« 【CS1st GAME2】守りのミスで競り負け…インフル禍で一転窮地に | トップページ | たいへんながらくごぶさたでした »

2009.10.19

【CS1st GAME3】終盤の粘りもあと一歩及ばず…09年スワローズ終戦

最後の最後まで粘りは見せたんですけどねぇ…。

5回表のチャンスで点が入っていれば……。
8回表の一死満塁のところであと1本出ていれば……。
8回裏の2失点がなければ、もしかしたら……。

何事も「たら・れば」は禁物ですが、ちょっとどこかでスワローズに流れが傾いていれば…。
けど、そんな緊迫の場面でことごとく流れを食い止められてしまったのは、悔しいけれど、
CS常連の中日と、シーズン負け越しでギリギリの3位で初CSのヤクルトの実力の差なのかな。

■ CS・中日×ヤクルト3回戦(中日2勝1敗/ナゴヤドーム=32897)
ヤクルト=100 000 021=4
中  日=002 030 02X=7
ヤ)●由規―松井―吉川―押本―五十嵐=相川
中)○中田―河原―小林正―山井―浅尾―岩瀬=谷繁
勝:中田     1試合1勝
S:
負:由規     1試合1敗
HR:和田2号(3裏=2ラン)

最後の最後、肝心な時にインフル禍に襲われながらも、これだけの粘りを見せられたのは
来季に向けて希望が持てると思うし、川本や鬼崎や高木や…私が最近ファイターズ応援に
没頭する間に台頭した若い選手たちがシーズン終盤やCSの厳しい場面を経験できたのは
きっと、来季以降に生きると思う。今やセ・リーグは読売の独壇場みたいな感じになっててね。
ヨソから獲ってきた選手はもちろん、若手や育成から這い上がった選手がどんどん出て来てて。
スワローズは本当にいいようにカモにされてて…忸怩たる思いをずっとしてきたわけですよ。
シーズン3位でCSに進んで、ここ最近の対戦成績では難しいかもしれないけど、第2ステージで
読売にリベンジを果たすことができれば、ものすごく痛快だなぁ…とは思ったけど、さすがに
それはまだ早い!ってことか。けど、形はどうあれ、ようやくCSに出れるところまで来ました。
今年、これだけやれたんだし。来年は、ぜひ神宮球場でCSを開催できる2位以上を目標に。

【スカパー観戦雑記】
それにしても、きょうは中日のいい引き立て役になってしまいました。
今年で引退する立浪さん、井上さんが代打で出てきてヒットを放つ。しかも二塁打よ。

立浪の二塁打はさすがだなぁ…と思ったけど、あれで一塁走者まで帰しちゃったのはなぁ。

あと、相変わらず落合監督ってのはあんな調子なのかね。試合後のインタビュー。
すごくぶっきらぼうで。質問してるアナウンサーがかわいそうになるね。あんなん公開説教だよ。

もひとつ。J SPORTSでは、どうして選手のヒロインをリアルタイムで流さないんだろう。
ドーム内では明らかにヒロインやってる雰囲気なのに、わざわざ音声切って場内のお客さんとか
映してた。パ・リーグにはない権利関係とかいろいろあるんだろうか。どうでもいい話かもだが。

これで、セ・パともに第2ステージのカードが決定。
 ■ セ 読売×中日(東京ドーム)    ■ パ 日本ハム×楽天(札幌ドーム)

万が一、スワローズ×ファイターズという日本シリーズになっていたら、スワハム兼任の私としては
非常にブログ上での取り扱いに困る事態になるところでしたが。まぁ、それは今後のお楽しみで。

|

« 【CS1st GAME2】守りのミスで競り負け…インフル禍で一転窮地に | トップページ | たいへんながらくごぶさたでした »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/46531107

この記事へのトラックバック一覧です: 【CS1st GAME3】終盤の粘りもあと一歩及ばず…09年スワローズ終戦:

» 10/19 セ敗者復活戦第1ステージ第3戦~中日が2勝1敗で東京ドームへ! [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
結局、野球の神様は「5割未満のチームが日本シリーズに出ることはあかん」と思ったようで・・・ というか、自分のところの薬が利かんとはorz⇒・プロバイオティクスによるインフルエンザ予防効果 ↓ ↓ (Ser.4370) ←ビジターファンに向けて宣伝乙 【クライマックス セ 第..... [続きを読む]

受信: 2009.10.20 06:01

« 【CS1st GAME2】守りのミスで競り負け…インフル禍で一転窮地に | トップページ | たいへんながらくごぶさたでした »