2007.11.18

コンサ、昇格まであと4分…。(^^;;;

当直明け。道産子として、やはり「コンサJ1昇格なるか?」が気になるので、
NHKの生中継を(途中からだけど)観戦。前半に先制されていたが、後半に入って
かなり押し気味。後半28分に岡本が左サイドからゴールを決めて同点。その3分後、
自らつかんだPKのチャンスを石井が確実に決めて2-1と逆転。一気に盛り上がる
札幌ドーム…しかし。後半ロスタイム間際に相手にPKを与えてしまい、再び同点…。
ロスタイムは長めの4分。実はこの4分間が一番めまぐるしくて個人的には面白かったが
惜しくも再度の勝ち越しはならず。引き分けのまま試合終了で、勝ち点「1」にとどまった。

結局、きょうのJ1昇格決定はお預け。むむぅ。ただ、難しい計算はよくわかりませんが、
きょうのこの引き分けで今季3位以内が確定したそうで。コンサは今季残り1試合となり、
次節(11月25日)は試合なし。コンサお休みの間に現在3位の京都と4位の仙台が直接対決。
この試合で京都が勝たなければ(つまり、仙台の勝ちか引き分けで)コンサJ1昇格が決定するようだ。

(11月18日午後5:00現在)
1)札 幌:勝ち点88
2)東京V:勝ち点85
====自動昇格ライン===
3)京 都:勝ち点82
====入れ替えライン===
4)仙 台:勝ち点80
※ 1・2位がJ1自動昇格、3位はJ1の16位と入れ替え戦。

11/25 京都△→京都勝ち点83 仙台81 京都●→京都勝ち点82 仙台83
11/25終了時点で全チーム残り1試合。12/2の最終戦で上位のうち東京V・京都・仙台が勝ち、
札幌のみが負けた場合でも、2位以内は確保できる⇒自動的にJ1昇格決定!となる。

ほんとは、きょうあのまま決まっちゃうのが一番だったんだけど、まぁ、サッカーってのは
ロスタイムの最後の最後まで何が起こるかわからないから…。あれだって、必死のプレーの
結果なんだろうから、ペナルティを取られたことは責められないでしょう。にしても、簡単には
勝たせてもらえない。京都も昇格圏に残れるかどうかの瀬戸際だったし。いずれにせよ、
最終戦で勝てば文句なしの昇格。J2優勝もかかるだけに、きょう以上に熱い試合になりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.24

な、なんと!コンサが天皇杯4強入りっ!!

まさかまさかのって感じです。J2のコンサドーレ札幌が天皇杯だけは(汗)やたらと強い。
4回戦で千葉、5回戦で新潟に続き、準々決勝では甲府にも勝ち、J1相手に3連勝で
ベスト4入り。あと1つ勝てば元旦・国立だよぉ。かなりビックリしてます。

準決勝はNHK総合テレビで生中継があります。当直明けなので、家で見ようかな。
次はG大阪戦。J1でも強豪チームなので、さすがに勝つのは難しいような気もしますが、
せっかくなので行けるとこまで行っちゃってほしいところ。駒苫・ハムに続いちゃいなよ!

ただ、元旦はお仕事なので、テレビを見る暇がないかもしれないんだよなぁ…。

※ 詳細はあとで追記します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.24

ワールドカップ決勝T進出16カ国出揃う

きょうは、なぜかえらく早起きしておりまして。
ブログを更新したりしながら、NHKのラジオで韓国の試合を聴いてたりしました。
で、さっきまで行われていた試合で、グループリーグ全試合が終了。

決勝トーナメント進出の16カ国が出揃いましたよ。

6月24日 24:00(日本時間)キックオフ(ミュンヘン)
ドイツ(A組1位)
スウェーデン(B組2位)

6月24日 28:00キックオフ(ライプツィヒ)
アルゼンチン(C組1位)
メキシコ(D組2位)

6月25日 24:00キックオフ(シュツットガルト)
イングランド(B組1位)
エクアドル(A組2位)

6月25日 28:00キックオフ(ニュルンベルク)
ポルトガル(D組1位)
オランダ(C組2位)

6月26日 24:00キックオフ(カイザースラウテルン)
イタリア(E組1位)
オーストラリア(F組2位)

6月26日 28:00キックオフ(ケルン)
スイス(G組1位)
ウクライナ(H組2位)

6月27日 24:00キックオフ(ドルトムント)
ブラジル(F組1位)
ガーナ(E組2位)

6月27日 28:00キックオフ(ハノーファー)
スペイン(H組1位)
フランス(G組2位)

韓国が負けたことで、アジア勢は全滅ということのようです。
日本の試合、朝起きて見てたんですけどねぇ。前半のロスタイムに失点したあたりで
毛布をかぶって不貞寝してしまいました。(涙) 無理だろうなぁ…とは思っていたけど
やっぱり気になってましたのでね。朝3時半に目覚ましセットして…それであれじゃ…。

まぁ、今回のこのグループの中で予選突破しようと思ったら、ブラジルと当たる前に
しっかり勝ち点を取っておかなきゃいけないわけで。ブラジルに勝たなきゃいけない…という
状況にしてしまった時点で負け
。それほど日本の決定力不足は深刻だったと。
だって、今回のワールドカップ。日本代表で一番目立ってたのって、川口ですもん。
GKが一番目立っちゃうのって、やっぱりちょっと違うかな、と思ったりするわけです。

それはそうと、試合後の「朝ズバ」での金田さんの現地レポートで
2002年は開催国でもあったので、今回と単純な比較は出来ない…というような
ことを言ってたのを聞いて「うん、その通りだよなぁ」なんて妙に納得してしまいました。
で、98年は3戦全敗だったところから、今回は勝ち点1を取ることが出来た。
そういう小さな一歩の積み重ねが、将来につながっていくのかもしれんですよね。

次回からオーストラリアがアジア枠になるということで、さらに厳しい戦いになることは
間違いないわけで。そこから抜け出して本戦出場するためには、やっぱり得点力を
上げないといけないし。次の監督さんには、そこをきっちり立て直してもらいたいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.17

ワールドカップ8日目まとめ&テレ朝の気合がなんだかすごそう

いよいよ本当の本当に絶対に負けられない戦いまで、あと1日。
普段は野球やバニラ応援が中心の当ブログではありますが、さすがにここは
日本代表を応援する気持ちを表すために、↑タイトルバナー部分を代表カラーに
してみました。それでは、きのうから今朝にかけておこなわれた3試合の結果。

□ 2006FIFAワールドカップ グループC(ゲルゼンキルヘン)
 アルゼンチン 6-0 セルビア・モンテネグロ
得点 ロドリゲス(前6) カンビアッソ(前31) ロドリゲス(前41)
   クレスポ(後33) テベス(後39) メッシ(後43)
   

□ 2006FIFAワールドカップ グループC(シュツットガルト)
 オランダ 2-1 コートジボワール
得点 ペルシー(前23) ニステルローイ(前27)
   コーネ(前38)

□ 2006FIFAワールドカップ グループD(ハノーファー)
 メキシコ 0-0 アンゴラ
得点 
   

あすの夜10時(日本時間)キックオフの日本×クロアチア戦はテレビ朝日系列が
独占生中継するわけですが、何気にペラペラとめくっていたテレビ雑誌を見まして、
その気合の入り方が半端なものではないことがわかりました。
 ※ じぇいかびさん(笑)の丸刈りはいささか気合が空回りしすぎな感もあるが…。
ちょっと驚いちゃうよ、この気合の入りぶり。以下に気合満点の番組表を掲載。

17日(土)深夜0:30~5:50  虎の門スペシャル!!
決戦前夜にテレビ朝日人気番組が(秘)全員集合朝6時までボクたちも寝ないで応援します!!
普段は虎の門が放送されない北海道でも放送されるんですぜ。
深夜番組の人気企画目白押しで放送されるようなので、私的にはこれがイチ押しかな。

午前6:00からの全米オープンゴルフ中継をはさんで…。

18日(日)午前9:00~11:00 2006FIFAワールドカップ~今夜決戦!!絶対負けられないSP

普段は10:00からのサンデープロジェクトは時間短縮で11:00からの放送。
その後のサンデースクランブルとともに生放送なので、ワールドカップの
話題もてんこ盛りに放送されるんでしょう、おそらく。
けど、普段どおりの番組なので、ここではあまり大きく取り上げません。

18日(日)午後0:55~1:25 新婚さん「夜は興奮 熱血自衛官ゴール連発」
まぁ、このゴールはたぶんサッカーとは関係のない“ゴール”なんだと
思うんですが。(苦笑) タイトルつける人は、きっとサッカーも意識してるはず。

アタック25をはさんで、午後2:00からのまったりゾーンにもワールドカップ関連(?)番組。

18日(日)午後2:00~3:25 絶対に負けられない!!今夜決戦スペシャル
「日本全国!生応援列島縦断!絶景の名滝女子アナ滝行必勝祈願」
なんか、全国の女子アナが必勝を祈願してに打たれるらしいです。(笑)
当ブログをご覧の女子アナマニアの皆様(←いるのかよ)は必見だと思う。

18日(日)午後3:30~5:25 絶対に負けられない!!今夜決戦スペシャル
石塚英彦&佐藤仁美ダジャレ紀行
「日本必勝だ世界食うぞ東京・京都・福島横断グルメSP」
なぜ、これがワールドカップ関連なのか、よくわからないんですけども。
だって、東京・京都・福島でしょ? しかもダジャレ紀行って、どういうこと?

夕方のニュース(スーパーJチャンネル)をはさんで、いよいよゴールデンタイムに近づく。

18日(日)午後6:00~6:30  いまどき!ごはん
18日(日)午後6:30~6:56  グレートマザー物語
前者はゲストに松木安太郎と武田修宏。後者は日本代表の秘密兵器・巻誠一郎の母に迫る。

18日(日)午後6:56~7:58 旅の香り ヒロシ会場に潜入サポーター増員(秘)作戦?
ヒロシがドイツで日本を応援してくれるサポーターを増やすためにいろいろと手を尽くすそうだ。

で、もって。いよいよ。

18日(日)午後7:58~9:35 2006FIFAワールドカップ・DAILY
18日(日)午後9:35~ 2006FIFAワールドカップ・グループF「日本×クロアチア」

実際には、きょうのスマステあたりからワールドカップ臨戦態勢ってことになるんだろうが、
なんだか、全然関係なさそうな旅番組まで強引に、その中に組み入れちゃってるのが、
ほのかなおかしさというか、微妙に違和感があるというか…。そんな感じです。

※ ちなみに、北海道では上記に紹介した番組は全部放送されるようですが、
地域によっては一部、放送されない番組もあるかもですので、念のためご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.14

ワールドカップ5日目まとめ

□ 2006FIFAワールドカップ グループG(フランクフルト)
 韓 国 2-1 トーゴ
得点 イ・チョンス(後9) アン・ジョンファン(後27)
   クバジャ(前31)

□ 2006FIFAワールドカップ グループG(シュツットガルト)
 フランス 0-0 スイス

得点 
   

気になるF組、もう1試合の結果は?

□ 2006FIFAワールドカップ グループF(ベルリン)
 ブラジル 1-0 クロアチア
得点 カカ(前44)
   

ブラジルがまぁ順当に勝利。オーストラリアとともに白星スタートで優位に立った。
日本の次戦は1敗同士の「後がない」もの同士の対決となるわけで…。
日本の決勝T進出の条件は、こちらに詳しいので、ご参照いただきたいが、
いずれにせよ厳しい条件であることに変わりはないっすねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.13

ワールドカップ4日目まとめ

きのうは悪夢の逆転負けですっかりテンションが下がってしまい、その後の試合を
見ることもなく寝てしまいました。とりあえず、全試合をDVDに残そう!と勝手に決めて
BSの再放送をHDに録ってはDVDに焼き…を繰り返しているきょうこのごろなんですが
あのオーストラリア戦のDVDは、焼いたそばから叩き割ってやりたいくらいの悔しさで。

野球にたとえるなら、序盤にワイルドピッチでもらった1点を、幾度となく満塁のピンチを
作りながらも懸命にしのいだが、9回までやってきたところで力尽きてサヨナラ3ランを
浴びる…みたいな感じでしょうか。いずれにせよ、後に引きずってしまいそうな負け方だ。

…と、それはさておき。大会4日目はグループEの2試合も行われたので、まとめとこ。

□ 2006FIFAワールドカップ グループE(ゲルゼンキルヘン)
 アメリカ 0-3 チェコ
得点 
   コラー(前5) ロシツキー(前36) ロシツキー(後31)

□ 2006FIFAワールドカップ グループE(ハノーファー)
 イタリア 2-0 ガーナ
得点 ピルロ(前40) イアキンタ(後38)
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.12

ワールドカップ3日目まとめ

とりあえず結果のみ。あとで追記したりするかも。

□ 2006FIFAワールドカップ グループC(ライプツィヒ)
 セルビア・モンテネグロ 0-1 オランダ
得点 
   ロベン(前18)

□ 2006FIFAワールドカップ グループD(ニュルンベルク)
 メキシコ 3-1 イラン
得点 ブラボ(前28) ブラボ(後31) ジーニャ(後34)
   ゴルモハマディ(前36)

□ 2006FIFAワールドカップ グループD(ケルン)
 アンゴラ 0-1 ポルトガル
得点 
   パウレタ(前4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.11

ジョンカビさんのオン・オフの落差に驚いた夜

ジョンカビさんのガウン姿になぜだか変な笑いを見出してしまったつげさんですよ。
めちゃイケ(岡村をドイツに連れてって)の中でホテルで寝ているジョンカビさん(笑)に
執拗に迫る岡村。部屋のドアから出てきたジョンカビさんのガウン姿にすごい衝撃。

マニアな方にはたまらないシーンだったかもしれませんですよ。(苦笑)
しかも、その直後の時間帯はフジ系列でワールドカップ中継。当然出てくるジョンカビ氏。
けど、さっきの真っ白ガウン姿が記憶にあるもんだから、真剣に仕事をしている彼を
笑いをこらえながら見る…という非常に失礼な状況が訪れた一人暮らしのワシの部屋。

…と、そんなことはさておきまして。

ワールドカップ2日目。家のテレビの前で毛布に包まりつつ、のんびり観戦。
途中、だいぶ睡魔に襲われたので、2試合目はほとんど記憶になし。(笑)

□ 2006FIFAワールドカップ グループB(フランクフルト)
 イングランド 1-0 パラグアイ
得点 ベッカムFK⇒オウン・ゴール(前3)
   

ベッカムのFKが相手DFのオウン・ゴールを呼んで試合開始早々に先制点。
その後、パラグアイの正GKビジャルがケガのため交代するアクシデント。
試合にも敗れダブルパンチのパラグアイ。残り2試合でどう立て直すか?

□ 2006FIFAワールドカップ グループB(ドルトムント)
 トリニダード・トバゴ 0-0 スウェーデン
得点 
   

どうやら、スウェーデンが勝てなかったのが大事件だったらしいこの試合。
イングランドとの対戦も残すだけに格下相手に確実に勝っておきたかったんでしょうけど。
まさに何が起こるかわからないワールドカップ

□ 2006FIFAワールドカップ グループC(ハンブルク)
 アルゼンチン 2-1 コートジボワール
得点 クレスポ(前24) サビオラ(前38)
   ドログバ(後37)

コートジボワールと聞くと、博多華丸のR1のときのネタが思い浮かぶ最近の私。(笑)
試合の最後の方を(夜更かしというより、もはや早起きして)観戦。後半38分くらいだったか
アルゼンチンのゴールがオフサイドだったことに全く気づかずにいたNHKのアナが笑えた。
選手も喜んでいないし、中継画面にも「オフサイドの数」がわざわざ表示されていたのに。

BSで録画放送もあるはずなので、このあたりもチェックしてみて下さい。

でもって。グループBの途中経過。

勝点得失
イングランド  1
トリニダード・トバゴ  0
スウェーデン  0
パラグアイ  -1

ただ単に試合結果だけなら、別にこのブログに記事を書く意味も何もないので、
何とかして小ネタを散りばめつつ、独自の視点で記事を作っていっております。
そういえば、日本の初戦はもうあしたなんですな。夜10時開始だから夜更かし
とかせずに見れるでしょう。出来れば勝ってほしいけど、どうですかねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.10

ワールドカップ開幕! ドイツ4発で白星発進

さてさて。ブログを見ると、野球にしか興味がないように見える私ではありますが。(笑)
もちろん、サッカーにも興味しんしんです。いよいよ、ワールドカップ開幕ですねぇ。

前回の日韓共催のときと違って、今回は時差もあるので、なかなかリアルタイムで
観戦するのは難しいと思うんですけど、頑張って夜更かししよう…とか思ってみたり。

大会1日目。開幕戦となるドイツ×コスタリカを途中まで(寝ちゃったから)生観戦。
前回準優勝ということもあり、コスタリカを圧倒してた。前半6分で先制だもんな。
前回、札幌ドームで大暴れしたクローゼの2ゴールなどで4-2と快勝。
コスタリカも健闘していたようですが、シュート4本ではなかなか厳しい。

2試合目は午前4時(日本時間)開始なので、仕事の前に見るのは不可能…。
なんで、とりあえず結果だけ載せておくことに。この試合、上川さんが主審だった。
スカパーのデイリーニュースの女アシが「川上さん」とかほざいてた。
そのくらい勉強しとけ。…と、朝から少し熱くなってしまった。

□ 2006FIFAワールドカップ グループA(ミュンヘン)
 ドイツ 4-2 コスタリカ
得点 ラーム(前6) クローゼ(前17) クローゼ(後16) フリンクス(後42)
   ワンチョペ(前12) ワンチョペ(後28)

□ 2006FIFAワールドカップ グループA(ゲルゼンキルヘン)
 ポーランド 0-2 エクアドル
得点 
   テノリオ(前24) デルガド(後35)

でもって。グループAの途中経過。

勝点得失
ドイツ  2
エクアドル  2
コスタリカ  -2
ポーランド  -2

きょうはイングランド、アルゼンチンが登場。サッカーファンにとっては眠れない夜です。
私? 私はほら。野球ファンだから。見れたら見るし。アルゼンチンは寝ちゃってるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.10

ワールドカップ対戦相手決まる!

きのうから今朝にかけて夜勤だったので、組み合わせ抽選会は
思い切り生放送で見ておりました。なかなか始まらなかったので、
テレビの前で散々ヤキモキしてたわけですが。(苦笑)

既に皆様ご存知の通り、日本は1次リーグ・グループFに入り、
ブラジル・クロアチア・オーストラリアと同組ってことになりました。
NHKの中継で解説していた植木さん(だったっけ?)のコメントから
考えると、韓国が入ったグループGあたりに入るのが、
日本にとっては一番やりやすかったのかもしれんわけだが…。
とりあえず、死のグループとやらに入らなかっただけヨシとしなくては
いかんのでしょうね。NHKでもグループ自体は悪くはないと言ってたし。

スポーツ紙のサイトでは早くも様々な分析が行われているようだが、
あまり楽観的になることは出来ません。ワールドカップってのは、
前回の韓日共催大会でもわかる通り、何が起こるかわかりません。
強豪国が韓国の勢いに次々と飲み込まれていった決勝トーナメント。
まさか、忘れたわけではないとは思いますが。

けど、私だってブラジルは別格として残り3カ国で2位通過を争う図式に
なるだろうことは、なんとなく想像はつきます。けど、油断大敵でっせ。
まずは、初戦で当たるオーストラリア戦。月並みですが、ここが大事。
ブラジルには勝てないだろうから、ここで勝っておけば、クロアチア戦に
臨む気持ちの上で全然違ってきますから。


2006 FIFAワールドカップ 1次リーグ・グループF

《日本の対戦カード》 日程( )内は日本時間。現地+7時間
6月12日午後3時(午後10時) オーストラリア×日本(カイザースラウテルン)
6月18日午後3時(午後10時) 日本×クロアチア(ニュルンベルク)
6月22日午後9時(23日午前4時) 日本×ブラジル(ドルトムント)

| | コメント (0) | トラックバック (0)