« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007.03.31

早くも単独最下位!年間指定席へようこそorzorz

デーゲームの段階で、試合を終えたセ4チームがすべて1勝1敗。
ナイターでスワが勝てば、セ・リーグ6チームすべて1勝1敗という大混戦を
演出できたというのに。中日投手陣の前にわずか3安打と打線が沈黙して連敗。
まぁ、中日にとってはスワ戦なんか日本一になるためのほんの肩慣らし程度で
しかないんでしょうし。きょうは試合をずっとJ SPORTSで観てましたが、
たまに走者が出ても、後続の打者に「つなぎ」の意識が全く感じられないのが
すごく気になりました。自分勝手に好き放題に打ってるようにしか思えない。

◇中日×ヤクルト2回戦(中日2勝/ナゴヤドーム・37738)

ヤクルト
中  日
ヤ)●グライシンガー―伊藤―遠藤―高井=福川・米野
中)○朝倉―岡本―小林―デニー―グラセスキ=谷繁
勝)朝倉      1試合1勝
S)
敗)グライシンガー 1試合1敗
HR:

今季、開幕2試合目にして早くも単独最下位です。
12球団で唯一の開幕2連敗を喫したダメダメ球団ですので、もしかしたら、
このまま、この位置が年間指定席ってことになってしまうかもしれません。
そりゃ、そうです。打者の意識がバラバラ、開幕前から先発ローテは崩壊状態。
この2試合で外野の守備はザルに近いことを露呈しましたし、もう典型的な
「弱いチーム」です。浦添でつば九郎とB☆Bが「日本シリーズで会いたい」と
誓い合ったんだそうですが…、それはきっとリーグ最下位同士で争われる
「裏日本シリーズ」のことに違いありません。ハムもハムで
今季は全然ダメっぽいし、実現の可能性は意外に高いかもしれませんよ。orzorz

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007.03.30

石井一=古田…懐かしバッテリー復活も開幕黒星 orz

2007年セ・リーグ開幕。

今年のセで最も注目を集めるであろう中村ノリが6番・サードでスタメン。
その中村ノリが開幕戦でホームでいきなりお立ち台なんて出来すぎではあるな。
球界の引き立て役に過ぎないスワですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

◇中日×ヤクルト1回戦(中日1勝/ナゴヤドーム・37753)

ヤクルト
中  日
ヤ)石井一―●木田―佐藤―花田=古田
中)○川上―S・ラミレス=谷繁・小田
勝)川上     1試合1勝
S)
敗)木田     1試合1敗
HR:リグス1号(2ラン=8表/川上)

いや、いいんです。相手は「90%以上の確率で優勝する」チームらしいですし。
そんなチームとまともに戦って勝てるわけがないんです。えー、そうですとも。
ただ、ですね。スワは落合監督に小馬鹿にされてますよ。上記リンク記事を見れば
明らかでしょう。「スワが中村ノリを獲らないのは七不思議」らしい。ほっといて下さい。

他球団の関係者にそんなこと、とやかく言われる筋合いはありません。
別に中村ノリがいなくたって、ウチには将来有望な若い選手がゴロゴロいますもん。
そりゃ、中日に比べれば、弱っちく見えるかもしれないけど、5年後、10年後。見てろよ。

…開幕戦なのに、どうもグチっぽくていけません。
古田さんがスタメンマスク。石井一=古田のバッテリーは90年代の強かった頃の
スワローズを知るファンにとっては、懐かしくもあり嬉しくもあるものでした。
石井一は7回を投げ8奪三振。2失点はしたものの、あれはガイエルの守備が
アレだったせいなので、実質自責点は「0」だ…とも考えられるわけで。

まだ1試合だし、きょうはハム戦も一緒に見てたし、所用で途中までしか見てないんで、
アレですが、守備のミスを取り返してほしかった打席で3球三振でしたよ、ガイエルは。
外国人クリーンアップ。はまればいいんでしょうけど、ちょっと怖いような気もします。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2007.03.29

セ・リーグもあす開幕!(スワ開幕メンバー発表)

西武の裏金問題でとんだお騒がせをしてしまった日本球界ですが。
24日のパ・リーグに続いて、あす30日からはセ・リーグも開幕です。
世間の皆様の評価はおそらく著しく低いと思われますが、スワローズは
今年も元気です。猪木さんだって「元気があれば何でも出来る」って
言ってるわけですし、何が起こるかわかりませんよ。それに開幕前までは
6球団すべてが横一線。今のうちに強がっておかないと、いつ強がれば
いいんですかっ!…ということで、カラ元気丸出しでお送りします。

開幕一軍メンバーが発表されてます。スワは以下の通り。
【投手】
11・遠藤
13・佐藤
16・石井一
18・藤井
19・石川
22・高津
24・花田
25・館山
29・グライシンガー
41・高井
42・木田
52・伊藤

【捕手】
27・古田
37・福川
51・米野

【内野手】
 2・リグス
 4・度会
 6・宮本
 7・田中浩
33・畠山
39・梶本

【外野手】
 0・志田
 3・ラミレス
 5・ガイエル
23・青木
31・真中
43・宮出
46・飯原

きっちり28人登録してきました。
先発要員は(ローテ順はわかりませんが)石井一、藤井、石川、グライシンガーで
増渕は登板日に合わせて、誰かと入れ替えで登録されることになると思われます。

まぁ、なんだかんだ言ってもオープン戦(セでは)1位でしたからね。
開幕にその勢いを持ち込むことが出来れば、中日・阪神と続く過酷な日程ですが
なんとか乗り越えてくれるのではないかなぁ…とひそかに期待しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.28

XPパソコン、プチVista化計画遂行中

Windows Vistaが発売されて2ヶ月。
新し物好きな私はいろいろなところから情報を入手して、我が家にあるXPパソコンを
それとなくVistaっぽくしようとあれこれいじっております。WMP11をインストールしたり
IE7の正式版を入れてみたり…という程度のことですけど。(今まではβ3が入ってた)

そのせいなのか知りませんが、ここのところIEの動作がやたら不安定になっていて
「問題が起こったので終了します」というメッセージが頻繁に出て困ってまして。
ネットサーフィンが趣味の私にとっては、これは致命的な大問題。考えた挙句に、
私のパソコン史上初めて、IE以外のブラウザを導入してみようという結論に達した。

調べた結果、IE以外のブラウザの中ではそこそこメジャーなFirefoxというブラウザを
インストール。IEからのデータ転送もインストール時に自動的に行われたようで、
さほど面倒な操作もいらずに、IEを開くのと同じ感覚でネットを楽しんでいます。
しかも。ココログの更新だけに関して言えば、IEよりも格段にスムーズになりまして。
このへんは個々のPCの設定によりけりだと思うのですが、私の場合はいい感じに
記事の更新がしやすくなって喜ばしい限り。ただ、gooブログの更新時に使っている
HTMLエディタはFirefoxだと、いささか使い勝手が悪い=一部機能しか対応していない模様ため、
完全に乗換えというわけにもいかないみたい。Vistaパソコンを買うまでしばらくは、
IEとFirefoxの併用ということになりそう。ネットの動画もFirefoxでは見れないようだし。

…というPCプチリニューアルを機に、ブログのサイドバーにあるBlogPeopleのリストも
久々にいじってみました。既になくなったブログや更新が止まってるブログがかなり
あったりしたので、そのへんはバッサリ削除。新。きょうろぐやFプロジェクトのブログなど
リンク先の変更も含め大幅変更。だいぶスッキリ&現状に即したリンクリストなったはず。

世界的なオーボエ奏者・宮本文昭さんの娘さんでバイオリニストの笑里さんのブログも
加えました。理由は…まぁ…そういうことです。(笑) わかる方だけわかってくだされば。
そんなわけで、久々にお気に入りブログを開拓しようかな…とも思うきょうこの頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.27

センバツ、旭川南は初戦敗退

きょうは仕事が休み(つーか、今週は火・木・土とお休みw)なので、朝から家でセンバツ観戦。

純粋道産子の私としては、旭川南の試合をしっかりチェックしておこうかな、と思いまして。

創造学園大付(長野)との初出場対決。旭川南・浅沼、創造・赤羽ともに好投を見せ、
バックもしっかり盛り立てて、なかなかしまったいい試合。3回までは両者ヒットなし。
それでも、序盤は旭川南が四球で出た走者を得点圏に進めチャンスを作っていたが、
あと1本が出ず。5回に創造が一死二塁から窪田のライト線を破る二塁打で先制の1点。

結果から言えば、この1点が決勝点であり、両チームを通じて唯一の得点。
旭川南、序盤は押し気味に試合を進め、終盤にも走者は出したものの、ことごとく走塁で
失敗(けん制死が2回ほど)してチャンスを生かせず。どことなく自滅感漂う敗戦だった。orz

◇第79回センバツ高校野球・第5日第1試合
旭川南   =000 000 000 0
創造学園大付=000 010 00X 1
旭)浅沼=中野
創)赤羽=尾崎
(日刊スポーツのセンバツ特集より、詳細スコアをどうぞ)

まぁ、見てると、旭川南の各打者は赤羽くんの外への変化球に面白いようにバットが
くるんくるんと回っておりました。これだけ思い通りに打者が三振してくれたら、投げてて
楽しいんだろうなぁ…と、そんなことを思いながら眺めておりました。浅沼くんも好投で
結局は創造の打線を4安打に抑えての完投ですが、ほぼ唯一と言ってよかった好機を
確実に生かした創造学園大付に軍配が上がった形です。駒大苫小牧の大活躍で
レベルが上がったかに言われる北海道の高校野球ですが、これからは言うまでもなく
全体のレベルの底上げが課題。駒苫だけじゃん!って言われないために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.26

育成枠の伊藤を支配下登録―背番号は「52」

しばらく、スワネタ更新をさぼってしまいましたが。(^^;;;
パ・リーグも開幕したし、世界水泳やら大相撲やらいろいろあって、オープン戦まで
逐一チェックする余裕がありませんでしたよ。もちろん、リアルに仕事もしてましたし。

25日の阪神戦で10-1と大勝し、いい形でオープン戦を終えたスワローズ。
戦力不足が心配される中、オープン戦は9勝5敗1分け(勝率.643)で12球団中3位と
いう好成績。しかも、セ・リーグ6球団の中ではトップという「ヨソウガイデース」な結果に。
過去の事例からしても、これがそのまま公式戦に反映されないことは重々承知ですが、
まぁ、成績が悪いよりは良いほうがいいに決まっているんで、そこは素直に喜びます。

さて、オープン戦では新戦力がかなりアピールしました。高卒ルーキー・増渕の
開幕ローテ入りが決まった…という報道も、その表れ。神宮開幕の阪神戦の2戦目の
先発が有力らしいです。実質アウェイ感たっぷりになるであろう神宮のマウンドで
その強心臓がいかんなく発揮されることを期待しましょう。

もう1つ嬉しいのが、育成枠の伊藤投手が、自らの実力で支配下登録を勝ち取ったこと。
中村ノリが育成枠から支配下登録されたのとは、意味合いが違う。

 ■ 育成選手の伊藤投手が晴れて支配下選手に!! (スワ公式)

背番号が3桁の「105」から「52」に変更されて、26日に球団と契約を結びました。
サンスポの記事には「いつかは巨人キラーと呼ばれるようになりたい」という本人の
力強い意気込みも紹介されてました。ここしばらく読売にはコテンパンにされてますし、
我々ファンとしても、待望久しい「読売キラー」。期待してます。今年は彼を応援します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.25

とか思ってるよ(BlogPet)

つげちゃんが
スポーツ紙の速報では、ルーキー・増渕の好投(2回1安打無失点)がバニムライブになってますが、久々の実戦マウンドだった川島が3回1失点とまずまずの内容だったことにほっと一安心。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.24

バニムライブの動画が配信されてるよっ!

さる22日、バニラムードのサントリーホールライブが無事終了。
バニラーの皆様も大挙として詰めかけたようで、会場はほぼ満員の入りだったとのこと。
そんなライブの興奮を改めて味わいたいあなたや、いろいろあってライブに行けなかったけど、
せめて、雰囲気だけでも知りたい…という私のような人のために(というわけでもないのでしょうが)

今回のライブの様子が、動画で配信されておりますっ!!!

少なくともBIGLOBEとYahoo! の動画サイトで配信されているのを確認しました。

 ■ Yahoo! 動画
   トップページの検索窓から「バニラムード」で検索

 ■ BIGLOBE ストリーム
   トップページの下の方にある「チャンネルガイド」から「芸能(時事)」へ。
   ※ 芸能(共同)というコーナーもあるので、くれぐれもお間違いなく!

いずれの動画も内容は同じです。(正味時間2分ちょっと)
Marikoさんのトークとこのライブで初披露された新曲「流転の一部が収録されています。
期間限定で配信終了になる可能性もなきにしもなので、バニラーの皆様はお早めに
ご覧になってください。これまで、ライブの様子を実際に映像で見る機会は、ほとんど
なかっただけに、今回のこの動画配信は(時間こそ短いですが)非常に貴重なんです。

さて。今回のライブが今までと違うのは、メジャーなスポーツ紙にも記事が出てるということ。

 ■ 美女軍団「バニラムード」が18曲披露(3/23 スポニチ)

記事の内容自体は、大したことはない(たった3行だし)のですが。(^^;;;
コアなバニラーに言わせると、どうやら突っ込みどころも多々あるらしいのですがw。
こういうところに紹介されること自体、滅多にないことなので、まずは感謝したいと思います。

こうした動画配信やスポーツ紙の記事で1人でも「バニラムードってナニ?」と興味を
持ってくれれば、そして、それが少しでも当ブログのアクセス増につながればww、
それに越したことはありません。ライブツアーも終了し、そろそろ3枚目のアルバムの
製作準備も始まる時期かもしれないし。新曲も披露されたことだし。楽しみはつきませんよ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007.03.21

08年ドラフトから希望枠廃止で合意(え、今年からじゃなくて?)

この第一報を知った時に全国のプロ野球ファンのほぼ全員が感じたであろうこと。

どうして、今年からじゃダメなんですかぁ? 

 ■ プロ野球:08年希望枠廃止で一致 球団代表者会議(毎日新聞)
 ■ 『希望枠』の撤廃は来年―今秋ドラフトは継続審議(サンスポ)

これは、どうしてなんでしょうか。これまでの事の流れから想像するに…。
アマ団体が一致結束して「希望枠撤廃」をプロ側に申し入れしていて、それにもかかわらず
今年は希望枠を撤廃しない…ということは…。毎日の記事に書いてある通りで…

「今年は既に一部選手と密約が出来てる(もしくは既に裏金を渡してしまった)

…ってことでよろしいか? この流れで、今年からの希望枠撤廃が合意に至らないってことは
そういうことでしょ? 全国のプロ野球ファンのほぼ100%はそういう覚めた目で見てますよ。

…ちょっと笑えない冗談ですね。まぁ、ここからは真面目に話します。
最初にYahoo! でこのニュースを見たときには「なぜ今年からじゃないのか」の詳細までは
触れられていなかったので、単純に「なぜ来年からなの?」という疑問がわきました。
しばらく時間が経って、Yahoo! の記事に詳細な内容が加筆されているのを発見しまして。
サンスポの速報記事には、12球団代表者の簡単なコメントも添えられていましたよ。
で、上記にリンクを付けた2つの記事から分かる「今年は希望枠を廃止できない」理由。

 1.今年から希望枠廃止を求める意見が大勢だったが、一部の球団が慎重姿勢だった
 2.根来が「制度を作る時は十分に研究すべきで、勢いに流されてはいけない」と語った
 3.「今年のドラフトまで半年しかない」ので、本格的な制度作りには時間が足りない。

1.で触れた慎重姿勢の一部球団がどこなのか? については、サンスポの記事の各球団
代表者のコメントを読んでいただけると、なんとなくわかるかもしれません。が、しかし。
根来はこの期に及んで、まだ「読売の代弁者」というある意味痛すぎる醜態をさらしてます。
変に「代行」とか中途半端な肩書きで影響力を行使しようとせずに、とっとと消えてほしいが。

なぜ、制度作りにむけた取り組みを始める前から「今年は無理」と決めてかかるのか意味不明。
「ドラフトまで半年しかない」ではなく「半年もある」じゃないか。半年もあれば、そのくらいの
意見集約は出来るんじゃないですか? そもそも一部の球団以外は「今年から希望枠撤廃」に
賛成なんでしょ? その一部の球団とやらを説得すればいいだけなんじゃないですか?

あ、そうか。根来は読売とツーツーだから、あくまで読売の主張するクロスなんとかの案に
持って行きたくてしょうがないのか。だから、それに反対する他大多数の球団を説得するには
時間が足りなすぎる。半年ではとても無理だよぉ…ってことなんでしょうか。はー、あほらし。

こんな人間がいまだにトップにいるんすよ。日本プロ野球機構という組織は。トホホのホ…。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

HRでしか点を取らないのがスワローズクオリティ

相変わらず読売には勝てませんし、HRでしか点が取れませんけど、何か問題でも?

◇オープン戦(読売1勝1分け/神宮・10780)

読  売
ヤクルト
読)○金刃―会田―久保―S豊田=阿部・加藤
ヤ)●藤井―木田―館山=福川
勝)金刃     3試合2勝
S)豊田     5試合1S
敗)藤井     2試合1勝1敗
HR:ガイエル3号(ソロ=4裏/金刃) 田中浩2号(ソロ=5裏/金刃)

前回の対戦ではヒットを読売の倍打ったのに勝たない…という、ある意味芸術的な
「犬」っぷりを発揮したスワローズ。きょうもきょうとて、相変わらずの散発ソロムラン打線。
いや、打「線」でもないよなぁ。ニッカン式スコアを見ても、全然、つながりが感じられないし。

こんなんで、かの読売大巨人軍様に勝とうなんて、いささか虫が良すぎますわね。

今年もスワローズがごとき弱小草野球チームは日陰を這いずって生きていきます。(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.18

新・格闘技団体が神宮で旗揚げ(苦笑)

きょうのオープン戦の結果を伝える前に、まずはこちらの画像をどうぞ。

Fight_swa_1

サンスポのニュース速報一覧です。(3/18 午後10:00現在)
あまりにケガ人が続出したので、サンスポの中の人が「ヤクルトっていうのは、きっと新手の
格闘技団体に違いない」と勘違いしてしまったようです。orzorz 実際、きょうも増渕が
打球を受けて3回で大事を取って降板しましたしねぇ…。

◇オープン戦(ヤクルト3勝/神宮・4323)

オリックス
ヤクルト
オ)吉井―吉田―●カーター=日高・前田
ヤ)増渕―松井―○花田―S木田=福川・米野
勝)花田     4試合1勝1S
S)木田     3試合1S
敗)カーター   8試合1敗
HR:田中浩1号(ソロ=8裏/カーター)

そんな武闘派集団たるスワローズが(苦笑)、お見事完封リレーでオリを下しました。
新外国人格闘家のガイエルが4打数2安打とようやく調子が上げてきた模様。
その他、ベテランの宮本、度会が2安打。若い選手に負けてはいられません。
まぁ、ヒット10本も打ってて、得点が田中浩のHRによる1点だけというのは、
スワローズらしいといえばらしい相変わらずの効率の悪さではあるのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このペースで行けば(BlogPet)

ほんとうは、つげちゃんは
このペースで行けば1試合に三振20個越えという、アンビリーバボーな先発的扇風機打線の誕生です。
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.17

先発もいない…抑えもいない…。

開幕2週間前の段階で、既にスポーツ紙からは「ローテ崩壊」呼ばわりされてるわけですが。
ここだけの話、崩壊してんのは先発だけじゃありません。抑え投手はケガで長期離脱してるし、
その代替を務められそうな「抑え候補」すらなかなか見つからない状況ですよ…トホホ…。

◇オープン戦(ソフトバンク2勝/神宮・8839)

ソフトバンク
ヤクルト
ソ)○斉藤和―柳瀬―森福―ニコースキー―馬原=的場・田上・山崎
ヤ)グライシンガー―西崎―佐藤―●高津―館山―遠藤=福川・衣川
勝)斉藤和    3試合1勝
S)
敗)高津     3試合1敗
HR:多村2号(2ラン=1表/グライシンガー) 田上2号(ソロ=7表/高津)
   本多2号(ソロ=7表/高津)

まぁ。崩壊してないところを探すほうが難しいですよ、今年のスワローズは。
打つ方も岩村が抜けラロッカが抜け…の穴が埋まるのかどうか。新外国人も未知数だし。
普通に考えれば「抑え」は実績では文句なしの高津なんでしょうけどねぇ。本日はものの
見事に炎上してしまったようで…。まだ開幕まで2週間あるから、大丈夫だとは思うけど。

ちなみに、打つ方では飯原と度会が3安打。それ以外については、あまり触れない方向で。

日刊スポーツに載った記事によると、あしたは増渕が先発するようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.15

西武スカウトが早大選手に隠ぺい工作(追記あり)

早大の選手本人も実は金銭授受の事実を知っていた…という記事が出た時に、
ある程度予想は出来たことだったんですが、やはり選手本人は周りの大人たちから
隠ぺい工作をされていたわけです。清水選手本人が会見で「隠ぺい」の事実を明かし、
西武側も緊急会見を開き、スカウトによる事件発覚後の隠ぺい工作の事実を認めました。

 ■ 早大、金銭授受の清水選手に退部処分 西武は隠ぺい指示(サンスポ)
 ■ 西武が隠ぺい事実を認める、早大選手への金銭供与で(サンスポ)

こうなってくると、何をどこからどう突っ込んでいいのか、わけがわかりません。
西武は球団オーナー代行が謝罪会見をしている裏で、選手にこそこそと隠ぺい工作を
施していたわけでしょう。本当に真相を明らかにする気があるのか疑わしくなります。
もしかしたら、まだ何か隠してることがあるのかもしれません。このたび西武に設置された
調査委員会とやらがどこまで事の真相に迫れるのか分かりませんが、納得の行くまで
いろいろ調べてもらいたいなぁ。多少時間はかかってもいいから、しっかりやってほしい。

まぁ、清水選手にはちょっと気の毒ですが、1000万円もの大金を懐に入れたわけだし、
退部処分はやむをえないでしょう。明らかに「学生野球憲章」に反する行為ですから…。
会見で何をどう言い訳しようが、いけないことと認識した上で不正なお金を受け取って
いた責任は重大。渡す西武も悪いが受け取る方だって悪い。前から書いてる通りです。

あすになれば、もっと詳しい記事が出ると思いますので、それを見てから追記します。

《3/17 午前7:00追記》 各スポ紙の見出しには「西武が隠ぺい!」と大きく出て
いるので、西武が一方的に悪いように感じてしまうわけですが、よーく記事の詳細を読んで
いくと、本人の父親や高校時代の指導者から「子供を守りたいので何とかしてくれ」
泣きついて来たことが背景にあったようで。一元的に西武だけを批判するのもちょっと
違うんじゃないか…ということは感じます。スポ紙としては早稲田や学生本人を叩くより、
巨大な組織である西武球団を批判する方が記事にしやすい
んでしょうけど。それにただ
乗っかって西武にだけ批判の目を向けることは個人的にはしたくないかな、と。

清水本人に関しては、既に社会人側から「救済の用意がある」という話も出てきていますし、
欽ちゃん球団が獲得に名乗りを上げた…という話もあります。人間的には分かりませんが、
野球はそれなりにうまい選手なんでしょうから、(自業自得ではあるけど)この挫折を乗り越えて
頑張ってもらえればいいんじゃないでしょうかね。1度しかない人生ですし…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東京の冬は意外に寒い―神宮に巨大扇風機が大量発生

ヒットの数は読売の倍も打っているのに、引き分け。
読売は残塁「2」なのに、スワローズは残塁「12」。これでは勝てる試合も勝てません。
野球が残塁数を競う競技だったら、今頃、スワローズは伝説のチームになってますねぇ。

◇オープン戦(1分け/神宮・3695)

読  売
ヤクルト
(9回規定により引き分け)
読)門倉―木佐貫―久保=阿部・加藤
ヤ)石川―遠藤―西崎―佐藤=福川・米野
HR:畠山3号(3ラン=1裏/門倉) 李2号(ソロ=8表/佐藤)

ニッカン式スコアを見ると、とにかく真っ赤っ赤(ヒットがたくさん出たという意味)なわけですよ。
こんなに真っ赤なのに、なぜ勝ててないんだ…というのが、まず率直な感想。
…それもそのはず、ヒットは16本打ってますけど、三振も同じく16個
三振は基本的に打球が前に飛ばないですから、振り逃げとかの特殊な状況でない限り、
走者は進塁できずに、ただアウトが1つ増えるだけ。これでは、打線のつながりなど
期待できるはずもないってもんです。きょうはオープン戦なので、9回で終わってますが
これが公式戦だったら、延長12回まで試合は続行されるわけです。このペースで行けば
1試合に三振20個越えという、アンビリーバボーな記録的扇風機打線の誕生です。

この手の打線は、うまく行けば、昨日の横浜戦のような大量点が期待できますが、
うまく行かないと、きょうのように早春の東京を余計に花冷えさせてしまうことになります。
スコアを見ると、読売の投手陣の内容がよかったとはとても思えないだけに、もう少し
なんとかならんかったんかいな…という印象は強く残ります。こういう試合を確実にモノに
していかないと、クラッセ(クライマックスシリーズ・セの強引略称)進出もおぼつきませんよ。

ただでさえ戦力不足なんだから。いるものがしっかり結果を残していかないと…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.03.14

「息子は一切知らない」―早大生、親子揃って大嘘つきでした

まず、お知らせ。昨日の「西武“裏金”発覚で、どうなるドラフト?」の記事が、新装開店した
「(仮称)新・きょうろぐ」さんの企画内で参考エントリーとして紹介されちゃいました。
あんなんで何かの参考になるようであれば、遠慮なくどうぞ。

そして、今回の裏金問題に関しては、日を追うごとに次から次に新しい話が出てくるので、
1つずつキチンと整理しながら話を進めていきましょう。11日の記事の中で、
「早大生本人が『本当に』金銭授受の件をまったく知らなかったんだとすれば、
一番気の毒なのは彼」だ…ということを書きました。親と球団が勝手に推し進めた
裏取引のせいで好きな野球が出来なくなる…それだと、さすがにかわいそうかな…と
少し思いました。「本当に」をカッコ書きにしたのは、かわいそうだとは思うけど、
当の本人が(これだけの大金を受領していたことを)まったく知らないってことがあるのか?という
誰しもが思う素朴な疑問からでした。そしたら、きょうになって…。

 ■ 早大選手 高校から金銭授受を認識(スポニチ)
 ■ 早大選手も金銭授受を認識 大学調査委は15日に発表(サンスポ)
 ■ 金銭供与受けた早大野手、事実知っていた(日刊スポーツ)

なーんだ。やっぱり、本人も裏金のこと知ってたんじゃないですか。
西武との間に交わされた覚書に高校の指導者だけでなく、当該選手本人もサインを
していた
そうですから、これは言い逃れ出来ません。父親はまぁ、息子をかばうつもりで
「息子は一切知らない」とか言ってたんでしょうが、そんな嘘は、まぁすぐにばれます。
しかも、こういう形で嘘がばれると、父親の「浅はかな親心」はかえって逆効果です!!

本人も了解の上で、家族ぐるみで球団から大金をせしめていたとなれば、これはもう
厳しい処分は避けられません。つか、出身高校の名前まで明らかになったと言うことは、
もう当該選手が誰なのか…は、早稲田大学野球部のサイトで名簿を上から見ていけば
100%明らかなんです。だから、選手名を隠す意味などもうほとんどないわけですが…。

私もね。いらん同情をして損しました。父親が逆ギレのあげく、取材に対しての嘘発言。
情状酌量の余地などない。断固、厳しい処分で臨むべき。スポ科3年の清水勝仁さん本人も
それ相応の覚悟はしておいた方がいいと思います。裏金が明らかになった段階で自分から
正直に話してれば、まだ少しはかわいげもあったものを。父親の余計なかばい立てのせいも
あって、すっかりイメージが悪くなりました。まぁ、プロ球団が1000万も裏金を払うんだから
それなりに野球はうまい選手なのかもしれないが、これはもうダメだねぇ。人間的にダメ。

たしか、本人も野球部の事情聴取で「金銭授受は知らなかった」と言ってたんだったなぁ。
親子揃って大嘘つきじゃないですか。スポーツに携わる人間が嘘はいかんなぁ。
嘘はいかんよ、スポ科3年の清水勝仁さんよぉ。1000万円つったら、すごい大金なんだよ。
ミリオネアで15問全問正解しないともらえない金額だし、あの松岡農水大臣の光熱水費
2年分
ですよ。親子揃って事の重大さがちっともわかってらっしゃらないようで残念ですよ。

※ なんだか不自然に空白になっているように見えるところには、選手の実名を書いちゃいました。
おそらく、こいつで間違いないと思う名前を。ただ、マスコミが名前をまだ出してないので、一応、少しは
配慮してパッと見は見えないようにしてあげた。大学生というだけで匿名が許されるのもおかしな話だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HR5発でハマに大勝!

HRのイメージとは縁遠い感のある青木や真中さんまでがスタンドに放り込んでしまった。

◇オープン戦(ヤクルト1勝/横浜・4604)

ヤクルト 11
横  浜
ヤ)○藤井―高津―木田―松井=福川・衣川
横)●加藤―那須野―木塚―山口=相川・鶴岡
勝)藤井     1試合1勝
S)
敗)加藤     4試合1勝2敗
HR:畠山2号(2ラン=2表/加藤) 青木1号(ソロ=3表/加藤)
   真中1号(2ラン=5表/加藤) 梶本1号(ソロ=9表/山口)
   宮出1号(ソロ=9表/山口)

OP戦初登板の藤井は5回を4安打無失点。4回に連打でピンチを招いたが、
4番の村田を三振にしとめるなどピンチを切り抜けた。せめてオープン戦くらいは
援護してやらないと…
と打線も奮起、5回までに9得点の大量援護。これはきっと
シーズン中の「元祖見殺し王子」への壮大なる前フリのような気がしてなりません。
高津・木田の両ベテランはまず心配なし。松井の四球の多さが多少気になる。
…とはいえ、外国人がガイエルしか出ていなくてのこの打線の爆発は、なかなか
いい感じのようにも思えます。開幕まであと半月ほど、そろそろ一・二軍の線引きが
はっきりしてくる時期なだけに、アピール合戦が熾烈なようです。いいことですなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.13

増渕が開幕一軍へ大きく前進か?

スポーツ紙の速報では、ルーキー・増渕の好投(2回1安打無失点)がメインになってますが、
久々の実戦マウンドだった川島が3回1失点とまずまずの内容だったことにほっと一安心。

◇オープン戦(ヤクルト2勝/神宮・1851)

オリックス
ヤクルト
オ)●デイビー―岸田―金子―萩原=的山・日高
ヤ)○川島―遠藤―増渕―高市―花田=米野
勝)川島     1試合1勝
S)
敗)デイビー   2試合2敗
HR:


打線では田中浩3安打、リグス先生と宮出が2安打と活躍。
宮出は慣れない三塁の守備もこなしながら、ここまでOP戦の打率が.357と好調をキープ。
まだシーズン開幕まで時間はあるので、守備もジックリ練習してもらって、
岩村と同じような打てて守れる三塁手を目指してほしい。大変だとは思うけどねぇ…。

増渕に関しては、古田監督も「ルーキーではなく戦力として考えている」とコメント。
開幕一軍に向けて大きくアピールしたものと思われる。本人も試合後に自信満々の
コメントを残していたようで、これは非常に頼もしいっすねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

春のうららの神田川(^^;;;

今、某家電量販店でVista対応パソコンやら、大画面テレビやらをもの欲しげに
眺めていたわけですが、その大画面テレビで流している大相撲中継で、正面に
映っている勝負審判の真横に、料理人の神田川氏が座っているのを発見。(*'o'*)
春らしく(?)ピンクのセーターをお召しで、嫌でも目につきます。

つか、いくらするんだ。あの席は。あっ\(◎o◎)/!と驚く値段に違いない。
儲かってるんだなぁ。

追記。神田川氏がいることもさることながら、正面に映っていた神田川氏とは逆サイドの
勝負審判の近くに座っていた男性の1人が、昨日の朝青龍の2敗目の取り組みのVTRでは
正面の勝負審判だった貴乃花の真横あたり(きょう、神田川氏のいたあたり)に座っていたことにも驚いた。

相当なお金持ちなのか、よっぽど暇なのかの2つに1つ…いや、その両方なのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武“裏金”発覚で、どうなるドラフト?(追記あり)

西武による“裏金”供与問題によって、今年のドラフトがどうなるのか? というのも、
注目していかなければいけないわけですが。12日になってアマ側からの反応が出てきました。

 ■ “アマ連合”で希望枠撤廃を強く要求へ(日刊スポーツ)

日本高野連、全日本大学野球連盟、日本野球連盟のアマ3団体が連携を取り合って
プロ側にドラフト制度の改革を強く促していく…という意向。仮に今後、プロ側から
希望枠を打診されても断固として受けないという姿勢を見せることで、「希望枠」撤廃への
流れを作りたい…ということのようです。

今回のケースでは、2選手側に高校時代から裏金が渡されていたのは間違いない。
高野連のお偉いさんのコメントを引用するまでもなく、年端も行かない高校生にプロのスカウトが
単独で接触することなど、まず考えられませんので、裏金供与が始まるまでの過程には、
その指導者(高校の監督とか)が関与していないわけがないんです。(少し回りくどい書き方ですが)

現に、早大選手が当時所属していた高校の指導者が、西武と選手側の交わした文書に
サインしていた…という報道も出てきています。(ソースはこちら

以前から、希望枠はやめて完全ウェーバーにしたらどうか? … という意見はありました。
古田監督も選手会長時代から主張していた意見です。それが取り入れられないのは、
読売が好きな選手を獲得できないから…というのが、ファンの大方の意見。(笑)
 ※ 根拠もなく書いてるわけではなくて、たまたま見たYahoo! 知恵袋に寄せられた質問への
 回答のほぼすべてが、読売がらみの理由を筆頭に挙げてます。
こちらを参照していただければ。

実際、ナベツネは「こういうことが起こったからと言って、協約やシステムを変えるのは
集団ヒステリー」だと言い、滝鼻オーナーもその意見には同調の姿勢。
サンスポによれば「完全ウエーバーへということになると、ますます若い人が大リーグへ
行くのが心配。
」とおっしゃってるようですが、日米のレベルの差が縮まっているとはいえ
高卒の新人がいきなり行って通用するほど、大リーグも甘い世界ではないはずであり。
中には「希望球団に行けなければ大リーグ」という考えの選手もいるかもしれないけど、
それが今の選手たちの大勢だとは思えません。彼らもそこまでアレではないでしょうしね。
なので、滝鼻氏の意見はいささか飛躍しすぎの印象が否めません。もっともらしいこと
言ってますが、読売関係者の本音はファンがとうの昔に見抜いているのかもしれません。

私の意見は…と言うと、どんな制度にしても、それを逆手にとって不正を働こうとする輩は
完全には撲滅できないと思っています。だからと言って何もせずに、このままの制度を
続けていく…というのはナンセンス。不正の温床となりうる可能性を少しでも排除するために
今回の問題を機に、しっかり話し合いを重ねて、新しいドラフト制度を考えるべきでしょう。

完全ウェーバーも、その中の一案ではあると思います。私もドラフト制度に関しては、
いささか不勉強な面もあるので、どんな制度が一番ふさわしいのか、すぐには答えが
出せそうにありません。ただ、今の「自由獲得枠⇒希望枠」というドラフト制度が、こうした
高校時代からの囲い込みとも取れる不正を引き起こしたのは間違いないんでしょうから、
何かしらの改革は必要であることは言うまでもないと思います。
また長々と書いちゃったなぁ…。

《追記》 きょうは、NPBと選手会の協議が行われ、希望枠存続の方向だった
今季のドラフトについて、いったん白紙に戻して再検討することで双方が合意。
NPBは16日にアマ側の意見を聞き、21日の12球団代表者会議で再検討に入る。

どうやら、今季のドラフトからは「希望枠撤廃」の方向に行くことになりそうです。
…が、読売・ソフトバンクといった金持ち球団は、あまり乗り気ではない様子。
NPB・選手会協議に先立って行われたパの臨時理事会では「6球団中5球団が
希望枠撤廃に賛同した
」そうですが、サンスポの記事に掲載された各球団関係者の
コメントを一読すれば、反対しているのがソフトバンクであることは100%間違いなく。

やはり、今の制度は金持ち球団が少なからず有利なんだろうなぁ…ということが、
こういう反応などからもうかがい知ることが出来ます。読売はなにやら「日本版の
ウェーバー制度を提案した」そうで、前述のサンスポの記事によれば、高校生は
シーズン上位から、大・社は下位から指名し、FAまでの期間を短縮する…という
ものなんだそうです。パッと見は「(指名巡ほしさに)わざと下位になろうとする
可能性を少なく出来るいい制度」のように見えますが、読売の言い出した案だけに
きっと何か裏があるに違いありません。(^^;;; 注意深く見ていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.03.11

親バカとバカ親は紙一重―早大生の父の発言に思う

球界を大きく揺るがせている「西武スカウトによる“栄養費”供与」問題。
「裏金を受け取ってたのは誰か?」が特定されてきた過程の中で、巻き起こった様々な波紋。
「裏金を渡していた西武」が悪いのはそれは当然なんだが、1000万円もの大金をせしめて
おきながら、いざ事が公になると「息子の人生を台無しにした西武に腹が立つ」と急に
被害者のふりをし始めた早大生の父親
。息子に一切知らせずに裏で球団とつるんで
大金を懐に納めていたのなら、息子の人生を台無しにしたという意味では、この父親も
共犯じゃんか。
いったい、どのつら下げて、こんな発言をしてるのか。かなり興味深い。

東ガスの木村にしても、早大生の父にしても「お金はこれから返します」とか言ってますけどね。
そもそもが、そんな不正なお金は最初から受け取らなきゃ済む話なわけでね。実際にお金を
受け取ってから、だいぶ時間もたっているし、西武が事実を公表していなかったら、
お金を返そうなんて気持ちはまったくなかったんでしょう。いくら家計が苦しかろうと、
大学の学費が高かろうと、それがプロ球団にお金をせびってもいい理由にはなりえない。

まぁ、早大生本人が「本当に」金銭授受の件をまったく知らなかったんだとすれば、
一番気の毒なのは彼ってことになるんでしょうけどねぇ。いつぞの駒大苫小牧の野球部長の
暴力事件が取りざたされた時の例の父親並みにおバカな父親のおかげで、この早大生は
野球部を退部させられちゃうわけです。親バカとバカ親は紙一重です。私も将来、
子供が出来たら、バカ親にはならないように気をつけようと思います。よくわからないまとめに
なりましたが。(^^;;; つまりは、裏金を渡す側にも勿論責任はあるけど、不正な金だと
自覚していながら、みすみす受け取ってしまう人たちにも当然、責任はあるってことです。

《追記》 父親もそうですが、早稲田の監督さんのあの何とも言えない怒りのすごさというか
あれだけ大勢の報道陣の前で「くそばかたれ」なんて下品な言葉を使う大人気のなさ。
こちらも「自分は何も知らない=被害者だ」という雰囲気をかもし出そうとしてるんだが、
西武のスカウトがちょこちょこ来て、当該学生に接触を図っているのを知らないはずは
ないでしょうし…。金銭授受の事実までは分からなかったにしても、まったく無関係という
わけにもいかないはずで…、あそこまで感情むき出しになられると「裏に何かあるの?」と
勘ぐられて、余計にドつぼにはまっていく
ような気がしてなりません。いい大人なんだから、
もう少し冷静に対応できないものなんかねぇ…。それとも、もしかしたら余計な勘ぐりではなく
本当に、何がしかの裏金が野球部関係者にも? …ってことなんだろうか。今後に注目です。

要は、ルパートさんや他の皆さんも書いておられるように、裏金を受け取ったということは
「贈収賄」の共犯で「100%被害者」ではないことに、アマ側も気づかないといかんわけで。
「贈賄」側をみんなで叩いて批判して終わり…では、本質的な問題の解決にはならないって
ことです。まして、今回は東ガス・木村の4倍ものお金を西武から受け取って、しかも事が
発覚しなければ、おそらくは返金などするつもりもなかったんでしょうから。知らぬ存ぜぬで
済む話ではないでしょう。父親の言う「息子はこのことは一切知らない」が本当だとすれば
周囲の大人が寄ってたかって、この野手の将来の夢を踏みにじったことになるわけで。
野手自身が、西武や親に「何てことをしてくれたんだ」と怒りのこぶしをあげるのならともかく、
裏金を懐に入れた人間が、渡した側を批判するなんてのは、筋違いもいいとこなわけで。

…それにしても、久々に野球がらみで「硬派」(?)な記事を立て続けに書いたもので、
ちょっと疲れました。(^^;;; 前回の記事に多くトラバを頂いて、そこから影響された面もある
今回の記事です。長々くどくどと書きましたが、今回の問題はプロ側からの視点だけでなく
アマ側が、この手の「栄養費」とか「裏金」とかをどうとらえているのか…という視点からも
考えていかないとダメなんだ…ということです。犯人探しをして終わりでは、いかんのです。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

わかは(BlogPet)

昨年福川でルーキーとかを三振したかったので、2失点はしたガイエルが4打数2安打
田中浩と増渕などをHRしなかった
わかは、まずまずの結果であると思われます
と、つげちゃんは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.10

西武がいまだに栄養費払ってたんだと。(追記あり)

けさになって、ネットを開いて知りました。驚くというよりあきれたという印象の方が強い。

 ■ 球界に再び“裏金”!西武『一場事件』後も「栄養費」渡していた(サンスポ)
 ■ 西武ドラフト参加権はく奪も…2選手に1300万円裏金(報知)
 ■ 西武裏金でドラフト参加禁止か(スポニチ)

例の一場問題でアレだけ大騒ぎになったのに、何を考えてんですかね。
しかも、昨年8月には「裏金」の事実を把握していながら、半年以上も隠してた。
余計にタチが悪いよねぇ…。該当の2選手については、西武は獲得してないと
言ってますけど、獲得したかったから選手の言うままに「裏金」渡してたわけで…。

選手の名前とか明らかになってないけど、各スポ紙のサイト上の記事を見ると
「関係者によると…」みたいな但し書きが多く見られる。少なくとも、関係者レベルでは
誰のことなのかはわかってるってことなんでしょ? この際、そこまで公表しちゃっても
いんじゃないか、と思いますよ。一場だって、あの当時はさんざん叩かれたわけだし。

西武だけ処分を受けて、金もらった選手は何のお咎めもなしでそのままドロン(^^;;;…では、
西武のファンも納得しないでしょう。もちろん、私も。こういう選手をそのまま野放しにすると
次にドラフトにかかるときに、また他の球団で同じ事繰り返すような気もしてきます。

つか、他球団は本当にもう「栄養費」渡してないんでしょうね? しっかり調査してほしいな。

《参考》 各スポ紙記事に見る「関係者によると…一体誰のことなのか?」
 ・関係者によると大学生の野手(A)社会人の投手(B)だという。(サンスポ)
 ・しかしスポニチの取材でA選手は関東の名門大学に所属する3年生内野手
  B選手は関東の社会人チームの投手であることが判明している。(スポニチ)
 ・関係者によると、問題の選手のうち少なくとも1人は当時大学生だったという。(時事通信)
 ・球団は一人は社会人もう一方は大学生と見られる2選手の…(報知)

さて、該当する選手は、どんな心境でこの報道を見てるんでしょうか。
バレなきゃいい…と思ってるようなら、そんな選手は今後もプロには来ないでいただきたい。

《3/10 午前10:00追記》 スポニチに「東京ガスが西武から金銭供与を受けたとされる所属
投手に事情聴取した
」という記事が出た。遅かれ早かれ選手の実名もバレるでしょうねぇ。
これが事実なら、この投手が関係者言うところの社会人の投手(B)ってことなんでしょう。

これからも情報が分かり次第、随時追記しますが…、とりあえず出かけなきゃいけないので、
東京ガス硬式野球部のサイトのリンクだけつけておこうかな。犯人はこの中にいるってことで。

《3/10 午後11:00追記》 …というわけで、西武から裏金を受け取っていたうちの1人は、
東京ガスの木村雄太投手と判明。本人出席で会見が行われた。本人が言うには

その当時は家が金銭的に苦しかったので、少しでも足しになればと思った。
(西武に)入団する名目での親への振り込みだと理解した」

ごめん、私は頭がよくないから、何を言い訳してるのかがよくわからない。(^^;;;
彼が西武から裏金を受け取っていたのは、2004年の1月から9月まで。
月に30万円ずつで270万円ってことらしい。で、いろいろと調べてみたところ…。

《参考》 東京ガス・木村雄太投手/ココまでの一連の経緯(Wikipediaなどより)
 2003年秋 ドラフトで広島から1巡目指名を確約されるも拒否 ⇒ 東京ガスへ
 2004年1月 西武から家族の口座に月30万円ずつ振り込まれる(~9月まで)
 2004年6月頃 東京ガスが金銭授受の事実を確認、西武に抗議
 2004年8月 いわゆる一場事件が発覚、
ナベツネが読売オーナーを辞職
 2004年9月 西武から木村サイドへの最後の振込み
 2005年6月20日 
12球団連名で「倫理行動宣言」発表
 2006年秋 ドラフトで横浜が3巡目指名するもロッテを熱望していた本人は拒否

…と、ざっと調べて分かるとおり、家計が苦しかったんであれば、広島に入団して
その契約金を親に渡すのが普通の選択肢であるはずなのだ。球団側から確約されての
入団であれば、いくら経営が苦しい広島といえど、それなりの契約金はくれたはずだし。

それを蹴ってまで、西武からの裏金を取った…ということは、その段階で既に西武と
何らかの密約があったであろうことは想像に難くない。でなきゃ、西武もそんな不明朗な
金銭を支出するはずもない。なんというか、何が何でも●●じゃなきゃ嫌だ!とか言う
選手の周りには、やっぱりそういう「裏金」とか「密約」とかあるんだねぇ、いまだに。


はて。…ということは、
昨年のドラフトで「日ハムなんか嫌だ!」と拒否をかましてくれた
何とか言う選手
(いまだに恨み全開なので名前を出すのも嫌なのだ)にも、実はそういう密約があったり
なかったりするのだろうか。この際だから徹底的に調査してもらいたいところである。

| | コメント (0) | トラックバック (19)

外国人投手に明暗くっきり―投手1枠(?)をめぐる争い

9回に4連打を浴びて、よもやの展開になりかけましたが、何とか逃げ切り。

◇オープン戦(ヤクルト1勝/京セラドーム大阪・3708)

ヤクルト
オリックス
ヤ)○グライシンガー―ゴンザレス―S館山=福川・米野
オ)●川越―吉田―本柳=日高
勝)グライシンガー 2試合1勝
S)館山     2試合1S
敗)川越     3試合1勝1敗
HR:坂口1号(ソロ=6裏/ゴンザレス)

グライシンガー、4回2安打無失点。三振も取っているし、なかなかよさそう。
前回もまずまずの内容だったし、次の試合で結果を残せば開幕ローテに入れるかな?
おそらく一軍外国人4枠はラミちゃん、リグス先生、ガイエルのクリーンアップ+投手1に
なるだろうから、この日結果を残せなかったゴンザレスにとっては、大きな刺激だろう。

打線はオリのベテラン勢からコツコツ積み重ねて12安打。ものの見事に散発なので
あまり点に結びついてはいないものの、上位下位まんべんなく打ってるので、いい感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.08

古田さんスタメンマスクも…OP戦初黒星

3試合目にしてオープン戦初黒星。
まぁ、まだ勝ち負けを云々する時期ではありませんが、打線がものの見事に
沈黙してしまったのが気がかりと言えば気がかり。ラミさん3三振…。

◇オープン戦(ヤクルト1敗/福岡ヤフーD・26689)

ヤクルト
ソフトバンク
ヤ)●石井一―高津―西崎―花田―増渕=古田・米野
ソ)○神内―甲藤―ニコースキー―山村―S馬原=山崎・的場
勝)神内     2試合2勝
S)馬原     1試合1S
敗)石井一    1試合1敗
HR:畠山1号(ソロ=6表/甲藤)

石井一が打ち込まれたものの2番手の高津以降はなかなかいい内容。
三振をバタバタと奪ったみたいで。8回に投げた増渕もまずまずの内容で無失点。
試合は負けだけど、収穫はそれなりにあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.04

今年数少ない疑いとかをピータンしなかった(BlogPet)

ネットで有名人とかたどって
ネットでニーズなどの野菜をつけるようにするようにしてるのを教育しなかったよ
今年数少ない疑いとかをピータンしなかった?
納豆とかいないだろうし、動くバニムを見る機会も最近はいなくなるはずだよね
と、わかは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「わか」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »