« 2009年4月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年10月

2009.10.19

【CS1st GAME3】終盤の粘りもあと一歩及ばず…09年スワローズ終戦

最後の最後まで粘りは見せたんですけどねぇ…。

5回表のチャンスで点が入っていれば……。
8回表の一死満塁のところであと1本出ていれば……。
8回裏の2失点がなければ、もしかしたら……。

何事も「たら・れば」は禁物ですが、ちょっとどこかでスワローズに流れが傾いていれば…。
けど、そんな緊迫の場面でことごとく流れを食い止められてしまったのは、悔しいけれど、
CS常連の中日と、シーズン負け越しでギリギリの3位で初CSのヤクルトの実力の差なのかな。

■ CS・中日×ヤクルト3回戦(中日2勝1敗/ナゴヤドーム=32897)
ヤクルト=100 000 021=4
中  日=002 030 02X=7
ヤ)●由規―松井―吉川―押本―五十嵐=相川
中)○中田―河原―小林正―山井―浅尾―岩瀬=谷繁
勝:中田     1試合1勝
S:
負:由規     1試合1敗
HR:和田2号(3裏=2ラン)

最後の最後、肝心な時にインフル禍に襲われながらも、これだけの粘りを見せられたのは
来季に向けて希望が持てると思うし、川本や鬼崎や高木や…私が最近ファイターズ応援に
没頭する間に台頭した若い選手たちがシーズン終盤やCSの厳しい場面を経験できたのは
きっと、来季以降に生きると思う。今やセ・リーグは読売の独壇場みたいな感じになっててね。
ヨソから獲ってきた選手はもちろん、若手や育成から這い上がった選手がどんどん出て来てて。
スワローズは本当にいいようにカモにされてて…忸怩たる思いをずっとしてきたわけですよ。
シーズン3位でCSに進んで、ここ最近の対戦成績では難しいかもしれないけど、第2ステージで
読売にリベンジを果たすことができれば、ものすごく痛快だなぁ…とは思ったけど、さすがに
それはまだ早い!ってことか。けど、形はどうあれ、ようやくCSに出れるところまで来ました。
今年、これだけやれたんだし。来年は、ぜひ神宮球場でCSを開催できる2位以上を目標に。

【スカパー観戦雑記】
それにしても、きょうは中日のいい引き立て役になってしまいました。
今年で引退する立浪さん、井上さんが代打で出てきてヒットを放つ。しかも二塁打よ。

立浪の二塁打はさすがだなぁ…と思ったけど、あれで一塁走者まで帰しちゃったのはなぁ。

あと、相変わらず落合監督ってのはあんな調子なのかね。試合後のインタビュー。
すごくぶっきらぼうで。質問してるアナウンサーがかわいそうになるね。あんなん公開説教だよ。

もひとつ。J SPORTSでは、どうして選手のヒロインをリアルタイムで流さないんだろう。
ドーム内では明らかにヒロインやってる雰囲気なのに、わざわざ音声切って場内のお客さんとか
映してた。パ・リーグにはない権利関係とかいろいろあるんだろうか。どうでもいい話かもだが。

これで、セ・パともに第2ステージのカードが決定。
 ■ セ 読売×中日(東京ドーム)    ■ パ 日本ハム×楽天(札幌ドーム)

万が一、スワローズ×ファイターズという日本シリーズになっていたら、スワハム兼任の私としては
非常にブログ上での取り扱いに困る事態になるところでしたが。まぁ、それは今後のお楽しみで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.10.18

【CS1st GAME2】守りのミスで競り負け…インフル禍で一転窮地に

試合前にネットでは「スワローズの選手がインフル発症」という衝撃的な速報が。
第3戦があれば先発する?とも言われていたらしい高木、ユウキという先発陣の感染が判明。
できることなら、第2戦で勝って一気に決めてしまいたかったが…。


■ CS・中日×ヤクルト2回戦(1勝1敗/ナゴヤドーム=38171)
ヤクルト=020 000 000=2
中  日=110 000 10X=3
ヤ)●館山―李―押本=川本
中)○吉見―浅尾―[S]岩瀬=谷繁
勝:吉見     1試合1勝
S:岩瀬     1試合1S
負:館山     1試合1敗
HR:川本1号(2表=2ラン) 谷繁1号(2裏=ソロ)

初回の先制点はブランコの遊ゴロを鬼崎が処理を誤り併殺を取れなかったのが響いたもの。
川本の2ランで一度は逆転したものの、すぐに追いつかれてしまい…。

打線もチャンスはあったものの併殺でつぶしてしまい万事休す。
これで第1ステージは1勝1敗のタイとなりあすの第3戦にもつれこむこととなったわけだが…。

mixiのスワコミュを見ていると、ここ最近、畠山がクソミソに叩かれているのが目に付く。
そんなに結果が出せていないのか。この日も9回に代打で出て併殺でしたしねぇ……。

【追記】
スワローズのインフル禍、どうやらさらに広がる様相のようで…。orzorzorz

 ■ ヤクルトピンチ!7人がインフル集団感染(日刊スポーツ)

18日の試合前に感染が明らかになった高木、ユウキ、野口のほかに川本が簡易検査で
感染が判明し、さらには館山、林昌勇、衣川も体調不良を訴えるなど、集団感染の様相。

今年のプロ野球はファイターズの集団感染を皮切りに、新型インフルエンザ騒動にずっと
翻弄され続けてきたが…。それがよりにもよって、こんな大事なCS時期に発症とは…。
しかも、ですね。感染者あるいは感染が疑われる中に捕手が2人も含まれてるのが痛すぎで。

特に川本はこのところいい活躍をしていただけに…。相川が一軍復帰しているとはいえ、
病み上がりで完全ではないでしょうしねぇ。上記の記事によれば、二軍がいる宮崎から
捕手の水野を緊急招集することにしたそうですが…正直、スワファンの私でさえ「誰?」という
感じですので、多くを期待するのは厳しかろうと思いますし。この後の日程も詰まってるから
第3戦は延期してくれないか!というわけにもいかんだろうし。それよりなにより、このことで
落合監督が陰でほくそ笑んでるような気がして、それが非常にむかつくというかなんというか。

19日は仕事休みなので、スカパーで第3戦を見ようかな、と思っていますが…。
ファイターズの時もそうでしたが、とにかく残った選手で一丸になって乗り切るしかない!
引き分けも許されない絶対に勝たなきゃいけない試合。もう、ここまで来たら、シーズンを
大型連敗続きのどん底から這い上がってきた選手たちの底力に期待するしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.10.17

【CS1st GAME1】ワンチャンスものにして逆転勝利!

ちょいと遅くなりましたが、ぼちぼちとCSの結果も振り返っておこうと思います。まずは第1戦。

4回に和田のHR、5回に井端のタイムリーで2点を先行される。
6回までは中日先発・チェンの前にわずか1安打に抑えられていたスワローズ打線が…。

7回に青木のタイムリーで1点を返すと、続くデントナの2ランで逆転に成功!
スワローズ打線、それ以外の回はほとんどまったく(^^;;;中日投手陣に抑えられていただけに
この集中打は貴重でした。で、この1点リードを五十嵐―林という方程式で守って逃げ切り。

よもやの先勝で、第2戦に勝てば(3位なので引き分けではダメ)第2ステージ進出決定。

■ CS・中日×ヤクルト1回戦(ヤクルト1勝/ナゴヤドーム=38391)
ヤクルト=000 000 00=3
中  日=000 110 000=2
ヤ)○石川―押本―五十嵐―[S]林昌勇=川本
中)●チェン―浅尾―高橋=谷繁
勝:石川     1試合1勝
S:林昌勇    1試合1S
負:チェン    1試合1敗
HR:和田1号(4裏=ソロ) デントナ1号(7表=2ラン)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.10.08

行くぞCS!館山完封勝利でナゴヤ行きに王手!!

えーっと。久しぶりに…超久しぶりに野球ネタで更新します。

ご存知の通り、北海道にファイターズ移転以降、すっかり地元球団を応援するという部分で
目覚めてしまいまして、ハムのとりこ(^^;;;のようになってしまい…。昔から応援しているはずの
スワローズネタについては、すっかりご無沙汰な状態が続いておりました…。

まぁ、チーム状態もずっといまいちだったというのもあるのですが………。

そんなスワローズが、ついに初のCS出場についにリーチをかけた!
3位の阪神との直接対決。2連戦で2連勝した方がCS出場権獲得という超負けられない試合。
いまやスワローズのエース級に成長した館山が阪神打線を完封! 5-0で快勝して、
もう、ようやく。残り3試合しかない中ですが、ついにCS進出マジック「2」が点灯!!

あす行われる阪神との最終戦に勝てば、CS出場が決まります。
逆にあす負けてしまうと、ウチが残り2試合連勝しなければいけないらしく…。
しかも、その2試合のうち1試合は、負け率82%を誇る読売戦ですので…。
なので、是が非でも直接対決で勝たねばならぬ。つか、あした勝てなきゃたぶん出れないよ。

けどね。本当は7月までの感じだったら、もうとうの昔にCS出場は決まってなきゃいけなかった。
8月以降の大失速は、はたから見ててもかなりショックでしたよ。mixiのコミュも荒れまくってたし。
5割を下回る3位争いがこれだけ白熱するのもCS効果ではありますよね。ほんとはもう少し
勝率の高いところで3位争いしてる方がカッコいいのかもしれませんが…。そこは平にご勘弁を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2010年2月 »