2010.02.24

【五輪13日目の2】フィギュア女子SP、にわか五輪ファンのまとめ

前回の記事が【五輪13日目の1】だったという事は、当然、【の2】もあるのです。(*^-^)

ちょっと記事を作るのが遅れましたが、フィギュア女子SPについて。
男子の時にも書いたとおり、細かい技術的なことは分からないので、とりあえずは
その時のtwitterのタイムラインの流れを思い出しつつ、まとめていこうと思います。

女子SPが行われた24日は、健診の再検査の胃カメラの日でしたので、朝から病院。
終わって帰ってきたのが、午前10時半~11時くらい。当然、どこかの局で中継してるはずだと
テレビをつけてあちこち回したのですが、どこを入れても、フィギュアらしき映像が出てこない。

いろいろ調べて、どうやらフジ系列(北海道ならuhb)でやってるらしいことはわかったのですが、
uhbを入れても、放送されているのは、日本時間でその日の朝に行われたノルディック複合団体。


当然、録画!!


この不可思議な状況にtwitterのTLは大荒れ。

「どうして、フィギュアやらねぇんだ!」「他の国の選手だからってカットすんじゃねぇ!」

大まかにいえば、こんな感じのつぶやきが延々と書き連ねられておりました。

…ところが、これ。真相は、第2グループが終わっての製氷タイム中だったのです。

同じ時間に生中継していたNHK BSでも、どうやら、別の競技を流していたらしく、
twitter上の話を聞く限りでは、BSでは「製氷中なので」という説明はあったそうです。

私の今の住まいには、BSの配線が来ていないので、フジ系列の中継を見るしかなかったのですが、
もしかしたら、製氷中という説明が(十分にorまったく)されていなかったのかもしれません。
せめて一言でも、そういう話があったら、荒れてきたあたりで、製氷だって言ってたよ!的な
つぶやきもあったろうし、それがないということは、その辺の伝達が十分じゃなかったんでしょう。

で、時間は流れて浅田真央とキム・ヨナ。注目選手登場でtwitterのTLもどんどん流れて
大変なことになってた。#gorinには「新しいツイートが○○件」…そんな表示がひっきりなしで。

演技が一通り終わった後には、「真央ちゃんとキム・ヨナで5点差もつくのはおかしい!」という
意見がtwitter内で支配的に。フィギュアの採点のルールなどはまったくわからないので、ここでは
詳細には触れませんが、なんか、ジャンプの採点で差がつくんだそうです。GOEとかいうのも
影響してるようですが、それが何を意味するのかは当然分かりません。私に聞かないでください。

ただ、私の初見時の感想をあえて言わせてもらえば、真央ちゃんもミスなく完璧だったけど、
キム・ヨナの演技も完璧。で、最初の連続ジャンプ?はキム・ヨナの方が高く見えたのは見えた。
ただ、それが即5点差になるのかと言われると…。そこらへんは詳しい方にお任せしたいと思う。

その他、TL上では、フジで生中継の最中に、空気を読まず自局のハイライト中継をPRする
TBSのつぶやき
だとか、そういえば、いいとももやらずに中継してるってすごいとか。
じゃ、今、タモリは何をしてるんだろうだとか。いろんな方向に話が広がって、楽しいですねぇ。

そんな中で、私はフィギュアの生中継を映し出す画面をパソ上に置きつつ、五輪公式HPで
カーリング女子の最終戦(デンマーク戦)の速報を食い入るように見つめ、エンドごとにつぶやいたり。
圧倒的に99:1くらいの割合でフィギュア関連のツイートであふれる中を「第1エンドは0-0」とか
やってたわけ。多勢に無勢とはまさにこのことでありまして。(;ω;) いや、まぁ、いいんだけど。

てなわけで、26日のフリーに向けて何の役にも立たない日記ですが。(^^;;;

実は26日も当直明けなので、男子の時と私的には条件は同じ。出来れば早めに帰って
生中継をチェックすることになるだろう。で、また、テレビの前でつぶやくんだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【五輪13日目の1】カーリング、予選敗退決定

残念ながら、予選突破の芽は完全に消えてしまいました。
序盤はいい感じで来ていただけに、3勝2敗の後の連敗が残念だなぁ。

■ バンクーバー五輪 カーリング女子 日本×スウェーデン
日    本(3勝5敗)=010103010X=6
スウェーデン(6勝2敗)=203010202X=10
(第10エンド途中でコンシード)

さらに、午後からは最終戦となるデンマーク戦。
「メダルがなくなった」という理由でNHKの生中継の予定もなくなりorz、
(twitterに「(放送しない理由を)NHKに電話して聞いた」って書いていた人がいた)
五輪公式HPの速報だけが頼り。せめて勝って終わってくれれば…と。

■ バンクーバー五輪 カーリング女子 日本×デンマーク
日   本(3勝6敗)=000202001X=5
デンマーク(4勝5敗)=003010030X=7
(第10エンド途中でコンシード)

■ カーリング女子 予選リーグ最終成績
1)カナダ 8勝1敗
2)スウェ 7勝2敗
3)中 国 6勝3敗
4)スイス 6勝3敗
===ここまで準決勝進出===
5)デンマ 4勝5敗
6)ドイツ 3勝6敗
7)英 国 3勝6敗
8)日 本 3勝6敗
9)ロシア 3勝6敗
10)米 国 2勝7敗


3勝6敗で終わった日本(チーム青森)は8位。後半の4連敗はほんと、どうしちゃったんだろう。
8位は入賞…ではあるものの、トリノでは7位だったことを思えば、それだけでは喜べない。

とはいえ、イギリス戦とか負けたけどカナダ戦あたりは、世界の強豪と互角に渡り合っていたし、
世界の舞台で戦える!ということの証明はできたんじゃないか、と思ってる。ただ、課題は
勝負所でのショットの精度であったりとか、他の国に比べて時間使い過ぎだなぁだとか。
にわかの私でも思うことなので、彼女たちにはもっともっといろんな思いがあるだろうなぁ。

それでも、トリノに続いてバンクーバーでもカーリングの面白さは十二分に味わえたので、
そこは満足。後半は仕事もあって、なかなかリアルタイムで見れなかったのは残念ですが。
小林さんの解説も前回同様、カーリング愛にあふれ、カーリングの相手を認めるという精神を
分かりやすく丁寧に伝えてくれたし、かつ、大熱戦となったイギリス戦ではかなりのハイテンション。
そこをきっかけに、小林さんのブログがコメントであふれるという、すさまじい「祭り状態」にも発展。

そんな小林さんが伝えてくれたカーリングに対する熱い思いを、一過性のブームで終わらせるのは
もったいないなぁ。前回のトリノでも盛り上がったけど、結局はそれっきりのような感じだし。
今回は五輪直前になるまで、マスコミはほとんど五輪自体の話をしなかったようにも思うわけで。

このカーリング熱を、なるべく冷まさずに、次回のソチまでつなげていくにはどうすればいいのか?
一介のにわかファンに出来ることは限られるとは思いますが、とりあえずカーリング関係今後の予定を。


バンクーバー五輪(日程は日本時間)
2・25 午前7時~ 男子タイブレーク 英 国×スウェーデン
2・26 午前2時~ 女子準決勝 中 国×スウェ カナダ×スイス
     午前7時~ 男子準決勝(NHKライブストリーミングで2試合とも配信あり)
2・27 午前2時~ 女子3位決定戦
     午前8時~ 女子決勝(NHK BS1で7:45~生中継)
2・28 午前2時~ 男子3位決定戦
     午前8時~ 男子決勝(NHK ライブストリーミングで配信あり/BS1は14:40~録画中継)

日本カーリング選手権 3月6日~11日(北見市常呂町カーリングホール)

世界カーリング選手権 女子 3月20日~28日(カナダ・スウィフトカレント)
世界カーリング選手権 男子 4月3日~11日(イタリア・コルティーナ・ダンぺッツォ)

日本選手権が今年は北海道での開催なので、行けるなら見に行ってみたい。混むかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.02.21

【五輪9日目】をゆるーくまとめておく

きょうは、カーリングもないので(^^;;;、あまり気合い入れてみていなかったし、あちこち
はしごしたりもしてたので、昨日みたいなかっちりしたまとめはできません。ほんとにざっくり。

◎ ジャンプ・ラージヒル、葛西8位入賞。シモン・アマン2冠

葛西は1回目21位。風が悪かったみたいです。しかし、2回目に135mの大ジャンプ!
2回目だけなら、飛距離はトップ3か4に入ってる。これで順位を一気に押し上げて8位。

次の団体戦に向けての光明ではあるが、他の選手の結果がいかんせんアレなので…。
NHKでチラッと出ていた談話では「団体戦では岡部を起用する可能性もある」という。
この辺の判断もなかなか難しいとは思うが…。悔いの残らないような結果を期待したい。

そして、ラージヒルも金メダルはアマン。1回目にヒルサイズを大きく超える144mを飛び、
それゆえスタートゲートが下げられた(=スピードが出なくなるので飛距離も伸びなくなる)2回目も
138mを飛び、他の選手を圧倒。こんなん、どうやってもかなわんて。冬の競技はこうした
絶対的な強さを持つ選手が多いなぁ。スノボのショーン・ホワイトしかり。プルシェンコしかり。

どうやら、団体戦にはアマンは(というか、スイスが)出ないようで、それだけが他国にとっては救いか。

◎ ショートトラック、韓国勢が強すぎす。

男子1000mと女子1500mが行われ、男子は韓国がワンツー。女子も韓国が銀と銅ってことで
韓国の強さばかりが際立っている。昔…というか長野では、日本も結構メダルを取った競技だが
どうしたことか、今回も日本は振るわないですわねぇ。レースを見てると、韓国とか中国も含めて
他のアジアの選手は、たとえ最後尾でも、本当にあっさりいとも簡単に先頭まで出ちゃうのに

日本の選手は「出ようとするけど前をふさがれて出れない」っていうのが多くてちょっとなんかねぇ。
ずうずうしさが足りないのかしら。おいらが見てて感じる日本と韓国の差はまず、そのへんかなぁ。

日本勢は、女子で貞包さんが唯一、準決勝まで進出した以外は予選敗退。男子は本当に
何もできないまま終わってしまったなぁ…という印象。(あくまでテレ朝の中継を見た限りではだが)
ただ、男子の選手はこの後の500mの方が得意だというような話も出ていた。…けどなぁ。

◎ スピードスケート男子1500m

実はこちらも韓国の選手が上位に入っててね。あの500mで長島、加藤を抑えて金を獲った
選手が1500mにも出てて、メダルには届かなかったけど、それでも5位。すごいよなぁ…。
金メダルはオランダの選手だったですが、これはものすごく速かった。低地のリンクでの
1分45秒台は驚異的なのだそうだ。疲れるので後半落ちるはずのラップタイムもほとんど
落ちなかった。ちなみに、日本勢は杉森26位。土井30位。土井選手は帯広の開西病院の
所属である。そんな話が実況の中で出ていて、帯広出身の私はちょっと嬉しかったりも。
そうそう。コーチの掲げた「行ける」のサインボードがよかったですね。ほっこりします。

【9日目その他いろいろ】
・ボブスレー開幕。NHKのライブストリーミングで配信されていたので、少しだけ見た。
転倒するチームがやたら多くて、安全性とか大丈夫なのか?…と心配なってしまう。

そんな中、twitter上では「日本のそりがかっこ悪い」とか「ガラクタみたいだ」とか
「転倒したチームより遅い」とか、散々な言われようをしてたのですが…。その部分は
見てなかったので、実際どうだったのかはわかりません。見ても分からないかも、ですが。

もし仮にこれが本当で、他国のそりと比べて日本のそりが性能的に劣ってるんだとすると、
ちょっとなぁ…とか思いますが…。それでなくても、今回のそり系競技はorzなことが多いのに。
民主党が事業仕分けで、そり系競技を名指しでやり玉に挙げてた…なんても話もありましたし
これもtwitter上で指摘されてた「やる気のなさそうなボブスレー連盟のHP」なんてのを見ちゃうと
もうちょっとちゃんとやろうよ…と思わざるをえなかったり。予算的なものもアレなのかもですが。

・カーリング女子
日本の試合はなかったですが、今後のために他国のきょうの結果を紹介。

ロシア 10-1 スウェーデン(7エンドでコンシード)
アメリカ 6-5 イギリス(エクストラエンド)
スイス 8-7 デンマーク
中 国 9-7 ドイツ

前日まで全勝だったスウェーデンがロシアに大敗。しかも残り3エンドで9点差…。
いったい、どうしてこんなことに???? カーリングがスコアだけで分からないのは
前日までの日本の試合でよくわかってますが、それにしても。で、日本の次の対戦は
このロシア戦。大物食いで勢いに乗っているであろう相手だけに、ちょっと怖いなぁ。

※ NHKの午後6時台のベストセレクションは、なぜか必ずNHKのキャラクターが出てきて
女子アナと2人で番組進行してるのが少し萌え。きょうはどーもくんだったけど、日によっては
うさじぃだったり、いたちの女の子(名前忘れた)だったり。ベッキーいらねぇから、夜のセレクションも
そのままのスタイルでやってくんないかな(^^;;;とか思ったりもするきょうこの頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.02.20

【五輪8日目】カーリング、イギリスに勝利!…そして、今、小林さんが熱い!!

はい、こんにちは。土日お休みなので、半分ひきこもりで五輪見まくる予定(^-^;のつげさんですよ。

一応、ラージヒルの予選めがけて目覚ましはかけたものの、すぐに寝てしまいww。
それでも、午前中からNHKで五輪ばっかり見ておりました。もちろん、カーリングもね。

午後0:30からカーリング生中継。試合自体は午後0:00から始まったので、途中からだけど。

毎試合、白熱した試合になりますが、きょうの試合は最終的なスコア以上に激アツでした。
特に第7エンド以降。両チームともベストショット連発でしびれます。まだ、試合を
見てない方は、ぜひそのへんに注目してみて下さい。そして、きょうはエンドが進むにつれ、
常に冷静かつ紳士的な解説でおなじみのあの小林さんのテンションまでも
徐々に上がっていきます。試合の終盤には、ものすごいハイテンションで英語交じりに。

たしか、第8エンドだったと思いますが、あまりの素晴らしいショットに、小林さんも思わず
巻き舌になって「Perfect!!!!!!」って叫んじゃいます。素晴らしい発音で。Σ(゚□゚(゚□゚*)

そのへんの状況の変化はtwitter上のこのつぶやきが、一番よく表しております。

==========
今日の小林さん
 序盤「カーリングが分からない人のために解説する(キリッ」
 中盤「相手の国のためにも中立に解説する(キリッ」
 終盤「イエース!イエース!イエーーーーーーース!!!!」
==========

そう。中継開始のころの小林さんは、いたって冷静ないつもの小林さんでした。

自分はスコットランドにも友人がいっぱいいるので、そういう人のためにも解説するんだとか
カーリングは敵味方とか言う考え方ではないので、相手チームのショットでも素晴らしいものは
キチンと褒める
んだと、そういうことを言っておられました。ただ、きょうに関して言うならば

「この試合には、日本のカーリングの未来がかかってる」
いう話もされていましたので、それほど緊張感を持って解説に臨んでおられたんだと思います。

そして、試合自体も一進一退の非常に息詰まる展開で、前述したとおり、特に試合の後半は
双方が難しいショットをどんどん決めていくしびれる展開。そりゃ、いくら沈着冷静な小林さんでも
テンションが上がろうというものです。そんな小林さんの熱さに感化されたのか、上記のつぶやきが
多くの方にリツイートされ、画面いっぱいにこのつぶやきばかり映し出されるといういささかくどい
状況になったり、実は小林さんのブログがあるんですが、そちらの最新記事へのコメントが
普段は数個なところ、もう3桁に達してる
とか、ちょっとした「小林さん祭り」になりつつあります。

ちなみに、試合結果はこんな感じ。

■ バンクーバー五輪 カーリング女子・予選 イギリス×日本
イギリス(3勝2敗)=001020010X=4
日  本(2勝2敗)=10030110X=11

カーリングで1エンドに5点も入るってそうそうあることじゃないんですよ。この第9エンドも
先攻のイギリスが8個の石を投げ終えた段階ではNo.1、2はイギリスで、最後の一投で
失敗したら、2点取られて同点にされるっていう、ちょっとピンチになった場面だったのです。
この前のタイムアウトの場面でも「1点は仕方ないが2点は取られたくない」という彼女たちの
声も拾っていましたから、ああ、ここは点を取られても仕方ないんだなぁ…と思ってたんです。




と・こ・ろ・が!!!!!!




あとは、BSのハイライトを見ていただくなり、NHKのベストセレクションを見ていただくなりで
あっと驚いて下さい。あの最後の目黒さんのショットは本当にものすごい。一見の価値あり。

次の試合は2月22日。午前2時からロシア戦、午後0時からドイツ戦の1日2試合。
ロシア戦は午前1時50分からNHK総合で、ドイツ戦は11時40分からテレビ朝日系列で生中継。

 [新品特価ゲームソフト] 送料無料や送料込みより100円便(メール便★ポイント付きで中古より安い...

DSでカーリングのソフトがあるってのもtwitterのつぶやきを見て知った。
ただ、これはおそらく、トリノの頃に出たソフトなので、もし、最新のがいいって場合は

  マリオ&ソニックATバンクーバーオリンピック

あたりがね、いいと思います。タイトルも「バンクーバーオリンピック」だし。


【参考リンク】
 小林さんのブログ=山中湖メイプルカーリングクラブ




そうそう。8日目、その他の結果を。

まず、ジャンプ・ラージヒル予選。日本の4選手は全員予選通過。葛西が140mを超える
大ジャンプで予選1位。伊東が2位。予選免除の10人は別枠なので、予選の成績が即、
好成績に結びつくわけではないが、調子は上向きのようなので、一応、期待はしとこう。

決勝はあす(21日)、午前4時20分からNHKにて生中継。

クロカン、女子パシュート。
前半7.5kmをクラシカル(スキーを左右揃えて走る)、後半7.5kmをフリーで走る計15km。
現地の気温は9度ってことで、2月としてはもちろんかなり暑いんだが、それでも1番の
ビブスをつけた選手が半袖!で競技に参加していたことに驚いてしまったわけであり。

しかも、それでいてぱっと見はものすごく力強い滑りだったりするものだから、画面右上に
「女子パシュート」ってテロップが出てないと、「女子」だってことを忘れそうになる自分がいた。

民放では競技中のテロップでも、やれメダルだの運命だのとしきりに自己主張したがるので
正直うざい時もあるが、NHKの場合は、そのへん、必要最小限にとどめてくれるからありがたい。

アルペン、男子スーパー大回転。

競技結果はともかくとしても。(^^;;; 

回転大回転スーパー大回転は一体何がどう違うのか。

スーパー大回転はどのへんが「スーパー」なのか。

五輪でアルペンスキーを見るたびに気になることではあるのだが、答えはいまだにわからない。
競技自体のルールとかわからなくても、見てる分には面白いんですけどね。

スケルトン。男子は田山19位、越20位。女子はステッカーの張り忘れで失格? なんだそりゃ。

それはさておき。この競技の日本での先駆者的存在だった越選手が今回の五輪を最後に
引退するとか。後進の指導にあたることになるのでしょうか。とりあえず、まずは公認ステッカーの
形状を教えるところから始めないといけない
んですよね。それはそれで気の毒なような気もするが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.02.19

【五輪7日目】高橋大輔、フィギュア男子史上初のメダル獲得

当直明けで帰宅後から、フィギュア男子フリーにくぎ付けでした。

いっつも、フィギュアは分からん!分からん!言うてますが、やはり、日本の選手が
3人とも入賞圏内に入っていて…メダルの可能性も…と言われれば、そりゃ見ちゃいますよ。

まずは結果から。


■ バンクーバー五輪 フィギュア男子シングル結果(上位3選手と日本勢)

      SP 技術 構成 合計
ライサチェク アメリカ 90.30 84.57 82.80 257.67
プルシェンコ ロシア 90.85 82.71 82.80 256.36
高橋 大輔 日本 90.25 73.48 83.50 247.23
織田 信成 日本 83.85 79.69 74.00 238.54
小塚 崇彦 日本 79.59 78.40 73.20 231.19

高橋大輔、日本フィギュア男子初のメダル獲得。


4回転ジャンプは失敗したものの、その後はうまく立て直しました。
転倒があったので技術点こそ低いが、構成点はライサチェク、プルシェンコを超えてる。
詳しいことは分からないんだけど、高橋は大ケガして大変な時期もあったらしく、それを
乗り越えての快挙。きょうはNHKのベストセレクションもフィギュア一色だろうなぁ。(^^;;;
あと、午後7:00からTBS系列でもフィギュアのハイライトをやるようなので、見れてない方は
ぜひ見ましょう。にしても、4回転ジャンプを決めたプルシェンコが銀ってのも驚きだ。
たしかに、ジャンプの後バランス崩した場面もあったし、完璧な出来ではなかったですが。

その他では、高橋の後に滑ったジョニー・ウィアーの演技はミスもなくほぼ完ぺきで、
残り2人の時点で2位だった高橋の順位的な意味でも、非常にドキドキしつつ採点結果を
待ってたが、こちらも予想ほど点が伸びずでフリー6位。本当にフィギュアの採点基準は
素人にはわかんにゃいです。GOEとかレベル4とか一体、どういうことなんでしょう。(^^;;;

twitterでもつぶやいたけど、4回転を飛ぼうとして3回転になってしまうのと、最初から
4回転はやらずに3回転のジャンプしかしない人では、どっちが評価が高いんでしょう??
予定は4回転だったけど回避した…とか、3連続のところを2連続にした…とか、ところどころ
実況でも出てきていましたが…そういうのって、審判への印象度は変わるんじゃないのかなぁ。

そして、織田は7位。小塚が8位で日本選手3人全員入賞!というこちらも快挙。
小塚は今まで成功したことのなかった4回転をこの五輪の舞台で初めて成功させた!!
そんな状況で、4回転に挑むのも勇気いったろうし、まして成功とかどんだけすごいんだ!

あと、織田は演技の途中で靴ひもが切れてしまうというアクシデントに見舞われた。

 ■ 悔し涙 信成「靴ひもは演技の前から…」(スポニチ)

試合後のインタビューによれば、その靴ひもは練習の段階から切れてたそうで、だけど、
感覚が狂うのが嫌だったので…切れたひもをくくってはいていた…んだということです。

素人の僕らにはわからない繊細な部分なのかもしれません。ひもを変えて明らかな失敗を
してしまうと、それもまた悔いが残ったでしょうし…難しい判断だったと思いますから、彼のことを
責めることなんてできません。そんな状況でも最後まで演技をやり切ったことの方が価値がある。

ただ、この試合後のインタビューってのが、twitterのTL上ではかなり矢面にあげられてまして。
織田がそれこそ、こらえきれずに泣いちゃったのもあって、試合直後なのにひどい!とかいう
声が多くありましてね。けど、靴ひもの件はみんなが聞きたいことだし、それを聞くのが仕事だし。
あれはおそらくNHKの刈屋さんだと思うのですが…泣いたあたりで「無理しなくてもいいですよ」と
フォローしてあげるあたりが、さすがだなぁ…とも思ったり。けど、泣きながらでも、きちんと
取材対応した織田の姿にもグッと来たり。いろんなことを考えさせられる一幕でありました。

あと、このアクシデントで中断してる時の観客の温かさってのも、見てて嬉しかったなぁ。
リンク外に出た織田が靴ひもを変えてる間からエールを送る手拍子が響いて、その後の
演技中も織田のことを盛り上げてくれてた。こういうのは、見てて気持ちいいですよねぇ。

カーリングその他は、別記事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

【五輪7日目】スピードスケート、カーリングなど

…ということで、その他の結果を。

スピードスケート女子1000m。話題の高木美帆登場。朝もはよから幕別町の応援会場から
NHKの生中継が入る。前半が終わって製氷に入ったところでまた中継。他にも出てるのに。

ここまで話題になるんなら、先月の帯広の大会、見に行っときゃよかったですね。(^^;;;
気にはなってたんだけど…混むかなぁ…と思って行かなかったのです。来年あたりなら
ブームも終わって落ち着くような気もするので、もし大きな大会があるようなら見ておこう。

■ バンクーバー五輪 スピードスケート女子1000m
1)ネスビット(カナダ)    1分16秒56
2)ゲリットソン(オランダ)  1分16秒58
3)ファンリーセン(オランダ) 1分16秒72
5)小平 奈緒         1分16秒80
15)吉井小百合         1分17秒81
34)岡崎 朋美         1分19秒41
35)高木 美帆         1分19秒53

結局、完走した選手の中では最下位に終わってしまったようです……。

が、まだ15歳の彼女ですから、次のソチはもちろん、岡崎朋美のようにアラフォー世代まで
現役を続けるんだとしたら、あと5回くらいは五輪に出れちゃうわけですから…それを考えると
今回は彼女にとっては、その壮大なる物語の第一歩に過ぎないわけで…結果は二の次。

小平、1位と0秒24差の5位。惜しかった…。

■ カーリング女子・予選 中国×日本
中国(2勝1敗)=2000202003=9
日本(1勝2敗)=0101010200=5

前日のカナダ戦は勝負どころでミスが出て、逆転負けを許してしまった。
引きづらなければいいなぁ…と思いつつ、職場の皆さんが出勤してくる前に少しだけ観戦。
(昨日からきょうにかけては、ボクは泊まり勤務中なので、あまりあからさまにテレビ見るわけにも)

そんなような事情により、第1エンドしか見れなかったんだけど、その部分だけでも、日本は
明らかなミス
(ストーンが何もしないでスルー)が2度もあり、ちょっと精彩を欠いてるなぁ…という印象。
世界レベルの試合でこうしたミスが重なってはまず勝利は厳しくなるなぁ…と素人目線の感想。

予選総当たりを終えて、上位4チームが準決勝へ進む。
…となると…単純計算だと、負けはあと1つくらいしか許されない感じか。厳しいなぁ。
前回のトリノでも、たしか序盤は負けが込んで苦しい展開だったっけ。そこから盛り返して
あわや?というところまで持って行ったんだし、何かきっかけさえつかめば、大丈夫なはず。

次の試合は2/20 12:00(日本時間)からのイギリス戦。NHKで生中継あり。もちろん見るべさ。

■ スノボ・女子HP。日本勢は決勝進出ならず。
トラジェーン・ブライト(豪州)が45.0で優勝。2、3位はアメリカ勢が占める。

あすの注目はジャンプ・ラージヒル予選。ノーマルヒルは振るわなかった日本ジャンプ陣。
巻き返しなるか? 事前の情報によれば、ノーマルヒルに続き、岡部がメンバーから外れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.17

【五輪5日目の2】フィギュアまとめ、カーリングなど

フィギュアのことを途中までしか書いていなかったので、改めて続きを。

どうやら、有力どころの選手のミスが多かったようで、そのたびにtwitterでも悲鳴やら何やら
大変な状況になってた。そんな中、引退から復帰して4回転を決めたプルシェンコやノーミスで
乗り切った日本の3選手のすごさが際立つわけで。SP終了時の順位は以下の通り。

■ バンクーバー五輪 フィギュア男子シングルSP結果(上位3選手と日本勢)
 

      技術 構成 合計
プルシェンコ ロシア 51.10 39.75 90.85
ライサチェク アメリカ 48.30 42.00 90.30
高橋 大輔 日本 48.90 41.35 90.25
織田 信成 日本 46.00 38.85 84.85
小塚 崇彦 日本 42.14 37.45 79.59

上位3選手のポイント差わずか0.6。8位入賞圏内に日本選手が3人とも入ってるのはすごい。
フリーでは4回転を入れたいと高橋。成功すれば、メダル獲得に大きく近づく…のだろうか。

フィギュアの見方はいまいちよくわからない。そもそもジャンプの違いもよくわからないので…。
明らかな転倒は素人目に見てもミスだとわかるが、トリプルアクセルがダブルになったとか
そのあたりの微妙(でもないのか)な違いは正直なところ、よくわかってない。

報道ステーションでは、トップで結構な時間を割いてカーリングのことを取り上げていた。
青森では、カーリングバナナが売られていて売上の1%がチームに寄付されているという。
(半年に一度、寄付金が贈呈されているようで、そのたびに30万円近い寄付金が集まってる。)

カーリングネクタイやカーリング定期預金もあるそうで、まさに青森全体でチームを支えている。
次の試合は、18日午前2時(日本時間)から。世界ランク1位のカナダ戦。厳しい相手が続くなぁ。

トリノの時にも書いたけど、解説の小林さんはカーリングの普及のために、自費を投じて
カーリング場を作ってしまうほどのすごい人。参考までに記事のリンクを貼っておきましょう。

元長野五輪競技委員長・小林さん、自費でカーリング場(05/12/14 読売新聞)

あと、こちらのページには、小林さんのインタビューが掲載されてます。

あすの注目は、カーリングもさることながら、あの国母が登場するスノボ・ハーフパイプ。
仕事なのでライブでは見られないけど…。ほんと、結果を出して見返してやってほしいね。
本当にメダル取ったりしたらこういう美談とか持ちだしてマスコミが手のひら返しするのは
間違いないし、そうなったらきっと面白いだろうなぁ。まぁ、結果が出なかった時には……
記事後段の「チームメイトに無視こいた」って部分を持ち出してさらに叩かれるかもですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【五輪5日目】カーリング開幕!初戦アメリカに勝利

五輪4日目の日記が抜けてますが、実は池田町のスピードスケートのPV会場に行ってきた。
池田町民ではないけど、メダルの瞬間を大きな画面で見ることができたし、行ってよかった。
いろいろ、写真も撮ってきたので、気合いを入れてあとでまとめて更新することにしますよ。

さて。5日目のきょうは、ついにカーリングが開幕。日本の初戦は対アメリカ。
試合自体は午前7:00から始まっていたのだが、総合テレビの中継は8:35からだったので、
それまで生中継の映像見れずにやきもき。ニュースの中で少し映ったけど、それだけじゃ。
やっぱり、BSアンテナ買わなきゃだめだろうか。それより、デジタル対応のテレビが先か。

時間までひとしきり、twitterのタイムラインを追いかけて一喜一憂。途中、大きくリードを
許していたようだが、総合テレビの中継が始まるころには4-4に追いついてた。よかった。

解説は小林さん。4年前もその解説っぷりが好評だった。今回もしっかりわかりやすい
説明をしてくれるし、相手のショットもちゃんと褒める。だから、見ていて安心するというか。
小林さんがショットの途中からYES,YES言ってるときは、まず大丈夫なのだろう、とか。
4年前もそれなりに追いかけていたから、なんとなくだけど、カーリングの見方を思い出す。

4年前は本橋のことを実況がマリリン、マリリン言っててそれがきっかけでカーリング自体が
かなり注目を浴びた。その時の裏話を刈屋アナがNHKのHPで書いてる。ただ、きょうの実況は
そういえば、一度も「マリリン」って言わなかったなぁ。刈屋さんじゃなかったからかなぁ。

 ■ 彼女をマリリンと呼ぼう 2006年トリノ大会 -NHKバンクーバー五輪HP-

そうそう。試合の方は。序盤はともかく、総合で流した中盤以降は日本の流れだった。
スキップ目黒のショットが冴えていたらしい。日本の1点リードで迎えた最終第10エンド、
ここを取れば勝ちだが、(前エンドで点を取ったため)先攻の日本にとっては不利であり、
アメリカに1点取らせ(後攻の権利を取り)延長に持ち込むところまで考えてもいいと小林さん。

最後の最後まで気の抜けない展開。先攻の日本がすべてのショットを終えた段階では
アメリカのショット次第では2点取られて逆転負けの可能性。1点勝ってるけど大ピンチ!

そのアメリカの最終ショットは、日本のストーンをはじいたものの、円の中心からの距離は
日米のNo.1ストーンともほぼ同じ距離。若干、日本のストーンの方が近くも見えたが微妙。
ここでメジャー測定! サークルの中心に軸を刺してコンパスのように距離を測定する。

……緊張の一瞬。


ほんのわずか。数ミリか数センチか。おそらくミリ単位の僅差でNo.1は日本!

結局、9-7でアメリカに勝利。幸先のいいスタートを切った。

■ バンクーバー五輪・カーリング女子 日本×アメリカ
 日  本=0010303011=9
 アメリカ=1201020100=7

小林さんが中継終了間際にぼそっと
  「最初からこんなんじゃ、たまらんね」(^^;;;
それほどしびれる試合だったわけですよ。

【その他気付いたこと】
・選手がピンマイクを付けるので、ちょっとしたつぶやきも作戦の打ち合わせもかなり拾ってる。
(ハイライトとか見て気付いたらまた追記)

その他5日目の競技
 ・スピードスケート女子500m、吉井が5位入賞。
  日本勢も頑張ったが、上位2人の滑りがすごかった。2回目で2人とも37秒台。レベルが違った。
 ・スノーボードクロス女子、土井は準々決勝で敗退。藤森は体調不良で棄権。
 ・フィギュア男子SP、今、これ書いてる時点(第4グループ終了)でプルシェンコが首位。
  日本勢は高橋が2位、織田が3位につけている。高橋はプルシェンコとわずか0.6点差。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.15

【五輪3日目】まとめ

昨日からけさにかけては当直勤務だったので、ほとんど中継は見れませんでした。
NHKのベストセレクションで少し補完しておこうかな、と思います。

なので、とりあえずのまとめを。

・複合個人、小林が7位入賞。

 クロカンのレース終盤、一時、先頭に躍り出た小林に興奮でした。
 ただ、あれはスパートかけるつもりじゃなく、勢いで前に出ちゃったんだそうで。
 で、出ちゃったものを譲るのもかっこ悪いのでそのまま行っちゃった…ってことらしい。

 ■ 「お祭り男」小林が仕掛けたスパートの真相=ノルディック複合で7位入賞(スポーツナビ)

 経過はどうあれ、勝負に行っての結果なんで、価値はあると思う。この後の団体にも期待。

・男子モーグル、遠藤が7位入賞=男子のこの種目では五輪初の入賞。
・スピードスケート女子3000、穂積が6位入賞。

・フィギュア・ペアSPで、ロシア(川口・スミルノフ)ペアが3位につける。

このところ、いろいろ騒がれている国母の服装の件。(^^;;;
彼の大学で予定されていた応援イベントが中止されることになったんですってよ。

 ■ 国母の応援会中止=東海大(Yahoo! ニュース)
 ■ 国母選手に対する本学の見解について(東海大学HP)

彼の服装、態度に問題があったのは間違いないんだけど、せめて母校くらいは
応援してやらなきゃ。
大学にも批判がかなり行ったんだろうとは思うのですが。
さすがに、これはちょっと行き過ぎだわなぁ…とボクなんかは思います。どうでしょう。

この件について、こっちのローカルニュースで放送したときに学生にインタビューしてた。

「せっかく応援会やる予定になっていたんだったら、やってもよかった」

「批判があったからやめるじゃなくて、それを自分たちでどう考えるか、だと思う」

なんかね。学生さんの方がよっぽどまともなこと言ってるなぁ…と思って。(^^;;;

うーー。彼がメダルとってマスコミが手のひら返しで称賛しだすのが激しく見たい。



あすの注目は、スピードスケート男子500。代表4人のうち3人が十勝(池田町)出身!
池田町の町長さんも既に現地入りしているそうですが…その町長さん、お名前が……


  さんといいます。なんと縁起のいい。Σ(゚□゚(゚□゚*)

なんでも、全国の受験生から「名刺が欲しい!」という申し出が殺到するほどだそうで。

 2/28までポイント10倍【4,980円以上ご購入で送料無料!】[北海道・ワイン]ロマンティック北街道100年の杜2本セット


上位に入って、十勝ワインで乾杯!出来ればいいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.14

【五輪2日目】とりあえずのまとめ

とりあえず、twitterのタイムラインを追いかけてますが、五輪関係のハッシュタグがいっぱい
あり過ぎて、どれを追えばいいのかわかりません。( ̄Д ̄;; ので、自分は#gorinをメインに
追ってます。テレビ見てる人、BS見てる人、はてはNHKのストリーミング配信見てる人まで
ごっちゃごちゃに入り乱れてますが、とりあえず、五輪の雰囲気だけは十二分に伝わります。

とりあえず、現時点でのいろいろをまとめ。

 ・女子モーグル、日本選手4人全員予選通過。上村愛子は(予選)5位。
  →決勝はお昼過ぎかららしいです。

 ・スピードスケート男子5000m、韓国がアジア初のメダル(銀)。
 ・ジャンプ・ノーマルヒル決勝、アマンが金。日本勢は伊東の15位が最高。
 ・ショートトラック、女子は予選通過ならず…の模様。映像見てないので詳細不明。
 ・アルペン滑降は、どうやら順延になったらしい。

【追記】 けど、あれですよ。twitter見てると、実際に見てなくても、相変わらず民放は
だめぽだなぁ…というのがね。よくわかるわけですよ。これは出勤前に見てたんだけど、
スピードスケートのレース中にいきなりぶった切ってCM入れたりとか。


ちょっとマジでありえんてぃ。(^^;;;

で、女子モーグルを中継してる日テレでは、予選と決勝の間に上村愛子のドキュメント?を
やってるらしいが、その間も延々と「決勝はこの後すぐ」的なテロップが出続けてるそうで。
もう、いかにも見え見えな視聴者引き留め作戦。そのドキュメントの内容次第ではあるけど、
なんか進歩しねぇなぁ。やっぱBSアンテナつけようか。けど、今、アンテナだけって売ってる?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧