« 【五輪13日目の2】フィギュア女子SP、にわか五輪ファンのまとめ | トップページ | カーリング日本選手権を観に行くの巻(後編に行く前に) »

2010.03.06

カーリング日本選手権を観に行くの巻(前編)

…ということでww、当ブログの中の人は、今、網走にいます。
網走でなぜかスープカレーを食べ、そのお店の近くにネカフェがあるのを見つけて更新なう。

ただ、若干、ネカフェの値段設定が札幌とかより高いように感じるのは気のせいか?


それはさておき。なぜに突然、オホーツクなのか?と言いますと。

きょうから(北見市)常呂町にて開催されているカーリング日本選手権を観に来たのです。
バンクーバーのまとめもろくにしてないんですけど、北海道で大きな大会が開催されて、かつ
ついこないだまで五輪で戦っていたチーム青森の面々も出るとなれば、行かないわけには。
(ホントはハムスワオープン戦もあったんですが…まぁ、まだオープン戦だし…ということで今回はパス)

たまたま、土日とお休みになっていた関係もあって、朝一番でマイカーに乗って出かけました。
常呂町に着くまでざっと4時間ほどかな。バニムライブの時に北見(市街地)まで行ったことは
あったんですが、その先はまさに未体験ゾーンでして。オホーツクの海も間近なところなわけです。

常呂町に着くまでは「日本選手権だし、近くまで行けば案内の看板くらいあるだろう」と気楽な
気持ちでいたが…、特に何の案内標識もないままあっさりカーリングホール前を通り過ぎる私ww。
そんな行き当たりばったり感も気ままな一人旅の醍醐味だが。(^^;;; もうちょっと案内しよう。(^^;;;

で、11時過ぎくらいに最初にホールに着いたとき、ホール入り口と思しき場所にマスコミ関係の姿。
チーム青森の公式練習の時間がそのくらいだったはずなので、おそらくその入り待ちだったのかと。

とりあえず、試合までまだまだ時間もあるし…ということで、ランチの食べれそうなお店をようやく
見つけて昼食。お昼を過ぎてプチ観光(海の写真撮ってた)の後、再びカーリングホールへ向かう。

せっかくなので、とコートサイド。ここにもテレビカメラやら何やらたくさん。えらいことになってる。
2階の観客席に目を移せば、バンクーバーでの熱い解説が好評だったあの小林さんが!!!
ブログに「日帰りで常呂に来る」と書いてはあったが…。どうやら某テレビ局のロケだった様子。


女子の試合が始まる前。

「選手の皆さんはコートに入ってください」

「カメラがいっぱいで中に入れません!」

おそらく、マスコミの人たちが選手がコートに入る入り口をふさいでいたのでしょう。
そんなこともありつつ、試合前の練習開始。4つのコートで一斉に選手が動き始めると
やはり壮観。twitterでも少し触れましたが、ちゃんと見方を決めないと目移りして困ります。

で、試合開始。

チーム青森は北見選抜との対戦。序盤から3点、2点と得点を重ね突き放します。
近江谷杏奈の妹が出ていて、そこらへんも注目されていたんでしょうが、実力差はかなりありそう。
五輪ではなかなかショットが決まらなかった近江谷杏奈がばしばしテイクアウトショットを決めて
さすがだなぁ…というところを見せる。ふと気づくと、小林さんはやおら立ち上がって熱く?解説。

第7エンドが終わったところで北見選抜コンシード。9-3でチーム青森快勝。五輪疲れもある中で
まずは幸先のいいスタートか。近江谷さんの妹さんもお姉さんの背中を見て成長するのだろう。

《カーリング日本選手権・第1日》
[女子] 常呂高校 5-2 東京
     岩手 7-5 常呂倶楽部
     青森 9-3 北見選抜
     中部電力 10-3 大阪

…とりあえず、予想できたこととはいえ、チーム青森の試合が終わると同時に一目散にはけていく
マスコミのカメラたちww。
そういや、試合前に運営側からのお願いとして、プレー中はあまり
移動しないようにとか言ってなかった?
 今、考えると、他のチームの試合が行われてるのに
あんなにバタバタとはけていくのはどうなんでしょう。しかも、ですよ。その残ってる試合のほうが
展開的には競ってて面白いわけで。結局、マスコミの皆様は「カーリング」じゃなくて「チーム青森」を
取材に来ただけ
なんでしょう。そこらへんの一連の流れを見てるだけで、それはよくわかりました。


で、私はといえば。さすがに長時間、コートサイドにいたので寒いのなんの。携帯の充電も
ピンチだったので、いったん車に戻り休憩。男子の試合開始直前にホールに戻りました。
さすがに寒いのと、観客席もだいぶ空いてきたので、2階の観客席に場所を移して観戦。

男子の試合、スイーピングを見てるだけで、女子とはぜんぜん違う。さすがに力強い!
ストーンの速度も速いように感じたし、男子の方は最後の最後までわからない競ったスコアの
試合が多かったのもあって、見てる私もついつい気持ちが盛り上がって、twitterカキコしまくりww。
最初、twitter上では、青森の試合が終わってすぐマスコミがいなくなったという話の流れから、
チーム名が似てるから「チーム青葉」を応援しては?という話で盛り上がっていたので、その試合を
メインに観ていたのですが、途中、私のカキコに対して「SC軽井沢が負けてるんですか?」という
反応があることに気づく。この時点で私は気づいていなかった(^^;;;けど、そういえば、SC軽井沢は
前年の覇者。「どんな展開なの?(要約)」と聞かれたので、そこからそっちを中心に観出す。

聞かれたことには極力答えなきゃ…と思って、どんどんカキコしていったら、試合が終わるころには
私のフォロワーが一気に10名ほど増えてました。(^^;;; 試合後にその事実に気づいたときの
驚きったらありません。こんな私でも人様の役に立てるのだなぁ…と、ちょっと嬉しかったわけです。

《カーリング日本選手権・第1日》
[男子] 常呂 7-6 SIS
     軽井沢 6-4 青葉
     北見選抜 6-5 SC軽井沢
     岩手 11-0 札幌

そんなカーリング熱覚めやらぬ1日の中で気づいたこといろいろ。

・選手たちは周りのシートの様子とか気になったりしないのだろうか? それどこじゃないか。

・日本選手権だからなのか1試合は8エンド。持ち時間は59分の模様。60分じゃないのはなぜ?

・女子の試合で、ラストストーンを残した段階で持ち時間15秒!っていうチームがあった。
 あれは持ち時間が途中で「0」になっちゃったらどうなるんだろう。

・試合後、選手が普通にロビーに座り込んで反省会してる。まぁ、控え室的なものはなさそうだったし。

・…というか、なぜ女子カーリング選手にはこうもかわいい子が多いのだろう。これは青森に限らず。
 目前のシートで試合してたせいもあるが、常呂高校のスキップの子の真剣な表情にやられる私。

・この体でいくと、男子もイケメンがクローズアップされれば、少しは人気が上がるのだろうか。
 SMAP(今なら嵐?)あたりが番組でカーリングやるとかしたら…いや、それはそれで困るな。

・チーム常呂の敦賀さんと北見選抜の敦賀さんは、何か親戚関係だったりするのだろうか。
 チーム常呂の敦賀さんが長野五輪の代表だったというのは、なんとなく事前知識であるのですが。

あすは朝8時から試合開始。8時(女子)、11時(男子)、14時(女子)、17時(男子)、20時(女子)。
五輪の1日2試合でも超大変そうなのに、これは下手すると1日3試合あるチームもあるのか!?
8エンド×3試合=24エンド! 日本の大会って、みんなこんな感じなんだろうか。体力勝負だな。

私の予定としては、さすがに8時の試合を見るのは厳しいかもしれません。運転の疲れもあるし
せっかく、オホーツクに来たのならオーロラ号に乗ってみたいような気もします。月曜日の仕事の
ことを考えると、20時の試合を見てから帰るとなると、自宅着が早くても夜中の2時、3時に
なってしまうため、これもなかなか厳しい。おそらく、17時の試合が終わったあたりで帰ることに
なると思います。それでも、帰りは日付変わるぎりぎりとかになるんです。片道4時間ですから。

|

« 【五輪13日目の2】フィギュア女子SP、にわか五輪ファンのまとめ | トップページ | カーリング日本選手権を観に行くの巻(後編に行く前に) »

カーリング」カテゴリの記事

コメント

実は2ちゃんねるにあなたのブログが紹介されていました
あなたのブログを参考にすることで8日9日に常呂町カーリングホールでチーム青森の初応援・生観戦できました
ありがとうございました
追伸 私もつい最近ツイッター始めました

投稿: さる太郎 改め 三重太郎 | 2010.03.14 17:23

>三重太郎さん
コメントありがとうございます。

2ちゃんねるに出ちゃってましたか?(^^;;;
普段、2ちゃんは全然見ないので、まったく知りませんでした。
なんか照れくさいですよね…。

三重太郎さんのブログも読ませていただきました。
名古屋から常呂に参戦とは…びっくりです。恐れ入りました。

私のブログは、なんかもう思うがままに気まぐれに書いてますので
なかなか大きいことは言えませんが、それでも、自分のブログが
観戦時に少しでもお役に立てたのなら、それに越したことはありません。

ツイッターやられてるんですね。見つけたらフォローさせていただきます。

投稿: つげちゃん | 2010.03.14 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/47741825

この記事へのトラックバック一覧です: カーリング日本選手権を観に行くの巻(前編):

» カーリング日本選手権:美人すぎる対決で一挙メジャー化へ!? [[の] のまのしわざ]
(写真:中部電力・市川美余選手) バンクーバーオリンピックの興奮冷めやらないう... [続きを読む]

受信: 2010.03.15 01:28

« 【五輪13日目の2】フィギュア女子SP、にわか五輪ファンのまとめ | トップページ | カーリング日本選手権を観に行くの巻(後編に行く前に) »