« カーリング日本選手権を観に行くの巻(後編に行く前に) | トップページ | 【カーリング日本選手権】4日目…女子予選リーグ終了 »

2010.03.07

カーリング日本選手権を観に行くの巻(後編)

お待たせしました、後編です。気の向くまま書きます。

前編の最後で、「翌日の仕事もあるので「午後5時の試合が終わったら帰ります」と書いてたですが、
結局、最後の試合の最後の最後まで居残りしてしまった私。その理由の最たるものは、午後8時の
女子の試合に、チーム青森と、この時点で3戦全勝だった中部電力との対戦が組まれていたこと。
そして、その試合がコートサイド観客席の眼前のBシートで行われる(=写真撮りやすい)こと。

だって、ですよ。

322_2

こんな光景がほんの数メートル前で展開されてるわけです。あの五輪代表選手たちが
テレビで見てた選手たちが、自分のすぐ目の前でテレビで見たのと同じようにカーリング。
当たり前っちゃ当たり前ですが、こんな体験はなかなかできるものじゃありません。

…さらに言うなら、twitter上で「中部電力に美人さんの選手がいる」というのが話題になってて、
せっかく現地にいるのに、それは見ない手はないだろうという下世話な理由もあったりなかったり。

で、その美人さんというのが。

329_2

近江谷さんの後ろで腕組みしつつ戦況を見つめている中部電力サードの市川美余さん。
美人もそうなんだけど、なんというかたたずまいも素敵な感じです。コート上にいるので
「美しさ2割増し」とかになってる可能性もあるが、それを差し引いてもとにかく美人さん。
中部電力のHPには、実は「カーリング」の「か」の字もないので、市川さんのプロフィールとかは
まったく不明。つか、もっと本腰入れてPRすればいいのになぁ。チーム青森だけじゃないんだ!って)


試合の方は第1エンドに中部電力が2点先制するも、中盤にミスが出て波に乗り切れず。
第6エンドに1点スチールして追いすがったものの、結局9-5でチーム青森の勝利。
この段階で、中部電力はこの大会初黒星で3勝1敗、チーム青森は3連勝です。

スポーツ新聞なんかだと、チーム青森の結果にしか触れられてなくて、さすがにそれじゃ
あんまりなので、2日目の全試合の結果を紹介しておきます。一度に4つのコートで試合が
同時進行なので、全部の試合をつぶさにチェックできてるわけはもちろんないですが。

≪カーリング日本選手権2日目≫
【女子】 常呂倶楽部 9-7 北見選抜
     大阪 6-4 東京
     常呂高校 5-2 JJ常呂
     中部電力 10-3 岩手

     JJ常呂 10-3 大阪
     中部電力 5-2 北見選抜
     青森 10-3 常呂倶楽部
     東京 6-4 岩手(延長)

     中部電力 9-5 青森
     JJ常呂 6-3 岩手
     常呂高校 10-1 大阪
     北見選抜 5-3 東京

【男子】 北見選抜 7-3 青葉
     SIS 5-4 岩手
     常呂 7-4 名寄
     札幌 W-L 軽井沢

     名寄 8-5 岩手
     札幌 6-5 北見選抜(延長)
     SC軽井沢 7-3 青葉
     軽井沢 6-2 SIS

ちなみに、男子・札幌-軽井沢の「W-L」というのは、最終エンドの途中で軽井沢の持ち時間が
なくなってしまったため、どうやらその時点で強制終了。相手チームである札幌の勝ちになりました。
つまり、前編で触れた疑問のうちの1つ。持ち時間が途中で「0」になったら?の答えがこれです。

公式HPに詳細なスコアが載ってますが、第7エンドまで5-5の同点で、非常に緊迫した試合。
先攻・軽井沢のラストストーン手前での時間切れ。こういう形で終わるのはもったいないが…。

実は、私も知らなかったのですが…。

僕らがテレビで見た五輪なんかの10エンド制の試合では、1試合に1分間のタイムアウトが2回。
ただ、8エンド制で行われてるこの大会は、タイムアウトは1試合に1回しか取れないらしい。

で、軽井沢の選手は(私は見てなかったのですが)試合中にもうタイムアウトを使ってしまっていたようで。
たぶん、2回取れると勘違いしてたみたいです。実際、この時、軽井沢がタイムアウト取ろうとしてた
雰囲気だったけど、審判がダメダメ言ってて、私が「なぜ??」となってる最中にタイマーが「0」に。
試合後にロビーに出てきた選手・関係者が「勘違いしてた」とか、「どういう形でも勝ったからな」とか
会話をしてましたね、そういえば。で、日本選手権レベルの試合でもこういうことは珍しいようで、
それが証拠に、この時のカーリングホール内設置のスコアボードはこんなことになっていました。

254_2

わかりますかねぇ。TOTALの「W」と「L」のとこ、明らかに手書きなんですわ。
コンシードした時の「X」ってのは、ちゃんとあったんですけどね。おそらく、これは
コンシードともまた違って、こう表記しないといけないもんなんでしょう。合ってます?
にわかなのでルールの細かいことまでは分かりませんが、そういう理由じゃなきゃ
わざわざ、「」「」、第8エンドの「」をマジックで手書きまでして作らないでしょう。

[その他、2日目に気付いたこと]

・どうやら、私はハウス前にストーンがごちゃごちゃ貯まってエラいことになってる試合展開が好きらしい。
五輪ではあまりそういう展開、見なかったような気もするし物珍しさもあるのかも。で、面白がって
そんな写真をtwitterに載せてうぷしたら、そういう状況は、どうやら「ジャム」というらしい。

たとえば、こんなの。

284_2

ね、えらいことになってるでしょ?(^^;;; 女子の岩手vs東京戦のワンシーンです。

・冒頭の青森の夜8時の試合。5時の男子の試合のときは、もう関係者しかいねぇんじゃ?というほど
 人が減っていたのですが、気付くと、一体どこから??というくらい人が増えてた。おそらく、地元の方。

・あと、とにかく常呂の方はカーリングに詳しい。1日目の最初にコートサイドで見ていたら
 知らないおじちゃんがいろいろ話しかけてくる。細かい戦術の話とか。私もあまりわからず
 見てるので、助かるっちゃ助かりますが。ほんと、あちこちで関係者でもなさそうな人が
 細かい話をしてたりする。小林さん風に言えば「これがカーリングだ、ここは常呂だ」でしょうか。

そんなこんなで、慌ただしく振り返ってきました。この期間中、twitterであれこれ実況カキコしたため、
twitterのフォロワー数はその以前の倍以上に。帰ってきた後もちょこちょこ増えてたりして。
なんか、すいません。かえって恐縮しております。仕事も忙しい時期でなかなか、フォロワーさんの
詳細を確認できませんが…落ち着いたらこちらからも、ちょこちょこフォローさせていただきたく。






ところで。カーリングホールのロビーでは、カーリンググッズがあれこれ売られておりました。
売り上げの一部をジュニアの育成とかそういう方面に使って行くんだとか。私も職場のお土産用に
カーリングクッキーをお買い上げ。18個入り1050円と、8個入り525円があります。リンクは大の方。


ホワイトチョコをクッキーでサンド。カーリングのストーンをイメージしたサクサククッキー常呂町限定販売商品です♪

会場では、小林さんがザ・サンデーの特集の中で食べていた「カーリング焼き」も売ってましたよ。

|

« カーリング日本選手権を観に行くの巻(後編に行く前に) | トップページ | 【カーリング日本選手権】4日目…女子予選リーグ終了 »

カーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25969/47763317

この記事へのトラックバック一覧です: カーリング日本選手権を観に行くの巻(後編):

« カーリング日本選手権を観に行くの巻(後編に行く前に) | トップページ | 【カーリング日本選手権】4日目…女子予選リーグ終了 »