のポッドキャスト | トップページ | 強豪や(BlogPet) »